2016年12月07日

ぶーぶー じどうしゃ

 先日の「ずかん・じどうしゃ」のあと、よっしーがこういうのを借りてきました。
2016120701.jpg

 最近何かとすることいっぱいで、結局家で誰かが読んだのかは不明なのですがね。初版年もチェックし忘れたし。調べたところ98年のようですが。なかなか絵がリアルで、さすが山本忠敬の仕事だなって思います。中を開けると、こんな感じですよ。
2016120702.jpg

 これはもう、見飽きるくらいたくさん走ってましたね。今でも少なからず、どこかの外国で走っているのでしょうか。
2016120703.jpg

 こういう幼稚園バスも貴重になりました。というか、今でも走っているんだろうか。昨今見かけるような、外装がトーマスとかのものになってくると、2000万円くらいするって話ですよ。どれくらいのものをもって2000万円なのかまでは知りませんが、こども園を経営する側の人の話ですからそうなんだろうなって思います。
2016120704.jpg

 ということで、続きが気になりましたら、本屋さんで買うか図書館で探してくださいね。なかなか歴史的価値の高い1冊だと思います。
posted by てつりん at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書・本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック