2016年10月18日

新津鉄道資料館に行ってきた

 もう相当昔の話で、先々月のことなのですが、新潟市にある新津鉄道資料館に行ってきました。

 個人的には「新潟市にある新津・・」って表現に心のどこかに引っかかりがあります。例えるならば千葉県にあるのに、東京ディズニーランドみたいな感じでしょうか。金沢市と野々市市にまたがって存在するけれど、本部は野々市側にあるのに金沢工業大学みたいな感じでしょうか。かつて新津市だったのが、合併して今では新潟市なので、ディズニーランドとは違って名称にウソも偽りもないんですけど、なんとなく違和感があります。

 さて、このときの目的はと言うと、もう終わってしまってますが、日本海縦貫線に関する企画展示を見るため。これはこれでおもしろかったのですが、それよりも知らずに行った8月最後の第4日曜日、どうもいつも実物車両の客室や運転席を公開しているらしい。

 ということで200系と、C57。SLは比較的、いろんなところで静態保存されてますが、この並びはなかなかのものですなぁ。
2016101801.jpg

 車内から見える風景も、いい意味でまさに異次元。夢の共演って感じがします。
2016101802.jpg

 運転席なんて鼻血モノです。しかも地方の施設らしい混み具合で、しばらく待てば運転席に入れます。これが大都市圏の施設だったら、どれだけ待つの状態になること間違いなしでしょう。
2016101803.jpg

 さらには485系も。ヘッドマークは定期的に変えている感じがします。側面の行先表示は、金沢になってました。
2016101805.jpg

 ここもさほど待たずに運転席に入れます。わたしがまだ娘たちのようなちびっ子だった頃は、ここに座りたかったなぁ。きっとよっしーもそうに違いない。いや、まだ早いかな。時間の問題だと思うのだが(笑)。
2016101806.jpg

 ちなみに常設展示もなかなかの見応えでしたよ。うちからだと京都の鉄道博物館とさほど距離が変わらないし、もうちょっとがんばれば名古屋のリニア鉄道館も射程内なんだけど、いやいや同じくらいの距離でこれほどのいい施設が、ほどよい穴場感で存在していること自体が素晴らしい。運転席に座ろうと思うなら、ここが一番ですな。
posted by てつりん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック