2016年05月21日

EXIGA CROSSOVER7 に乗ってきた

 以前、これに対する感想らしきものは書いたことがあるのですが、だんだん気になったので乗ってきました。

 そうねぇ、スライドドアじゃないことがネックではあるんだけど、それでも7人乗りだし、うちで一定の高い評価があるスバル車だし。さらに冷静に考えれば、2.5Lで四駆でアイサイトもついて税込270万円くらいって、実はなかなかのバーゲンプライスなのではないかと。2008年登場のエクシーガと、中身の部分はそんなに変わってない(全面改良ではない)のが気になっていてあまり興味がなかったのですが、そんなの乗ってみないとわからないからねぇ。あとは、わたしが全面的に気にいるかどうかよりも、うちのファーストカーはさとの意向を気にして考える時期になってきたのもあるから、とりあえず乗ってみようと思って。

 ネットで試乗車があることを調べて行ったのですが、たまたまその時は別のお店に行っていたらしいです。ということで、同じものを持っているという社員さんのクルマが急遽試乗車に。まぁ、そういうことで店の対応が悪いなんてことは、わたしは考えたりしないので別にいいです。車内も汚かったというか散らかっていたけれど、それとクルマそのものに対する評価は関係ないと思うので別にいいです。

 運転してみた感想ですが、やっぱエンジンがでかいということには、それなりのメリットがあるんだねぇというものでした。低速トルクの太さといい感じのCVTの制御もあってか、2000回転まで回さなくてもうちのプレと同等以上に走っていくんです。燃料が少なめだったとはいえ、それでも営業マンと2人で乗ってこの動力性能ですから。もちろん、普通にいい感じで交差点を曲がっていきます。まぁ、もうちょっと試すような走りをしてもいいかなって思ったけれど、それでも中身が古いとか、大して変わってないとか思ってて申し訳ありませんでしたって感じです。

 装備もよくよく見るとなかなかのものでした。最新のVer.3ではないにせよアイサイトが搭載されており、車線逸脱警報や追従式オートクルーズなどなどなかなかこれは便利なんですよ。横滑り防止装置やABSはあたりまえ。カーテンエアバッグまでついています。まぁ安全面で抜かりがないのは昨今の新車ならある意味当然だとしても、まさかシートヒーターや前席パワーシートまでついているとは思わなかったなぁ。左右独立で温度調整ができるエアコンも嬉しいし。これでいくら値引きしてくれるのかまでは聞かなかったけれど、かなりのバーゲンプライスではないかと。

 でも、スライドドアではないのがネックなんだなぁ。1〜2列目から降りる際は、多少横が狭くても、ドアを少しだけ開けて降りられるけれど、3列目から降りる場合はたくさんドアを開けなくてはならないんだよね。買うのなら当然、さとにも運転してもらおうと思うし、娘たちにも3列目へ乗り降りしてもらわないと。あとは、あのオレンジの内装が賛否両論なんだけど、特別仕様車Modern Styleだったら同じお値段で内装はぐっとシックに。

 おそらくフルモデルチェンジはないと思うんだけど、4年後も買えるんでしょうか(笑)。
posted by てつりん at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック