2017年03月04日

ちゃんこ谷川2017 

 2月11〜12日の日程で、毎年恒例の苗場に行ってきました。2年連続10回目の参戦で、ついに大台に乗りました。まぁ、毎年続けて37回目という長い歴史のなかで見れば、わたしなんてまだまだなのでございますがね。

 さて、苗場に行ってライブを観て帰ってくるだけでは芸がないというかもったいないというか。せっかくなんだからいろんなおたのしみを盛り込もうということで楽しんでいますが、今年の苗場もそんな感じでしたよ。午前3時頃自宅を出発して、ひたすら国道8号線を東へ向かいます。自宅で結構きちんと寝てから出発したはずなのに、1時間ほどで猛烈な眠気に襲われてちょっと仮眠。40代にどっぷり足を踏み入れてしまうと、だんだん無理が効かなくなってくるのでしょうか。

 10時近く。目的地近くに到着したところでとりあえず1枚。毎年到着日のランチはここと決めております。店先の看板の文言は毎年変わっているんですが、今年に関しては去年と違うクルマでやってきました。なお、去年の模様については、こちらから。ただし、去年の看板の文言は、写真からは解読不能です。
2017030301.jpg

 続いて、ひさしぶりの雪ささの湯に行ってきました。最近は苗場プリンス館内の苗場温泉ばっかりなので、とってもひさしぶりです。茶色系の温泉が掛け流されているのが魅力で、スキー客にも人気らしいです。すっかりあたたまって、苗場プリンスへ。

 到着しました。しかし、去年の今頃は、まさか別のクルマで来ることになるなんて思ってもいませんでした。そしてここからは、ちゃんこ谷川まで歩きます。
2017030302.jpg

 そして今年も飲みます。久保田の無濾過生原酒。でも、店内掲示は次の写真のとおり(ただし写真は数年前のものです)なんだけど、実際に出てくるのは「無濾過生原酒」ってラベルのあるものなんだよね。まぁどっちでも、おいしいからいいんだけど(笑)。
2017030300.jpg 2017030303.jpg

 付け出しがいつも以上にうまい気がして、なんだろうと聞いてみたところ、かに味噌の豆腐だそうです。
2017030304.jpg

 いつものモツ炒めと、今年は何の気まぐれか、ゲソの唐揚げを頼んでみました。居酒屋における定番メニューのひとつだということで、とってもおいしいです。特に、熱い間の揚げ物って最高にうまいです。
2017030305.jpg

 ところが途中から、急激に酔いが回るとともに満腹感が半端なく、たちどころにペースダウン。う〜ん、いつもだったらこれに途中からちゃんことご飯がやって来て、ご飯の一部を使って雑炊にして、汁まですべておいしくいただくというのに。

 で、ふと気づいた、箸袋の文字。いや、何度も何度も見ているものなんですが、そういう視点で見たことがなかったんです。
2017030306.jpg

 妻有(つまり)そうめんって、何だ??? そして、妻有そばって、何だ??? この店はちゃんこが名物なのはよくよくわかっていたけれど、そのちゃんこと並んで箸袋に書かれる妻有そばも、なかなかの逸品なのでは? でもおしながきにあるのは妻有そうめんの文字と、妻有なのかそうでないのかわからないけどそばの文字。う〜ん・・・。

 妻有そばについて調べたところ、なかなかよさげなものであることが判明。そして店員さんにも、ここのそばは妻有そばであるらしいことを確認の上、注文。妻有そばがどのようなものであるのかについては、気になったら調べてみてください。越後湯沢のへぎそばとは、また別のものでしたよ。
2017030307.jpg

 なかなかおいしくいただきました。飲んだあとのしめにぴったりでしたよ。でも、ちゃんこが食べられなかったのは不覚です・・・。そのうち何かのついでに、行ってみようかと思うくらいの心残り感です。
posted by てつりん at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447588485
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック