2020年01月07日

あけましておめでとうございます「だけ」!

 仕事初めの日。気心の知れた同僚とも久しぶりに会ったりするわけで、何かととりとめのない話になりました。仕事をたてこませて、遅くまでいるハメになっただけとも言えるんですがね。年始だからなのか、いつになくとんでもない話をしていた気がしますよ。例えば次のような話でしたね。

・同僚が初詣に行った神社のすぐそばにおける、わたしの個人的かつディープな思い出話(ここで書けるわけがないレベル)
・上の、個人的かつディープな話の後日談にハラハラドキドキな話(もちろんここで書けるわけがないレベル)

 初日の夜から会社でぶっこんでくるねぇって感じのトークでした。でもねぇ、ここで終わったら内容不明につき何もおもしろくないので、あたりさわりがないとはいえ考えてみるとなかなか深い話になった、同僚とのトークでも。


 日付が元日に変わった途端、仕事関係(同僚ではない)からグループLINEが届いたんです。ちなみにこの仕事、イヤイヤやってるつもりはないけれど、積極的にやりたいわけでもない。例によってきっと誰もプロジェクトに参加してくれなくて、上の方の誰かとかが困ってて、やむを得ずわたしに頼むことになったんだろうと思うと、面倒だけどむやみに手を抜きたいわけでもない。支社横断的な結構でかいプロジェクトでもあり、各地の支社長クラスや本社筋も関与しているようなことなので、おかしなこともできない。でも、できることなら抜けたいと思っているプロジェクトだし、うちの支社長からも抜けてほしいと思われているという、実にいわくつきのプロジェクトなのです。結構プロジェクトのあり方などについて、問題点も、批判も多いしねぇ。

 そうそう、どんなグループLINEが届いたのかというと、「あけましておめでとうございます」というもの。新年早々仕事関係からLINEなんて面倒だなぁ。と思っていたら、ほかの人からも同様のLINEが。なのでわたしも、面倒だとは思いながら義理は大切にしたいタイプなのでLINEを送りましたよ。面倒だと思ったんだけどね。すると同僚がこう言いました。

それって、「今年もよろしくお願いします」って送ったらダメなやつじゃない・・・?

 ホントだ・・・(汗)。 今年はよろしくしたくないって話をさんざんしておいて、今年もよろしくお願いしますって送っていたらいい笑いものだ。そしてこのプロジェクトからますます抜けられなくなってしまう、かも・・・。というわけでなんて送ったのかが気になって、おそるおそるタイムラインを確認しましたよ。すると衝撃の事実が!

 なんと全員(と言ってもわたしを含めて3人ですが)が、「あけましておめでとうございます」だけしか送っていなかった! そしてそれ以外の関係者は全員が既読スルー!!!

 最初の人たちが考えた上で、あけましておめでとうございます「だけ」を送ったのだとしたらかなりの思慮深さです。そして考えの上で既読スルーした人たちもなかなかの思慮深さです。そして、何も考えずに「あけましておめでとうございます」だけを送った、運良く地雷を踏み損なったわたし。そっか、もしかしたら、最初の方の投稿は、巧妙に仕組まれた地雷だったのかもね。ちなみにこの程度のわたしですから、どこかの場であけましておめでとうございます「だけ」しか言ったり書いたりしてなかったとしても、そこには何の他意も悪意もありませんのでご安心ください(笑)。
posted by てつりん at 23:55| Comment(0) | 年末年始の棚卸し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]