2019年06月14日

どうしようもない動悸

 昨年度のことですが、一応メジャーデビュー10周年でした。あっ、ベスト盤とか、スペシャルツアーとかはないですよ。日々行われている1本のライブがベスト盤であり、そんな日々の積み重ねがスペシャルツアーですから(笑)。

 ところが、10周年を迎えたものは、とあるところにお呼ばれすることになっているのです。つまり、まわりくどい表現で申し訳ありませんが、要するに会社の同期会状態になってしまうわけなのですよ。実際に同期だった人。あとになって同期だと知った人。別の機会で面識があったとはいえ、この場に来て、実は同期だったんだと初めて知った人。いろんな人に、会うわ会うわ。当然いろんな人といろんな話をすることになるのです。とある人とは、こういう話になりました。


・お子さんは元気にしているのか → 日々いろいろあるけど、元気にしてる
・いいな〜、ちっともできないんだよね〜


 ・・・ちっともできない? たぶんわたしの頭がおかしいんだと思いますが、女性からこういうことを言われたら、「じゃぁオレが作ってあげましょう」なんてろくでもないことが頭に浮かぶのです。頭に浮かんだだけで、口には出しませんよもちろん。


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

 さて、ここまでは前フリです。この日の夜に、こんな夢を見ました。

 さっきの人と共通点があるような別の知人女性と一緒にいるのです。ところが、どんな事情があったのか不明ですが、ビジネスホテルに一緒に宿泊するはめになりました。ところが、部屋は予想に反してなぜかダブル。・・・まさか、同じベッドで寝るの? 相手はそんなことお構いなしと言わんばかりに、2人で泊まるのにベッドが1つということに対しては何も言わない。これって、いわゆる暗黙の了解ってやつ? 忖度して、いただきますすればいいの(爆)? 

 でもここはラブホではなくてビジネスホテル。避妊って大事だと思うけれど、ここにはそんなの何もないし、わたしだって何もないのに有事の際のためにと持ち歩くだなんて習慣はない。だからといって、この流れでナマってのもいかがなものかと。ムードが高まる前に、コンビニに走るなら今のうちだと思うなぁ。ここは紳士的に、思うことを言ったほうがいいんじゃなかろうか。だってお互い既婚者だし。勇気を出して、言ってみよう!!

 そしたら予想通りというか、ふざけるんじゃないわよ!って感じの逆襲にあいました。何言ってんのとか、そんなことするわけないでしょうとか、あんたはここで寝なさい(と床に指をさす)とか、まぁ罵詈雑言の数々。えぇ、だってそもそも、そんな間柄ではありませんからね。


本日の教訓:ろくでもないことを考えていると、ろくでもない夢を見る
posted by てつりん at 20:56| Comment(0) | こんな夢を見た | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]