2018年08月07日

そうゆう手があったか

 しばらくの間、片道70kmくらいの通勤をしていました。別のところで仕事をしてくれということになったのでね。まぁ、一種のイベントに駆り出されていたのですよ。それはそれで、なかなか勉強になりました。いい経験をさせてもらいました。

 一時期よりは暑さが和らいだとはいえ、それでも暑い。なのに外での立ち仕事。そういうことはわかっていたので、帰る前にどこかのお風呂に行こう。そんなわけでターゲットを決めて、行ってきました。
2018080701.jpg

 和倉温泉総湯です。2011年だったかに現在の建物になったらしいのですが、先代の頃から一度行ってみたかったのです。仕事の関係で七尾に住んでた時期もあったのに、結局その時も行かなかった。割と最近も、行こうかなぁってチャンスが何度かあったのに、気が向かなくて行かなかった。念願(?)かなっての、総湯体験です。

 内部の浴槽では、源泉が直接湧いている場所があって、飲むことができます。かけ流しではないと思うんだけど、飲める源泉が常に浴槽に継ぎ足されていってる感じです。なので雰囲気としては、お風呂屋さんの料金(440円)ですばらしい泉質を楽しめるといった感じ。そしてかつては海から湧いていたらしく、飲むとしょっぱい。熱湯に近い温度があるので、不用意に飲むと危険ですぜ。

 あまりにすばらしかったのと、わけあって初日はゆっくりできなかったので、2日連続で行くことにしました。どれだけ好きなんだか。
2018080702.jpg

 この日は浴槽だけでなく、サウナや露天風呂も堪能しました。サウナ→水風呂→露天風呂の端に座って涼む→サウナ→水風呂→・・・ってのを、4周くらいしてたなぁ。実はサウナの水風呂って冷たすぎて浸かれなかったんです。いきなり浸かったら、心臓が止まるんじゃないかと思うと怖かったのもあるし。でもねぇ、温まりすぎて水風呂さえも気持ちよかった。
posted by てつりん at 23:09| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]