2019年07月09日

住みます芸人

 地域の住みます芸人って、誰かわかります? ちなみに住みます芸人については、こちらから。

 そして我らが石川県(なんて一応全国区メディアのはずのブログでそんな表現を使っていいのかはさておき)の住みます芸人といえば、ぶんぶんボウル!!! と思っていたのですが、彼らのほかに月亭方気さんという落語家の方もいらっしゃるのだとか。知らなくてすいません・・・。七尾出身ということだそうなので、能登に行けばぶんぶんボウルよりも月亭方気のほうが有名だったりするのでしょうか・・・。
2019070901.jpg

 そんなぶんぶんボウルが、こども園にやってきた!ということで、出かけてきました。頂いたサインを持って、一緒に写っている写真もあるのですが、さすがにモザイクだらけになってしまうのでこれで勘弁を。
2019070902.jpg

 時節柄くだらないことを心配してしまって申し訳ないのですが、闇営業じゃないよね(爆)? いや、こども園のイベントとして来てくださっているので、別に反社会的勢力でも何でもないんだけど、そもそも事務所を通さないことを闇営業っていうんだよね? で、さっきのリンクの先には、この件が載っていない・・・。まぁ、こども園の園児とその保護者対象のイベントということで、クローズドなものだから載ってないと信じたい。

 ちなみにテレビをほとんど見ない、見てもNHKとか有料放送しか見ないのに、そんなわたしでも知ってるぶんぶんボウルですから。石川県にしっかり根付いていると思います。ネタもねぇ、シロウトのおもしろい人とは明らかに一線を画していると思いましたね。しかも、こども園のちびっこがいて、保護者もいるという、年齢層的に幅広くて難しそうな場面においてしっかり笑いをかっさらっていくというプロの技。いいもの見させてもらいましたよ。
posted by てつりん at 22:56| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月16日

20年前のこと

 実家のリフォームに伴い、実家においてあったわたしのものが、自宅に流れてくるようになりました。箱を開けたら、中身全体の8割から9割はいらないものだったとか、処分に困るものだったってことも多数。一番困った処分に困るものとしては、数十人分のパスポートの番号が書かれた紙だな。もちろん、とっくの昔にシュレッダーの藻屑ですよ。

 さて、いろんなものが実家から発掘され、一部は自宅に持ち帰りました。が、自宅に帰ることなくその場で廃棄されたものもたくさんあります。
2019061601.jpg

 20年前のレシートですな。古そうな畳に置いて撮ったことで昭和臭が漂う感じもしますが、たぶん令和の頃、古くても平成最末期の頃に撮ったものです。これ、さとと最初にデートした日のものです。
posted by てつりん at 08:08| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月01日

その時歴史が動いた

 さとの実家にいました。そして、時代が変わった瞬間に立ち会ったという証拠を撮って、寝ました。
2019050101.jpg

 平成は、わたしにとっては、おとなになった時代かなぁ。もちろん最初の方と終わりの方では違いがあって、その時その時ではあるけれど、物事がよく見えた。昭和の頃なんて何もわかっていなかったと思うし、事実何も見えてなかったと思う。今の自分を作った時間だったんだろうな。そう考えると、令和は終わりに向かう時間なんだろうか。いやいや、まだ早いと思うけどなぁ。

 とりあえず娘の名前を説明するときに、「昭和の和」という表現を使うのだけはやめようと思いました。
posted by てつりん at 22:17| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

洗濯機がやってきた

 最近調子がいまいちだった洗濯機。洗濯機の機能としては問題なく動くんだけど、動作音がおかしい。以前よりも、ものすごくうるさくなったし、異音もする。ある日突然故障するものでもあるし、かれこれもう10年選手であることも踏まえ、買い換えることにしました。

 ちなみに先代の洗濯機はこれ。
201903131.jpg

 で、これになりました。先代に引き続き、今回も安定の日立製。うちのなかでは日立製品に謎の信頼度があり、冷蔵庫も電子レンジも日立です。エアコンは3台中2台が日立。8kgが10kgになりました。見ている段階ではそこまで大きくなくてもという声もありましたが、これからの10年を考えると妥当な大きさかと思っています。
201903132.jpg

 小さいことだけど、同じメーカーの品物でも、かゆいところに手が届く系の改善がなされています。そうねぇ、先代の洗濯機において、不満とまではいかないけれど気になっていたことが見事に改善されています。ひとつは、柔軟仕上げ剤を入れるところに、柔軟仕上げ剤が残ってぬめぬめするところと、水で薄めなくてはならなかったところ。たぶん投入ケースの中にある程度通水することで、2つの問題を一挙に解消したのでしょう。もうひとつは、お風呂の残り湯を使うホースの中に、使用後の水が残りにくくなったこと。ホースを高く持ち上げると、洗濯槽の中にホース内の水が落ちていきます。これまでは一旦ホースを外さないと、ホースの中に水がたまったままだったのでした。これでホースを片付ける時に、床に水がこぼれる心配をしなくてすむ。

 そして、操作音がたぶん一緒。簡単にはわからないくらいの違いならあるのかもしれませんが、聞く限り見事に一緒。たぶん他のメーカーも同様だとは思いますが、視覚障害者にも優しいというか、機種を変えても変わらない操作性ってのは重要だと思いますよ。
posted by てつりん at 19:44| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

千穐楽

 きょう、超ロングラン公演の幕が降りました。同じ場所で公演を続けてきた記録としてはこれが人生最長。今後タイ記録を出すことはあるかもしれませんがたぶんそんなことはもうなく、ましてや最長記録を更新することは絶対にないでしょう。すばらしい閉幕、すばらしいカーテンコールをさせてもらえたことに、この場をお借りしてではありますが、関係各位に厚く御礼申し上げます。

 山あり谷あり、正直ちょっと心が折れるってわけではないけれど、闇にのまれる予感がした一瞬もありましたが、終わってみたら見事なハッピーエンドだったかな、と。開演時に超ロングラン公演になる予感があったからこそ、「あぁ、それってそうだったんだ」と思えるような伏線を随所に張ってきたつもりでしたが、きちんと回収できたと思っています。自画自賛で、自己満足だとは思うけれど、いいツアーができたかなって思います。さすがに、「そそり」のようなことをされるとは思いませんでして、それに動揺したのかわたしたるものが粗相とまでは行きませんがちょっとやらかしてしまいましたが(爆)。

千秋楽の日の舞台は歌舞伎などにおいては役者のふざけや冗談が許されるという不文律があり、芝居の流れを壊さない程度で、しゃれやいたずらを用意して共演者をからかうこともある。これをそそりという。(Wikipediaより)


※うちの業界に関しては、ごく一部を除いて(下の動画も参照)、本来千穐楽にふざけや冗談は絶対禁物ではあります。


 でもねぇ、当然そのうちまた次のツアーがまた始まるんだろうけど、正直なところこれを超えるステージを創ることができるのか自信がない。いいものを創ったと思えば思うほど、それを超えることが難しくなっていくのは当然とはいえ、自信がない。なんていうのかなぁ、ひとつのピークに至ったと思えるがゆえに、もしかしてあとは下っていくだけなんだろうかと思うと怖い。ひとつのピークに至ったと思えるがゆえに、その先に別の山の頂が見えたとしても、今はとても足を踏み出す気にならない。前回閉幕した時は、次のツアーへの前向きな気持もあったのになぁ。なんとかロスになりそうです。
posted by てつりん at 23:35| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月02日

たぶん役に立たない防衛本能

 先日、昼間っから飲んでいたのですが、店内が一種独特の雰囲気を醸し出していました。なんていうのかなぁ、ただの飲み屋で人が群れてるってのではなくて、同好の士が集ってるって感じだった。だから一部のお客さんではあるけれど、なんだか妙にフレンドリーだったなぁ。

 で、外国人が乾杯しに来たり、別のグループのお客さんが絡んできたり。絡むって、表に出るような必要性のある絡み方じゃなくてね。わたしは自分の席から基本動かなかったけど、いつの間にか隣の席のグループと交流したりとかね。

 そこの席にいたおねえさんとちょろっと話したんだけど、その際に、反時計回りに体を左にひねって、わたしの真後ろにいる人と話す格好になりました。なので左ひじを椅子の背もたれに乗せて、顔に左手を当てて。「指輪してますからね」アピールを抜かりなく。さりげなく。

 そんな予防線はらなくても、結果は何も変わらないことくらいわかってますよ。でもはじめてのお店、はじめてのシチェーションってことで、リスクもあるかもなぁって思ったのですよ。まぁ、なんの意味もないってことはわかっていますが、日頃からそういうことには気をつけているんだよってことで。
posted by てつりん at 21:09| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

時代の転換点に

 もう先日のことになりますが、姉が長年通っていたスイミングをやめました。
2019013101.jpg

 いつから通ってたんだったかなぁ。3歳くらいのときには通ってたんだったかなぁ。でも、妹と一緒に通いだしたはずで、だとしたら妹が2歳半になってからかなぁ。つまり、4歳半くらいから? とりあえず、人生の半分くらいはお世話になってきたはずです。

 やめたのは別に嫌なこととかがあったからではなくて、うちの事情というか本人の環境の変化だな。もともとある程度の運動をさせたくて、スイミングがいいってことで始めたんだけど、確かに風邪を引かなくなった。でもねぇ、運動をさせたいということだったら、一輪車もいいと思うんだよね。今では週に何回行ってるんだろうか。土日にも練習やイベントがあったりして、結構大変になってきたみたい。だからやめたのです。

 ちなみに妹も、あまりに算数ができなさすぎてやばい(さと談)ということで、近所のそろばん塾に行き始めました。行き始めたきっかけは、さとが行かせたんだけど、まぁ嫌がることなく楽しそうに行ってるみたいでなにより。ところが、学校が終わったあとのそろばん塾と学童は両立し得ないというややこしい事情が。学校のあとに見ててくれるのが学童なので、学校→そろばん→学童ってのはありえないんだと。では学校→学童→そろばんは?となると、帰りが遅くなるんだったかなぁ。それとも、そろばんの先生がいい意味でルーズで、週何回来てもいいんだったかな。月謝も定額で。でも、ある程度モノにするためには、週3くらいで来てほしいんだったかなぁ。というわけで、学童に行く意味があまりなくなってしまうと。

 小学校卒業を期に、これまでの習い事をやめるって話はよくあると思うんだけど、うちの場合そういうのがちょっと早く来た気がします。
posted by てつりん at 21:01| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月20日

明るくなりました

 今の家に住むようになって、今年で15年目。過去にはお風呂の換気扇が寿命を迎えたり、お風呂の水栓がおかしくなってお湯が出なくなったり、給湯器が寿命を迎えたようで家中お湯が出なくなったり。まぁいろんなことがありました。

 その都度、適宜直してきたのですが、長らく手付かずだった秘境が、リビングの切れた電球でした。そんなのすぐ交換すればいいのにと思うかも知れませんが、それがなかなか手強いのですよ。
2019012002.jpg

 ちなみに上の写真は、2017年1月20日の撮影でした(爆)。4個中、2個が切れていますな。

 写真からもわかるかも知れませんが、4mくらいの高所にあるのですよ。そしてうちにはそんな脚立がない。1個切れたら、電気工事屋さんとかに頼んで、4個まとめて交換だ!と思っていたのですが、頼むこともなく放置した結果、いつの間にか最後の1個に。

 このことを、うちの建築を請け負ったミサワの、今の担当者に話したところ、会社から脚立を持っていくので電球さえ用意しておいてもらったら交換しますよとのこと。ところが最初の交換作戦は、脚立の高さが足りず断念・・・。まぁ、建てた当時の担当者じゃないから、そこはしょうがないということにしておこう。

 で、翌日。2回目の挑戦で4個すべて交換!
2019012001.jpg

 う〜ん、うちのリビングって、こんなに明るかったんだねぇ。

 ちなみにそんな辣腕担当者でも替えられない電球があることが判明。今だったらそんな図面は引かないだろう、デザイン重視のコンセプトで照明の位置を決めていったことでそうなったのではないかとのことでしたが、まぁそれもしょうがないよ。やるんだったら、リビングの中に足場を組んでの作業になるんだって。
posted by てつりん at 20:16| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月05日

すべらない仕事始め

 うちの会社は一応、カレンダー通りの休みです。一応ね!

 というわけできょうは、非公式に仕事始めでした。いや、きのうはせっかくの平日休みだったから、出勤するのがもったいなくってねぇ。きょう出くわした同僚には、意味ないんじゃないみたいなことを言われたけれど、正月休みが3日までなのと4日までなのの違いですよ。年末年始の連休が1日長くなるかならないかの違いですよ。大事なことですよねぇ。4日に何をしたってわけでもないんだけど、今年の目標は健康第一で。そのためには適度に休むというか、休むときには徹底的に休むようにしていきたいのですよ。

 そんなわたしを横目に、娘は人生初のスキーを楽しんできたらしいですよ。うらやましいねぇ。丸1日(実質4時間)のレッスンに食事、スキー一式とリフト券がついて5000円ですよ。同じことを苗場で大人がやったなら、2万くらいコースじゃないのかなぁ。よっしーは、雪遊びエリアを満喫していました。
2019010501.jpg

 なおわたしは、スキーしてない歴30年以上になりますね。スキー場に通う歴なら、10年以上になるというのに(爆)。今のところ最後に滑ったスキー場がまだ残っていて、そこで娘が人生で初めて滑ってきたというのもなんだか不思議な感じがするのです。
posted by てつりん at 22:11| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月24日

心は亡くしてないはずです

 大変長らくのごぶさたでした。

 忙しくても忙しかったなんて書くのはキライで、その理由は「心を亡くす」と書くから。たぶん大昔に、誰かのラジオで聞いた話がきっかけだったと思うんだけどね。でも、あまりのすること満載感に、冗談抜きで心を亡くすかと思った。9〜11月にかけてその傾向が止まらず、変わらず、いいかげん支社長あたりから警告を受けるのではないかと思うくらいに会社にいた。これはさすがにやばいと思って、意図的に何もしない土日を入れてリフレッシュを図って、それがようやく形になってきたのでこうして近況報告のように書いてます。2か月近く何も書かないなんてことは、これまで一度もなかったはずなんだ。

 さて、そんな2か月間に何があったのか。思い出せないけど思い出せる範囲ではこんな感じだったかなぁ。かつてたまに存在した、一山いくらの日みたいだなぁ。それぞれが1本のネタとして書けるんだけど、記憶が薄れたりタイムリー感がなくなったりして書けなくなっちゃって、そんなのを複数まとめて書いちゃったという感じのもの。

【たぶん10月】
・住宅ローン支払い条件の変更とその顛末
・金融機関は留守電を入れない!?
・湯快リゾートに泊まってきた
・重大な発見!変身ベルトがあっても仮面ライダーにはなれない

【たぶん11月頃】
・今年も盛況のもとに公開ライブをやりました
・最近仕事上の重大っぽい失敗が多くてヤバイです
・仕事上の用事で長野県まで行ってきました
・長野駅前の蕎麦屋で気持ちよく一人飲みしてました
・帰りに富山県内で、まりやさんの映画を観てきました
ボヘミアン・ラプソディを観てきました

【12月のこと】
・日産自動車の株を買い足した → そしてゴーン・ショック
・雪が降ったあとになってようやくタイヤを替えました(たぶん個人的史上最遅レベル)
・実は毎月2000円
・岩盤浴に行きたくてたまらない
・実家のリフォームが始まった
・2年目の12か月点検に行ってきました
・埋もれていたポイントを使って苗場の宿を格安でおさえた
・年賀状を印刷したら2004年発売モデルのプリンタが死にそうになった件
・サンタさんがやってきた!


 こうやって箇条書きにしちゃうと、時間が経ってるからなんだろうなぁ。どれもこれもちっともおもしろそうじゃないタイトルだな(爆)。たぶんタイトルだけで、何があったのかをおおむねわかるように書いているからなんだと思うけど、裏を返せばいかに日頃たあいもないようなことを書いてたかってことでもあるな。まぁ上記のなかから、そのうち復活させて書こうと思うかもしれません。もちろん書かないかもしれません。




posted by てつりん at 20:50| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月07日

いまいちの油屋

 愛車に油を入れるときは、ほぼいつもセルフのお店に行きます。しかも、遠出の時を除いて、決まった店にしか行かない。

 これには理由があります。以前もどっかで書いた気がするけれど、商売っ気がありすぎる油屋がめんどくさい。エンジンオイルのチェックしませんかとか、車検はどうですかとか。最近はとんと聞かなくなったけれど、水抜き剤はいかがですかってのもめんどうだったなぁ。何でも全部販売店でお願いしてるから、いちいち断るのがめんどう。すっごい汚いときに、「手洗い洗車はいかがですか?今ならすぐできますよ」とか言われたら、ホイホイとお願いしたくなるのに、そういうことはなぜだか言われないのに。

 ところが、ごくまれに、有人のこれまた決まった店に行くことがあるのです。その店は、車内を拭くためのタオルを貸してくれるのです。車内を拭きたくなったときとか、ついでにタイヤの空気圧が気になりだしたときとかに行くのです。しかしねぇ、この日の油屋はとってもイマイチだった。

 まず、軽油満タンと、タイヤの空気圧チェックをを所望しました。ところが、なんの手違いか、明らかに満タンになってない量しか入れなかったので、もう1回入れてもらった。そのやり取りの中で、新しいお客さんが来たこともあって、タイヤの空気圧の件を忘れてしまっていたみたいで、しばらく放置される。結局タイヤの空気圧は見てもらえたんだけど、いつもならしてくれる窓拭きはなし。もちろん車内を拭くタオルも出てこなかった。そういえば店員は、油屋らからぬ元気のなさだった。新人で、おどおどしているのかもとすら思った。有人で、セルフより高いことの価値は、この日についてはなかったと思えるほどの体たらく。

 ただし、一応フォローしておくと、なんで彼1人だけで店を回しているのかと思うくらいだった。複数人で回していて当然なのに、1人しかいなかった。ほかの人は、たぶんそのちょっと心もとない彼を残して、奥でなにか別の仕事をしていた感じだったなぁ。そういうのを助けてあげないと、その1人にとっては仕事がきつい感じがするし見殺され感が出てくるし、長い目で見て人材も定着しない。そっか、昨今人手不足って言うけれど、こういうところにもしわ寄せが来ているのかもね。
posted by てつりん at 22:21| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

全国小学生一輪車大会

 福島県に行ってきました。仕事の事情により急遽出発を決めて、23時間ほどで往復するという弾丸ツアーでした。

 郡山駅から須賀川駅までJRで。それにしても、そんなバカな・・・。
2018091801.jpg

 目的地へは駅からそんなに遠くないのですが、バスの時間も降りてからの便も悪く、結局タクシーで行くことにしました。大人が歩けば、20分くらいの距離です。
2018091802.jpg

 中にはバルタン星人が待ち構えていました。
2018091803.jpg

 本来の目的はこれです。姉が出場するということで、出場しないものの一輪車をやっている妹と、さとの3人で、チームが手配したバス、宿泊で前日のうちに現地入りしていたところへ、よっしーとわたしが合流したのでした。
2018091804.jpg

 地元ではそんなに盛んな競技でもないようなのですが、早いうちからやっていたからか地域のトップチームのようです。あるときはテレビの取材を受け(娘はふたりとも映ってました)、あるときは各地のイベントで演技を披露していました。で、せっかくだから全国大会にも出てみようと。演技をビデオ撮りして事務局に送り、映像での審査を通過したことで、出場となったのでした。

 とりあえず郡山駅で買った、安積の駅弁とりめし弁当を食べて、待ちます。午前はペアの部、午後はグループ演技の部だったのです。
2018091805.jpg

 足元をよく見るとわかるかも知れませんが、これも地味に技のひとつです。これだけの人数で決めるというのがポイントです。
2018091806.jpg

 氷の上でスケート靴を履いて演技を披露するのがフィギュアスケートですが、それが床の上で一輪車に乗って、という感じのものが一輪車演技です。
2018091807.jpg

 だから高速スピンだってやっちゃいます。上手いチームはこういうのがとてつもなく早く、しかも全員がきれいにシンクロしていました。同じ技でも、速さやキレが違ってたなぁ。
2018091808.jpg

 こういうの、高校生のバスケやバレーの大会でしか見たことなかったなぁ。クラスとクラスの間には、こうやってスタッフが床をモップがけしていました。
2018091809.jpg

 ちなみに結果は、なんと全国5位でした。一番下のクラスとはいえ、出られるだけですごいと思っていたんだけどね。なお、演技が終わったあとは、観客席で目頭を押さえる保護者の姿多数。確かにこれほど見事な演技を見せてくれたことはなかったと思うし、前日の福島入りしてからの練習は、そりゃぁひどいものだったんだとか。

 そしてこのあと、温浴施設も調べてあったんだけど、そこに立ち寄ることもせず、高速をぶっ飛ばして、チームのバスよりも30分ほど早く帰宅したのでした。まさに一輪車を見るためだけの、弾丸ツアーだったのでした。
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

今年もでした

 先日会社で実施された、健康診断の結果が届きました。

 とりあえず毎年のお約束ですがね・・・、
2018091201.jpg

 大方の予想を裏切り(?)、今年もメタボではありませんでした。まぁ、写真の下のほうがちょっと曲者なのでしょうけど、メタボじゃないというお墨付きをもらって嬉しくなったわたしは、さっそくさとに報告したのでした。

 すると、これまたお約束の、医師の診断を疑うようなコメントが。さらには、そんなヤブ医者の言うことなんて聞くんじゃありません!って勢いだったので、思わずさとの会社の健康診断だってそのヤブ医者じゃないかと言ってみる。

 わたしにとってはメタボじゃないというお墨付きをくれる、信用のおける検査機関なのですがね。正直ここって、いろんな会社の健康診断を請け負っているはずの、とっても信用のおけるところなんですよ。その事実と、わたしがメタボではないというギャップがたまりません。
posted by てつりん at 19:09| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

見つけられる自信がない

 先日、さくらももこさんが亡くなっていたという報道が出ていましたね。なんでも、乳がんなのだとか。

 それとは別の先日、娘たちと3人ででかけた日があって、まちなかのサイゼリアで食事をしました。食事の後わたしがお手洗いに行って、娘たちを待たせている間に館内をブラブラしていたのでしょうね。で、おっぱいがあると言ってきたのです。さすが最近妙に興味を持つ姉のことはある。いや、姉なのか妹なのか、どっちがおっぱいの第一発見者なのか忘れたけれど。

 興味津々で娘たちに連れて行かれたところ、そこは保険ショップの前でした。う〜ん、なかなか立派なおっぱいが鎮座している。触ってくださいと言わんばかりに、万人に開放されている。さすがにそこでおっぱいおっぱいと騒ぐわけにはいかないのですが、幸い見える範囲にスタッフはいませんで。ちなみにそのおっぱい、乳がんがわかりますか?という趣旨のサンプルだったのです。スタッフもいないこともあって、後学のために?娘たちと一生懸命もんでみました。なんでもしこりは計4か所あるらしいんですけどね。正直、1か所しか見つけられませんでした。

 正解も表示されていたので、意識してそこをもんでみたけれど、それでも見つけられたのが1個増えただけだったと思う。しかもその1個は、日常生活においてもまないようなもみ方をして、ようやく見つけることができた。あっ、「日常生活におけるもみ方」ってなんだとか考えるのは、なしで(爆)。胸のしこりがきっかけで見つかったとかいう話を聞いたことがあるけれど、その胸のしこりを見つけるのは並大抵のことではないと思うと、なんだか恐ろしくなったのです。

 パートナーとなかよくしていれば、しこりなんて簡単に見つけられると思っていました。むしろ、見つける気がなくても見つけられるくらいなかよくしたいと思っているのですが、この件はそういう問題じゃないなぁということを考えさせてくれましたね。乳がん検診とか、積極的に行ったほうがいいんじゃないかと思います。
posted by てつりん at 22:11| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

女の子は、ついてきませんでした

 うちの除湿機が、お星様になってしまいました。動かそうとすると、「異常停止」と表示されて止まる。スイッチを入れると動き出すことがあるんだけど、程なくして止まる。う〜ん、相当長い間使ったので、さすがに買い替えでしょうねぇ。長い間、ご苦労さまでした。
2018082702.jpg

 除湿機を知らなかったさとが、北陸における除湿機の威力と絶対的な必要性を知るに至った、エポックメイキングなモデルでしたよ。あまりの困り感に、あっという間にネットで品定めをしてポチり、さらには千里浜オフの日に届くということで、確実にこの日受け取るために営業所留置にしたくらいです。そんな、多大なる期待を背負いながら、うちにやってきたニューモデルとは、これです。
2018082701.jpg

 開封してみましたが、女の子はついてきませんでした(爆)。まぁうちには3人もいるから、もういいです。
2018082703.jpg

 操作部が上に集中していて、使いやすそうです。
2018082704.jpg

 ちなみに前のモデルは、さとが金沢に住むようになった頃に、あれこれ必要な家電を買った際に一緒に買ったものだった気がする。ということは、17〜18年くらい使ってたはずなんだ。日立の製品なんだけど、耐久性はさすがだと思うなぁ。
posted by てつりん at 18:47| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

44歳なので

 そろそろラスボスに戦いを挑む頃でしょうか(ドラクエの場合)。

 まぁ、ラスボスが何かはわかりませんが、最近期せずして支社長の苦悩みたいな話を聞くハメになる機会が急に増えた。飲み会の席のボヤキ程度のものだけどね。うちの支社長はそんなこと言わないし、ほかの支社長だって自分のところの社員には言わないと思うんだけどさぁ。そうねぇ、ざっくりした内容としては、支社長といえども意外と権限がなくてなんだかなぁって話とかね。支社長には意外と権限がないって話に絡んで、本社の頭が固いとかね。あとは、同業他社との競争が熾烈すぎて、うちの支社としては手も足も出ないとかね。それでもいい製品を出して、世に問うて、うちの会社の存在意義を示し続けていくしかないんじゃないの?って思うけれど、なんだかびっくりするくらい支社長たちは弱気だった。支社長ではなかった頃の様子を知っているだけに、なおさら。わたしもそのうちそんなふうになっちゃうんだろうか。それとも、なにか伝えたいことがあって、わたしにそんな話をするんだろうか。

 というわけで、著名人がレベル44だった頃について、気になったのであれこれ調べてみました。


・大塩平八郎 幕府の腐敗を嘆き、私財をなげうって大塩平八郎の乱を起こす

 いや、これはさすがにちょっとねぇ・・・。本社の腐敗でも、嘆いたらいいんでしょうか。でもなげうつ私財はないなぁ。大塩平八郎の唱えた陽明学にある、「知行合一(ちこうごういつ)」って考え方はかなり好きだけどねぇ。知っていることと、やっていることは、一致していなければならないというもの。口ばっかりの奴等なんて、だいっきらいだったんだろうなぁ。


・伊藤博文 初代内閣総理大臣になる

 いまでも最年少記録だそうですが、当時と今では寿命も違うし、今後更新されることもないんじゃないのかなぁ。首相になりたいとは思わないけれど、わたしなんかがなったらきっと今の首相以上におなかが痛くなりそうだ。そういえば子どもが総理大臣になりたいって言ってた頃があったと思うんだけど、わたしにはそんな頃はなかったけれど、いつの間に誰も総理大臣になりたいとか、社長になりたいとか、言わなくなったんだろうか。


・徳川家康 豊臣秀吉に臣従する

 秀吉の妹を差し出され、さらには母も人質として出してきた末に、大坂城にて諸大名の前で屈服することになったんだとか。なにか嫌なことがあるかもしれないけれど、がんばってみようかなぁって思える話です。そういえばここ数年はそんなに嫌だとか、つらいってことがないけれど、そろそろそういうのが来るんだとしたら嫌だなぁ。


・孫正義 Yahoo!BBの提供を開始 → 通信事業に軸足を移すようになる

 そういえばそろそろ何かでかいことをやってもらうと言われて、結果的に回避し続けること2年連続。打診するかもの打診はあったけれど、そもそも打診もないのに回避したわけがないんだけどさぁ。今の事業を転換するような考えはないけれど、何かのターニングポイントになるのだとしたら、いいものでありたいなぁ。そういえば宮崎駿がスタジオジブリを作ったのも44の時だったんだって。とりあえず締め切りすぎてから仕事で本気を出すのは、そろそろやめたいと思います(爆)。
posted by てつりん at 23:29| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

てつりんはレベルがあがった!

てつりんはレベルがあがった!

すばやさが1あがった!
たいりょくが2あがった!
かしこさが1さがった!
つらのかわのあつさが2あがった!
みのまもり(別名を保身とも言う)が2あがった!
きおくりょくが2さがった!
あたらしいとくぎ(ここではヒミツ)をおぼえた!


 レベル、44になりました(しょこたん風に)。過去に3回しかなかった、ゾロ目の1年間が始まります。年齢がゾロ目なんて、もはやそう何度もないと思うし。88歳? あるのかなぁ。見せられないような腹の肉が、日々の不摂生を語ってくれますよ。

 ちなみにこんなのを見つけました。根拠はよくわからないんだけど、77歳は7割くらいの確率で迎えられるらしいけれど、88歳になると4分の1くらいの確率みたいですね。その一方で、今の子どもは100歳くらいまで生きるって話もあるし。

 
 さて、レベル44になったので、てつりん生誕祭というものが開かれました。娘のリクエストと思われる手巻き寿司のあとには、ケーキが出てきました。
2018082001.jpg

 ・・・味は確かでしたが、見た目はものすごくアバンギャルドな感じがします。まぁ、レベル9とかレベル7、3のような連中の仕事なんて、その程度ですよ(笑)。

 娘たちからはこのようなものをいただきました。品物に関する、見た目以上の解説を求められると、正体を暴露することにつながるので、頂戴したという事実だけで。
2018082002.jpg

 そういえばさとからはこういうものをいただきました。「具体的な商品名は言ったんだけど、それのようなもの」という、例えるならば「ウォークマンみたいなもの」という感じの、あやふやな指定の末にこれになりました。使ってみたかったんだよね。
2018082003.jpg

 汚いものをお見せしてすいません(爆)。レベル44にもなると、まぁこういうのも平気になるというかなんというか。そういえば先日も、プールでだらしないわがまま樽ボディをさらしていた気がするなぁ。でもねぇ、カラダを締めてみたいんですよ。気分はいつでもダイエットなんですよ。効果のほどについては、そのうちお見せするかもしれません?
2018082004.jpg
posted by てつりん at 22:35| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月16日

14年

 もうすぐで、家を建てて14年になります。ローンは建てた当時、金利水準が底だと思っていたし、事実底だと言われていたので、10年固定にしていました。ところがそのあと金利はスルスルと下がり、10年目からは最も金利の安い2年固定を、12年目からにおいても継続していました。

 それでもまだまだ先は長いんだよね。まぁ着実に減っているのは間違いないんだけど。建てた当初は払えなくなって、いつでも出ていく覚悟があったつもりだけど。ボーナス払いを併用しなかったのも、ボーナスをもらえないような雇用形態であるリスクがあったから。でも、今となってはそんな覚悟も遠い昔のよう。そんな覚悟を持たなくても、十分払っていけるのでね。
2018081602.jpg

 10年固定の頃は月に9万くらい払っていました。2万近く減っているので、理論上は2万くらい増やしたって平気なはずなんだ。10年のときも、12年のときもそういう話になったんだけど、さとの慎重策によって安くなるがままにしていました。
2018081603.jpg

 でもなぁ、さすがに月に9万払うのは抵抗があるというか、以前やってたとはいえそこまで大盤振る舞いするのは抵抗がある。でも、1万くらいなら、増やしてもいいんじゃないのかなぁ。試しに公式サイトで試算してみるとこんな感じ。正しくは1万増やしたというよりも、返済期間を残り26年から23年にしたんだけどね。
2018081601.jpg

 月に1万増やしただけで、3年も短くなるということに一種の驚きが。まぁ確かに、1万×12か月×23年で、276万。それって確かに支払額の3年分くらいになるわけで。ちなみに2万近く増やして、10年固定だった頃のように9万近く払おうとすると、5年間短縮できる。そこまで攻められれば、心置きなく65歳で引退できるんだけどさすがになぁ。まぁ個人的には、70まで働く覚悟はありますけどね(笑)。
posted by てつりん at 23:28| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月15日

お盆なので

 墓参りに行ってきました。ただし金沢のお盆というのはちょっと変わった世界でして、てつりん家単体としては、お盆は7月に行うものだったりします。詳しくはこちらから。

 ところが母の実家については、ルーツをたどると能登系なので(旧姓も見る人が見ればすぐわかるような、典型的な能登系の名前)、金沢ではない一般的な8月のお盆になります。そんなわけでうちの場合、7月と8月の両方にお盆がやってくるということになります。会社のお盆休みが7月にあるというわけではないのですがね。むしろ先祖不幸なことに、わたしは何度仕事や、仕事のようなもので7月のお盆をしなかったことか。あっ、今年は仕事でできなさそうだったけど、結局ちゃんとしましたよ。

 ここまで書いて気になったのですが、金沢の人同士が結婚して、7月にしかお盆がないご家庭では、8月のお盆は何をしているんだろう・・・? それはさておき、墓参りをして、恒例の食事に行ってきました。今回はここ。
2018081501.jpg

 別件でこの会場を使ったことがあるので知っています。予約をとったわたしの妹が言う通り、本来は結婚式の二次会とかで使うような場所であって、通常営業のときはちびっこは入れないはずなんだ。以前とある宴会をセッテングすることになって、相当無理を言って使わせてもらうことになったんだ。

 まぁそんなことはおいといて、がっつり食いますか。
2018081502.jpg

 えっ?まだ食べるの? ちなみに2枚の写真は、わたしの食べたもののすべてではありません。つまり実際には、もっと食べてます。
2018081503.jpg

 ビンゴ大会もあって、かなりの豪華景品が多数登場したけど、てつりん家は5人中誰も当たらなかったなぁ。姉にいたっては、最初の7〜8回くらい、中央以外一切穴があかなかった。わたしの妹ファミリーも全滅。そしてわたしの母親と、おば(母の妹)が当選。そっか、これはきっと、ご先祖への信心深さによるものに違いない(爆)。だって一家全員何らかの品物に当選し、「これで今夜の夕飯はバッチリですね」と司会者に言われていた集団があったくらいだったからね。

 なにはともあれ、楽しく大満足のひとときを過ごしたのでした。
2018081504.jpg
posted by てつりん at 22:28| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月05日

おまえも死ぬぞ

 別に誰かを呪っているわけではないのでご心配なく。別にイヤなことがあったわけでもありません。

 最近、これが話題になってるので、ちょっとわたしも刺激を受けてみました。
2018080501.jpg

 別にお寺さんが誰かを呪っているわけではなくて、誰にでも訪れることを言ってるだけのことなんだよね。ただ、これを誰が言うのかによって、炎上案件にもなりかねないのが現代社会の悲しい性ですな。今のところ炎上するどころか、端的ながらも深いって、好意的に受け止められているようで何よりですがね。

 実は先日、とある美術館へ弾丸ツアーをしかけてきたのです。目的は、仕事のネタを仕入れに。いろんな写真を撮りまくってきましたが、それについてはそのうちに。ただ、終わりの方で仕事のネタとは関係なく、かなり印象的で、思わず足を止めてしまった作品があったんです。
2018080502.jpg

 ブリューゲルの、「死の勝利」という絵画ですがね。まぁ結局のところ、みんな死んじゃうんでしょう。文中のリンク先(ウィキペディア)の方が画像は鮮明に見られます。
2018080503.jpg

 描かれたのは1562〜63年頃らしいのですが、作品の着想は14世紀にヨーロッパで大流行したペストに得ています。地域の3分の1から半分が亡くなったと。そういう時代にはどうしても死を意識するしかないし、「memento mori(メメント・モリ 死を記憶せよ)」なんて言われたりもするのでしょう。でもさぁ、結局のところ、ペストをくぐり抜けたとしても、死は誰にでも訪れるんだよね。貧富にかかわらず。階級にかかわらず。
2018080504.jpg

 個人的には、どうせそのうち死ぬんだから、いつ死んでもいいように日々をやりたいように生きたいと思っています。食べたいものを食べ、見たいものを見て、やりたくないことはしない。いつ死ぬかわからないからこそ、今を生きようって感じだな。実際のところ、なかなかそうはいかないから、それを可能にするだけの力が必要なのであって、だからこそ公私ともにある程度はきちんとしなきゃならないんだろうけどね。
2018080505.jpg

 誰かや何かに対して、それこそひどい言葉で罵ったりするようなことが普通にあったりする。でも、そんな相手だってそのうち死ぬんだし、自分だってそのうち死ぬ。だからこそ、ちっちゃいことにとらわれて生きていたりするのはやだなぁ。そんなことを思ったのでした。以前も同じようなことを書いてるんだけどね。
posted by てつりん at 17:48| Comment(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする