2014年01月06日

10年先のことなんて、わかるはずもない

 今年はてつりん家にとって、結構いろいろな節目の年だったりします。まずは自宅完成+入居から、10周年でございますよ。ちなみに何日か忘れましたが、9月上旬のことです。

 そこで昨年末。うちのメインバンク、北◯銀行のローンセンターに出かけてきました。住宅ローンを組んだ当初は、最長で10年固定金利しかなくて、いよいよ今年はその金利を見直なおさなければならないという時期だからです。もちろん固定期間が短かったり、変動金利にしておいた方が金利が安いのはわかっていました。それでも当時において、今後10年間確実に計算が立つ方を選んだわけです。

 10年前、これ以上は下がらないだろうと言われていたし、うちらもそう思っていた当時の金利が1.9%だったそうです。で、今(相談に行った日現在)だったら、最長の固定でどれくらい? と、ズバリ聞いてみました。資料を用意するためにしばらく待たされた結果、なんと驚きの1.6%だそうです。まぁこれには一応条件があって、ちょっとあれやこれやと、てつりん家で導入していないけれどできそうなことをこねこねしたら、最長の20年固定で1.6%だと。

 実際に見直されるのはもっと後で、その時にどうなっているかはわからないけれど、いい目安にはなった。正直ネット系とかも丹念に探せば、もっと金利の安いところとか、残り期間全部(たぶん30年)固定金利で行けますってところもあるんだろうけど、審査を1からやられたり、口座を作ったり、保証金を納めたり、その他諸々の手続き的な面倒や、長年の取引などを思うとここでいいんじゃないのかなぁ。

 ちなみに30年以上固定のものはないのか、残りの10年はどうなるんだ? と、応対してくれたちょっと萌え系な感じのおねぇさんに聞いてみました。すると、もちろん残り10年を固定にしてもいいんだけど、そこまで来たら残り少ないだろうし、2年固定×5回とかで乗り切った方が安い可能性が高いですよね、との回答。なるほどね〜。この話でさともろともアタマがいっぱいいっぱいになって、うっかり結婚10周年でもあることを忘れないように気をつけたいと思います。前科もあることですし。
posted by てつりん at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック