2016年04月14日

5cmの向こう岸

 さとから、なっちゃんが結婚相手をようやく決めることができたという趣旨の話を聞かされました。今年、6歳。みっちゃんの時(4歳になってすぐ)と比較すると遅いかもしれないなぁ。

 こういうものに、早いも遅いもないと思うけれど。でも、「やっときめた」みたいな表現で報告を受けたそうなので、周囲の友達と比較して遅いという程度の認識はあるのかもしれないな。

 どういうところがよくて、なぜ結婚しようと思ったのかは聞けずじまいなのです。ただ、さとの証言によると、応援も妨害もしないけれど、二人の未来にはあまり明るい未来を感じていない気がしました。なんでも、保育園でのことなので、ご両親をお見かけすることがあるみたいなのですが、どっちもあんまり大きい人じゃないんだって。つまり、なっちゃんよりも、彼氏のほうが小さいことになるのではないかと。

 ユーミンの曲の「5cmの向う岸」みたいな話なんだけど。一方みっちゃんが同様の状況になった時は、性格的に「背が低いからやだ」と、バッサリと切ってしまいそうな気がする。なっちゃんの場合には、性格的にこの曲に見られるような葛藤があってもおかしくないだろうな。まぁ、保育園の頃における初恋の人なんて、本人の記憶には残らないものなんだろうけど。
posted by てつりん at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック