2015年02月12日

70歳になったら

 母が運転免許の更新に行ってきたらしいです。

 と言っても、恐ろしいほどのペーパードライバーなんですけどね。知る限り免許を取って30年以上経つと思うんだけど、その間に公道を運転したのは1回だけだったと思う。同乗していた、当時高校生のわたしにとっても、そら恐ろしいものを感じましたね。今思えば、なんで取得したんだろうか。あまりにも運転しないから、もちろんゴールド免許。運転しなさすぎて、ライトをつける方法すら知らないとか、雨が降ってきたらどうしたらよいかわからないって言うんだけど、それでもゴールド免許(笑)。

 それだけ運転しないんだったら、いっそ返納してもいいのに。返納した後でも、運転以外の身分証明書としては運転免許証と同じ効力を持つ、運転経歴証明書ってのがもらえるらしいし。そんなことは、更新より前からそれとなく話していたことではありました。でも身分証明書としては、顔写真が気に入らないって理由で、まず出すこともないらしい。だったらなおさら、いらないんじゃないのかなぁ。

 ところで70歳以降の更新では、なんと運転しなくてはならないんだとか。本気で更新するんだとしたら、きっとクルマの運転は20年以上ぶりかと。次の更新は絶対に通らないだろうな(爆)。そろそろ年貢の納め時だと思いますよ。
posted by てつりん at 23:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック