2019年03月13日

洗濯機がやってきた

 最近調子がいまいちだった洗濯機。洗濯機の機能としては問題なく動くんだけど、動作音がおかしい。以前よりも、ものすごくうるさくなったし、異音もする。ある日突然故障するものでもあるし、かれこれもう10年選手であることも踏まえ、買い換えることにしました。

 ちなみに先代の洗濯機はこれ。
201903131.jpg

 で、これになりました。先代に引き続き、今回も安定の日立製。うちのなかでは日立製品に謎の信頼度があり、冷蔵庫も電子レンジも日立です。エアコンは3台中2台が日立。8kgが10kgになりました。見ている段階ではそこまで大きくなくてもという声もありましたが、これからの10年を考えると妥当な大きさかと思っています。
201903132.jpg

 小さいことだけど、同じメーカーの品物でも、かゆいところに手が届く系の改善がなされています。そうねぇ、先代の洗濯機において、不満とまではいかないけれど気になっていたことが見事に改善されています。ひとつは、柔軟仕上げ剤を入れるところに、柔軟仕上げ剤が残ってぬめぬめするところと、水で薄めなくてはならなかったところ。たぶん投入ケースの中にある程度通水することで、2つの問題を一挙に解消したのでしょう。もうひとつは、お風呂の残り湯を使うホースの中に、使用後の水が残りにくくなったこと。ホースを高く持ち上げると、洗濯槽の中にホース内の水が落ちていきます。これまでは一旦ホースを外さないと、ホースの中に水がたまったままだったのでした。これでホースを片付ける時に、床に水がこぼれる心配をしなくてすむ。

 そして、操作音がたぶん一緒。簡単にはわからないくらいの違いならあるのかもしれませんが、聞く限り見事に一緒。たぶん他のメーカーも同様だとは思いますが、視覚障害者にも優しいというか、機種を変えても変わらない操作性ってのは重要だと思いますよ。
posted by てつりん at 19:44| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]