2016年05月01日

ランドセルを探して

 なっちゃんのランドセルを物色しに、富山市内へ出かけてきました。ちなみにみっちゃんの時と同じ店です。なかなかいい買い物ができたと思うのでね。

 みっちゃんはもっと小さい頃から、水色とか紫色が好きだったので、そういった色をランドセルに選んでも、まぁいいかなと思っていました。ところが結局選んだのは、定番の赤系。なっちゃんについては小さい頃から、そんな水色とか紫とかを好んでいた感じがしなかったのと、なっちゃんには定番の赤が似合うと思っていたので、紫とかはなんだかな〜と思っていました。同じ紫なら、もっと深みのある紫がいいと思っていたんだけど。
2016050101.jpg 2016050102.jpg

 とりあえずここのランドセルの品質がいいことはよくわかっているし、あとからでも注文できるからということで、買わずにその店をあとにしました。同じ紫だとしても、別の店の紫のほうがもっと好印象ってこともあるだろうしと思ってね。ところが、行った店近くの別の店に展示されているものはというと、つくりがちょっとイマイチ。そもそもさともわたしも、きらびやかに刺繍が施されているような系統のものをよしとしないのです。よく見ると結局、刺繍などで見た目がいい感じになっているぶん、ほかのところの作りがおろそか気味になっていることもわかったし。あと、ランドセルなんて基本はみんな同じだと思っていたけれど、そこで売られているものは容積が小さいことがわかりました。

 最後に、ランドセルならもう1軒、ここだ!とされている地元の店にも行ってみました。でも感想は、2軒目に行った店と同じ。きらびやかな刺繍が施してあるものも多いけれど、そういうこととは別に細部の作りこみに甘さがあることがよくわかる。むしろ何軒も回ることで、最初に行った店の製品の細部にわたる丁寧な作りこみがかえって目立つというか、それがとっても貴重ですばらしいものであったということがよくわかりました。というわけで、もはや赤じゃなくても、紫でも水色でもなんでもいいかなと。そんなことよりもみっちゃんと同じ、最初に行った店で買うのがいいよねぇという結論で、ランドセル選びの幕が早くも下りようとしているのでした。
posted by てつりん at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 育児(おもちゃ・絵本・買い物) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック