2014年04月02日

黎明

 中学校や高校、小学校にもありましたっけ? 年度の終わり頃に出る文集のことを覚えていますか? 正直わたしはそんなもの忘れていましたが、先日母校のそんな文集(最新号)を偶然手にする機会がありました。

 拾い読み程度ですが、中身を読みました。わたしの在学中と比べて、生徒数は半分以下になったのに、今でも結構ボリュームのある内容ですねぇ。以前ふらりと立ち寄った時に、文芸部だったか、日頃から文章を創作する部活が頑張っているなぁって思ったけれど、そんな感じの文章も掲載されてて青くてつたないけれどのびのびと自分を表現している。

 そう思いながら読んでいくに連れて、ものすごく鉄分の濃い記事を見つけたのでした。えぇ、夏にある某工場(正確には総合車両所)の見学会で、毎年のように偶然お会いするお方の手になる文章でびっくり。しかもよく見ると、過去にその方が書いた文章を再構築して掲載していたりするみたい。で、こんな内容の記述を見かけたのでした。

 ・・・当時の修学旅行は、金沢を出発して鉄道を乗り継ぎ東北を北上し、船で函館へ渡り、最後は寝台列車で一気に帰ってくるという壮大なものであった。


 えぇ、金沢を朝の6時過ぎだったかに出発して、(越後湯沢ではなくて)長岡、大宮と乗り換えて、最初の目的地だったと思うんだけど一関に着いたのは15時とかじゃなかったかと。バスで東北を北上して、青函連絡船はもうなかったと思うんだけど船で函館に渡り、当時でも珍しいんだこの臨時列車のために車庫から出してきたんだとか言われた気がする3段寝台で帰って来ました。それってもしかして、先生の趣味だったんですか(爆)!?

 これを書きながら、あぁ〜、そこの部分だけでもコピーしとくんだったなぁって思いました。今年もまたそのうち用があって、母校に行くこともあるかと思うので、その時はじっくり読ませてもらおうと思います。
posted by てつりん at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック