2006年01月22日

富山まで

 ちょっと用があって富山まで行ってきました。富山くらいならクルマで行く距離なんだけど、運転せずに車内で用事をこなす準備ができるということであえて電車を選ぶ。ところが久しぶりに電車に乗るわけですから、用事をこなす準備なんてしないで外を見ているうちに意識を失う(笑)。高岡を過ぎたまでは記憶にあったんですけどね。

 富山駅から歩いて10分ほどの場所で用を済ませる。それから路面電車に乗って、喫茶店「ブルートレイン」へ。この喫茶店は店内をHOゲージ(実車の80分の1サイズ)の鉄道模型が走っていることでその筋には知られていますが、マニア向けの店というよりは鉄道ファン、旅行好きの琴線に触れる店であると強調しておきます。確かに店内は、つるぎやはくつるなど今はなきブルトレのマークや、昔の列車の側面に着いていた行き先表のボード(「宮津、小浜線経由金沢行き」って書いてあった!)などマニア心をくすぐるものもあります。店内を走り回る鉄道車両の多くや、きれいに手入れされた美しいレイアウトはマスターの自作です。写真の奥の方に貨車が写っているのが見えますか?ここを鉄道模型が走っていくんです。
PICT0002.JPG

 それでもマニアのための店ではないと念を押しておきます。事実コーヒーは水から8時間かけて抽出しているこだわりの一品ですし、数年前初めて行ったときには普通の喫茶店として利用されている方が多くいました。この日はSLブレンドと、3色トーストを注文しました。ここに来るのは2回目ですが、その都度思うのが模型運転による演出が心憎いというか、ほどよいというか、とにかくいい感じだということです。発車順というものが店内に掲げられており、これがすべて終わるまでの時間と、コーヒーが出されて飲んでちょっと店内でのんびりするまでの時間がだいたい同じ。
bluetrainshokuji.JPG

 コーヒーをすするだけの場所ではなく、のんびりしていい気分になるところとして、よくできた喫茶店だと思いますので、お好きな方はぜひ行ってみるといいと思います。富山市内は路面電車を安野屋で降りて、護国神社の近くです。そうそう、用というのは実は鉄分の補給ではなくて、大学の定期試験のためでした。試験?もちろんしっかりできましたよ。
posted by てつりん at 16:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

フィールドワーク

 きょう、フィールドワークに出かけてきました。内容は自宅近くの駅まで歩いて新幹線の建設現場を撮ること、そして電車に乗って隣の駅まで行き、付近のビルに登って駅を見下ろす写真を撮ること。駅を上から見たら、電車が出入りして使われている在来線ホームのほかに、完成はしているけれど使われていない新幹線ホームの路盤を見ることができるのです。で、ついでに新しくなった駅前の写真も撮ってきて、さらには駅ビルの中のおみやげ物屋で食用金箔(というものがあることを初めて知ったのだが)を買ってくるというもの。実はどれも、仕事のネタに使いたいと思ったんだよね。

 この計画をさとに話すと、「どう見ても鉄道マニアの行動だよね」と言われた。確かに、まじめに仕事の資料集めだと言ったところで、その筋のマニアだと思われても否定はできないな。気にせず写真を撮って回って、駅の上からの写真を撮ろうと駐車場ビルの屋上に上がると、ほかの階にも駐車枠は十分残っているのに男が3人いる。う〜ん、彼らは間違いなく、鉄道マニアだろうな。京阪神近郊の鉄道の話をしながら、681か683系の写真を撮ってたし。でも彼らから見たら、わたしだって鉄道マニアなんだろうな。681系と683系の違いなんてわからないような、中途半端なマニアだけど。

フィールドワークの成果のひとつです。実は仕事用に気合い入れて取ったので、画質もかなりよくしてあります。
PICT0004.jpg
posted by てつりん at 22:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 鉄分補給 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする