2017年04月02日

何もない土日に

 仕事のことも含めて、本当に何もない土日を過ごしていました。それこそ、おこづかいを握りしめてどこか夜行日帰り弾丸ツアーにでも行こうかと思っていたくらい、何もない土日でした。結局どこにも行かなかったんだけどね。

 きのうは何をしたんだったかなぁ。午前は、例の首の病院に行った。ヘルニアである以上手術しないと治らないんだけど、それでも症状が軽いならクスリを減らしてみませんかって話になった。あとはよっしーとドライブ。午後は娘がスイミングにいったのについていくのもいいんだけど、よっしーが日頃スイミングのために昼寝が少なくなっているのではないかと思っていたので、ひさしぶりに家にずっといた。

 きょうは、朝食を食べてからソファーで横になっていたら、昼食が出てきた(爆)。どうもリビングで、力いっぱい二度寝をしていたみたいです。女性陣はライブに出かけたので、男性陣は留守番のこの日、よっしーの昼寝の後に駅まで行って、電車を見てたなぁ。

 これだけなにもない週末ってどれくらいぶりなんだろうって思うけれど、さとが言うには世間のお父さんというものはそういうものなのだと。確かにその通りなんだけど、それにしてもねぇ。日頃がどれだけすること満載なんだかって感じですな。
posted by てつりん at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

言われなくてもわかってます

 先日、ちょっと奈良まで行ってきました。

 まぁ、仕事のような遊びのようなって感じのやつなんです。比較的うちの業界って、厳しくなったとはいえ、そういうのが許容されてきた部分があるんです。わたしのような仕事だとなおさらです。でもそんなこと言ってると、まじめにやれって怒られるかもしれませんが、「仕事を遊びのようにやって、遊びを仕事のようにやる」みたいなことって、ほかにも考えている人がいるものなんですね。ちょっと感動しちゃいました。

 さて、本題はここから。奈良に行っていた間に、自宅にこんな郵便物が届いていたそうです。
2017032401.jpg

 基本的にうちでは、他人の郵便物はまず開けないのですが、さすがのさとも会社系のところからだというのと、なんだか重要そうな気配がムンムンしているという理由で、開けたんだそうです。お金関係のことだったらまずいしねぇ。ところが中身はというと・・・、

2017032402.jpg

 要するにキミはメタボなんじゃないかと思うんだ。だから、タダで病院のお世話になってみないかい? という趣旨の招待状でした(爆)。

 さとの感想。わざわざそんなの送ってこなくってもわかるって(笑)。だから拍子抜けしたって。まぁそうなんだよね。わたしの感想も、さとと同じようなものでした。
posted by てつりん at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

とある内見会で

 かつてわたしと同じ事業所にいた人が、自宅を新築したということで、内見会に行ってきました。

 施主本人が内見会場にいて、それをふまえてかつての同僚を呼んだりしていたみたいで、結構なお客さんの数でした。でも実際のところは、そういう人も来てたけれど、そうではない人も少なからず来ていたらしいです。そういう人たちは、工務店の担当者と部屋を使って話をし始めたりしてたからね。地盤の話とかもしてたなぁ。建ってる場所に関しては市内でも結構地盤に関してはいいところなんです。でも、そもそもわたしの自宅のあたりもだけど、結構な断層も通っているから、地盤を気にしたところでどうにもならないものはどうにもならないよ。どこに建てるのか知らないけど。

 建物の感想。実は結構、わたしの家にあるコンセプトが含まれている感じで興味深かったなぁ。例えばうちみたいに蔵のある家じゃないけど、そんな感じの場所が子ども部屋にあったり。うちには壁に巨大な作り付けの本棚があるんだけど、本を置くんだろうなって一角があったり。洗濯機のある場所と洗濯物を干す場所が一体化していて(冬場は外に干しにくいのでこういうことはかなり重要)、家事動線が考慮されている感じだったり。寝室の一角に書斎スペースがあったり。聞くと、もうかれこれ10年近く前のことになろうというのに、うちを見た際の印象があって、こういう家になった部分もあるんだって。

 帰ってからの感想。個人的には細かいところの作業の質に気になるものはあったけれど、おおむねよくできてたと思うなぁ。細部の作業の質は、例えばうちはミサワだけど、ミサワだからどうというよりもその家を手がける大工の仕事の質による部分もあるってことを、ミサワの家をいろいろと見た上でなんとなくわかったし。で、わたしが他人の家に対して、ここまで好意的な感想を持つことってほとんどないんだよね(爆)。それはわたしが、さとと相談しながら相当いいものを作ってもらっただけに、そう簡単にほかのものをいいとは思わないよってのが大きいんだけど、さすがうちでのアイディアが含まれているだけのものはあるなと(笑)。

 一方、さとが言うにはなかなか辛口で、あんまり将来のことを考えてないって。例えば子どもが帰ってきて、玄関を通過して、さてランドセルはどこに置くんだろう?って。いや、そのために2階に子ども部屋があるんでしょうって思ったけど、ホントに子ども部屋に置くのかということまで考えてないって。実際うちの場合、リビングの床においてあることはよくあるからねぇ。個人的には、周辺に空き家のような家が多いのが気になったかな。両隣も含めて、空き家を解体した地面を手に入れて、そこに家を建てたような感じがするだけに、地域としては人が入れ替わる過渡期なんだと思うけど、それでもねぇ。

 なにはともあれ、おめでたいことです。近日中に引っ越しだそうで、そのうち行ってみようかと思ったくらいです。
posted by てつりん at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

忘れないんだけど

 ここ1週間、妙に東日本大震災関連の報道に引っかかるものを感じています。それら違和感を感じる報道に共通するのはただひとつ。「震災の爪痕はまだまだ残っていて、とてつもなく深い」という一点のみです。

 いや、どこぞの誰かの言い分みたいに、ウソを言ってるとは思いません。紛れもない事実でしょう。現地まで行って、一端を見たこともあるくらいだし。でもねぇ、被災地のすべてがそうじゃないでしょうと。いい意味で通常営業の観光地だって見てきたし、ライブを観てお金を落としたりもしてきた。明るい未来に向けて歩みだした被災地だってあるはず。そう思うと、あたかもすべてがなんだか後ろ向きな感じの、それこそ震災の悲惨さをいつまでも伝え続けるつもりであるかのような報道姿勢には、引っかかるものを感じずにはいられないのです。そして、どんどん「阪神淡路大震災から◯◯年」みたいなのが小さな扱いになっていく。

 震災の記憶が風化していくとかいって嘆く感じもするけれど、それは視点を変えたなら、風化しているかのように思えるくらい復興が進んだってことでもあると思うんだ。つらい記憶を閉じ込めて忘れようとすることと、何もなかったかのようにすることは違うと思うんだ。そんなことをとりとめもなく考えていたら、思い浮かんだのがこの曲だってことで。


歌詞はこちらから。


 3月11日のこの日に、今なお震災の傷跡が癒えない場所が、人が、いるであろうことは忘れません。そしてさとの父親が、うちのちびっこたちとスパリゾートハワイアンズ(当の本人は旧称の、常磐ハワイアンセンターと言うけど)に行きたいと思っていることも忘れません。とりあえずそうやって、いつか足を運ぶことが復興につながることを信じて。
posted by てつりん at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

1年の早さ

 ちびっ子とお風呂に入っている時、上の娘がこんな質問をしてきました。

 「おとうさんは、1年がたつのって早かった?」

 ベタな質問に対するベタな答えでアレなんだけど、最近ちょうどわたしも同じようなことを考えていました。ちなみに上の娘は、昨年度に引き続きよい先生に巡りあえたのもあるだろうし、本人の考え方とかもあるんだろうけれど、昨年度と同様かそれ以上に早かったようです。

 そしてわたしの答えもそう。ものすごく早いと思った。そうだな〜、昨年度の1年が1年の長さだとしたら、今年度という1年はもしかしたら8〜10か月くらいしかないんじゃないかと思うくらいに短かった。環境が結構変わったってのも大きいとは思うんだけどね。

 どこかで書いた気がするんだけど、誰かにとっての1年ってのは誰にとっても同じ長さの1年だけど、1年の重みってのはそれぞれ違うわけだよ。それこそ上の娘にとってのこの1年は人生の8分の1くらいだけど、わたしにとってのこの1年は人生の42分の1なわけで。よっしーにとっては、人生の半分だ。そんな1年が昨年度と比較して相当短く感じるなんて、そんな自分はあっという間に年を取って死への適齢期(笑)になって、速攻で死んじゃうんじゃないかと思えて恐ろしいくらいだな。
posted by てつりん at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

首がですねぇ・・

 デミオの借金で首が回らないんですよって話だったら、まだおもしろいんですけどね(笑)。ちなみにデミオはローンですけど、赤いCPプレマシーを買った頃のような、伝説の火の車ローンのようなことはしておりません。月8万×2年という数字しか覚えてないけれど、少なくとも今払っている住宅ローンよりも高かったことだけは事実だ。それに比べたらデミオのローンなんて、楽勝だとはいいませんけど半分以下ですよ。

 さて、冒頭から話が脱線しましたが、先週末の病院でのできごとは、個人的にはかなりのインパクトを残しております。「トランプショック」ならぬ、「いきなりデミオ買っちゃったショック」でもなく(笑)、「首のヘルニアショック」とでも書いておきますか。

 とりあえずネットで、真剣に深刻にならない程度に情報収集はしています。セカンドオピニオンだとか、ネットでの情報収集だとかも軽視はしないけれど、やりすぎて、今かかっている医者に対して疑心暗鬼になってもお互いおもしろくないからね。そうしているうちに、こういうものを見つけました。スクリーンショットではない、元ネタはこちらから。大阪にある、古東整形外科・内科さんのホームページなんですけどね。
2017020501.jpg

 なんかさぁ、今思うと、ここでやらないほうがいいって言ってることばっかりしてたなぁと。デスクワーク中の姿勢がいいとも思わない、むしろ悪い方だと思うし。そして寝転がって、まさにイラストの通りのような姿勢でテレビを見て意識を失ったり(つまり寝落ち)、イラストの通りのような姿勢で新聞を読んで意識を失って(つまり寝落ち)、ついでに新聞の上によだれの海で地図を書いてみたり。やってないよと断言できるのは、荷物の片がけくらいじゃないのかなぁ。

 生活習慣病の話じゃないけれど、体の具合が悪いのって、結局のところそれなりのことをしてたからってことなんでしょうねぇ。とりあえず今のところは、悪くはならないけれどよくもならないので、次の金曜にも病院に行こうかと思っています。
posted by てつりん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

クビ?(解雇ではなくて)

 物騒なタイトルですいませんねぇ。

 先日、入院している夢を見ました。なんで入院してるのかはわからなかったのですが、一晩に2回も、同じように入院している夢を見たんです。何かの表のわたしの近くに、トメとかハツとかいう人の名前があって、でもその人たちとの面識はないというか見たことがない。その表は、わたしのところに来た看護師だったかが持っているものを偶然見てしまったんだ。そしてその看護師とだったかはわからないけれど、「わたしはあの人たち(たぶんトメさんとかハツさんとか)と違って、◯◯だからさ〜」とか言ってるんです。

 その後会社で、しばらく休んでいた人が、「人間ドックで異常が見つかって、大腸のポリープを切ってきた」という趣旨の話をしている。おお怖い。

 
 さらに話は変わって、かれこれ1〜2週間前くらいからでしょうか。いつからか思い出せないんですが、実は右腕が痛いというかしびれた感じがするというか違和感があるというか。イメージとしては、長時間正座したあとの足のしびれが治まっていく途中のような状態。場所は右肩から、右肘にかけての裏側。会社では四十肩じゃないかとか、それは神経系だから四十肩だとか、四十肩説が濃厚だとか、さとまで四十肩だという始末。手はちゃんと動くし、しびれているような違和感があるだけのことで、そんなに困ってはいないんだけどなんだか気になってねぇ。で、たまたま会社を早く出られそうだということで、とりあえず近所の整形外科に行ったのでした。

 医師の診察が始まります。両手を同じように持って、おかしなところはないかと聞いてきます。おかしいところはないなぁ。さらには、次のようなやり取りが。

医師:「ちょっと首を動かしてみますね。(前後に動かして)しびれとかありますか?」
てつ:「ないですねぇ」

医師:「では、これはどうですか?(と、首を左に動かす)」
てつ:「いや〜、何もないですねぇ」

医師:「では、これはどうでしょう?(と、首を右に動かす)」
てつ:「あぁ〜、しびれが強くなりました」
医師:「・・・これはレントゲンを撮ったほうがいいですねぇ」

 というわけで首のレントゲンを撮ることになりました。その後再度、診察室に呼ばれます。

「前から見る限り、こういうところ(鎖骨付近)に炎症があって痛むこともあるのですが、ありません」
「続いて、横からの写真なんですけどね・・・、」
「首の骨と骨の間のこの部分を、椎間板っていうんですけどね〜、」
「こことここは、椎間板の間隔が同じなんです」
「ところが、上の2つと違って、ここは明らかに狭いと」
「で、椎間板が押し出されて、後ろの神経を圧迫していて、手にしびれが出ている可能性があるんです」
「要するに、椎間板ヘルニアの可能性がありますね」
「年を取ってくると、重量でつぶれてきたりとかするんですよね〜」

 途中の説明は、以前背骨を折ったことがある時によく聞いた説明だなぁと思っていたのですが、首の椎間板ヘルニアかもしれないとは・・・。それって阪神にいた赤星憲広選手が、引退するに至ったきっかけのものじゃないか・・・。

 とりあえず薬を出されまして、様子を見ましょうとのことでした。でもさぁ、薬で改善したならばやっぱりその薬は必要ってことなので病院に行かなくてはならないし、改善しないならしないで、もっときちんと調べましょうということになっているから、やっぱり病院に行かなくてはならないのかと。とりあえず手術とか入院とかの必要は今のところないし、ヘルニアを薬で散らせるらしい話も以前入院していた時に聞いたことがあるので、とりあえず一安心なのかもといったところです。


 帰ってからさとに報告したところ、痩せるように言われましたよ。でもさぁ、頭が太っているわけじゃないんだから(爆)、痩せたって意味ないでしょうと。さとの意図としてはそういうことではなくて、今後腰に負担をかけたりしないように痩せろということらしいです。
posted by てつりん at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

