2016年08月20日

てつりんはレベルがあがった!

 ちからが1さがった!
 すばやさが2さがった!
 たいりょくが3さがった!
 かしこさが1あがった!?
 つらのかわのあつさが2あがった!
 けんこうしんだんのあがってはいけないすうちが×あがった!!!
 あたらしいとくぎをわすれそうだ!

 ということで、レベル42になりました(しょこたん風に)。
2016082003.jpg

 どっかに書いておかないと忘れてしまいそうなので、ここ2〜3年は書くように意識しているのですが、今年はわたしが所望したアウトドア系のパンツをさとから頂戴しました。すその方を外すことができて、短パンとしても使えるんだけど、生地としてもなかなかのものです。伸縮性も高くて、濡れてもすぐ乾く。脚を出すのはあまり好きじゃなかったんだけど、決してお見せするほどのものでもないのでちっとも好きじゃなかったんだけど、まぁ、脚を出す気持ちよさがじわじわとわかってきて、むしろ出したくなったのだよ。だからレベルがあがったついでに、面の皮の厚さも上がるんだ(爆)。


 さて、去年自分で書いてみておもしろかったので、あの人のレベル42の頃はどうだったんだろう?ってことで、ちょっと調べてみました。

【本田宗一郎が藤沢武夫と出会う】
 大学の卒論で、本田宗一郎について書こうとしていた人がいました。で、そのことを知るちょっと前に、偶然藤沢武夫に関する何だったかなぁ、まぁテレビ番組を見たんです。で、卒論テーマの発表の席で、それを見たという話をしたと。意外と藤沢武夫って知られてないらしいけれど、このふたりの出会いがなければ、本田技研工業はここまで大きくはならなかっただろうと言われているほどの人物が、藤沢武夫です。そうねぇ、本田宗一郎が生粋の技術者だとしたら、藤沢武夫は経営者ですな。

 だからって、本田宗一郎のようになりたいかと言うと違うなぁ・・・。わたしを支えてくれる誰かと出会えるのなら、いつでも大歓迎です。


【ジョブズがアップル社の経営に返り咲く】
 まぁあれこれと考えてみれば、追放されてたわけじゃないけど返り咲きの道を歩き出した上で、完全に返り咲いた気がしないでもない42歳ですな。別にわたしは追放されてたわけじゃないけど、わたしに過去に冷や飯を食わせたような人にざまぁみろと言いたい気が一瞬したけれど、そんな人のことを考えるだけで気分が悪いので、そのことについてとやかく言うのはやめます。


パラダイス山元に、ウニモグが納車される】
 恥ずかしながら知らなかったんだけど、アルシオーネSVXや初代レガシィツーリングワゴンのデザイナーらしいです。まぁ、それにとどまらない、多彩な活躍をされているようで、ちょっとこういう生き方は憧れるなぁ。

 何であれそれを極めようと思うのなら、そればっかりやるということも必要なのでしょう。それはレベル42にもなった人なら、程度の差こそあれ誰もが感じるところかなって思います。でもねぇ、その一方で、そればっかりやっているようでは、結局のところその人の幅も広がらないんだよってことも、レベル42ににもなった大人ならとっくにわかってることなんでしょう。というわけで、ウニモグは別にいらないけど、ロードスターとか納車されないかなぁ(笑)。


【松任谷由実が、荒井由実名義で活動を行う】
 「まちぶせ」をリリースしたり、松任谷由実ではなくて荒井由実のライブをしたりしてました。えぇ、石川ひとみの「まちぶせ」ではなんとも思わなかったのに、なぜレベル42のユーミンの「まちぶせ」はあんなに怖くて気持ち悪いのかと、当時は思いましたねぇ(爆)。歌詞のもつおどろおどろしさが見事に表現されていましたよ(笑)。でもねぇ、本人曰く、「あれは今までの活動サイクルを変える折り返しだった」んだって。

 考えてみれば、もしかしたらあとになってそう思ったりすることがあるのかもね。一見関係ないようだけど、今年はまれに見る夏休みの長さだったし。活動というか、仕事のサイクルをちょっと変えてみるのもいいかもしれないね。今の業界に入っての折り返し地点ならもうちょっと先の方だと思うけれど、それでも仕事をする人という意味ではそろそろ折り返し地点なんだろうし。


 そんなわけでレベル42、そろそろ最終的な敵も見える頃でしょうか(笑)。でも、試しにラスボスのところに行ってみるかって感じで出かけて、うっかりやられたりしないように気をつけたいと思います。
posted by てつりん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック