2016年03月23日

10年の時を超えて、復活

 かつて自宅近くに、いただき亭というラーメン屋がありました。近くの高校から降りてきたところにあって、男子高校生で賑わっていました。それもそのはず、安くて、普通においしいんです。

 普通においしいなんて言うと、そんなにおいしくないんじゃないかと思うかもしれませんね。でも、いい意味でシンプルなラーメンは、いい意味で今時こんな感じのラーメンってめずらしいよね?と思わせる魅力がありました。

 そんな商売繁盛していたいただき亭は、ある日店舗を移転しました。どこにって、高校側から見て、道路の向こう側へ。高校生目線では、道路の向こう側に行くだけで十分行きにくくなったわけですが、近くには横断歩道がないんです。お店は広くなりましたが、高校生が行きにくくなったせいかお店には閑古鳥が鳴き、ほどなくしてなくなってしまいました。場所選びがまずく、繁盛店が一気につぶれてしまうという、まぁ、よくある話ですよね。

 ところがそのいただき亭が、10年の時を超えて、場所も名前も新たに復活したという。しかもこれが、自宅からは遠くなったとはいえ会社の近く。これは行かねばならぬでしょう! そんなわけでずいぶん前の話ですが行ってきました桜三四郎へ。いただき亭時代に近くにあった高校から、1文字を拝借したとのことです。
2016032403.jpg

 はぁ・・・。とってもおいしいです。かつてのいただき亭のコンセプトは変わってないなぁと。いい意味でシンプルだけど、味わい深い。男子高校生が客層の中心だった頃よりも高級そうに、上品そうになってはいるけれど、やはりいい意味で今頃こういうラーメンは少ないなぁと。マスターには、いただき亭の頃を知っているんだという話はしませんでしたが、そういう話ができないくらい頻繁にお客さんがやってきて、なかにはいただき亭の話をしていく人もいたので、この復活を待っていた人も多いんでしょうねぇ。また行きたいと思いましたよ。
posted by てつりん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック