2018年05月03日

時計が似合わない

 わたしを直接見たことのある方なら、時計をしていないということに気づいたかもしれません。

 10代後半くらいまでは腕時計をしていたのですが、いつの頃からでしょうか、しなくなりました。そして今の業界で仕事をするようになって、意外とオフィスに時計がなかったりしたので、さとに懐中時計をプレゼントしてもらったのです。ところが、その後オフィスに時計が多く設置されるようになったのと、時計がいつも見えないと困るので懐中時計を机上に置いて仕事してましたがそれもなにげに煩雑であること、さらにはそもそも仕事上、腕時計があると邪魔なことがある。そんな理由から、時計はしなくなったのでした。なくても、案外周囲を見渡したらどこかの時計が見えるってことは多いし、分単位でなくてよいならなんとなく経過時間くらいはわかるし。

 ところが! 訳あって腕時計がホントに必要になってしまったのでした。なぜ必要になったのかについては、わたしの正体に関わる部分なので・・・。ちなみにこういう時計です。
2018050301.jpg

 いい歳して買うようなお値段の時計ではないんだけど、それでもお値段の割に赤黒な感じがかっこいい。ところがこれを見たさとの第一声はというと、「時計が似合わない腕だねぇ」というもの。えぇ、とっても違和感アリアリですよ。さとはわたしが腕時計をしているところを見たことがなかったかもね。

 ちなみに高級腕時計とかまでは興味がないんだけど、2ケタ万円の前半くらいの価格帯のものならちょっと興味はある。会社の人がそれっぽいのをしていて、結構かっこよく見えるんだよね。わたしがしたらかっこいいのかは置いといて。例えばこんなのとか。

【参考画像】
2018050302.jpg

 さとは2ケタ万円中盤から上くらいのものに興味があるらしく、わたしが定年まで勤め上げることができたなら、その感謝の気持ちを込めて、「好きなの買ってもいいよ」って言おうと思ってますけどね。
posted by てつりん at 23:47| Comment(2) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
定年になってから買ってももったいないなー。もっと早めにお願いします(笑)
Posted by さと at 2018年05月05日 19:34
ロードスターと一緒に買いますか(笑)。
Posted by てつりん at 2018年05月06日 07:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]