2007年10月31日

フィルムふせん

フィルムふせんというものをご存知でしょうか?
読んで字のごとくフィルム状の付箋なんだけど、西脇計算センターのモニター募集に応募して無料サンプルを送ってもらったので、感想などを書いてみたいと思います。

興味をもったきっかけは、ほぼ日にほぼ日手帳CLUBというページがあるんだけど、そこで紹介されていたユーザーの手帳で使われていたから。どんなものなんだろうと思ったわけです。

えー、さとは、ふだんほとんど付箋を使いません(なのにモニター応募してすみません・・・)
仕事では、文書をチェックしたときなんかに間違っているところに貼っていったりするけどね。

なんで使わないか考えてみると、、、

 ・手の届くところにない
 ・手帳にすぐにメモするので、付箋を貼ってマーキングする必要がない
 ・はがれやすい(→汚い)

と言う感じかなと。たまに、本のしおり代わりに使うけど、これは便利。本を間違って開いてしおりを落とすこともないし、仮に無くしても痛くないしね。

で、本題。

届いた試供品は、なんと直筆のお手紙つきでびっくり。
4色・3サイズ×20枚の立派なセット。

20071031.JPG

写真で見ると色が濃く見えるけど、一枚一枚はとても薄くて文字の上から貼っても余裕で下の字が見える。

20071031-1.JPG

で、この付箋の優れたところは、薄いというところと、糊面が広い(3/4は糊つき)ところではないかと。
そこで、さとは半分に切って、仕事上の重要なイベント(コロコロ日程が変化し、終わればさっさと忘れたい)を手帳のマンスリーページに貼ること。

20071031-2.JPG

ちゃんと枠のサイズに切ればきれいなんだろうけど、めんどくさいので二つ切りにしただけ(笑)

あとは、簡易セロハンテープ代わりとしても使えそうで、手帳に入ってると便利そう。

マイナス点は、書いた文字が見えづらいところかな。
鉛筆、油性ボールペンが推奨されているんだけど、鉛筆では濃くかけるけど、ボールペンでは書けない。
なので、文字は補助的で色で分類したほうがいいかも。

以上、レポート終わり。
興味のある方は、ぜひモニターに応募してみてくださいな。
posted by てつりん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ほぼ日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63751789
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック