2017年07月19日

にーがたオフに行ってきた(鉄分補給編)

 去年は家族連れだったので、それっぽいプランで越後湯沢の夏を満喫したのですが、今年は何をしよう? ということで、やんばるさんおすすめのオプショナルツアーについていくことにしました。オフ会でやりたかったことその3です。

 まずは土樽駅を訪問します。清水トンネルの向こう側、土合駅には行ったことがあるので、これで両側制覇です。
2017072001.JPG

 味のある駅名標です。もちろん現行型の駅名標もあります。
2017072002.JPG

2017072003.JPG

 清水トンネルは、近代化産業遺産らしいですね。ちなみに知らなかったので調べてみましたが、近代化産業遺産群と、個々の認定遺産である近代化産業遺産があるらしいです。といっても、清水トンネルが該当する近代化産業遺産には、ほかにどういうものがあるのかまではわからなかったなぁ。
2017072004.JPG

 そんな清水トンネルの方を臨みます。保線作業に使われるのでしょうか、列車が停まっていました。
2017072005.JPG

 しばらくすると電車がやってきました。遠くの電車を見ると、正直地元では走ってないから、何かちっともわからなくて新鮮でいいですね。というわけで調べてみたところ、E129系ですか。2本の帯は黄金色の稲穂と朱鷺色のイメージだなんて、なんてステキな。
2017072006.JPG

 長大トンネルの前の駅だからか、結構立派な追い越し線があったようですが、撤去されています。
2017072007.JPG

 続いては、毛渡沢(けどさわ)橋梁に行ってきました。とりあえず詳しくはってことで、ここ(WEB ECHIGOYUZAWAのページ)を貼っておきます。
2017072009.JPG

 思い思いに場所取りをして、あとは静かに獲物(電車)が来るのを待つ。長らく釣りはしていませんが、この緊張感は釣りに通じるものがありますね。

 これを書くのにちょっと調べたんだけど、なかなかすごい橋梁みたいですね。あと、もっとあとだったら、夏草や木の葉が生い茂って下の写真のようには撮れなかったかもしれないです。結構葉っぱが画面に入り込んでいる写真が多い感じがしたのでね。雪が解けた後とかが、川と橋梁と電車を収めるには最高のベストシーズンかもしれません。

 おっと、遠くからいきなり、さっき駅で見たのと同じE129系がやってきました。遠くから電車が走ってくる音がどんどん近づいてくるってイメージを勝手に抱いていたのですが、ホントに突然やって来ました。
20170720010.JPG

 iPhone7plusのカメラですが、さらにもう1枚。
20170720011.JPG

 ついでに真上を通過するところも撮ったのですが、さすがになにがなんだかわからないのでお蔵入りで。

 おまけ。オフ会の会場が線路沿いなので、結構いろんなものが通過していきますが、そのなかの1枚。NO.DO.KAのようですが、こういうのを見ると撮ってみたいというよりは、乗ってみたい方の欲求が強くなりますな。
20170720012.JPG
posted by てつりん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック