2018年01月06日

そういえば初詣

 行った話はしてないけど、行ってたんですよ。

 年始からクルマに乗るのがあんまり好きじゃないのですが、親を連れて、電車に乗るのに便利な駅まで。そこから電車に乗ります。
2018010101.jpg
※電車の写真は帰りに撮ったものです

 で、終点の駅に到着。かつてはもっと神社に近いところまで線路がつながっていたのですが、2009年に廃線になってしまいました。
2018010102.jpg

 なので神社までは、バスに乗ります。
2018010103.jpg

 ところが、神社の写真は撮らなかったという・・・。まぁいつも行ってるところだからいいよね。そんなわけで毎年恒例の、おみくじ披露の時間でございます。ついでに去年の正月に引いたおみくじが、当たっていた2017年だったのかどうかの検証もやっちゃうよ〜。



 まずは今年のおみくじ。なんと大吉ですよ。こんなの引いたの初めて。ちなみにさとも大吉。なのでうっかり4人目を命中させてしまったりすることのないように、くれぐれも気をつけたいと思います(爆)。ただしわたしのおみくじ、【出産】という項目が存在しません(笑)。

 なおさとの大吉は、これから下り坂だから今のうちにきちんとしておきなさいよ、という方向性で書かれています。大吉って本来、そういうものだとも聞いたことがあるしね。ところがわたしの大吉って、そういう大吉ではなくて、基本的にはほぼいいことしか書いてない。「物も集まり財も集まり人気も集まって、和楽繁盛する大吉運である」。「和順の心あれば人も応ずるし、神仏祖先を祭れば感応もあるし、目上の賢者にすがれば又幸福が得られるという時である」って、まさに絶好調。まぁ一応、財物は集まった分、散じることもあるだろうと書いてあるんだけど、人に対して金品を散らすことも必要だとも書いてあるので、交際費でも増えるんでしょうか・・・? 気になるのは、「人が集まる為に不和争論も起り易く、案外の災を生じる恐れがある」というところかな。「平和の気持を以て人に接する事、神仏を祭る事が必要だ」ということなので、意識していきたいと思います。

 各論についても、いいことしか書いてない気がするなぁ。【願事】は「競争者も多いが、熱誠と平和の気持とがあれば、望みは必ず通ずる」だって。転職活動は、現在訳あってさせてもらえてないのですが、それでもいい年になりそうな予感。

 【職業】は、なかなかウケますね。「目上の引き立てもあり、多数の人気も集まって出世する」そうです。前の会社では2年前に1つ上の方が課長待遇に、今の会社でも1つ上の方が今年度から課長待遇になっているので、そろそろ自分もか!?と覚悟はするけれど、個人的にはもう1年ヒラでいたいなぁ。昨年度末に、そろそろでかい仕事をしてもらうかもみたいなことを言われたものの、フタを開けたら何もなかったので、そろそろ逃げられないと思うけど、個人的にはあと1年逃げたいところ。ちなみに仕事は「歌うたいが第一の吉利。それから話術家、講演家などが吉」だそうなので、今年も歌って踊って、そしてMCでも聴かせる語りでライブをがんばりたいと思います(笑)。

 【売買】も、「商売繁盛、儲かる時である」そうなので、まぁライブをがんばれば商売繁盛にもなるでしょう。最近始めた投資を、身の丈に応じておこづかいの範囲で拡大するのもいいだろうな。【交友】は、「交際には充分力を入れるべき時。人の世話厄介も引受けるが、必ずよい事ができる」そうなので、年始から懐かしい人たちと飲みに行ったのも正解だった気がする。

 【恋愛】。よく、色情難の相ありとか引くんだけど、確か今年はよっしーが引いてたけど、わたしはそんなことありませんよ。「気が合って楽しかるべき時」だって。年始早々さとの意図がわかりかねることもありますが、まぁいろんな意味でなかよくできてると思いますよ(笑)。「お互いに多少の遠慮」があるとは思えないし、「素直な気持でつきあっている」とも思うけれど、さすがにそれが「誠に奥床しくてよい」のかどうかはちょっとね・・・。ちなみに【結婚】も、「大吉。話も順調に進み、良縁である」そうですよ。誰と何の話が進むのかはさておき。

 ちょっと気になったのは【訴訟】かな。「初めよくとも終に凶。訴えはせぬがよい」と断言された。ちょっとだけ心当たりがなくもないので、変な勝負に出るのはやめときます。あとは【旅行】。「差し支えなし。殊に神仏参詣の旅は吉」だそうなので、意識したいところです。【方角】に「西か西南が吉」とあるだけに、実はそっち方面に行く予定はあるのです。


 なお去年のおみくじは、ちっともいいことが書いてなかったのです。「厳寒の時に雪や氷に道が塞がれて通行し難いという運勢であるから、妄りに進めば難みがあり、暫く待てば雪や氷も解けて吉運に廻り逢うだろう」、「それも、一度ならず幾度かの苦難に出遇い、手の施しようもなく、行き詰る時だ」そうで、さらには「窮境(くるしみ)を逃れようとあせればあせるほど、泥沼に足を入れたように益々動けなくなる」のだそうだ。う〜ん、いい意味でそういうことはなかったと思う。

 むしろ当たったと思うのは、旅行かな。「出かけるには全く不適当の時・途中障りがあり易い」みたいだけど、「東北は凶」と断言された北海道に関して、1人参加できなかったってことがあった。そういえばまさかの雨にも降られたなぁ。よりによって美瑛とか富良野を見る日に。でも、「西南は吉」の通り、人生で初めて行った愛媛県で得たものは大きかった。今年もこんな感じで、都合の悪いことはほぼ書いてなかったけれど的中せず、都合のいいことは的中するようなステキな1年でありたいと思ったのでした。
posted by てつりん at 00:00| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]