2014年06月29日

新型コペンを見てきました

 「〜に乗ってきた」というタイトルの、試乗記らしきものをたまに書いてます。

 が、今回のタイトルは、「〜を見てきました」。「新型コペンを見てきた」と書くのが、いつもの文体に従っているのでいいのかと思ったけれど、なんだか語感が悪いので「〜見てきました」にしたというわけ。そもそもここって、わたしが思いつくままに、言い換えれば話しているように書いている部分があるから、文体の統一がどうのこうのなんて、ちょっとくらいは気にしていたりもするけれど、そもそも考えてないのだよ。だから仕事系の、ビジネス系の文章は言いたいことをぶちまけるだけじゃなくて文体も整えないといけないとかいうことを考えだすと、なかなか書けなくて仕事が遅くなるのだ。

 そんな言い訳じみた前フリはさておき、新型コペンの感想。いや、実は試乗するつもりマンマンで、本店なら試乗車もあるだろうと思って行ったところ・・・、なかった(爆)! 展示車は2台もあるというのに。

 見た感想。事前に出ていた写真などからは、ちょっとオモチャっぽいかなって思ってもいたけれど、それは後日追加されるモデルである模様。赤とオレンジがあったけれど、どっちもかっこいい。やっぱさとはこういうのが似合うと思う。特にオープンになっていた、赤いコペンに乗っている姿は、山口百恵の「プレイバックPart2」のノリだ(爆)。

♪み〜どり〜の〜な〜か〜を〜は〜し〜り〜ぬ〜け〜て〜く〜まっかなコペン(違)


 さすがひとりで10台以上コペンを保有しているだけのことはある。詳しくは文中の下線部リンクから。

 で、なぜ「乗ってきた」じゃなくて「見てきた」なのか。まずは試乗車がなかったのですが、そんなの勢いに乗って、あると聞いた別の店舗に行けばいいだけのこと。しかもこの店舗の方が、自宅に近いし。ところがその試乗車はマニュアルだった!!! 

 いや、わたしもさともオートマ限定免許ではないのですよ。まぁ自信がないのは一緒ですけど。ところがさとは、以前まだ娘もいなかった頃、NBロードスターの試乗車ががマツダ販売店にあって、これは珍しいと試乗に出かけた際にとある伝説を残しておりまして。

 さすがに自動車学校卒業以来、マニュアルに乗ったことがないというさとを公道で走らせるのはまずかろうとわたしがハンドルを握ったのです。でも、ロードスターの試乗なんて、なかなかできないじゃない? そう思って、途中のスーパーの駐車場に乗り入れ、さとが運転を始めたところ、なんとずっと半クラッチ1速のまま走り続けたという! きっとコペンであっても、それに匹敵する伝説を遺すに違いない(笑)。

 でもねぇ、一番の問題は、わたしの頭が室内についていたことです・・・(爆)。あれ〜?先代コペンだと、そんなの気にならなかったと思うんだけど。試乗記は残ってないけれど、運転したという記憶はあるのだけど。夕方でこれってことは、朝イチで乗ったりしようものなら確実に頭が室内につくね。さとと5cmしか身長が違わないというのに。さとが乗れるなら、わたしだって乗れると思っていたのに。

 というわけで、乗らなかったというか、頭がつくので乗れなかったのでした。はぁぁ・・・。
posted by てつりん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック