2016年04月06日

一輪車クラブ

 暇すぎて、ネタがないです(爆)。毎日のように定時退社を満喫しております。それも今のうちだけだと思うので、もっと満喫しておきたいところです。

 実際のところは仕事関係でいろいろと思うところがあるのですが、会社のことを書きすぎるとわたしの正体がね(笑)。デーモン小暮じゃないけれど、「世を忍ぶ仮の姿」で生活しております(笑)。

 まぁホントは、適宜会社のことを書いたほうがいいんだと思うことはあります。というのも、いい意味で違う世界に行ってしまったこともあって、毎日が新しい発見の連続です。なんて言うんだろう、インプットがいろいろありすぎて、適宜アウトプットもしないと消化できないといったところでしょうか。でも、そういうことは、世を忍ぶ仮の姿だから、ここでは書けないわけです。

 ということで表題の一輪車教室。みっちゃんが通い始めたのですがね。なんでも学童でやっている一輪車クラブは、なかなかレベルが高いところなのだそうだ。県外への遠征もあるって。しかも、一定の技能に達していないと加入できないのだそうだ。しかし友達で入りたい子は、さっさとその技能レベルに到達したというのに、みっちゃんはその域に達しない。にも関わらず、知らないところで地道な努力を続けていたのか、先日そのレベルに到達し、加入が認められるまでになったのだそうだ。確かによく、学童でも自宅でも一輪車に乗っているのは知ってましたけど、そういう思いがあってそういう努力をしていることまでは知らなかったな。

 こういう習い事を増やすのはいいことなんだけど、結構うちの負担が重くってねぇ。さとにも相談されて、するのはいいんだけど、するにあたって面倒な思いをするのはさとだからねぇって話になりまして。結局いろいろあって、せっかくだからさせてあげようよ。きついこともあるけれど、何かやりたいことに打ち込めるというのは、やがては部活動をがんばれる子とかにもつながっていくと思うのでね。

 ちなみにきょうは、「(練習で)なにをすればいいのかわからなくて、おちこんでた」そうです(笑)。最終的には、アイドリング(その場で若干前後に動きながら、停止状態を保持する)の練習をすればいいとわかったらしいのですが。なんでも東京への遠征が計画されているほどの、なかなかのチームらしいのですが、本人は行きたくないって。やる気があるのかないのか、よくわからない人だと思います。
posted by てつりん at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック