2014年08月01日

今年もいいもの見ました

 子どもの世界ではいわゆる夏休み! 娘たちは保育園児なので、夏休みなんて言葉を知っているのかどうかはさておき、毎日元気に保育園へ行っております。

 が、それでも時節柄夏休みなので。みっちゃんには以前、ラジオ体操に行ってみるかと聞いたところ、まだいいと言ったので行ってませんが、そういう話題が出ること自体夏休みなわけですから。

 というわけで、以前行った近所の公園に、夜に行ってみることにしました。次の日は休みですからね。しかし以前って、去年か一昨年のことだと思っていたら、さらに1年前だったというのに驚きです。

 その時はなっちゃんが小さかったのと、20時過ぎには寝かされていたので置いて来ちゃいましたが、今回は一家全員で。セミの羽化を観察しようと思ってきたのですが、3年前ほど簡単には見つからない。少し前の天候とか、いろんな要因に関係しているのでしょうか。それでもほどなく見つかりました。1匹、地面を歩いているのを踏んでしまったことについては深く懺悔いたします。写真に写っているのは、踏まずに観察された個体です。
2014080110.jpg 2014080111.jpg

 最初は逆さまに出てくるのに、どうやって定位置にぶら下がるんだろうねぇ? そう思って観察を続けていましたが、まぁ体を起こしながら足をバタバタさせて、抜け殻に捕まるという、ある意味とっても普通なプロセスを経てのことになるようです。
2014080112.jpg 2014080113.jpg 2014080114.jpg

 しかし中には、何を思ったか抜け殻で体が乾くのを待たないというか待てないというか。もしかしたら訳あって待ちたくないのか。場所を変えてその時を待つ個体もいるようです。
2014080115.jpg

 みっちゃんにとってもセミはこの季節の身近な昆虫なようで、誰に教わったのか「セミってすぐしぬげんよ〜」とか言ってきます。ところがセミがセミになるまでに何年生きているのか。もしかしたらみっちゃんと一緒くらいかそれ以上生きているはず。だから早く死ぬわけではないんだ。いや、おとなになったら早く死んじゃうけれど、それまでに長く生きてるんだという話をしたのですが、わかっているのかいないのか。まぁ、セミの幼虫を継続的に観察することなんて、なかなかできないからねぇ。
posted by てつりん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック