2018年04月08日

ちゃんこ谷川2018

 2月18日に、苗場の最終公演を観てきました。で、ここでは何を今さら感を醸し出しつつも、その前後に何があったのかということについて綴っていきたいと思うのです。

 朝、苗場に到着して、最初に向かったのが雪ささの湯。例によって朝から気持ちよくなってきました。その後向かったのが、この日のお宿。
2018040801.jpg

 かつては終演後に高速に乗って帰宅を目指すという弾丸ツアーもやってました。さすがに最近じゃぁ、深夜早朝を走って苗場入りして、風呂に入って昼間から飲んで夜にライブだなんて体力的にムリってことで、現地か近隣の道の駅とかに泊まってましたがそれでも車泊。でもねぇ、正直デミオで車泊ってキツイんですよ。いや、助手席でシートをめいっぱい倒して寝るとか方法はあるけれど、横にならないで寝袋を使うのが大変。寝袋を使わないで冬のスキー場で車泊なんかすると、もしかしたら命の危険が・・・?

 そんなわけで宿を取ったのでした。ちなみに朝食をつけても6000円くらい。最初着いた時は廃墟か!?と思いましたよ(爆)。でもねぇ、建物は古いしお世辞にもキレイとはいえないけれど、各種口コミで言われている通り、心のこもったおもてなしがステキ。その証拠に翌朝の朝食会場は、キャパいっぱいに近いくらいの人がいました。そして飲んでから昼寝をするのもいいという。苗場プリンスのフロントまで、歩いて10分かかるかどうかって程度なんだけど、快く無料で送迎してくれる。翌朝チェックアウトする時に思ったけれど、ふとんで横になって寝られるっていいなぁと。来年以降の苗場はここを定宿にしようと思いましたよ。


 さて、今年もちゃんこ谷川にやってきました。
2018040802.jpg

 昼間っから飲むって、年に1度の至福の贅沢って感じがします。ひとりでも十分楽しいけれど、誰かいたらまた楽しいんだろうけどねぇ。酒は久保田の無濾過原酒。苗場の期間中でも、あんまり早い時期だと手に入らないことが多いようです。
2018040803.jpg

 何をつまみにしようかなぁって思うけれど、つい頼んじゃうニラモツ炒め。いつものようにおいしいです。いい感じで酔いも回っていきます。どうしてそんなに早く酔うのでしょう(笑)。山に行くと酔いが早くなるって聞いたこともあるけれど、もしかしたら寝不足気味に走ってくるからなのかもしれません。つまり、歳なのでしょうか。。。
2018040804.jpg

 今年は白子の唐揚げも頼んでみました。う〜ん、うまい。
2018040805.jpg

 ところが昨年に引き続き、ちゃんこ+締めの雑炊とは行きませんでした。もうじじいだからなのか、おなかいっぱいでそこまで食べられないんだよね・・・。そんなわけでしめに、妻有(つまり)そばを。おいしくいただきましたよ。
2018040806.jpg


 ところでちゃんこ谷川といえば毎年行ってておいしくいただいて帰ってくるんだけど、今年に関してはちょっと気がかりなことがあってねぇ・・・。そこでおかみさんに、こっそりズバリ聞いてみたのです。「・・・このお店、売りに出てるみたいなんだけど・・・?」ってね。まぁ親方もお年なんだろうし、しょうがないのかもって思うけれど、それでもねぇ。

 答えは意外にも力強いものでした。売りに出ているのは事実なんだけど、それでもやれるだけはやりますよってね。あぁよかった。もしかしてこうやって昼間っから楽しくおいしく飲めるのも、今年で最後なんじゃないかと思ったからねぇ。また来年も行きますよ。
posted by てつりん at 00:34| Comment(0) | たべもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]