2016年01月29日

どれだけ行きたかったのか

 ホテルの廊下のような場所を歩いていました。

 見たことのない場所なんだけど、床は赤系のじゅうたんが敷き詰められています。よく見ると壁紙も、若干じゅうたんとは色が違うのですが、じゅうたんと同じモチーフの柄があしらわれていました。で、触ってみると、ふわふわとやわらかい感じ。そうねぇ、壁にも床と同じように、じゅうたんが貼ってある感じでした。

 で、その壁やじゅうたんにあしらわれた柄をよく見ると・・・、今年の苗場のテーマデザインというのでしょうか。例の勾玉みたいな模様じゃないですか(下の画像は参考にと、とあるところから拝借してきたものです)。
2016012901.jpg

 そして行き止まりのドアを開けると、建物と建物の間で、外に出るところでした。そこは一面の銀世界。えぇ、どうも苗場プリンスの館内を歩いていたらしいのでした。という感じで、きょうのさときん帳は夢オチでございます。そんな夢を見るなんて、どれだけ苗場に行きたかったんだって話ですな。
posted by てつりん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック