2020年05月19日

在宅勤務もつらいね

 在宅勤務が続いております。

 ところが出口が見え始めているので、出口をとりあえず出たあとに向けての動きも加速しております。そのために、オンラインで会議をよくやっているんです。ところがうちの会社って、会社というか業界そのものがかなりのアナログ世界。普段だったら紙媒体で会議資料が渡され(メール添付のこともありますが)、会議の席上ではその紙に自分がわかるようにメモを書き込む。

 できれば在宅勤務でもそうしたいんだけど、プリンターの調子も悪いしメモができなくて、会議の内容がちっとも頭に入ってこないのです。やっぱ手を動かして、自分で書くことで、頭に入りやすくなるんだなぁ。聞き流しても済んでたようなことだったかも知れないけれど、出口が見え始めた以上そうも言ってられなくなってきたと。

 そこで最近始めたのが、かなり古いさとのバイオを使ってメモをとること。ワードで作られている会議資料をさとバイオに送って、それを開いてメモをとる。うん、いい感じだ。ところが資料がありすぎて、そのメモを取った資料がどこに行ったかわからなくなった・・・。1つのファイルを開くのにも時間がかかるし、それは開けたいファイルじゃなかったとわかったときのがっかり感ときたらもう・・・。それって仕事のできない人だよねとさとに言われる。う〜ん、まぁ、仕事はできないほうかも知れないなぁ(爆)。

 あと、話題のオンライン会議もなにげに疲れる気がする。なんで疲れるのかわからないけど、いつものように聞くよりも、より集中して聞いているからなんじゃないかと思っている。実際のところはどうなのかなぁ。あと、画面からは全員がこっちを見ているように見えるので、頭をかいたり鼻の下をこすったりキョロキョロしたりするのもはばかられる感じ。そのためか、微動だにしないような会議の出席者も少なくないし。あっ、その人たちはまばたきはしているので、自身の画像を貼っているだけではないと思っています。
posted by てつりん at 17:48| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]