2007年10月11日

I Love You,答えてくれ

 中島みゆきのアルバム、「I Love You,答えてくれ」がリリースされています。てつりん家を挙げて、超強力に応援するアーティストのひとりなので、当然家計からアマゾン買い。3日の発売日に仕事から帰ったら、ドアノブにメール便の袋がぶら下がっていましたよ。

 1年前にリリースされた「ララバイSINGER」のツアーがないままに次作リリースの情報を得て、と思ったらそれが発売される前からツアーが始まったりして、どうなってるんだ中島みゆきと思っていました。ところがどうも、2枚合わせてツアーでやろうという意図があったそうで、前作が母性なら今作は父性とか。今作のテーマとして、ロックなアルバムをというのがあったみたいです。

 それだけに、これでもかと言わんばかりの熱い曲が並ぶ。iTunes先行配信されていた「本日、未熟者」の強烈なホーンアレンジで幕を開ける。歌詞カードを手にして、じっくりと読み込んでみると、家庭教師だったか学校の教員だったか、とにかく教育関係者のドラマ主題歌であることがなるほどとうかがえる。「わめいて ほざいて 1日がゆく」なんて、他人事ではないですよ(笑)、えぇ。

 「言葉なんて迫力がない」と歌う「ボディ・トーク」も熱い。音と言葉の魔術師(と、今勝手に命名)中島みゆきが言葉に迫力がないと仰せられるなんて、と思うけれど。そして最後を締めくくるのがアルバムタイトルでもある「I Love You,答えてくれ」。無償の愛を与えるけれど、何かして欲しいわけではない。受け取ったと答えて欲しいだけなんだという内容で、これまた歌詞をじっくりと読み込むと、なにか他人事とは思えない熱い気持ちが。ツアーのグッズに、三代目魚武濱田成夫が書いたジャケットの題字手ぬぐいがあるらしいのですが、それを買って勤め先のデスクマットの中に挟んで見せびらかしたい気分です。

 ただね、楽曲はどれもすばらしいんだけど、ロックなアルバムというテーマで見ると、どうなのかねぇ。先行シングルの「一期一会」、「昔から雨が降ってくる」のような、しっとりした曲が浮いて聞こえるような気がする。「アイス・フィッシュ」は、ロックな感じの中の息抜きとして、温度感の違いを出していると思うけれど。それでも楽曲、歌詞のクオリティの高さはさすが中島みゆきといった感じ。ぜひ聴いていただきたいのです。
posted by てつりん at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック