2017年07月19日

にーがたオフに行ってきた(鉄分補給編)

 去年は家族連れだったので、それっぽいプランで越後湯沢の夏を満喫したのですが、今年は何をしよう? ということで、やんばるさんおすすめのオプショナルツアーについていくことにしました。オフ会でやりたかったことその3です。

 まずは土樽駅を訪問します。清水トンネルの向こう側、土合駅には行ったことがあるので、これで両側制覇です。
2017072001.JPG

 味のある駅名標です。もちろん現行型の駅名標もあります。
2017072002.JPG

2017072003.JPG

 清水トンネルは、近代化産業遺産らしいですね。ちなみに知らなかったので調べてみましたが、近代化産業遺産群と、個々の認定遺産である近代化産業遺産があるらしいです。といっても、清水トンネルが該当する近代化産業遺産には、ほかにどういうものがあるのかまではわからなかったなぁ。
2017072004.JPG

 そんな清水トンネルの方を臨みます。保線作業に使われるのでしょうか、列車が停まっていました。
2017072005.JPG

 しばらくすると電車がやってきました。遠くの電車を見ると、正直地元では走ってないから、何かちっともわからなくて新鮮でいいですね。というわけで調べてみたところ、E129系ですか。2本の帯は黄金色の稲穂と朱鷺色のイメージだなんて、なんてステキな。
2017072006.JPG

 長大トンネルの前の駅だからか、結構立派な追い越し線があったようですが、撤去されています。
2017072007.JPG

 続いては、毛渡沢(けどさわ)橋梁に行ってきました。とりあえず詳しくはってことで、ここ(WEB ECHIGOYUZAWAのページ)を貼っておきます。
2017072009.JPG

 思い思いに場所取りをして、あとは静かに獲物(電車)が来るのを待つ。長らく釣りはしていませんが、この緊張感は釣りに通じるものがありますね。

 これを書くのにちょっと調べたんだけど、なかなかすごい橋梁みたいですね。あと、もっとあとだったら、夏草や木の葉が生い茂って下の写真のようには撮れなかったかもしれないです。結構葉っぱが画面に入り込んでいる写真が多い感じがしたのでね。雪が解けた後とかが、川と橋梁と電車を収めるには最高のベストシーズンかもしれません。

 おっと、遠くからいきなり、さっき駅で見たのと同じE129系がやってきました。遠くから電車が走ってくる音がどんどん近づいてくるってイメージを勝手に抱いていたのですが、ホントに突然やって来ました。
20170720010.JPG

 iPhone7plusのカメラですが、さらにもう1枚。
20170720011.JPG

 ついでに真上を通過するところも撮ったのですが、さすがになにがなんだかわからないのでお蔵入りで。

 おまけ。オフ会の会場が線路沿いなので、結構いろんなものが通過していきますが、そのなかの1枚。NO.DO.KAのようですが、こういうのを見ると撮ってみたいというよりは、乗ってみたい方の欲求が強くなりますな。
20170720012.JPG
posted by てつりん at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月18日

いいもの見られました

 ひさしぶりに仕事らしい仕事のない日曜日。正確には会社で残務処理のようなものをしていましたが、夕方からちょっと時間ができたので、よっしーと公園に行くことにしました。

 この公園、なかなかいいところで、男の子の大好きなものがコンパクトに集結しています。消防署があるので、消防車や救急車が見放題。新幹線の線路もあって、さらには駅もあるので、バスも来るわ電車も来るわ。

 というわけで、駅前の線路沿いで待っていたら、なんと花嫁のれんが駆け抜けていきました。
2017061800.JPG

 iPhone7plusのカメラでタイミングを図りながら一発だけ、簡単に撮ったものをちょちょっとトリミングするだけで、それっぽく見えてしまうんだから、いい時代になったなぁと(爆)。だからこそ、真剣に撮り鉄された写真がより一層輝くってのもあるのでしょう。

 続いて、見たことのない真っ黒な車両が駆け抜けていきました。何だそれは!?と思って調べたところ、とやま絵巻というものだそうです。写真は撮れなかったので、あいの風とやま鉄道公式サイトから拝借したものでも。
2017061801.jpg

 そのほかいろいろと見たのですが、EF510が東金沢駅の先で停まっているのも撮りました。ヘルメットをかぶっているのは保線員気分だからではなく、自転車に乗っていたからです。
2017061802.JPG

 前と後ろの区別とか、パンタグラフが上がっているか下がっているかといった違いを理解するのは、まだまだ難しいようです。
posted by てつりん at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

プラレール博に行ってきた

 年度末の処理が立て込んでいるなか、前日の卒園式+カラオケのために貴重な土曜の休みをもぎ取り、続いてはプラレール博のために貴重な日曜の休みをもぎ取り、行ってきました。

 ちなみに入場記念品は、写真がないけど北海道新幹線H5系の中間車両。地元らしく、E7またはW7系じゃないのかと。つなげて遊べないじゃないか。

 まだ娘が小さかった頃に行ってて、もう行かないかなって思っていたけれど、よっしーがちょうど年代にストライク!になってきたので行くことにしたのでした。なかなかこういう展示はいいものですね。
2017032701.jpg

 こういうご当地感満載の場所については、写真撮影の長蛇の列が続いていました。
2017032702.jpg

 わたしもよっしーくらいの頃にはプラレールで遊んでいたと思うんだけど、さすがにここまで古い0系は記憶にないなぁ。かなりたくさん持ってたはずなんだけど、いとこのところに行ってしまいました。
2017032703.jpg

 写真に入り切らないほどの大レイアウト。こういうものはずっと見てても飽きませんね。
2017032704.jpg

 変わったフライドポテトが売っていたので1枚。マッシュポテトをところてんを押し出すようなイメージで細長く、揚げ油のなかに落として作っています。なのでかなり長いし、中ももちもちです。
2017032705.jpg

 そういえばよっしーがいなかった頃に、一家4人が乗っている車両を作ってもらっているんだけど、今回もがんばって作ってもらいました。どうがんばったかって、2人がけのシートに5人で座ってがんばりました(笑)。今回は先頭車両の運転席に乗っているんだからたまりません。
posted by てつりん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月02日

将軍様の鉄道

 最近のよっしーのかなりのお気に入り本です。だいぶ前に買ったのですがね。
2017020201.jpg

 単に鉄道が表紙に載っているからなのですが、それにしても北朝鮮の鉄道にまで興味を示すとは。筋金入りの鉄に違いない(笑)。

 ところでこの本は、DVDがついておりまして、それがまたなかなかのものなんです。普通に北朝鮮の鉄道が走ってくる風景とか、車窓から見る沿線道路などの風景とかが映っているんですが、普通だからこそ貴重というかなんというか。プロパガンダの匂いがあまりしないんです。もちろん、本に載っている写真にも。10年くらい前の本なのですが、当然写真や映像などはそれの少し前だと思われるのですが、きっと当時の北朝鮮は、今よりもずっとまだマシだったのだろうという雰囲気が漂ってきます。

 鉄道というのは、現代の日本だと完全に見過ごされてしまう話ですが、軍事技術の一端を担っているという側面だってあるわけです。第一次世界大戦は、当時発達していた鉄道網のために兵站輸送も、兵力の展開も進撃も早く、当初は早く決着がつくだろうと言われていました。日本においても当初は、艦砲射撃を避けるという目的で、内陸部に鉄道の建設を優先させた(実際にはそれだけの理由でもなかったらしいが)と言われていました。

 で、北朝鮮の鉄道ですよ。路線図のほかに、特急や準急の走る路線、停車駅、時刻表などに関する情報が載っていて、内部の輸送状況とかが、丸裸になっているような本なんです。今だったら相当国内事情も悪く、それこそ同じ企画内容で同じような本を取材して作ろうなんて至難の業だと思うんです。鉄道=軍事技術の一端という図式からしてみれば、鉄道の写真を撮ろうものならスパイ行為で、北朝鮮から出してもらえなくなるのではないかと。そういう意味でも、なにげに貴重な本だったのかと思うわけでございます。
posted by てつりん at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

史上最大の作戦(笑)

 大仰なタイトルですいませんねぇ(笑)。タイトルの最初に、「対個人比」とでも書いとけばよかったかも。

 結構前から考えていて、わたしの心の中では決まっていたことなのですが、出張に行くことになりました。内容としては、ライブ(通称というかここでよく使う隠語)を2本見て、その反省会にも参加して、すごいVIPの講演も1本聞いてくるというもの。もちろん仕事上における、自分自身の勉強のためでございますよ。

 うちの会社はその業務の性質上、その手の勉強になる会合に積極的に行くようにしましょうというスタンスを取っています。もちろんこれまでいた同業他社でもそれは同様なのですが、お金の面ではなかなかキツイという実態があって、休暇を取って自腹で行ってらっしゃいと言われるのが現実でした。過去にはライブを見て反省会のあと、JR東海の社長さんのリニアに関する講演会があるってことで、聴きたくて聴きたくてしょうがないってことがあったんだけど、お金のこと+仕事が多忙だったってのがあって行けずじまいだったし。ところがうちの会社は、結構経費で出るんだと。

 ということで、今日この日の一瞬にすべてを懸けて、10時のみどりの窓口に行ってゲットしてきましたよ。一度にこれだけの長距離を鉄道に乗るのは、あったようななかったような。乗換なし+乗車時間の長さなら最長記録です。
2017011801.jpg

 以前さとに、趣味と趣味と趣味を兼ねていたと言われた、不評な出張というのがありましたが、それに匹敵するスケールだ(爆)。ちなみにそのときの出張の内容というのは、東京で朝から1日いや2日だったかな?予備校の講義を聞いて仕事に活かそうというもので、極めてマジメかつ有益だったのに。不評だったのはきっと、会社からは前日に東京入りして泊まっていてもいいですよと言われていたのに、当時廃止が取り沙汰されていた急行能登に乗って東京に行き、帰りはこれまた当時廃止が取り沙汰されていた特急北陸の個室寝台に乗って帰ってきたからだと思う(爆)。予備校で得た知見は、結局その後の業務には活かせそうで活かせなかった、有益なものだったはずなのに使い切れないところに配属されることになってしまったからであって、そのことが不評だというわけではないと思います。
posted by てつりん at 23:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

知らなかったけど

 知ってましたか!? なんとあのカシオペアに、まだ乗れたりするらしいですね。もちろん超豪華クルーズトレインのたぐいとかではなく、普通に(?)上野から東北、北海道方面へ。

2016111401.jpg
※スクリーンショット内の情報は、2016年のものです 詳しくはこちらから

 ということで、北海道に行こうと思っているわたしとしては、せっかくだから使えたらいいのにって思わなくもなかったんです。でも、まとまった数人分の乗車枠がほしいところなので、まずそういうのは取れないだろうなぁ。そんなことを、ふと会社にやってきた出入りの旅行会社さんに聞いたところ、そもそも旅行業者の方は知らなかったって。JR系の会社なのに。

 でもいろいろ話してて思ったけれど、ああいうのはJR東日本の商品であって、あっちなら情報も得やすいんだろうけど、こっちまでは情報が入ってこないんだって。まぁそれも納得かな。というわけでせっかくだから走ってる勇姿でも見てみたいところだけど、個人的には撮り鉄よりは乗り鉄なので。きっと上野駅のホームとかは、かなりの人だかりになるんでしょうね。
posted by てつりん at 23:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

新津鉄道資料館に行ってきた

 もう相当昔の話で、先々月のことなのですが、新潟市にある新津鉄道資料館に行ってきました。

 個人的には「新潟市にある新津・・」って表現に心のどこかに引っかかりがあります。例えるならば千葉県にあるのに、東京ディズニーランドみたいな感じでしょうか。金沢市と野々市市にまたがって存在するけれど、本部は野々市側にあるのに金沢工業大学みたいな感じでしょうか。かつて新津市だったのが、合併して今では新潟市なので、ディズニーランドとは違って名称にウソも偽りもないんですけど、なんとなく違和感があります。

 さて、このときの目的はと言うと、もう終わってしまってますが、日本海縦貫線に関する企画展示を見るため。これはこれでおもしろかったのですが、それよりも知らずに行った8月最後の第4日曜日、どうもいつも実物車両の客室や運転席を公開しているらしい。

 ということで200系と、C57。SLは比較的、いろんなところで静態保存されてますが、この並びはなかなかのものですなぁ。
2016101801.jpg

 車内から見える風景も、いい意味でまさに異次元。夢の共演って感じがします。
2016101802.jpg

 運転席なんて鼻血モノです。しかも地方の施設らしい混み具合で、しばらく待てば運転席に入れます。これが大都市圏の施設だったら、どれだけ待つの状態になること間違いなしでしょう。
2016101803.jpg

 さらには485系も。ヘッドマークは定期的に変えている感じがします。側面の行先表示は、金沢になってました。
2016101805.jpg

 ここもさほど待たずに運転席に入れます。わたしがまだ娘たちのようなちびっ子だった頃は、ここに座りたかったなぁ。きっとよっしーもそうに違いない。いや、まだ早いかな。時間の問題だと思うのだが(笑)。
2016101806.jpg

 ちなみに常設展示もなかなかの見応えでしたよ。うちからだと京都の鉄道博物館とさほど距離が変わらないし、もうちょっとがんばれば名古屋のリニア鉄道館も射程内なんだけど、いやいや同じくらいの距離でこれほどのいい施設が、ほどよい穴場感で存在していること自体が素晴らしい。運転席に座ろうと思うなら、ここが一番ですな。
posted by てつりん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

白山総合車両所に行ってきた

 タイトルを見ての通りなのですが、行ってきました。北陸新幹線の中枢部分に突入!って感じですな。
2016092201.jpg

 まずはちびっこ大喜びのミニ新幹線に乗りました。
2016092202.jpg

 駅や線路近くではまず見ることのない、1両単位での車両を見ました。本来は台車と車両が分離した状態で持ち上がるらしいのですが、それは時間の関係で見られませんでした。
2016092203.jpg

 あとは検修庫に入る瞬間を上から横から見たり、
2016092204.jpg

 連結部や台車の下からといった、駅や線路近くでは絶対に見られないアングルからの観察を堪能したり、
2016092206.jpg 2016092205.jpg

 ラッセル車の観察もしました。
2016092207.jpg

 なんと運転台に上がることもできました。しかも、説明付きです。動かないので、レバーも触っちゃっていいですよって感じでした。なので思う存分触ってました(笑)。
2016092209.jpg 2016092208.jpg

 ちなみに上の2枚は、除雪機械の部分の操作台であって、運転するためにはここを操作しないといけないらしいです。なんでも進行方向に対して横向きなのは、運転手の向きを変えずにどっちにでも走れるようにするためなんだとか。また、右と左でそれぞれ除雪の機能が違うので、往復することによってすべての作業が完了するらしいです。どっち向きに走っても作業ができるように、てっきり同じものが両側についてるんだと思っていたので、目からウロコなのでした。
2016092210.jpg
posted by てつりん at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月12日

トレインビューを求めて

 みっちゃんの夏休みの工作を作るという目的のため、よっしーと家を出るように言われました。よっしーもやりたがったりするのが結果的に邪魔になって、制作に没頭できないってことらしいです。

 そこで、ドライブ+トレインビューってのがいいかな。あんまりお金もかからないし。事前に調べてあった、とある駅前の立体駐車場に行くことにしました。遠くには国鉄時代からある工場も見えます。たぶんDE10だと思うんだけど、工場内の作業のために動いていました。
2016081201.jpg

 北陸新幹線の白山車両基地はここから撮っているのではないかということで、その方向を見てみました。iPhoneのカメラで撮ってしまうと、正直、どんなすごい望遠で捉えているのかと思うような距離でした。そもそも建物とかが邪魔になって、車両基地は見えないんじゃないかと。
2016081202.jpg

 車両基地から、または車両基地へ向かう列車を待つために、日陰に移動します。この段階で気づいてしまったのは、在来線と新幹線が並行して走っているおいしい区間なのに、新幹線の高架が在来線を遮ってしまって、両方同時には見えないことです。ちなみに駅から見て市街地側にこの駐車場はあり、駅の反対側にはここまでの高い建物はないのです。
2016081203.jpg

 しばらく待っていると、金沢駅から車両基地に向かう列車が通過していきました。よっしー大興奮。でも通過車両の迫力、本数という点では、新幹線の見える丘公園にかないません。

 在来線の駅にも行ってみることにしました。しかしこの施設名はどうなんだか。マットーレ→待っとれ(「待っていなさい」の意)にならないのか!?
2016081205.jpg

 そういえば駅前には蒸気機関車があるんだった。最近トーマスがお気に入りなんだけど、喜んでくれるんだろうか。最近、蒸気機関車の動画も見てたんだけど、どう思うんだろうか。上の方に新幹線の高架や架線柱が写るように撮ってみたつもりだけど、見えないねぇ。
2016081206.jpg

 運転台に乗ってみるも、びびって、全然ダメでした(笑)。
2016081207.jpg

 駅構内から在来線の列車を何本か見送りました。そのうちもっといろいろ見せたりして、洗脳したいと思います(笑)。
2016081208.jpg
posted by てつりん at 17:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月20日

北陸鉄道オリジナルサウンドバス

 先日、さとがタイトルのものを買ってきました。書いた日現在ではまだページがあるので、買えるかもしれません。ページが見られなくなった時のために、スクリーンショットも貼っておきますか。
2016062002.jpg

 ちなみに現物はこんな感じ。
2016062001.jpg

 6種類のサウンドがなかなかいい感じですよ。しかもプルバックで走ります。付属のシールを貼ることで、金沢大学行きと泉野3丁目経由金沢駅行きと柳橋行きに、前面だけでなく側面方向幕もカスタマイズすることができます。このリアルさで、1,300円はなかなかのお買得価格ではないかと。

 バス好きのよっしーのために買ったんだけど、最初はモノが勝手に動くのが怖いのか、素直に愛着を表現できないでいたのです。ところが最近では、ガッツリ親しむようになってきました。力も行動力もあるので、バスを見せに行ったら好きすぎて、道路に飛び出したりしないか心配なくらいです。
posted by てつりん at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月31日

新幹線の金沢駅に行ってきた

 最近、同じような文末のタイトルが多くて、芸がないような気がしている今日このごろです。タイトルの通り、新幹線開業後の金沢駅に行ってきました。

 適切な写真を撮り忘れ、この写真からはわかりにくいのですが、金沢駅からは北陸新幹線とJRと、IR(いしかわ鉄道)の3つに乗ることができます。ちなみにIRって、知る限り誰も突っ込みませんが、地元のラブホと同じ名前ではないですか(爆)。木の風合いを多用して、伝統ある金沢ってのを表現しているのではないかと勝手に解釈しました。どこかで見たような気もする光景なんですけどねぇ。
2015033101.JPG

 先日、石川県観光ブランドプロデューサーに就任したユーミンが、一歩間違ってしまうと悪趣味になってしまいそうなところを、絶妙なところで踏みとどまっているという趣旨の表現で評したひゃくまんさん。これは、中の人抜きのバージョンですが、実際に各地に出没して歩いていたりします。金沢と東京の2か所にあるのは、なんと幅があって新幹線に乗れないからだというウワサも(笑)。
2015033102.jpg

 いよいよ新幹線の改札を突破します。東京行きの表記がなんともねぇ。遠い昔だと白山とか、先々代のはくたか、北陸、能登において、上野行きの表記を見るには見ることができたのですが。
2015033103.JPG

 車両を撮り忘れましたが、パンタグラフの写真を。東海道・山陽新幹線や、東北新幹線とは違って、最高速度が260km/hと比較的遅いので、パンタ付近に整流板がないため、碍子まで見えるのだそうです。それでも比較的遅いと言いながら、発車時の加速度を見る限り、在来線のはくたかとは別世界の速さでした。
2015033104.jpg

 ホームドアがあるのですが、ホームごとに色が違います。あと、柱の上の方には金箔を貼った場所があります。国内のほとんどの金箔は、金沢で製造されております。
2015033105.JPG

 とりあえず今のところは、終点が金沢なのでこのような駅名表示になっています。5年後か7年後かわかりませんが、福井まで開業した場合の先の駅は、小松駅の予定です。間にある車両基地のあたりに、博多南駅みたいな感じで白山駅を作ろうって動きが一部でありますが、どうなることやら。
2015033106.JPG

 改札を出ようとした時に、こういうものを発見したので撮ってみました。なんか、プロジェクトXとか思い出しちゃったりするのはわたしだけでしょうか。この写真を見ながら、中島みゆきの「地上の星」を聴くと、胸に迫るものがあるような気がするのは、きっとこのあたりの多くの人に共通する感覚ではないかと思うのです。
2015033107.JPG
posted by てつりん at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月22日

新幹線の見える丘公園に行ってきた

 3月14日、北陸新幹線が金沢まで開業しました。

 東京まで鉄道で4時間近くかかっていたのに、最速で2時間半を切るというのはものすごいインパクトです。当日の熱気を現地で味わうようなことはしませんでしたし、激混み必至につきしようとも思いませんでしたが、テレビは特番が流れ、新聞は正月のよう。地元の熱気はものすごいものがありました。

 それから1週間。少しはほとぼりも覚めたかと思い、駅に行ってみようかとも思ったのですが、駅を発着する車両自体は去年のうちに見ているからなぁ。そこで、新幹線の見える丘公園に行ってみることにしました。

 ところがなんと、ある程度は予想していましたが、駐車場にも入れない大渋滞。臨時に150台を確保しているというのに! ようやく到着して、iPhone5ですがまずは1枚。
2015032201.JPG

 公園は芝生養生中につき、入れない場所も多いのですが、フェンス付近は入れます。ところがものすごい人の数。しばらくすると北側から音がして、ヘッドライトの輝きが。あっという間に走り去って行きました。
2015032202.jpg

 しばらくすると南側から走行音が。南側の場合、トンネルを出てすぐの姿を捉えることになるので撮るのは難しいかもしれないけれど、こっちのほうがいい絵が撮れそうな気がします。写真は、北側へ去っていく後ろ姿ですけど、十分堪能できました。
2015032203.jpg

 ということで、近いうちに富山くらいまで乗ってみようかと。新高岡の通過で、新幹線のスピード感を感じてみたいので、つるぎではなくてかがやきに乗ってみたいですな。
posted by てつりん at 22:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

北陸新幹線が金沢まで開業したら

 今年の苗場行きはない、なんて何度も言っていると、ホントは行きたかったんじゃないの?って聞かれそうですが、えぇ行きたかったですとも!

 まぁ、行かないと決めたわけですから、行かないものは行かないんですけどね。行かないと決めたものを、行きたいと思い続けるほど執念深くないというか、見苦しいからイヤだというか。むしろ気持ちは、年齢制限の6歳を突破し、7歳になったみっちゃんを来年こそは苗場に連れて行くことに向いています。さすがに車中泊はムリだろうな。苗場プリンスに泊まるか。ちゃんこ谷川で飲んで、13時にチェックインして昼寝して、夕方はシャトレーヌでティータイム。グッズを買って、夕飯食べて。ああっ、今から楽しみでしょうがないよ。

 ところでさとが、「北陸新幹線ができたら、苗場にも行きやすくならない?」って聞いてきたので、確かにそうかもと考えてみました。例えば、1〜2時間ほど休暇をとって、会社を早く抜け出せば???

 金沢から上越妙高まで新幹線だと1時間ほど。直江津まで出るのがめんどそうだけど、ほくほく線の超快速に乗れれば越後湯沢までは1時間半くらいでしょうか。そこから、苗場プリンス行きの無料バスに乗れば40分ほど。19時からのグッズ販売はきつそうで、パウンドケーキは買えない気がするけれど、最悪21時30分の開演には十分間に合う気がする。

 まぁ、お金で時間を買うような感じで、去年までしていたようなちゃんこを食べたりとんかつを食べたり、お風呂に入ったり、川原湯温泉に行ったりという楽しみはなくなって、ライブだけになっちゃうけれど。アフタースキーを楽しむというコンセプトで始まったという苗場に、いくらスキーをしないとはいえライブのためだけに行って、寝るだけのために苗場プリンスを押さえるのがもったいないような気がするんだけど。それでも翌日の朝にとんぼ返りすれば仕事に穴を開けるのは最小限で済みそうだし、例年平日の最終公演を狙うってこともできるようになるのか。新幹線ができると、これまで思いもしなかったようなことが可能になるんですね。
posted by てつりん at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月27日

残念なお知らせ

 先日帰宅したら、わたしにはがきが届いていました。

 さとの字に似てるなと思った以前に、宛名が「(本名) 行」ってのも気になったんですが。ちなみに裏は、こんな感じでした。
2014072701.jpg

 まぁ、残念なお知らせってやつですな。ちょっとおもしろそうだったし、さとから申し込んでおいたからって話は聞いていたのですが。全国的にはどう思われているのか知りませんが、ご当地では新幹線開業に向けてじわじわと盛り上がってきております。
posted by てつりん at 16:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月08日

W7系!

 休日出勤のきょう。たまりまくったデスクワークをきっちり終わらせて、もうちょっと余裕のある仕事ぶりをしたいと思いながらも、ケツに火がついているくらいの方がエンジンがかかっていいよねと思ってしまうダメな自分。追い詰められたほうが力が出るっていうのなら、追い詰められる前にその力を出せよというかなんというか。

 で、意外と余裕があるというか、思ったほど追い詰められていないことがわかったので、帰ろうかどうかとさとにメールを送ったのです。買い物とかに行ったりしないのかと思って。すると、電話が鳴ったのですよ。

「港に、W7系が陸揚げされてるんだけど、来ない?」
「えっ!? ホントに? 行く行く〜」

 ということで、港まで行きました。
2014060801.JPG
 う〜ん、逆光でちっとも見えない。肉眼では写真よりはもっとよく見えてますがね。

 残念なので、角度を変えて見られる場所はないかと、周辺を歩いてみることにしました。
2014060802.JPG 2014060803.JPG
 まぁ、ぼちぼちかな。それでもここまで見に来る人は皆無。逆光でも人気のあるのはやはり先頭車両のようです。

 そこで、こういうのを見逃しませんでしたよ。先頭車両、撮影に成功!
2014060804.jpg
posted by てつりん at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月02日

黎明

 中学校や高校、小学校にもありましたっけ? 年度の終わり頃に出る文集のことを覚えていますか? 正直わたしはそんなもの忘れていましたが、先日母校のそんな文集(最新号)を偶然手にする機会がありました。

 拾い読み程度ですが、中身を読みました。わたしの在学中と比べて、生徒数は半分以下になったのに、今でも結構ボリュームのある内容ですねぇ。以前ふらりと立ち寄った時に、文芸部だったか、日頃から文章を創作する部活が頑張っているなぁって思ったけれど、そんな感じの文章も掲載されてて青くてつたないけれどのびのびと自分を表現している。

 そう思いながら読んでいくに連れて、ものすごく鉄分の濃い記事を見つけたのでした。えぇ、夏にある某工場(正確には総合車両所)の見学会で、毎年のように偶然お会いするお方の手になる文章でびっくり。しかもよく見ると、過去にその方が書いた文章を再構築して掲載していたりするみたい。で、こんな内容の記述を見かけたのでした。

 ・・・当時の修学旅行は、金沢を出発して鉄道を乗り継ぎ東北を北上し、船で函館へ渡り、最後は寝台列車で一気に帰ってくるという壮大なものであった。


 えぇ、金沢を朝の6時過ぎだったかに出発して、(越後湯沢ではなくて)長岡、大宮と乗り換えて、最初の目的地だったと思うんだけど一関に着いたのは15時とかじゃなかったかと。バスで東北を北上して、青函連絡船はもうなかったと思うんだけど船で函館に渡り、当時でも珍しいんだこの臨時列車のために車庫から出してきたんだとか言われた気がする3段寝台で帰って来ました。それってもしかして、先生の趣味だったんですか(爆)!?

 これを書きながら、あぁ〜、そこの部分だけでもコピーしとくんだったなぁって思いました。今年もまたそのうち用があって、母校に行くこともあるかと思うので、その時はじっくり読ませてもらおうと思います。
posted by てつりん at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

土合駅訪問記

 素敵な苗場の夜を過ごしたあと、すぐに苗場プリンスを出発し、三国峠を越えて群馬県内にて例の寝袋を使って気持ちよい車泊をしました。群馬県側に抜けたのは、土合駅を訪問してみたかったからです。
2014021301.JPG 2014021302.jpg

 駅舎だけを見ると、谷川岳に登る際の拠点になるくらいで、それ以外は何の変哲もない駅です。ここは日本一のモグラ駅の異名を取る駅。北陸本線の筒石駅も、トンネルの中に駅のホームがあることで知られていますが、土合駅のすごいところは上り線が一般的な地上駅で、下り線がトンネルの中にあること。上下線の乗り換えは、10分ほどかかるそうです。

2014021303.jpg 2014021304.jpg 2014021307.jpg

 誰もいなかっただけに、あえて歩くだけで何もしませんでしたが、中島みゆきが紅白に出た際のような迫力があるところです。えぇ、「地上の星」を歌ってみたくなるような。または、叫び声を上げて音の反響を楽しむとか。「へぇ〜っへっへっへっへ・・・(地底の大魔王の笑い声なイメージで)」と声を上げてみるとか。誰かがいたらとっても迷惑なので、黙って階段の昇り降りをしました。地底にはホームと、待合室がありますが、地上部分と違ってお手洗いに紙がないので要注意。かつては待避線があって追い抜きができたみたいですが、それも今では枕木だけで、線路は1本のみになっていました。

 地上に出てみました。ここはいたって普通の山間の駅です。筒石駅と違って駅員が常駐していないのは、列車本数が極端に少ないからかと思われます。特急も通過しませんしね。列車の運行状況だけで考えると下り線のトンネルを封鎖して、地上部分の上り線だけにすればいいのにって思わないでもないけれど、それだと楽しい駅が減っちゃうからなぁ。

2014021306.JPG
posted by てつりん at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

行き違いではなくて待ち合わせ

 きょうは、少し前のニュースから。

 JR西日本米子支社(鳥取県米子市)は26日から、単線区間で列車がすれ違う際、駅で停車することを伝える車内放送を「行き違い」から「待ち合わせ」に変更した。

 利用者から今月上旬「出雲大社で縁結びを願う女性が乗っているのに『行き違い』は残酷。『待ち合わせ』ならロマンチックでは」とメールで指摘され、変更を決めた。


 いや、これ、すっごくいい話でしょう。

 やくもは大昔、20年以上前に乗ったことがあるんです。どこかで書きましたかね? 381系で、振り子がかなり気持ち悪かったみたいで、帰りに隣の席になった人は、気持ち悪さをやわらげるためにわたしに話し相手になるよう求めてきたって思い出が。おかげさまでお互いにイヤな思いをすることなく岡山まで行けたというレベルどころか、なかなか興味深い話が聞けたので、それも縁だったのでしょう。相手はわたしと同じ、男でしたが。

 結局あのへんには何度となく行ったけれど。わたしの何度も行った旅行先ランキングでは、苗場プリンスと並んで1位か2位か。まぁトップレベルであることに変わりはないけれど、やくもに乗ったのは最初の1回っきり。カーブで自分が乗っている2両前の車両が見えたり、なんで根雨とか生山とかマニアックな駅(失礼!)に停まるんだって思ったり、沿線風景が限界集落を突破してゴーストタウンになってるのが見えたり、なかなかおもしろかったなぁ。次にあのへんの鉄道に乗るのなら、サンライズかなって思いますけど。
posted by てつりん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

鉄道の街から【その2】

 ちなみにその1って書いてないけど、その1はこれです。

 ちょっとわけあって、博物館に行ってきました。旅行だったらふとこういうところに立ち寄ったりするけれど、自宅の近所だったりするといつでも行けると思うのか、なかなか行かないよねぇ。そんな感じのところです。

 ところが。あんまり声高に言わない気がするけれど、実はこのあたりは鉄道の街だったりするので、ちょっとした博物館でしかないように見えて、鉄な展示があったりするんです。
2013082601.jpg 2013082602.JPG 2013082603.jpg

 左から、500系新幹線。う〜ん、このエリアになんのゆかりがあって展示されているのか謎ですが、百歩譲ってわたしが500系が好きだからってことでとりあえず許しておきます。ただし、車両上に置かれた帽子は、JR西日本バスの帽子のようです。そして夏休みってことで広大なプラレールの展示も。なお写真には、実物の半分くらいしか写っていません。実際のプラレールのレイアウトの大きさは、写真の2倍くらいあります。そして以前は、Nゲージの展示をしていたらしいのですが、リニューアル中につき、作業中の様子のみ。新幹線の開業に向けて完成させるのでしょうか。地元の鉄道好きなど有志が、こつこつとボランティアで作っていっているらしいです。

 なかなか博物館も難しい部分があるんだねぇ。いろいろと考えさせられましたが、それはここでは書かないことにしておきます。でも、最近できたような、ボリュームありすぎな巨大博物館を思うと、館内を歩いて疲れたりしないので、これくらいのこぢんまり感も悪くないかな。
posted by てつりん at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

しんかんせんとたのしいでんしゃたち

 娘たちと映画を観てきました。詳しくはこちらから。

 う〜ん、いつまでこれを観に行けるんだろうという疑問を持ったひとときでした。みっちゃんに感想を聞いたら、「おもしろくなかった〜」と言われたことに心が折れそうになった(笑)。ちびっこ向けとしてはいい映画だし、途中で前方に席を移動したとはいえ、ちゃんと楽しそうに観てたんだけどね。出るかはさておき「ななつ星in九州」が紹介されるまでは、観に行きたいところ。

 個人的に感動したのは、N700系だったかが右側からカーブで画面に入り込む→そのまま直線区間に入り、その先が右にカーブしている→対向側から入れ替わるようにドクターイエローがやって来る というシーン。なかなかいい絵を撮ってくれたなぁと。

 あとはしまかぜのほか、ゆふいんの森やサンライズ出雲瀬戸といった、移動よりもクルーズ向けの車両が多かった気がする。そんな時代になりつつあるんだろうか。でもなぜか、トワイライトも北斗星も出たのに、カシオペアが出なかったり。大人の事情ですかね?
posted by てつりん at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする