2008年01月03日

ゆく年くる年 2007(仮)

2007年大晦日、おいしいお酒とお食事を楽しみつつ、またまた勝手にランキングをつけてみました。

題して
「ゆく年くる年 2007(仮)
〜さときん家 2007を振り返る in 倫敦屋酒場〜」


パチパチー

そして、またまた勝手に発表します(笑)


【音楽部門・新人賞】

☆たむらぱん
 風味堂

今年は不作でした(別に、すばらしいアーティストがいなかった・・・というわけではなく、こちらが見つけられなかったというだけなので誤解なきよう)。
その中において、たむらぱんには、ダントツの光るものがありました。メジャーデビューしたたむらぱん。2008年の活躍が期待されます。

【音楽部門・大賞】

☆松任谷由実
 中島みゆき
 吉井和哉
 Cocco
 アンジェラ・アキ

どのアーティストも例年通り質の高い活動を行っており、誰に大賞を与えるかは非常に悩ましいところでした。アンジェラ・アキは、音楽には、やはり今ひとつの刺さらな感があるものの(しつこいですが、我が家ではということね)、ライブパフォーマンスには素晴らしいものがあったということでノミネート。
しかし、我が家の悲願であった苗場に参戦できたこと、そしてユーミン渾身のシャングリラIIIは、他者から一歩リードするに十分な理由であるとし、ユーミンを大賞とします。

【宿部門】

☆滝見屋

今年は、そもそもあまり宿に泊まっていないということもあるんだけど、ライバルなしのぶっちぎりで決定です。
立地、風呂、ご飯のどれをとってもすばらしかった。
我が家では、青荷温泉大市館藤三旅館など、何度となく会話に登る思い出深い宿があるのですが、滝見屋も忘れられぬ宿になりました。

【流行語部門】

☆アーリーマジョリティー
 おれたちは、やればできる子なのよ

「アーリーマジョリティー」は、さとが会社で仕入れてきた単語です。マーケティング用語で、新商品購入の早い順に5つに分類したうちの3番目の「比較的慎重派だが、平均より早くに新しいものを取り入れる」人を差すそうです。
ネットやテレビで大々的に紹介される微妙にちょっと前ぐらいに手に入れているようなことが結構多かったため、やはりうちはアーリーマジョリティーだ!などと使っていたのでした。

「おれたちは、やればできる子なのよ」は、さとの敬愛するあの人がライブで言っていた言葉。2008年の座右の銘としたいと思います(笑)

【観光地部門】

☆上野動物園
 会津絵付け体験
 ジブリ美術館

観光地というか観光施設って感じだけど、てつりんは「リベンジ」、さとは「なつかしの」ということで、二人ともそれなりに思い入れがある上野動物園になりました。

さて、ランキングは以上で終了です。
今年も、様々な素晴らしい出会いがありますよう。

うまい酒と食事には、それなりの対価を払うもの。福沢さんお二人とお別れしました(涙)
【関連する記事】
posted by てつりん at 00:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 年末年始スペシャル(2007〜2008) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新人賞・・・なし。上原ひろみクラスの巨星が現れた感じでもないので。
大賞・・・なし。うちのプレのオーディオを破壊するような作品に出会わなかったため。但し、DVD・AUDIOやSACDには対応していないので・・・。そういえば、CoCCOは年末に、全世界デビューしてましたね、NHKWorldRadiojapanの「地球ラジオ」にのってましたから。次は映像付きの「J-MELO」でしょうか(笑)。
流行語・・・トヨタかぶれ。
 定年などでトヨタをやめた連中が各所で「トヨタ流」を売り巻いております。うちの社内にも、社長〜トヨタの重役経由で半ば天下り的にコンサル名目で入り込んでいますけど、的外れの企画を進めた結果、他の部門の既存業務に支障をきたすなど振り回されています...「なぜ^5」なんてその典型。はぁぁ。
Posted by Tacke at 2008年01月03日 22:27
トヨタかぶれってのはいいですね。
なにぶんカンバン方式とかもてはやされすぎてる感もあるので。
うちはマツダだ!だからどうした!?
文句でもあるのか〜と、言えればいいんですけど。
Posted by てつりん at 2008年01月04日 23:31
・・・トヨタかぶれとか富士通的成果主義人事評価とか。

 流行語の中に含まれる「毒」に気づいている人間は、多分、健全なのでしょう...。

 そういえば、映画「釣りバカ」の中でも、当時流行した「リストラ」を追求するだけのコンサル連中を皮肉ったシリーズがありましたっけ...。
Posted by Tacke at 2008年01月06日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック