2016年07月18日

アクセラ 15XD L Packageに乗ってきた

 車検の約束をしに行っただけなのですが、「乗ってみますか?」って話になったので乗ってみることにしました。G-ベクタリングコントロールってのもなんだか気になるところですし。

 ただ聞いたところでは、「言われてみれば違うかな〜でもわからないかな〜」ってレベルのものらしいです。ネットで見かける評論家の記事を見てもそういう感じのものが多いし、もちろんあればいいんだろうけれど、SKYACTIVディーゼルみたいに何かの決定打になるようなものではないのでしょう。それより追加された1.5Lのディーゼルのほうが気になる。

 運転した感覚としては、確かにアクセルを踏みながらの交差点では、キレイに扇形を描きながら曲がっていく感覚はわかります。でも、帰りにうちのプレでもやってみましたが、キレイな扇形を描けないからこそ、キレイに扇形を描こうと言う気持ちを持って曲がって行きたい気分になるね。運転がうまくなった気がするステキなデバイスだと思うけれど、それがなくてもキレイに曲がってみたいというか、うまい運転を心がけたいというか。それよりもアクセラとか、1.5Lのディーゼルエンジンの方が興味深かったです。

 現行のアクセラは、ハイブリッドにのみ乗ったことがあるんだけど、この日乗ったモデルもいい意味でマツダらしくて好印象でしたよ。期待を裏切ることがない。でも、マイナーチェンジだからか、期待を超える何かがあったというわけではない。エンジンについても、ディーゼルらしく低速からトルクの盛り上がる感じがとっても好印象で、2Lのガソリンモデルがなくなったことも納得なのかもしれません。そして、加速しようと思えば加速するし、このままの速度で巡航しようと思えばそういうつもりで走ってくれます。なのでわたしみたいにアクセルをあまり踏まずに走らせようとする人だと、低めの回転数からじわじわ加速させるのが面倒というか、やや強く踏み込まないと加速しない印象もあるかもしれません。ただそういう時は、2000〜3000回転まで使うイメージで踏み込むと、とっても爽快な加速を見せてくれます。

 次はこういうのでもいいんだけどね〜と思いながら、後席にも乗ってみましたが、5人で乗るクルマではないですな(笑)。乗れて4人。わたしでも後席は気持ちよく乗れますが、さすがに真ん中の席はガマン大会になってしまいます。


 ところで試乗そのものよりも、試乗中の会話のほうが、個人的にはおもしろかったなぁ。「マツダって、ホントにミニバンやめちゃうんですか?」って質問に対して、やっぱりそれを嘆く声とか、今のマツダがもつ技術でプレマシーみたいのを出して欲しいという需要があるんだって。ところが車重が重くなるとか、スライドドアは海外では需要がない(商用車のイメージになってしまうらしい)とか、なかなか難しいみたいだね。どちらかというと欧州に軸足を置くマツダとしては、クラスは違うけれどフォルクスワーゲンのシャランとか、BMWのアクティブツアラーとか、よさそうなライバル車がいるのに、そういうのと渡りあえるようなニューモデルを期待したいところだけど、難しいのかもね。

 で、来年にCX-5のフルモデルチェンジが控えているらしいんだけど、3列7人乗りモデルも追加されるとかいう話があるらしいです。う〜ん、エクストレイルの7人乗りにはあんまり興味がないんだけど、その理由としてああいうのの3列目ってそれなりのものでしかないんじゃないかと思って。当然あとから出てくるCX-5に7人乗りがあるとすれば、そこんところはある程度きちんとしてくる可能性が高いだろうけれど、どうなるんでしょうねぇ。
posted by てつりん at 14:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 試乗記・クルマ談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック