2018年12月31日

2018年10大ニュース(3位〜1位)

 きょうは3位から1位まででございます。


【3位 ナガシマスパーランドのプールに行く(8月)】

 正直、こういうレジャー施設のプールには行きたくないと思っていました。だってさぁ、取引先とかと出くわすのが面倒でねぇ。さらに言うと、だらしない樽ボディをわざわざ披露しに行く理由がない(爆)。でもねぇ、どんな心境の変化か、行ってもいいかなって思ったんですよ。だから3位。

 ちなみにわたしのなかでも家族のなかでもかなり好評だったので、個人的には来年以降も行っていいかなって思ってたりします。そうねぇ、お昼ごろに、唐揚げとかレンコンチップスとかフライドポテトとかでビールを飲んで、そのまま昼寝ってのが最高にたまらない。夜は敷地内に、結構いいお風呂もあったし。ただ娘たちは、隣接する遊園地も気になっている感じでしたね。


【2位 疲れからくるものなのか、驚きのミスを頻発させる(秋以降)】

 「驚きのミス」が何だったのかは、言えるわけないですね。でも、今振り返ると、なんでそんなことをしたのかとか、なんでその程度のことを見落としたのかと思うようなことばかりです。ミスってそもそも、そういう性質のものだと思うけどね。

 まぁ、勤務時間の長さについては相当やばい水準だったのです。支社長から警告まで受けていますから。ただ、言い訳するわけじゃないけど、わたしの勤務時間には数字のマジックみたいなものは一切ない。もし何かあったときには、下手に数字をごまかしてたりするほうがよっぽどまずいと思っているから。でもさすがに常軌を逸していたなぁと思うので、自分でもなんかやばい感じがしていくのがわかったので、12月以降は相当セーブモードで稼働中です。追い込まれていくと、変な攻撃性が発動されるようになっていくんだということがわかったことが、収穫だったのかもね。


【1位 30年以上ぶりの徳島県へ(7月)】

 おまえも死ぬぞって話と、徳島ラーメンを食べまくってきた話の2本立てでできています。が、結局のところ、何をしに徳島県まで行ったのかは謎のまま終わっているというね。仕事のネタを仕込みに行ってたのでした。ちなみに仕込んだネタは、7月当時想定していたものとは別の形になりましたが、ちゃんと役に立ちましたよ。

 ところで行った場所は、リンク先にも書かれていなくて、「とある美術館」としか書いてありませんが、今をときめく大塚国際美術館です。世界各国の名画の、精巧なレプリカが多数展示されています。中はものすごく広くて、でも外から見えるのは建物のほんの一部。山の中に埋まっているという表現が一番しっくり来るのかなぁ。確かわたしは朝から、夕方近くまでいたと思うんだけど、館内で随時行われる説明会などのイベントまで参加していたら、もっと滞在できたと思う。入館料は美術館にしてはものすごく高いんだけど、絵画の中の人と同じ服装をしての記念撮影とか、うちの娘にも楽しめそうなので、行ってみる価値はあると思います。

 しかしこの美術館が、一種の聖地のようになるとまでは思わなかったなぁ。な〜んて、そんなことを言えること自体が、さかのぼり更新だってことがわかっちゃうんだけどね(爆)。米津玄師が歌っていた場所は、入館して長いエスカレーターを登ってすぐ、最初の展示室なんだけど、レプリカとはいえあまりの迫力に、わたしはその場に2〜30分くらいいた気がします。


 というわけでこんな感じの2018年でした。来年はどうなるのかなぁ。ここを御覧の皆様も、ご覧じゃないけど周りにいらっしゃる皆様にも、よいお年を!
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]