2016年03月20日

カニオフ2016

 カニオフ。それはただひたすらに、カニをバリバリと喰らうオフであるらしい。カニバーサリーに似ているようでちょっと違うし、カニバリズムとも明らかに違う。

 一応クルマ関係のオフ会なので、それらしい写真を1枚。クルマ関係の駄弁りタイムでしたが、赤色さんのフォレスターがどうとか、† カイン †さんがなぜそれほどの短時間で東京から来られるのかといった話が印象に起こっています。あっ、言えないような速さでぶっ飛ばしているわけじゃないですからねっ!
2016032001.JPG

 舞台は金沢の港町、大野にある弁吉さん。桂文枝やテツandトモも来ていることが、店内のサインからもわかる。知る人ぞ知るわたしのサインも、書いて、飾ってもらえばよかった(笑)。長年の研究と試行錯誤のすえ、最近ようやく、人前で書けるレベルに達したので、頼まれた場合だけ書いています。
2016032002.JPG

 わたしはゆでがに1パイを食べたあと、カニすき+おじやでしめるCコースを所望しましたが、なんといってもこの店の魅力はゆでがにが食べ放題であることです。しかも、時間無制限らしい。
2016032003.jpg

 でも、ゆでがにとカニすきだったら、同じカニでも味が違うものですね。ちなみにカニすきのカニは、蛸島のカニでした。ちゃんとタグが付いてましたよ。
2016032004.jpg

 最後はおじやでフィニッシュ。カニすき同様、おねぇさんが手際よく準備してくださるのです。おいしくって、とってもしあわせな気分になれます。
2016032005.jpg

 そしてCコースチームはすっかり満足し、まったりモードへ。ところがその向こうでは・・・。
2016032006.jpg

 今なおジャンジャンバリバリとカニを喰らう、Aコースの皆様方が(笑)。
2016032007.jpg

 カニを食べる腹の方にはとっても自信があるのです。あの北野食堂の数々のメニューを、常に大盛りで制圧してきたわけですから。でもねぇ、数を食べてチャンピオンの座に立つには、さばく上での手際のよさや美しさがないとねぇ。というわけで、さばくための援軍ということで、来年はさとも一緒にどう?という話もありましたが、もれなくちびっ子が3人もついてくるからねぇ。わたしはというと、さばく手際のよさを盗もうと、Guraさんの手元をじ〜っと見ていたのでした(笑)。
posted by てつりん at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | プレマシー(2代目CR型) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック