2019年10月26日

まさかの全敗

 冬の恒例行事、ユーミンの苗場。当日券を偶然ゲットできたvol.27からvol.34まで8年連続よっしーの出産間近で自主規制したvol.35をあけて、4年連続の参戦。で、今年度(2020年開催)も参戦して、5年連続13回目の参戦を目論んでいたのです。甲子園だったら、伝統校とまではいかなくても、近年の常連校って感じですな。

 なお各種先行申し込みとしては、まずファンクラブ。21世紀の初めくらいは、それでもどうやったら取れるのかと思うくらい取れませんでしたが、近年はファンクラブ先行で一発通過がわたしのなかではまぁ普通ってくらいに。ところが今年はそれをはずしましてねぇ。

 まぁ、それくらいでは慌てないですよ。次はユーミン の苗場を牛耳っている(笑)キャピタルヴィレッジへ。メルマガ会員向けの先行があるのです。ところがこれも敗退。うーん。今年で苗場も40回目だし、今年まで往年の名曲をやりまくるという、ユーミンにしては極めて異例のツアーがあったから、近年になく行こうと思っている人が多いんだろうな。

 続いては、会員なら誰でも申し込める各種プレイガイドの先行へ。ローソンチケット、イープラス、ぴあ、もうひとつはなんだったかなぁ。とにかく計4つ、片っ端から申し込みました。が、これもすべて敗退。どうしたことか。。。

 ところがローソンチケットの先行がまだひとつ残っていたことに気づき、申し込んだもののこれまた26日の金曜に敗退が判明。あとはきょうの11時から、一般発売を待つだけ。ローソンチケット、イープラス、ぴあ、そしてキャピタルヴィレッジの4サイトを立ち上げ、イープラスが一番操作完了までが早いので準備も万端。さらには携帯も、固定電話もすぐそばに。Macで時報も立ち上げて運命の11時。おっ、イープラスがいきなりいい感じ。これは買えたか⁈

 しかし画面が動かず、続々と販売終了のお知らせが表示されていく。本命はイープラスでも、キャピタルヴィレッジが一番の穴場と踏んだわたしの考えは正しかったようで最後まで望みが見えていましたが、入力完了→申し込みのクリックの先はあえなくの販売終了。こっちの不手際で、入力にてこずったのもあるだろうけれど。

2019102601.jpg

 11時10分ごろからは、一縷の望みをたくしての電話攻撃。何度NTTにかけたことが(笑)。結局11時30分すぎ、すべての敗退が明らかになったのでした。そんな死闘の跡をどうぞ。実際には200回以上かけていることは言うまでもありません(泣)。
2019102602.jpg

 もうね、転売ヤーは全員、1人残らず死ねばいいと思う。なんで1枚20000円からなのか。まだ発券すらされてないのに。ホントは8800円なのに。
2019102603.jpg

 いつもはライブのチケットしか買わないんだけど、東京発着の交通と苗場プリンス宿泊がセットになったツアーを狙ってみるかなぁ。暴利を貪る転売ヤーの片棒をかつぐくらいなら、ツアーに参加するのもまだ悪くない選択の気がする。ツアーに関しては、実はファンクラブ先行も、キャピタルヴィレッジ先行も、まだ締め切られてはいないのです。2月上旬に訳もなく上越新幹線で東京越後湯沢間を往復したいとか、ついでに苗場プリンスにひとりで泊まってみたいとかいう奇特な人がいらっしゃいましたら、お安くお譲りいたしますよ。
posted by てつりん at 12:56| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]