何もない土曜日

 いや〜、なかなか最近はきつかったです。社内でも話題になっていたのですが、怒涛の12連勤。

 事実上土曜も日曜もない業界だと言うけれど、事実上ではなくてホントに土曜も日曜もなかった。事実上土曜も日曜もない業界だと言うけれど、1日まるまる土日がないなんてそうそうあるものでもないのに、ホントに土曜も日曜も1日たっぷりフルタイムの出勤だった。そのうえ社内のことだから多くを語らないけれど、そうねぇ、うまくいって当たり前、何かあったら大事件(と言いながらこの表現を今の会社で聞かなかったので申し送りに書かないと)と称される緊迫した業務だったから、なにげに疲れた。土日を乗り切ったら、次はうちで胃腸炎が流行りだして、順番に1人ずつやられていってなかなか大変だったし。

 というわけで、今日という何もない土曜日がとっても貴重♪ とっても楽しい♪ 何をしたというわけでもないんだけどね。仕事にまつわることだけは、一切しなかったけど。

 ちなみに今朝はというと、前の日の夜更かしもものともせずに普通の早さに起きて、朝からよっしーとお出かけ。行ったのはまず写真館で、できたという年賀状の引取。そろそろ書かなきゃね。続いて行った場所は、ちょっと今のところ秘密。これにまつわるあれこれは、年内に一応の決着を見ることになるでしょう。自宅での昼食後、よっしーと一緒に昼寝をしてしまい。気がついたら16時。ほかにも行きたいことというか、したいことがあったんだけどなぁ。
posted by てつりん at 23:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

計画はバッチリのようです

 わたしの会社でボーナスが支給されました。

 実は今の会社はこれまでの会社と違って、給料日が違うんです。4月の段階ではそれを知らなくて、しかもこれまでより給料が減るらしいという情報もあって心配だったことから、これまで通りの給料日に「あっ!今日は給料日だ!」とつぶやいたら、何言ってるんだという反応をされました。そんな経緯から、ボーナス支給日はこれまでと同じであることを確認し、満を持して社内システムから金額を確認。プリントアウトして(明細をもらえない会社なので)、写真に撮っていち早くさとに提出。まぁ、金額を確認したあとについては、いつものことなのですが。

 給料が減っているらしいという話については、正直よくわかりません。ただ、会社を辞めた扱いになっているとしても、以前ほど給料が減らないようになっている感じらしいです。で、そんな減ってるのか減ってないのかよくわからない給料をベースに算出されるボーナスについても、減っているのか減ってないのかよくわからないだけにドキドキでした。結局のところ、総支給額では増えているのに、手取りでは若干減っているという、要するにだいたいこれまで通りという結論で落ち着いたのでした。

 さて、なんでそこまで気にするのかというと、もちろんお金がほしいからですが(笑)、それ以上にさとがとってもガッチリしていましてねぇ。前のところも含めてうちの会社はって、これまでの在籍先と現在のレンタル移籍先をまとめてこう称しておきますが、急に給料やボーナスが増えたりしないかわりに、急に給料やボーナスが減ったりもしないのです。それをふまえて、だいたいこれくらい出るだろうからこういうことに使おうという計画が、恐ろしいまでにきっちりと組まれていたりするのです。どれくらいきっちりしてるかというと、父の日母の日の予算を父が死んだ年の冬のボーナス計画できっちり減額するくらいに。ボーナスで半年分の保育料とかを確保するくらいに。車検代は2年前から大まかに金額を予想し、2年間のボーナス4回×2台分で用意しようと計画的に一定額をプールするくらいに。今年の車検は予想をはずして2台とも予期せぬ高額だったので、結構困ったんじゃないのかなぁ。

 そうやってガッチリされたあとのおこぼれを頂戴して、わたしはわたしで苗場に行く準備をするのです。毎年これくらいもらっているから今年もこれくらいだろうって、だからあれにこれくらい使ってとか考えて、結局のところさとと同じようなことをしているわけなんですな。
posted by てつりん at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

なんという不覚

 ちょっとした会合に出かけてきました。

 お店だったので、酒が出るのですが、いつものお店であるというご厚意からなのか、本来はできないはずの酒の持ち込みがなされていました。ちなみにここのお酒です。どの商品かをここで明らかにするのはやめておきますが、まぁおいしかったのですよ。おいしすぎて、かなり調子に乗って飲んでいたのですな。おいしすぎて、そのうち自宅でもお取り寄せするつもりで、ラベルの写真も撮ったのですよ。

 で、ちょっとお手洗いに行こうかなぁって思ったら、気がついたら参会者の顔がわたしの上から見えるんですよ。えぇ、要するに立ったままその場で寝ようとしたみたいでねぇ(汗)。階段の途中だったのに。確かに右手で何かをつかもうとしたものの指先だけが引っかかってつかめず(だから指先がしばらく痛かった)、右肘から落ちるように倒れ、その次に頭を打った感じでした。

 結局その場でしばらく水を飲みながらおとなしくするハメに。あやうく中島らもの最後のようになるところでした。いい歳して、そういう酒の飲み方はダメですな。
posted by てつりん at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

休暇を取っています

 きょうはいろいろと用があって、休暇を取っていました。ちなみになんでもないのに、休暇と土日をあわせるとなんと4連休だったりします。貴重な4連休ですが、どこかに行く予定はないし、4連休初日の休日出勤が予定通り終わらなかったので、もう1日出勤が確定なのですがね。

 それでも4連休2日目のきょうは、一瞬たりとも会社に行きませんでした(笑)。で、向かったのは、みっちゃんの通う小学校。年長さんを迎える会ということで、この小学校に入学予定の近隣保育園、幼稚園、こども園の子が呼ばれているのでした。

 みっちゃんの時にもわたしが連れて行ってるんだけど、担当者の違いなのか迎える側の事情なのか、内容的にはちょっとものたりなかったなぁ。もちろんなっちゃんは、ほどよい緊張のなかで楽しんでいた感じだったけど。体育館で出し物があったあと、学校に関するクイズがあって、そして1年生にエスコートされての校舎内見学。なっちゃんは気づいたかわかりませんが、途中みっちゃんの授業中の教室前を通過。そのあとプレゼント交換をして、終了という流れです。ちなみにみっちゃんの時は、教室に入ってぎゅうぎゅう詰めのなかで、1年生と一緒に授業を受けて来てました。その時の記憶では、「先生の発問に対しては、挙手をして発言する」という学校での基本をわかってもらいたかったのかとまで思ったんだけどなぁ。

 続いては、何を思ったのかNHKオンデマンドで無料で見ることのできる、「おしん」を1〜6回まで見てしまう(笑)。いや〜、当時リアルタイムで見てもわからなかっただろうし見てなかったと思うけど、今ああいうものを見るっていいねぇと。これで意外と次の用件(内容は秘密)までの時間をロスしてしまう。

 そしてみっちゃん→なっちゃん→よっしーの順にお迎えに行き、近所の小児科でインフルの予防接種。わたしはきのう会社で打ってますし、まだなのはさとだけですな。ちびっこはもう1回必要だけど、それにしてもみっちゃんの成長っぷりには小児科医も驚いてました。前回は絶叫+号泣だったので、3人がかりで押さえつけて打ったのに。打つ前から「痛い(泣)!痛い(泣)!!痛い〜〜〜(号泣)」って感じだったのに、本人が言うには、押さえつけられるから怖いんだと。大人の言い分としては、泣きながらジタバタするから押さえつけられるんだけど。

 ちなみに3人の打たれざまは、こんな感じでした。
・みっちゃん じっとして無言。心配したわたしから、正面のカレンダーの魚を見るように言われるが無難にクリア。
・なっちゃん 打たれる注射針の先を見るくらい余裕。カレンダーの魚の話はしませんでした。
・よっしー  カレンダーの魚の話をしているうちにブスリ(笑)。「いたい〜(泣)」って感じだったけど、その一言のみ。

 さて、あしたはタイヤ交換でもするかな。
posted by てつりん at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

増額!

 最近、ポケットマネーがないねという話になりました。要するに、おこづかいが足りなかったりするんだよねと。

 要因としてはいろいろ考えられます。支出面では、これまでの会社と違うタイミングで飲み会があったりする。収入面では、これまでの会社でもらっていた手当がもらえなかったりする。ちなみにその手当は、ちょっとした額でなおかつ現金支給だったので、よほどの巨額(CDアルバム1枚分〜飲み会1回分くらい以上)でなければ、そのままサイフに入れてましたね。実質的にはほぼ毎月、昼食のランチ代からコンビニのお菓子代程度でしたが。

 まぁ実際のところ、おこづかい的には苦しいけれど、家計に入る給料という視点で見ると、総支給はちょっとだけ減ってるかもしれないけれど、手取りで見ると増えています。いろんな諸経費的なものが天引きされなくなったからなんだけど、一番大きいのは悪の秘密結社の会費を払わなくてよくなったことだな(爆)。

 で、先日。さとからおこづかい増額の提案がなされたのでした。個人的には増額されたら当然うれしいんだけど、必要分はいただいているほか、事情により困ったときは別途支給というありがたいシステムもここ1〜2年は存在するようになったので、どっちでもいいかなって思っていました。でも、ここで断ったら一生増額されないかも知れないと思ったから、せっかくだしありがたく増額されることにしました。あと、さとの見解としては、わたしの稼ぎに対して、わたしへのこづかいが世間一般の平均的なものから考えるに少ないんじゃないかということもあったみたい。

 したがって12月からは、これまでの25%アップの、25,000円を頂戴することになりました。次の日に会社の飲み会があるから、もうもらってしまいましたが。考えてみれば毎月定例の通院代込みという名目で25,000円にされてた時期があったけど、それを除けば一緒に住むようになって、こづかいは15年くらい前からず〜っと2万円だったんだけどね。
posted by てつりん at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

これは困った!

 朝、iPhoneを充電しようと、iMacにつながっている充電ケーブルに接続したところ、iOSのアップデートが始まってしまいました。

 まぁこれだけならよくあることなんです。ところが今朝に関しては、アップデートが思いのほか遅かったんです。しかも、止められない。ということで、まだ途中なんだろうけれど、ケーブルを抜いて会社に行ったのでした。

 ところが会社についてからも、iPhoneを操作することができない。結局、アップデートを無理やり途中で打ち切ってしまったことで、動かなくなってしまったんです。画面には、「iTunesにつながっている機器に接続してね」みたいな絵と、サポートページのURLが表示されたまま動かないのです。

 帰ってきてから、再度iMacに接続して再開を試みるも、これまた大苦戦。iPhoneは操作不能になるし、iMacはiPhoneを認識しないし。なんとか修復は完了しましたが、やっぱ途中で線を抜いてはダメですね。会社でも隣の席の人が、支給されているノーパソのアップデートにしびれを切らして電源を切るなんてことをしているうちに、青い画面が出たまま何時間も動かなくなって難儀してたりしたのですが、そんなことをしてはいけないですな。
posted by てつりん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

餅は餅屋なのか

 さとがOLYMPUS OM-Dを買ってからというもの、すっかり出番のなくなってしまったCaplio R7というコンデジが家にあります。ところが先日、どうも壊れてしまったようです。オードフォーカスがバカになってしまいました。なんと2007年発売のものらしいですね。

2016110801.jpg
※写真は文中のリンクより拝借したものです

 ブログにメモ的に貼るような写真だとiPhone5で十分なんだけど、それでも例えば食べ物の写真がおいしそうかそれほどでもないのかとか思う場面があって、たま〜にコンデジで撮ってることがあります。今になって思うとどれがコンデジでどれがiPhone5なのかもわからないような程度でしかないんだけど、やっぱ写真は携帯じゃなくてカメラなのかなと。あとはズームがデジカメの方がいいし、さらには仕事で写真を撮りたいって時に、ちょっと携帯だとまずいかなって雰囲気のときがなくもないのだよ。かといってOM-Dを持ちだすってのはねぇ。よっぽど気合い入れたお出かけとかでもないと、どうしてもかさばるので正直持ちたくないなぁ。

 それと同時進行で、3〜4年くらい持ってるiPhone5の電池の減りが早い気がしてねぇ。コンデジはもう買わないかわりに、携帯をiPhone7 Plusにすればいいんじゃないか。でも、くどいようだけど、携帯で仕事の写真って撮りにくいので、コンデジへの未練もちょっとある。あとはスマホじゃなくてガラケーとタブレットの組み合わせも心の片隅に引っかかる。うまく使えば、事実上カーナビの更新と同等の効果が期待できる上に、タブレットがあるとネット上にある動画を仕事で使いやすくなるので。いろいろと悩んでしまいそうなところです。

 結局のところ、iPhone7を買っちゃうんだろうけどね。苗場に行く頃には新調する予定です。
posted by てつりん at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

遠い記憶

 以前住んでいた場所に行ってみる機会がありました。以前と言っても、もう20年近く前のことになりますな。自宅からは、今となってはクルマで1時間ほど。でも当時は、1時間で着こうと思ったらお金がかかるからと、1時間半で行ってたなぁ。さすがに通勤で片道1時間とか1時間半とかいうのはキツイので、当時は勤務先の近くに住んでいたんです。

 実はその、以前住んでいた街で、ちょっとした仕事をすることになりましてねぇ。仕事そのものはおかげさまで、残務処理のことも含めてもうとっくに終わっていますが。まぁ、ちょっとした会合の音頭を取って、1日つつがなく?その会合を動かしたのですよ。で、夜の部の会までちょっと時間があったから、以前住んでいたところはどうなってるんだろう?って思って、行ってみたわけです。

 ちなみに何年も前のことですが、その頃に働いていたところにも行ったことがあります。そこはもうなくなってしまったんだけど。そうねぇ、当時の感想としては、思ったよりもキレイではあったけれど、やっぱり行くんじゃなかったなぁって後味が残った。変な表現だけど、昔かわいいと思っていた子を見たら、キレイなおばちゃんになってたって感じのがっかり感かな(笑)。

 で、当時住んでいたところなんですけどね・・・(写真上の固有名詞は消す加工をしてあります)、
2016110401.jpg

 建物の名前が一部剥がれているだけで、外から見る限り完全に当時のままでびっくりしました。周辺については、新しい道路ができてたり、当時はなかった商業施設があったり、隔世の感といったところなんだけどね。ちなみに、ここに住んでいた頃に、例の裏本(こことか、ここを参照)をもらってしまったんだよ。そのほかここではちょっと言えないようなことも、何度となくあったのですが、面識のない今の住民はきっと、まっとうな生活をしていると思います(爆)。
posted by てつりん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

ステージデビュー

 みっちゃんがイベントに出演するということで、出かけてきました。ちなみに写真は、同じ団体の本人の出番ではないシーンのものです(10/2訂正しました)。ありがたいことに、なかなかいい団体でやらせてもらっているんだなぁってことがよくわかりました。こういうものに関しては送り迎えの距離的なものを我慢して、遠くのレベルや実績のある団体へ行くケースもあるけれど、やっぱ地域の団体でよい縁があってがんばれるってのが一番だと思うのでね。
2016092501.jpg

 ところでこの日は、さとも忘れていた結婚記念日でした。わたしはこういうの、忘れませんけどね。忘れていたことをとやかく言ったりもしませんが、結婚10周年のときのようなディナーもなく。ちなみにこの日で12周年。干支が1周しましたよ。
posted by てつりん at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

また、新しい気持ちで

 とあるおめでたい席に呼ばれていました。
2016092401.jpg

 昔勤めた事業所の周年記念祝賀会なんだけど、正直昔勤めた事業所なんてものすごくたくさんあります。そのほとんどが円満退社と言うか、人気が任期がなくなったつまり任期満了なのですが、意外とこういうものにお呼ばれする機会は少ないと思っています。そうねぇ、なくなっちゃった勤め先もあるし、呼んでくださったのに行かなかったこともあるし、そもそも非正規雇用だったからか呼んでもらえないってこともあるし。さらにはこういう行事をしていないところも少なくないし。ここなんて、週3日とかしか働いてなかったぞ。

 でもねぇ、今思うとこの勤め先はなにげに思い出深いものがあります。同年代のスタッフでおバカな飲み会を頻繁にしていたり。NGワードがあって、それを言うと灰皿に100円入れないといけないんです。たまった100円は、飲み代か、参加者へのキャッシュバックに当てられます。わたしは正体がバレるのがイヤなので(NGワードを言うことは、自分たちの正体をバラすことにつながる)、ほとんど入れた記憶はないです。ある部屋から見える海の青もすっごく印象的だった。何より、初めてもう1年ここにいたいと思った勤務先でした。1年勝負も大事だけど、今でも毎年1年勝負のつもりでいるけれど、1年では成し遂げられない仕事があって、それもまたおもしろいんだってことが初めてわかった勤務先でした。

 というわけで隣の席の人がそういうおバカな飲み会をしていた仲間でした。さらに別のテーブルに行くと正式入社の同期がいたり。さらに別のテーブルに行くと、今回の件の事業所とは別の事業所にいた頃の同僚だったりと、いろいろと懐かしい人にたくさん会うことができました。「てつりんって、どこにでもいたんだね〜」って言われましたが、えぇ、業界の隅々を知ってますから(笑)。

 こういった人たちに会うと、「今はどうしてるの?」って話によくなるんだけど、やっぱりどうも今の勤め先ってのは相当なものらしいです。行きたくて行けるところじゃないし、誰でも行けるところでもないし。それこそ、何かの登竜門なんじゃないかと思うくらい。で、副支社長に昇格して、支社長を目指したけれど結局なれなくて、昨年度末で引退されたかつての同僚から、「そういうわけでがんばって上を目指さないと」って言われちゃいました。

 なんでもこういうものは自分の意志で上がるんじゃなくて(いや上がろうとするときは、最後は自分の意志だと思うが)、誰かが引き上げてくれるものなんだと。たしかにそれは思い当たるフシがあって、個人の力と時の運と、そしてどういう人と仕事をさせてもらえるかの縁だなと。時の運にも、縁にも恵まれなかったことで、力も出なかったと思う時期があったので。

 まぁ、何かの見えないレールに載せられている気がしてならない今日このごろなのですが、それでもそのレールから降りてでも転職を画策したいと常々考えています。転職しても、乗れるものならもう一度、そのレールの上に乗ってみせる(笑)。そんな話も何人かとしてたんですが、そのためにはこれまでしてきた通り、これからもそうするであろう通りに、その場その時における最上のものを目指して働くしかないのでしょう。さびついてるわけじゃないけど、新しくて清々しい気持ちになって、祝賀会場を後にしたのでした。
posted by てつりん at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

じじい


※動画はタイトルと関係あるかもしれません


 連日連日仕事が忙しいです。

 忙しいという漢字は「心を亡くす」と書くという話を聞いて、使わないようにしていました。そうねぇ、「することいっぱい」とかいった表現を使っていましたね。でも今の現状としては、そんなにすることいっぱいってわけじゃないので、忙しいって表現を使ってみた。実際には忙しいというよりも、たいしたことしてないのに、諸般の事情で会社での拘束時間が長いのですが。

 そんなわけで連日帰宅が21時とか22時とかになっています。そういうのももうしばらくの辛抱だと思いたいのですが、家に帰ったら夕飯を食べて、しばらくダラダラしているうちに意識を失うんです。さとが翌日の弁当のことなどを踏まえて、ご飯炊いておいてとか言ってたのに。作らなかった人が食器を片付けるというのが、うちルールだというのに。

 ところがすごいことに、5時過ぎになぜかちゃんと目がさめるんですよ。5時過ぎだったら食器を片付けて洗うのも、ごはんを炊くのも十分間に合うんです。そういえば翌日のライブの譜面が書けてないのに意識を失っていても、5時過ぎに目がさめたりもするんです。少し前までだったら、何度目覚ましをかけてもうまくいかないくらいだったのに。

 この話を、同じくらいの年代の同僚にしたところ、ものすごく強く同意されました。なんでも、40過ぎたらそういうことができるようになったって。それって考えてみたら、できないことができるようになったというよりは、要するにじじいになったのではないかと。「年寄りは朝が早い」の世界に一歩近づいたのではないかと。一瞬喜ばしいことかもと思ったけれど、それは違うみたいでした。
posted by てつりん at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

右クリック

 意外と知られていることなんでしたっけ? わたしは自宅では熱烈なMac愛好者です。別にちっとも詳しいわけじゃないし、詳しくないことをさらすようなことをこれから書いちゃいますが、それでも20世紀の終わりごろからかれこれ3台のiMacを使っていますし、これだってもちろんiMacで書いてます。

 ささいな事ですが、文字のフォントが美しいので、ネットサーフィンひとつとってもWindowsとはなんだか違って感じられるのがいいですね。もちろん仕事ではWindowsばっかり使っているわけなのですが、それはそれでオンとオフのいい切り替えになっていると勝手に思っていたりします。つまり、仕事で使うのはWindowsで、プライベートで使うのがMacだと。

 ところがず〜っと、Macには右クリックというものがないんだと思っていました。まぁ、そもそもどこをクリックしたら右クリックなのかって感じですからね。
2016082301.JPG

 だいぶ前に、さとから右クリックというものの便利さを説かれ、実際仕事では右クリックも使うというか必須なわけですが、それでもMacに右クリックがなくてもMacへの愛は変わりませんでした。胸がなくても愛情はなくならないのに似ていると思います(コラ)。

 しかし先日、設定のところを触っていたら、あれ?ってものを見つけたのですよ。
2016082302.jpg

 おぉ〜、右クリックができる。これは何かと便利だ。というか、いつから右クリックってできるようになってたんですかね。いまさらですが、右クリックのできるMacって、最強だと思います(笑)。
posted by てつりん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月22日

依頼

 人に面倒なことを頼むのは、誰だって気がひけるものです。

 実は先日からとある事情により、いろんな人にA4版1枚でものを書いてくれという依頼をしています。原稿料でも出さなきゃならないところなのでしょうが、モノの性質上、無償です。それよりも、誰だって尻込みするんだろうなぁって思うのが、締め切りがとんでもなく短いこと。

 わたしは日頃から、誰が見ているのかはさておきこうやってものを書いているつもりの人なので、書けと言われればたぶん書けるんです。でも、誰だってそういうわけじゃないし、こういうところで書くのとああいうところ(どこかは言えないけど)で書くのはまた別だ。

 で、困ったなぁって思いながら、一応あの人たちに頼んでみるといいよと推薦を受けたのが2人、個人的にあの人に頼んでみたいなぁと思う人が1人。実はわたしも一肌脱いでというか、一筆書かざるを得ない状況に。ドキドキしながら頼んでみたのですが、まぁ快諾とは行かなくても了承は得ました。

 わたしも何かと面倒なことを頼まれるクチです。そもそも、面倒なことを頼まれているから、下請け孫受けじゃないけどほかの人にも面倒なことを頼むハメになるんだ。でもねぇ、こういうことを言っちゃうとなんだかあざとい感じがするかもしれないけれど、ある程度面倒なことを引き受けているような人が、自分自身が困ったときに誰かが面倒を引き受けてくれたりして助けてくれるものなんだ。もっと若い時は、面倒なことを引き受けるハメになる一部の人だけが面倒なことだけを背負って、でも困ったときには誰も助けてくれないものなんだって思ってたことがあるけど、きっとそれは違うな。それでも面倒なことを面倒にしないうちに、テキパキと済ませられる人になりたいものです。
posted by てつりん at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする