2013年10月14日

XV Hybridに乗ってきた

 以前から気になっていたんです。理由は、燃費向上のためのハイブリッドではなく、走り(文脈から見るにおそらく動力性能に関して)のためのハイブリッドだとどこかで読んだから。

 このご時世、燃費向上も大事だと思うんです。ただねぇ、どうにもこうにも、ずいぶん前に乗ったハイブリッド車の感覚が性に合わなくて。当時の記事を探したけどなかったので、それくらい昔のことだったのでしょうが、思い出すにエンジン音や風切り音、ロードノイズなどの走っていることを感じさせる音がよくわからないままに、車速だけがどんどん上がっていくことへの違和感がぬぐいきれなかった気がする。とにかく静粛性の高いクルマが欲しいというのならオススメだけど、走っているんだ!という感覚がないというのは、スピードへのまっとうな恐怖心を失わせかねないという意味でかえって怖い。

 店舗入口に試乗車が鎮座しているのは見ましたが、まずは外観や内装をチェック。運転席に乗り込んだ感じとしては、悪くないというかむしろこういう感じが好き。先代や先々代の、SUVとしてはどことなく中途半端な感じだけどむしろ個人的にはそれが好きだったフォレスターのイメージに近い。そして内装がよくできているという印象を受けました。後席もわたしが普通に乗れるくらい広いし、荷室も外からはいい意味で想像を裏切るくらいに広い。

 ということで、いつの間にか張り付いていた販売員に言われるがままにアンケートを書いて、試乗に出かけることにしました。ちなみにクルマの購入予定には「その他(5〜6年以上先)」、今のクルマの不満なところについては「その他(特にない)」という、相手目線ではおもしろくもなんともないことを書いておきました(笑)。

 乗り終えた感想としては、まぁスバルですからね。いい意味できちんと走るし、申し分ないものだと思いますよ。さとの持ち物でしたが、かつてうちにあった3代目レガシィB4RSKのすばらしさは今もなお語りぐさになるくらい、スバル車というものに対する信頼は厚いものがあります。でもねぇ、どうにもハイブリッドの違和感はぬぐいきれなかった。加速時のモーターアシストは、ターボとはなにか違うけれど、もしかしたらターボでもついてますか?って感じのフィーリングで好印象。ところがアクセルを抜いた際の減速時に、意図せずエンジンブレーキがかかるようにモーターが回り出す。ハイブリッドの機構としては、必要なことなのはわかっているんだけど、なんか違和感がある。なんて言うのかなぁ、運転者としては5速(XVは全車CVTだけど)のままアクセルを抜いたつもりなのに、勝手に4速か3速あたりにシフトダウンしているような感じ。

 今思えばこういうことを、率直に販売員に言えばよかったんだろうか。でも、買う気が明らかにないのに、うるさい客みたいでなんだかねぇ。それでもデザインやコンセプトが唯一無二の存在感を放つXV、気に入ったら買いだと思いますよ。ではうちではというとねぇ・・・。カタログ上の燃費が同じくらいで、なおかつ燃料が軽油で、トルクの太さが半端ないCX−5を選ぶと思うな。
posted by てつりん at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック