2014年08月31日

書き直し

 文字の書き順に、自信はありますか?

 自信があるとかないとか言う前に、その書き順で正しいと思って書いているから、自信のあるなし自体が存在しないってケースもありうるかもしれませんね。

 わたしは比較的人が見ているところで字を書くことの多い仕事だと思うので、どうせ書くならいい文字を書きたいという思いも、比較的人より強いものがあると思っています。そんな文字が、いい文字と思われているかどうかはさておき。なので、自分の書き順が間違っていることがわかったら、恥ずかしくてしょうがない。なんとかして修正したい。きっとそう思うことすらなく、まちがった書き順で書いている文字がたくさんあると思うから。

 で、何をいつ頃なおしたかはほとんど覚えてないけれど、10年以上前に自分で直したのは右と左だったなぁ。口とエが違うだけで、残りのパーツは形も書き順も同じだと思ったら大間違いですぜ。

 そして今、恥ずかしながら「も」を直そうとしています。横線2本のあとに、「し」を書くんだと思っていましたよ。ことの発端はみっちゃんのこどもちゃれんじだったかな。えぇ、恥ずかしいったらありゃしない。誰からも指摘されずにここまで来たと思うと、それがまた恥ずかしい。なのできょう、「も」の字を書くたびに、「あっ!まちがえた!」と思って消しゴムで消して、もう1回書き直しですよ。今のところ、必要な個数の2倍くらい「も」を書いてます(笑)。
posted by てつりん at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック