2007年06月06日

あれから1年

 きょうで、あれから1年が経ちました。6が3つ並んだオーメンの日のことをわたしは忘れないでしょう。重いものを持ったらどうなるのだろうという不安や、腰に何となく残る違和感は未だに消えませんが、おかげさまでジム通いも含めて日常生活上の制約はないと言えるところまで来ました。全力疾走や、全力で助走をつけた幅跳びなど衝撃の多そうなものや、回転レシーブやヘッドスライディングのような転倒系合わせ技のレベルで運動するのは、まだ微妙な雰囲気があるのですけどね。

 ところで前の日。さとが3200円だったかな?昇給したと聞かされた。「おぉ〜」と感嘆の声を上げながら拍手した。だいぶ前にわたしの会社側の手違いというか、わたしの認識不足というかなんというかな感じでで、一度に2段階昇給したことがあったのだ。わたしが問いたださなければそれっきり昇給なしだったというのも怖い会社だと思う。雇われ側の自己申請ではなく、雇い側のデータに基づいて昇給させるものでしょう。なおその時は15000円くらい昇給したんだったと思う。そういう経緯からか、たかが(?)3200円でさとはバカにされているのかと思ったらしいが、このご時世に昇給という響き。なんとありがたいことでしょう。たかが3200円と思うかも知れないが年間でCDアルバム12枚分。飲みに行くなら3〜4回くらいになるぞ。

 そんなわけでささやかながら、何かおめでたそうなことでもしようと思ったわけですよ。めでたいネタが2つもあるわけだし。しかしなにぶん急なことで準備不足なのと、先月の放漫財政は目に余るだろうということから、近所のスーパーでお菓子を買おうと。水ようかんなどちょっといい感じの和菓子とか、ロールケーキなどちょっといい感じの洋菓子とか。しかし「ちょっといい感じのもの」が見つからず不発に終わる。週末に何かを仕込んでもいいのですが、悲しいことにさとは実家に帰ってしまいます。
posted by てつりん at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 第一腰椎圧迫骨折 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック