2014年08月28日

これ、借りています

 先日うちのプレの車検でしたが、今度はうちの2号車、AZワゴンです。

 なんでももう5年になるのだそうだ。早いよねぇ。保育園の送り迎え、さとによる日常的な買い物、さとによる休日のお出かけ以外にはほぼ使われることがないので、走行距離は15,000kmに満たない状況。

 もちろんこれは、そうした用途で使われることを踏まえて、自動車保険の契約内容を走行年間3,000km以下にしていることも関係あるんだろうな。わたしの記憶だと、納車後県外に出たのも片手で数えられるくらいなんじゃなかろうか。

 で、ないと困ります!の代車として、こういうものがやって来ました。一見2代目ワゴンRに見えるかもしれませんが、マツダ販売店の代車ですからね。正しくはAZワゴンでございます。
2014082801.jpg

 ボンネットに開いた、勇ましそうな穴を見て、いいものが来たねぇって思ったんですよ。ところがさとの反応はそうでもなく。さと曰く、まぁ昔のクルマって感じなんだって。具体的にはハンドルやブレーキなど操作系が全般的に重く、乗りづらい。そしてターボなのに遅いというか低速トルクがない。そして後席が狭い。ふ〜ん、ターボ車ならではの痛快な走りを楽しんでみたいけどなぁ。

 と思って近所のスーパーなどに出かけたところ、見事にさとの言うとおりでした。2000回転までを使うと、絶望的に遅い。5年前のAZワゴンよりも遅い。3000回転まで使うことで、ようやく気持ち的に普通の速さに。そしてさらに踏み込んでいくと、4000回転以降からガンガン湧いてくるトルクと、勇ましいエンジン音。まぁ、よくも悪くも昔のクルマですな。でも、アクセルを踏めば期待通りのものが出てきます。ただし、タイヤがかなり減っていて、ちょっと怖い。

 そういえば最近、この型のワゴンRを見ないなぁと思って車検証を見たら、初年度登録が平成14年の6月でした。なんと、先代のうちのファーストカー、赤いプレマシースポルトと1年しか変わらない。そういう意味では、近年の軽四の進歩ってすごいですね。売れるのもわかる気がします。
posted by てつりん at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック