2014年02月11日

ちゃんこ谷川2014

 苗場に行ってきました。

 わたしにとっての近年の苗場は、最初の3〜4年くらいまでとは違ってきていまして。だんだんライブ以外のお楽しみも盛り込むようになっています。そもそも苗場のステージが、アフタースキーを楽しむというコンセプトだったのもあるので、だんだんわたしもその方向に近づいているとも言えるのですが、実は苗場のスキーは未だに未体験。スキーをするなら、ほかの楽しみを削るか、現地でちゃんと1泊しないと無理だな。

 午前4時過ぎに自宅を出発し、上越からは2012年に開拓した山越え最短距離ルートで。国道253号線→国道353号線(ちょっとだけ国道117号線)→国道17号線を通って11時過ぎの到着。ただし今年は苗場プリンスではなくて、まずは雪ささの湯へ。2008年にさとと行って、なかなか濃厚な温泉成分が好評だったのですが、最近はプリンス館内の苗場温泉も悪くないので、そっちばかりになっていたのでした。
2014021101.jpg

 ゆっくり暖まって、今度こそ苗場プリンスへ。例年より駐車場の雪が少ない気がします。そして最近はいつも晴天な気がするんですが、今年も晴天でした。正直、天気が悪かったり夜間だったりすると、山越え最短距離ルートはちょっと怖くて使えません。写真の通り、凍結防止剤のせいで見事なツートンカラーになってます。
2014021102.jpg

 そしてここ数年の恒例。さときん帳の過去の記載によると2011年かららしいので、今年で4年連続のちゃんこ谷川へ。店の前に掲げられた看板は、文面は毎年同じようなものですが、実は少しずつ変わっていたりします。今年は紫綬褒章受賞を祝う内容も入ってました。
2014021103.JPG

 毎年のことなので、家宝満載の店ではありますが、特に家宝を凝視するようなことはしません。普通にカウンター席に座って、いつもと違う注文の仕方を。久保田の幻の逸品はこの時期にはもう入ってこないらしく、「どういう感じがお好みですか?」との問いに答えたら出てきた天神囃子(黄色いラベルだったので本醸造)を。あとで調べたところ、「辛口の多い新潟県では異色ともいえる、旨口にこだわる酒蔵」とのことで、わたしが気に入るのも納得の味。すぐ出てきそうな肴ということで、きのこ炒めと牛すじ煮込み、あとコロッケで飲みます。きのこ炒めと牛すじ煮込みは今回はじめて注文しましたが、実にうまい。酒によく合う。たまりません(笑)。
2014021104.JPG 2014021105.JPG

 そして最後はちゃんこ+雑炊でしめる。昼間っからひとりだらだらと飲んで、2時間近くいたでしょうか。また来年も来ようと思います。
2014021106.JPG
posted by てつりん at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック