2014年01月24日

遠い昔のよう

 先日、娘たちのお迎えに保育園へ行きました。

 保育園の玄関を入ったところにはちょっとしたカウンターがあって、そこで絵本を借りることができます。娘たちは絵本はきらいじゃないと思うんだけど、借りる→家で読んでもらうまたは読むというのを楽しみにしているというよりは、借りること自体を楽しみにしている気がする。だから、借りた本を読まずに返して、翌日また別の本を借りるということも。

 そんないつものパターンに漏れず、なっちゃんが借りたのがこの1冊。背表紙だけでも見て判断しているのか、それとも何も考えていないのか。一番左端から取ってましたね。
2014012401.JPG

 案の定読みませんでしたが、表紙の古典的な雰囲気に興味をもったわたしが読みました。えぇ、こういうむし歯の描写ってひさしぶりに見たなぁと。むし歯菌が口の中で、道路工事をするような感じ。うしろを見ると78年の初版発行だったか。わたしやさとも読んでいたかもしれませんってくらいの年代物だけど、21世紀に入っても増刷されています。
2014012402.jpg

 ちなみにあとがきには、作者かこさとしによる次のような文が。
現在日本の子どもは、98%がむし歯にかかり、平均9本の虫歯を持っている
砂糖業者や菓子メーカーやテレビのコマーシャルや、なおしてくれぬ歯科医が悪いという声も聞く


 確か、歯学部が大増設されたのが70年代だったんじゃなかったかなぁ。当然、作者が嘆いていたような現実が当時あって、それに対応して時間が流れた結果が、現在言われている歯科医のワーキングプアだったりするわけなのだが。こういうものを残しておくと、文化だけでなく歴史とか、当時の時代の空気をも残すことになるからおもしろいよね。
posted by てつりん at 22:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
…遠い昔…

 てつりんさんは、田中まーくんに似てたんだよ(笑)

 てな日が(いつの日か)来るかも…撤収っ。
Posted by T♪ at 2014年01月26日 17:50
恐ろしい(?)話ですが、先日ふと、うちに1冊だけある
ワゴニスト(2002年7月号)を開いたのですよ。
えぇ、あの東北オフの際の取材が掲載されている。

もうねぇ、クルマじゃなくてわたしの
いじりのネタになりそうな秘蔵品になってますね(爆)。
T♪さんもどうですか(爆)?
Posted by てつりん at 2014年01月26日 22:18
…そういえば。
 書庫の片隅に、1冊あるなぁ…(笑)
Posted by T♪ at 2014年02月18日 20:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック