2013年12月14日

新型オデッセイに乗ってきた

 ひよったと思わないでくださいね。一応、自分なりの根拠を持って、興味をもったつもりなのです。

 絶版車になってしまいましたが、発売当初のエリシオンが結構好きだったんです。Lクラスの、ワンボックス派生型とか言われていた、エルグランドあたりのライバルとして登場したのがエリシオンで。エリシオン自体はワンボックス派生型というよりは、イチから作ったブランニューモデルだったけれど、いい意味でワンボックス系の腰高感とは無縁だった。大船に乗ったようなやわらかな乗り味が、運転しててかえって気持ち悪かったライバル車を思うと、なんてちゃんと走ってくれるんだろう!と、ものすごくいい印象を持っていました。

 で、今回乗ってきた新型オデッセイ。実はそのエリシオンとの統合モデルなんですな。そんなわけで新しいオデッセイに興味があるというよりも、今は亡きエリシオンの進化のほどに興味があると言った感じでした。

 最初に行った販売店は試乗車がなかったはずなんだけど、うっかり入り込んでしまい、結構かわいいスタッフに傘を持ってもらって出迎えられる。で、店内に連れ込まれて商品説明を、、、と思っていたら、結構かわいいスタッフではなくて目付きの鋭いやり手っぽい店員が出てきた(笑)。そして概要を説明した後、上目づかいで「どうです?買いませんか!?」 いやいやいやいや、試乗もしないで買うわけがないでしょう。そもそもうちに入らない気がするんですが。とりあえず「そうねぇ、先立つものがないし、さすがに下取り150万ってことはないでしょう?」とふっかけて退散。

 次のお店。やっぱ本来行くべき店はこっちだったんだ。試乗車もちゃんとありましたし、やり手っぽい人がゴリ押し気味に迫ってくることもありませんでした。ところが、「てつりんさんって、以前もこちらにご来店したことがありませんでしたか?」 おおっ、なんという記憶力。確かに以前、エリシオンの試乗をさせてもらってますよ。う〜ん、これでしばらくはこの店には行けないなぁ(笑)。

 乗ってみての感想。アブソルート+CVTで、縦方向にはとても気持ちよく走ってくれます。そんなに踏まなくても、するするとでかい車体を前に押し出してくれます。でもねぇ、やっぱ車体のしっかり感がすごいんだろうね。普通に走っているんだけど、その普通がかなり高いレベルでできている。大勢で乗ると、楽しく広く気持ちいいんだろうねぇ。まさにそんな感じ。スライドドア採用で、ミニバンとして、より一層使い勝手が良くなったと思うし。車体はかなり大柄のはずなんだけど、普通に運転する限りサイズはさほど苦にならないし、車庫入れの小回りも結構効きます。

 そんなわけで新型オデッセイ、なかなかいいクルマでしたよ。ただ、顔が好みじゃない(コラ)。同じような値段になるなら、試乗したことはないけれど無難なデザインながら飽きのこなさそうな、以前紹介したVW Sharanを迷わず選ぶ。クルマ選びって、最後は好みかどうかってのもあると思います。
posted by てつりん at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック