2007年05月30日

地球最後の日に

 「ほぼ日手帳」というものを愛用しているのですが、この手帳には読むところがあるんです。しょうもない小話から、「おおっ!」と思うような格言、思わず「へぇ〜」なトリビア的知識などジャンルは多種多様。

 そうした中から先日、こういうのを見つけました。「あと4時間で巨大隕石が地球に衝突です。田島番長(田島貴男)はなにをしますか」というもの。なにをしようと思ったのかは、ここでは秘密。・・・でもわたしだったら、なにをするかねぇ。でもそんなこと起こりえないし、起こりえて欲しくもない。従って考えるのも野暮ってことで、ここではスルー。

 ところが先日うちに送られてきた「YUMEWS」(ユーミンファンクラブ会員向けニュースペーパー)のコーナー、おしえて!ユーミンにも、似たようなことが書いてあるのを発見。「明日は地球最後の日。何をして何を食べますか?」。ちなみにユーミンの答えも、ここでは秘密。そういう話が聞けるのは会員の特権だと思うからね。

 最初は頭の中で軽く流そうと思っていたんだけど、短期間に立て続けに、そういうものを目にしたわけだ。やっぱ気になってくるんだよね。そこで少しまじめに、地球最後の日について考えてみた。






 巨大隕石が原因かはともかく、地球最後の日に何をするかという話になる以上、きっと地球上の多くの人は、きょうが地球最後の日だと言うことを知っているのでしょう。そうでないと何をするかなんて、考える余地もなく死んじゃうだろうから。

 ということはきっと、テレビは「密着!地球最後の日」とかいった類の特別番組で持ちきりでしょう。ニュースもそれ一色。アナウンサーやリポーターが街頭に立って、地球最後の日の街の様子を切り取ろうとするに違いない。子供の頃「国鉄最後の日」という特番を、日付を挟んでやっていて、それを見ていた記憶がある。同じように「地球最後の日」だって放送されるはずです。

 でもその場合、テレビに出ているアナウンサーやコメンテーター、放送に関わる技術スタッフなどは、働いているってことになるよねぇ。地球最後の日に、働きたいかねぇ。タイタニック号の場合、沈没する最後まで職責を全うしようとした乗組員がいたらしいから、テレビ業界にもそうした責任感あふれる人はいるだろうけど、みんながみんなそうではないだろう。もしかして放送中に、「わたしはこうして地球最後の日をテレビの前の皆様にお伝えしてまいりました。しかし我々人類に残された時間はあとわずかです。ならばわたしはアナウンサーである以前に、ひとりの人間として、愛する人にわたしの気持ちを伝えようと思います!待ってろよ〜〜〜・・・(カメラの前からダッシュで消える)」なんてことをやってのける粋なやつも出るかも知れない。アナウンサーではなく、カメラマンが突然逃走する可能性だってあるし、中継車に誰もいなくなって中継不能になる可能性だって考えられるだろう。

 世界各地の中継もおもしろそう。「わたしについてくれば助かる!」とかなんとか言って、にせ救世主を名乗るようなやつらがおかしなことしちゃうかもしれないよねぇ。またはどうせみんな死ぬんだったら、物欲を全部かなえて、物欲にまみれて死んでやる!って人も出るだろうから、スーパーや銀行なんかは無法地帯になる可能性だってあるだろうな。あぁ怖い。NASAとか種子島宇宙センターなどに行って、職員に詰め寄って、自分だけはと地球からの脱出を企てる輩も出るだろうな。それ以前に職員が、ロケットとか飛ばして逃げ出しちゃってたりして。う〜ん、じたばたせずにテレビを見てるってのが意外と一番おもしろいかも。追いつめられた人間の、見苦しい様子が手に取るようにわかりそうだし(爆)。

 最後にうまいものでも食ったりしたいというのはあるかも。でもテレビ関係者と同様、飲食店の人だって地球最後の日に働きたくはないだろう。だから近所のスーパーとかコンビニに行っても、誰も店員はいないかもね。いないだけならまだしも、物欲にまみれた連中で無法地帯になってて、そのとばっちりを受けるのはイヤだなぁ。そうそう、どうせみんな死ぬんだったら、最後に人殺しというものをしてみたい。大量虐殺なんて、考えるだけで気持ちよくってゾクゾクするぜ♪な〜んて狂ったやつらも出るような気がしない?だったら見知らぬ通りがかりの人に通り魔的にやられちゃう可能性もあるわけで、やっぱ家におとなしくして、テレビでも見ているのが上策だな。わたしに恨みを持つ人間が、地球滅亡の前に恨みを晴らそうとやってくる可能性もありそうだし(爆)。

 というわけで地球最後の日、てつりんだったら何をしますか? さとと一緒に外に出ないで、のんびりとテレビを見て、地球各地の地球最後の日の様子を観察して楽しみます。あなたは、何をします?
posted by てつりん at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ほぼ日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
地球を脱出して宇宙(そら)へ!なんてのはガンダムの世界だけですから現実的に。最後の日は、家ではると飲んだくれているでしょう。中途半端に飲まずに徹底的に。へべれけになりながら空を見上げて、巨大隕石が地球に衝突する瞬間を家族みんなでカウントダウンしながら見てやろうと思います。
Posted by やんばるくいな at 2007年05月31日 18:17
飲むってのもいいですよね。
飲まずにやってられるか!って感じで(笑)。

でも飲むと寝てしまう可能性が高くて、それはなんだかもったいない感じがするのと、酒が切れたからと外に買い出しに行ったら店が無法地帯になってたり、狂ったやつに襲撃されそうになったり、玄関前で金属バットとか持ってわたしを待ってるやつもいそうなのでやっぱり家でおとなしくしていたいです。

でも、酒の買いだめは日常的にしておいてもいいかも知れません。危機対策のひとつとして(笑)。
Posted by てつりん at 2007年06月02日 17:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック