2013年12月30日

2013年 てつりん的10大ニュース(6位〜4位)

【6位 南紀などツアー(8月)】

 行ったのに記録がないという、今年を象徴した感じのできごとでした。なのでちょっと写真などつけてみますか。

 なっちゃんがいなかった頃からアドベンチャーワールドに行くという企画があったにも関わらず、1回目はみっちゃんの発熱でお流れに。2回目はなんとうちの赤プレが故障して、お星様になるという大事件でお流れに。

 前日の晩から姫路までを一気に移動し、朝食はムッシュという地元密着な感じのお店でボリュームありまくりのモーニングを。修復工事中で今しか見られない姫路城を見て、明石海峡大橋のド迫力に感心する。
2013123001.JPG 2013123002.JPG 2013123003.JPG

 翌日はアドベンチャーワールドへ。水族館+サファリパーク+遊園地といった感じの施設で、その気になれば1日どころか2日でも遊べる。竹林の王者というにふさわしいパンダの放尿を見てしまう(笑)。夜はオーシャンビューのお宿で、花火まであがっちゃって優雅な夜を。
2013123004.jpg 2013123005.JPG

 最終日は南紀白浜の景勝地をめぐり、帰ってきました。しかし暑かった。夏の旅行はちびっ子にとっては命にかかわるんじゃなかろうか。それくらいの暑さでした。アドベンチャーワールドは意外と日陰や屋内の部分が多く、サファリを巡る車両も冷房がついていたりして、そこまで過酷ではない感じです。


【5位 中国地方だいたい一周の旅(7〜8月)】

 これは記録があります。詳しくは夜に出発した日初日2日目3日目だけでなく、2日目の夕飯を食べた山賊、3日目のメインイベントだった
マツダの工場見学、のように別項も充実(?)しております。

 ところが、すべてを終えて帰る途中の4日目の昼食が、ケンタッキーフライドチキン食べ放題のカーネルパフェだったんだ。マツダミュージアムと並んでこの旅のメインイベントだったはずなのに、その記録がない。そこでせっかくなのでど〜んと出してみましょう。

 序盤は快調に飛ばしてますが、今後のことも考えてコールスローサラダや、箸休めのソフトクリームも食べてます。
2013123007.jpg 2013123008.jpg 2013123009.jpg

 ところが終盤、一気にうへぇ〜な感じがこみ上げてきます。チキン7個で終了でした。
2013123010.jpg 2013123011.jpg

 ケンタ以外にも食べ放題対象のものはあります。ご飯とあわせてチキン丼とかそそられましたが、それは食べ放題にありがちなトラップメニュー(ほかのもので満腹感を出そうとする、店側のややもすると姑息なしかけ)と判断し、スルーしました。話のネタにはいいですよね。
2013123012.JPG 2013123013.JPG


【4位 奥飛騨、高山ツアー(9月)】

 これもまた、さときん帳未収録の話。このためにハイエースを借りていたという話は、書いてあるんですけどねぇ。

 で、手帳を見たところ、これまた見事に何も書いてない。さとの字で、旅費の概算メモがあるだけだ。そこでさとの手帳を見てこれを書く(笑)。

 わたしの両親+てつりん家+妹家の総勢9人でした。初日は奥飛騨でそばを食べ、新穂高ロープウェイへ。飛騨高山の宿でゆったり過ごし、翌日は高山の町歩き。そして高山ラーメンを食べた後、白山スーパー林道を通って帰ってくるというものでした。
2013123014.jpg 2013123015.JPG 2013123017.jpg

 ちなみにここの長い読者ならおわかりかもしれませんが、親は出不精だし妹家族とどこかに行ったりなんて、わたしはしませんね。いや、それぞれ仲が悪いとかじゃなくて、それぞれの日程もあわないし、そこをなんとか調整して行くのも面倒だし。ではなぜそこまでして、これほどの企画を打ったのかというと・・・、
2013123016.jpg

うちの両親が、結婚40年を迎えるからという理由でした。すごいのは、このことに最初に気づいたのがさとだってこと。わたし?気づくわけないじゃない(笑)。妹も、知らなかったって(爆)。ただ、写真のケーキが出てきて、母はわたしの40歳の誕生会かと最初は思ったらしい。

 自分で企画して、段取りつけて、誘っておいて、そこで自分の誕生会って、そこまで自作自演をぶちかますほど顔の皮は厚くないつもりですが(笑)。ちなみにわたしが40になるのは来年のことです。
posted by てつりん at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 年末年始スペシャル(2013〜2014) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック