2018年12月28日

学童最後の日に

 年に1回命中する、学童のお手伝いに行ってきました。いつもだと夏のプールを選ぶのですが、夏の予定を空けることに自信がなかったので、年末の大掃除になったのです。

 掃除すべき場所としては一番難易度、面倒度が高い調理室を指定される。たまたまわたしが参加していたということで、届かないところはないんじゃないかと思うくらいに掃除した。蛍光灯を外して拭いて、換気扇のフードも外して拭いた。がんばりすぎて自宅で大掃除をしたくないと思うくらいに働いたぞ。

 その後はおやつの時間ということで、利用者と一緒に食べる。もちろんうちの娘達も一緒。

 食べてて思ったんだけど、この日は姉の学童最後の日でした。ほかの活動が多くなってきて、学童にいる時間が少なくなったってのもあるし、そもそも4年生にもなると女の子はそんなに学童にいない気がする。もっと大きくなったら、なおさら。やめたら妹がさみしがるんじゃないかと思って心配したけど、そうでもないみたい。通うのもタダってわけじゃないしねぇ。

 大掃除でもしないと気づかなかったけど、スタッフはほんとによくやっています。おやつのカップ麺のシールは取り出して、後日別のことに使うみたいだし、ゴミはお菓子のあき袋を再利用していた。面倒見てるだけですごいのに、別のことで姉が全国大会に行けるほどの指導もする。すごいなぁと思うと、お世話になりましたという思いもこみ上げるものがあったなぁ。

 で、本来は休みの日で、一足早く年末年始休暇だったので、それらしいティータイムを。久しぶりに行ったけど、シロノワールはやっぱりフルサイズだな。これで750円ってのも、お得感があるけどね。
2018122801.jpg
posted by てつりん at 17:19| Comment(0) | 育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]