2016年07月05日

さとが、ヴォクシーに乗ってきた

 シエンタの試乗のあと、「こっちのほうがいいよね〜」とヴォクシーを見つめるわたし。というわけで、勢い(?)に乗ってヴォクシーの試乗に出かけることにしました。もちろん運転するのはさとで。わたしはなぜか3列目に座ります。グレードはガソリンのZS煌7人乗りです

 この3列目、わたしの身長(180cmくらい)だとヘッドレストの位置が合わなくて困る。なんとか快適に座れないものかと思って触っていたら、なんとリクライニングするんですね。しかもかなり深いところまで。ということで一気に快適になりました。さらにひじの周りも含めてかなり広々としていて、想像以上に3列目も快適だということがわかってきました。そのうえ、3列目にもエアコンの吹き出し口があるし、このクラスになると3列目は我慢して乗るところではないって感じになってきます。

 さとは助手席の営業マンといろいろと話しをしていましたが、記憶にある範囲では次のようなものでした。
・これはいわゆるかっこいいグレードに相当するが、どれを選ぶかは好みの問題かと
・(いくらくらいするの?という話から)先日これを売った時は、総額で320万くらいだったかな
・ナビは標準では付いていません
・bBとMPVに乗ってたお家が、いろいろあってヴォクシーに乗り換えた話(詳細はちゃんと聞いてなかったので不明)
・うちの家族構成を考えると、シエンタよりもヴォクシーがおすすめでしょう(そりゃそうだ)

 途中の、試すように走ると気持ちよさそうな道でも、なかなかいい感じに走っていました。以前わたしが試乗した時はこういうところがなかったので、わからなかった。まさかここまできちんと走るとは。これは収穫だったなぁ。
2016070500.jpg

 で、シエンタと同じように、自宅にお持ち帰りしてみました(笑)。自宅周辺の道は結構狭いうえに、ヴォクシーは全長がプレよりかなり長い(+20cmくらい)のですが、見切りがいいのかさとの運転でもぐいぐい入っていきます。で、それっぽく入ってしまいました。ただし、細かいところまで微調整したのはわたしです。
2016070501.jpg

 バックカメラがついていたので、遠慮なく停めてみました。実際自宅にあるなら、こんな感じで停めるんだろうし。溝の上はうちの敷地内ですから、これくらいが車庫証明が取れる限界の最大サイズかと思われます。
2016070503.jpg 2016070502.jpg

 自宅から販売店までは、わたしは2列目に座っていました。3列目でかなりリクライニングさせてまったりとくつろぐ娘たち。それでも2列目の足元がかなり広いです。正直、せっかくの低床化がなされたわけだから、もうちょっと全高が低くても室内の居住性には何ら影響がないと思うんだけど、車内で子どもを立って着替えさせるというニーズがあるのだそうだ。へぇ〜。

 その後さととヴォクシーの話はしていません。別に、不仲なわけではありません(爆)。でも、ヴォクシーの悪かった話を聞いてないということは、よかったってことなんだろうと思います。というわけでシエンタではなくてヴォクシーでしょう。その前に、いやあとでもいいけど、ロードスターを手に入れないと(笑)。
posted by てつりん at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック