2013年10月17日

なぜか熱烈歓迎

 起きた日の朝は、豪華4本立ての記憶が残っていたんです。結局、すぐに書かないから、いまいちの仕上がりになってしまうのですが。

 会社の懇親会な何かのたぐいのイベントで、旅館か料亭に行きました。ところが別室では、かなりのおえら方、それこそ代議士とかクラスの方々がいるという。で、なぜかわたしのいるべき席を中座して、別室に向かいました。なぜか呼ばれているんだったと思う。そこでお会いしたのは、そろそろ大臣の呼び声もあるとかないとかの、地元選出代議士。「おぉ〜、お待ちしておりました」って勢いの熱烈歓迎で、かなり激しく握手された(まぁ経歴的にも体育会系の方なんだけど)のが謎。

 続いては、まぁ、わたしの知る仕事関係者が激しく叱責されているという内容。なぜ叱責されているのかはわからないけれど、こういうたぐいの夢は心臓によろしくないし、気持ちのよい眠りももたらさない。

 あと2本くらいあったんだけど、忘れちゃったなぁ。すっかり週末ブロガーみたいになっちゃって。
posted by てつりん at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック