2007年10月21日

不敗神話、途切れる

 きのうの歴史的1勝に気をよくしたわけじゃないけれど、もしかしての希望を持って第2戦の観戦に行ってきました。きょうも勝てば日本独立リーグ・グランドチャンピオンシップの座に、王手をかけることになりますからね。バックスクリーン横には、メガドラッグストア ゲンキーによるアドバルーンが揚がっていました。

PICT2007102101.JPG

 先発は観戦経験から、どうも立ち上がりに不安があるように思える都投手。でも優勝を決めた一戦でも先発し、きっちり抑えていますから大舞台に強いはず。ところがこの、立ち上がりに不安があるというのが、悪い面に出てしまい初回2失点。立て直すのかと思いきや2回は5失点。立ち直る間もなく降板し、高森投手にスイッチ。

 この高森投手、2アウトまではきっちりと、スイング鋭い打者が並ぶ香川打線を抑えていくんです。ところがなぜか、3人で3アウトが取れない。ヒットを打たれたり、四球を出したり、味方のエラーで出塁されたり。2回、4回にそれぞれ1点を返しているだけに、打線が活発になってきた感があっただけに、味方の反撃を呼び込むリズムのよい投球ができればその後の試合展開も変わってきたかも知れません。ところが5回に2失点。7回にも1失点。自責点は1なので、それだけ足を引っ張られた、不運な部分もあったと思われます。

 結局7回以降1点ずつ追加され、ミリスタは8回に1点を返すものの、3−12での大敗。2回を投げた3番手高森投手の暴投3個は確かに多かったけど、暴投で2塁ランナーがホームインというのもいかがなものかと。失投ひとつで失点にはなりうるけれど、ミス1つだけでは失点にならないのが野球の基本。ここは3塁で止めて欲しいよねぇ。きのうの3倍くらいお客さんが入っていただけに、いいところを見せて欲しかった気もします。でも時には痛い目にあった方が、時には口汚くヤジを飛ばされた方が(わたしは飛ばしませんが、後ろから聞こえました)、選手の明日への糧となると信じてます。



PICT2007102102.JPG

 堀夏奈子 with ジェネレーションが、5回終了後に石川ミリオンスターズ公式応援歌、「一番星」を歌うの図。注目は香川オリーブガイナーズのキャラクター、ガイナくん(表記など違ってたらごめんなさい)が一緒に踊っていること。きのうからきょうで、急にうまくなったから、きっとこっそり練習したんでしょうね(笑)。なお特技(?)はブリッジ。地元香川の瀬戸大橋にちなんでいるんじゃないかと、わたしは勝手に思ってます。実際はどうなのでしょうか。
posted by てつりん at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | がんばれミリオンスターズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
また読ませていただきました。
昨日はしょうがないですね。
都投手の失点が大きかったです。
でも、わたし、彼の大ファンです。
打たれても、見ていられる、というめずらしい投手です。(ただ好きなだけ?)

このチャンピオンズ〜 はシーズンのおまけ、ご褒美として勝敗に関係なく「見られることの幸せ」を感じています。

香川でも1試合でも長く、闘って欲しいと願っています。

がんばれ〜 ミリオンスターズ!
Posted by ベンベン at 2007年10月23日 00:38
北國新聞によると、金森監督の発言のニュアンスが変わってきたような気がします。「胸を借りてくる」から、「いい結果を持ち帰りたい」というふうに。いい形で勝って、悪い形で負けたことで、勝算までいかなくても一定の計算が立ったのではないかと。

そんなわけでひいき目ですが、ちょっと期待していたりします。都投手にも、リベンジの機会があるのではないかと思いますよ。
Posted by てつりん at 2007年10月23日 21:46
こんばんは!はじめまして!

ガイナくんのブリッジ、
あれは地元では「ガイナバウワー」と呼ばれてるもので、
「イナバウワー」が流行った時期に誕生したそうです(笑)

でも地元でも滅多にやらないそうですよ〜
Posted by ガイヤー at 2007年10月24日 20:55
ガイナーさんはじめまして。コメントありがとうございます。

「ガイナバウワー」ですか。1試合の中で2〜3回はやってたと思います。石川応援席からの「なんかやれ」コールに応えて、しばしば見せてくれてましたよ。
Posted by てつりん at 2007年10月25日 21:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック