2020年09月30日

今年最後の夏休み

 満喫するために、いつものところへ行ってきました。
2020093001.jpg

 とは言っても仕事がヒマなわけではないので、前の日は定時で帰って、夕飯食べて仮眠して、誰もいない会社に再度出勤して、夜遅くから明るくなり始めるまで仕事した。最後の方は脳みそがスリープモードになっていくのがハッキリわかったなぁ。おかげさまで、目標とするところまではできました。

 なので開店早々突入し、しばらく岩盤浴で汗を流した後は、さっそくいつものアレを(笑)。
2020093004.jpg

 もう一杯飲みたい気もしたけれど、この時はむしろ食欲だったので、早めのランチ。今では貴重になった、シンプルながら味わい深いラーメン。お店でちゃんと調理したことがわかるチャーハン。おいしくいただきました。
2020093003.jpg

 そして昼寝を挟みながら、断続的にいろんな部屋を巡ります。いい感じで気持ちよく、汗が流れていきます。
2020093002.jpg

 ついでに今回は夕飯も。ステーキ膳を180gで。こんなに豪華なものをここで食べたのは初めてなんだけど、それでも1500円くらい。野菜が多いのが嬉しいです。
2020093005.jpg

 さらに豪華なデザートも。
2020093006.jpg

 ミックスを所望したんだけど、もう9月も終わりだといちごがなかったのかなぁ。マンゴーしかないということでマンゴーを。ソフトクリームもおいしかったなぁ。もちろん氷も。一般的なシロップをかけるタイプではないようで、全面的に味がしみている感じ。おいしくいただきましたよ。
2020093007.jpg

 ちなみにお会計は、まさかの5700円くらいでした。まぁ1日滞在したと思えば妥当ではありますがね。また行こうと思います。
posted by てつりん at 21:28| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

動物園へ

 かねてより妹が強く行きたがってきたので、天気の怪しいなか行ってきました。
2020081201.jpg

 時節柄、しょうがない感じです。でもね、天気が微妙なのもあってか、いい空き具合でした。
2020081202.jpg

 誰もいないイルカプール。人によっては損した気分になるのかもしれませんが、これはこれでなかなか貴重な光景。この日はそうでもなかったけど、もはや暑くてやってられないんじゃないかと思う。
2020081200.jpg

 だから、三密をあまり気にしたりもしないで、レアな光景をじっくり待ったりもできる。
2020081203.jpg

 それでも、暑くてやってられないという雰囲気は感じました。猛暑日だったら、人間という動物しかいなかったりしてね(笑)。
2020081204.jpg

 人が少ないからか、なんとなく動物たちもサービス旺盛な感じがします。動物園の動物ってのは、人に対するやる気のない態度も含めて楽しむものだと思っているので、これはこれでなかなか新鮮でしたよ。
2020081205.jpg
2020081206.jpg
2020081207.jpg

 なので、さっきのあくびもそうでしたが、決定的瞬間も捉えやすいです。
2020081208.jpg

 えっ?!これは悲しい。どれだけスルーされても、羽を拡げて求愛し続けるのが一種の風物詩だったのに…。孔雀の求愛行動の何たるかを、見せ続けた動物園生活だったと言っても過言ではないでしょう。
2020081209.jpg

 在りし日は、こんな感じでいつも求愛してた記憶しかないです。2013年3月の撮影だそうです。
2020081210.jpg

 なかなか貴重なものも見られます。自然界を飛ぶのも、佐渡のほかは本州の一部地域にごくわずか。飼育下で見られるのも国内で4か所だけです。なおこのガラスはマジックミラーになっているそうで、反対側からは見えないそうです。距離にして1〜2mくらいのところから、撮ってるんですけどね。
20200812011.jpg
posted by てつりん at 22:34| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

昭和な体験を探して

 この作品を!というわけではなかったのですが、タイミングが合ったので、映画ドラえもん のび太の新恐竜を観に行ってきました。

 第4作の、のび太と海底鬼岩城だったと思うんだけど、今はなきまちなかの映画館で、これまた今は亡き父と観に行った記憶があります。内容よりも、父が映画館で爆睡だったことを、なぜかハッキリ覚えている。だからってわけでもないんだけど、クレヨンしんちゃんを一家で観に行こうとは思わないんだけど、ドラえもんだったらいいかなぁと。いや、クレヨンしんちゃんも、なにげに一家で観るにふさわしい内容だったりするのは知ってますけどね。かつてわたしが父と行った頃とは少し違い、老若男女問わず観に行った家族全員の満足を追求するような作品に仕上がっているのでしょう。

 内容は、ネタバレになってもまずいし、始まったばっかりだから触れないけど、期待を裏切らない、一家全員で観るにふさわしいものだったなぁ。さとも言ってたけど、まさに『ザ・昭和の娯楽!』という感じで、楽しかったですよ。作品そのものもちゃんと味わったし、こういう体験をしたという事実もちゃんと味わったと思う。姉が小6であることを考えると、かなりの確率でこういうことはもうないかもしれないし。

2020081101.jpg
 戦利品の数々です。入場すればもらえるそうなので、全員分。しかし4人と1人で別々に入場したのに、全5種類が一度に揃うとは。

2020081102.jpg
2020081103.jpg

2020081104.jpg
 こういう昭和な描写の数々が妙に懐かしい。娘たちはどう感じたんだろうか。あっ、さすがに物心ついたときには、自宅はカラーテレビでしたよ(笑)。
posted by てつりん at 23:58| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

夏休み初日

 うちの会社は計6日間の夏休みがあります。が、今年度は社内の諸般の事情やカレンダーのめぐりあわせなどにより、6日間をまとめて取るのが不可能。平日に部署内で工夫しながら、要は順番に取りましょうということになりました。

 で、この日はわたしの番。まず予約していた病院に行く。詳細は別項にてながら、なかなか面倒なことになったなぁ。結局これで午前中をほぼ使ってしまう。

 そして午後からは、いつもの岩盤浴へ。このために前日は日付が変わるあたりから誰もいない会社にこもり、休んでもいいように仕事を全部終わらせてきたのだ。時間がいつもより遅いので、さっとあったまって早速のプレモル一杯。おねぇさんがサービスしすぎたのか、あふれています。つまりいつものプレモルの写真を使いまわししている疑惑は解消されているかと(笑)。
2020073001.jpg

 そしてさらにウーロンハイに、牛すじ煮込みをつけて。
2020073002.jpg

 その後、気持ちよく酔いが回ったのと、前日にほぼ寝てないのもあって、見事に意識を失う。あんまりあったまってないんだけど、ここで遅めのランチ。定番の唐揚げ定食ですが、なかなかうまかった。
2020073003.jpg

 あとはラストスパートでもないけど、集中的に熱めの部屋で汗を流す。同時進行で、iPhoneを使ってためていたブログを書きまくる。今年になって、たまに、出先でiPhoneで下書きをして、あとでMacで調整とか、写真の挿入とかをしてアップするということをしています。キーボードとは操作性が違うので、なんとなく読点の位置というか打ち方が違ってる感じもするけど、まぁこれも味のうちかな。そういえば作業中だったかに、「岩盤浴がエロいところだと思っていた」とか、「ノーブラノーパンで、館内着を来てるってのがエロい」、「なぜ男はノーブラが好きなんだろう」ってな話を延々している女性2人グループがいた。わたしが男枠に入れられてないかのように大声で話すのがなんだかなぁって感じで、かといってそんな他愛のない話に聞き耳を立てるのもエロキモいので、部屋から出てしまったぞ。1人で来て、ノーパンノーブラをアピールしてきたら??? いや、でかい声でそういう話をするってのが下品だと思うので、何もしないでしょう(爆)。

 なお一部の夏休みを、こういう感じで単発で取っているので、またそのうち岩盤浴に繰り出そうと思います。長期連続休暇にしたところで、行くところもないしね。
2020073004.jpg
posted by てつりん at 23:36| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

6月の岩盤浴、再び

 タイトル通りのものなんですが、6月末にも岩盤浴に行ってました。つまり6月2回目ですよ。会社の飲み会とかもないし、そんなにお金を使う場もないし。お金を使いたくて行ってるわけじゃないんだけど、疲れが溜まっている感じがして、岩盤浴でダラダラしたかったんです。

 開店早々に入館し、しばらく汗を流したあとはいつものセットを。プレモルとフライドポテトの組み合わせって、なんでこんなにうまいんだろうか。ちなみに前回は気持ちよくもう1杯飲んだ挙げ句、なぜそうなったのかわからないんだけど館内でこけて顔から落ちるという謎の失態をかましているので、この1杯しか飲みませんでした。
2020070101.jpg

 そしてランチはこれ。天ざるの大盛り。いくらだったかなぁ。退館するときの支払いは、4000円を少し超えたくらいでした。遠くないうちにここのお食事メニューをすべて制覇するんじゃなかろうか。
2020070102.jpg

 さとからは夕飯も食べてきてと言われていたので、夕飯に前回も食べた全部のせカレーを。なんかねぇ、うまいんですよ。常習性があるような気がします。
2020070103.jpg

 というわけで今月、7月もどこかで時間を見つけて、岩盤浴でまったりしたいと思います。
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

徒然なる岩手県

 人生において初めて岩手県に足を踏み入れたのが、高校の修学旅行のときでした。と言っても、歳がバレそうな話ですけど、当時はまだ飛行機での修学旅行が一般的ではなかったみたいで、かなり遠いのにひたすら陸路。なので初日は、中尊寺くらいしか行ってない気がする。宿泊は岩手県内だったけどね。当時はユーミンをかなり聴いていたとはいえ、「緑の町に舞い降りて」の存在はまだ知らなかったはず。そうそう、昔っから思うのが次の歌詞。

MORIOKAというその響きが
ロシア語みたいだった

 ロシア語をやってたような人に、本当にそう感じる部分があるのかってことを聞いてみたくてねぇ。なお、あくまで個人的意見ではありますが、福井弁のなんだかアンニュイな感じというかむにゅっとした雰囲気というか、まぁなんとも言えないそれには、フランス語の響きを感じると思っています(笑)。


 その後、ふとしたきっかけで、岩手大学の人文社会科学部というものを見つけます。進研ゼミ高校講座の大学案内で見つけたんだったと思う。よく言えばあれもこれもそれもやってみたい、悪く言えば何がしたいのかが明確ではない、そんなわたしにとってはものすごく魅力的なところに見えたのを覚えてるなぁ。でも当時も今も同じように思っているけれど、文系で、ましてやそれが法律系とか教育系のように明確に仕事に結びつきにくいんだったら、やりたいことを何でも幅広くやっていた方が絶対に得だと思うんだよ。

 ところが。今も同じでびっくりしたんだけど、センター試験の配分が高くて、二次試験は英語のみ。あんまり、というかちっとも勝算がないので、結局そこは受けなかったんだ。今思うともっと早いうちからがんばっていれば何かが違った気もするんだけど、そうしなかったことで見ることのできた世界もあって、その結果が今を創っているんだから後悔はないなぁ。鉄道のポイントのように、本来は両方への分かれ道があって、でも現実の人生だと片方しか見ることができない。そんなパラレルワールドを覗くことができたとしたら、行きたくはないけれど見たい気はするけどね。


 ある日、FMから流れてきた「アドバルーン」って曲にやられました。リンク先の動画は初めて観たけど、これは当時作られたPVなんだろうな。服部祐民子本人もちゃんと出てますよ。このへんでも相当プッシュしていたのか、曲が地元のチャートで1位を取ったり、ツアーがあると思ったら東京大阪と金沢だったり。このへんって、ファンの巣窟なんですよ。相当ライブにも行ったなぁ。アドバルーンをきっかけに、過去に出ていたアルバムは全部買った。ところが10年くらい前に活動休止。その後も音楽に関わる仕事をしていたことはわかっているんだけど、その音源も聴いて、これはいいなぁって思ったんだけど、今となっては探し方が悪いのか見つけることができない。アップルパレス青森のブライダルCMなんだけどなぁ。

 先日、気づいたら行きたいと思っていた宿がいっぱいになってたってことを書いたんだけど、それで開いた記憶の引き出しってのがあったんです。盛岡市にある、居酒屋祭。実はここ、その服部祐民子のご実家でねぇ。つまり岩手県出身。本人はインディーズに活動の場を移した頃からかなぁ、ウェブ制作の仕事もしてたんだけど、お店のホームページも確か本人が作ったものだったはず。ところがどうも閉店したらしい。聞くところによるとどうも、おかみさん(服部祐民子の実母)が亡くなったことによるらしい。

 そこからなんだか妙に服部祐民子のことが気になって、居酒屋祭のことをあれやこれやと調べてみたのでした。なんとそこには旬菜十六月という別の店があるんだけど、これがまたいい感じのお店なんだな。また、こういう記事も見つけた。結婚して、子どもが生まれたってことも知ってたけど、これを読んでまた歌ってほしいような気持ちと、本人が幸せにしているんならそれでいいやって気持ちが複雑に入り交じる感じ。ホントにいい曲を作ってきたんだけどなぁ。このまま埋もれていくのは惜しいよ。

 誰にでも確認できる服部祐民子の足跡は、今のところこれで終わっています。うん、やっぱりそのうち岩手県に行こう。湯治の旅に出よう。そんな気持ちにさせられるのです。
posted by てつりん at 12:17| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

満室御礼

 コロナ禍のあれやこれやもあって、今後の予定がなかなか立ちません。夏休みには湯治の旅に出ようかと密かに画策中だったのに、以前からそんなことを考えていたのに、そもそもその夏休みがどんな感じになるのかがまったく読めない。でもそろそろなんとかなるかなと思って、狙った宿の空室検索を試しにかけてみたところ・・・、なんと全滅だったという。

 東北の冬も味わい深いものがあっていいんだろうけれど、個人的には避暑気分も兼ねて夏に行きたかったのにな〜。それでも気を取り直して、今のところ、いつまでの予約ができるのかを調べてみる。う〜ん、9月末までか。ということはたぶん、来月になれば10月末までの予約ができるんだろう。9月になったら速やかに、年末の予約を押さえに行ってみようかな。きっとその頃だと、相当いろんなな仕事が押し詰まっているはずで、疲れもピークにあることでしょう。きっと湯治場でまったりすることが、至福の贅沢なひとときになるに違いない。もちろん仕事は計画的に進めていきたいと思っていますよ。どうなるかはさておきね(笑)。
posted by てつりん at 23:28| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

今月の岩盤浴

 5月の週末に行こうと思っていたのですが、何があったのか再開が1週間延期に。ホームページをマメにチェックしていてよかったよ。お風呂やレストランは開いていたとはいえ、岩盤浴をしに行って岩盤浴が閉まってたらシャレにならない。

 というわけでじっくりと汗を流し、お昼ごろからはレストランへ。例によってポテトフライとプレモルで一杯。ビール好きってわけじゃないんだけど、でも毎度のことながらおいしくいただきました。
202006061.jpg

 そうそう、稚鮎の天ぷらもありましたよ。なかなかのボリュームで、500円。いつまであるのかわからないけれど、なかなかおすすめです。
202006062.jpg

 それに飽き足らずにもう一杯ってことで、萬歳楽の加賀梅酒ソーダ割りを所望。これは北陸新幹線のグランクラスでも飲めるという銘品です。一時期自宅にも備蓄されていた時期があった気がするけれど、あまりのおいしさに常習性があるってことでなのかなぁ。最近はうちでの在庫を切らしております。
202006063.jpg

 その後さらに昼寝したり、岩盤浴で汗を流したりして夕方近く。ついに食べてみたかったあれを注文します。前回行ったときも、その話をしてたくらいですが、ついに降臨させますよと。その名も、全部のせカレー。お店のトッピングを全部載せるという、豪快な一品です。しかも大盛りで。
202006064.jpg

 ・・・一瞬、ちょっと早まったかもしれないと思ったくらいのデカさです。しかもこの日の自宅での夕飯もカレーであることはわかっていました(笑)。でも食べたかったんです。それにしても見事なボリューム。大盛り料金100円で、1355円だったかなぁ。でもこの日は、食事一品+入館+岩盤浴で1500円という、バーゲンプライスなクーポンを頂戴していて、全部のせカレーは一部追加料金で食べられる。

 まぁ結局、飲んでいるわけですから最終的にはいつもどおりな感じの、4000円くらいを払って帰ってきましたがね。それでもまる1日いられて、まったりのんびりできるってのはいいなぁと思いますね。岩盤浴内は密を避けるために1人おきに寝るように札が置かれていましたが、わたしのような熱烈なファンがいるのか、時間帯によっては空きがない部屋もあるくらいでした。来月も行こうと思います。
posted by てつりん at 23:51| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

3か月ぶりの岩盤浴

 最後に、「来月も行こうと思います」と書いてそれっきりでしたが、先日ひさしぶりに岩盤浴に行ってきました。年度末処理も無事に終わったのでね。3か月ぶりのことでした。

 なんとなくコロナウイルスが心配なので、意識的に温度の高い部屋へ行くようにしていました。何度で死滅するのかよくわからないけれど、人の体温以上ならだいじょうぶでしょうか。30℃くらいの部屋には行かずに、40℃〜60℃と、クールダウンの部屋に行くようにしていました。でも、クールダウンの部屋では、誰にも会わなかったなぁ。

 12時過ぎ。いつものプレミアムモルツとポテトフライで一杯。なんだかねぇ、ダメ人間になっていくのがよくわかります。でもそういう時間って大切だと思うんだよ。ちなみにこの日は半日の代休と半日の有給をあわせて来ております。
2020032801.jpg

 撮影時間の情報によると、どうも5分ほどで胃の中に消えていったらしいです(爆)。おかしいなぁ、もうちょっと時間をかけて味わってたつもりなんだけどなぁ。
2020032802.jpg

 なのでもう一周、プレミアムモルツとポテトフライってのも考えたんだけど、ゆずチューハイと牛すじ煮込みで。なお金曜日に来ればビールは半額ですが、それを我慢できずに別の日に来てしまいました。
2020032803.jpg

 いい満足感が襲ってきたので、いろんな部屋にこもってそのたびに意識を失う。ゲーマーになってて夜ふかしも多かったってのもあるのでしょうが、岩盤浴で寝るつもりだったからそれでいいんです。

 遅い時間のランチは、全部のせカレーで!と決めていたのですが、なぜか別のものの誘惑に負ける。実は予期せぬ課長待遇を打診されてしまい、それに勝つという意味を込めてみたくなったとかそんなことなかったとか。
2020032804.jpg

 かなり遅い時間になってしまったので(昼に飲んでいるので遅い時間じゃないと出られないのですが)、お風呂はほどほどになってしまいました。でもなぁ、10時の開店に始まり11時過ぎからプレモルの宴、そのまま閉店近くまで過ごすようになるのも時間の問題のような気がします。実際には開店1時間後くらいから、閉店2時間前くらいまでいるのですがね。それでも4,000円くらいで過ごせるんだから、なかなか快適ですよ。
posted by てつりん at 17:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

苗場の休日(その2)

 感動的な一夜、いや1日を過ごし、宿泊は某所に停めたヴォクシーの車内で。2〜3列目が限りなくフラットになるのですが、微妙に傾斜があって、その対処をしないまま寝袋を広げて寝てしまったので、ずりずりと運転席側に滑り落ちていく感じでした。2列目付近に重点的に毛布を敷き詰めれば、もっと気持ちよく寝られたと思うのですが、正直そのままでもものすごく快適でした。ちょっとしたことだけど、2列目の窓に目隠しになるロールスクリーンがあるのがいいですね。また寝たいくらいです(笑)。

 翌朝の苗場プリンス館内にて。キャピタルヴィレッジのホームページを前日の夜に見れば、当日券があるのかないのかわかるのですが、この日は全10日間の公演日で唯一当日券のない日でした。月曜なのに、正直ちょっと意外でした。
2020022401.jpg

 朝食は、前の日から目をつけていたアゼリアへ。ブリザーディウムからすぐの、3号館にありますよ。
2020022402.jpg

 前日はあんまりいいものを食べてないというか、野菜不足で不健康な気がしたので狙っていたのです。ホテルの朝食バイキングって、実は泊まっていないからこそ、なんだかとっても贅沢な感じ。しかも前日に何があったのかを知っているような人たちから、「昨晩はおめでとうございました」とか言われちゃうし。「ゆうべはおたのしみでしたね」ってのとは、一見同じような文面だけど、意味はぜんぜん違うよな(爆)。
2020022403.jpg

 次の日は普通に仕事なのと、早めに帰って疲れを取りたかったので、寄り道は最小限にとどめることにしました。でもせっかくなので、こういうときでもないと絶対に行かなさそうな駅を訪問。越後鹿渡駅だって。寄り道数百mでたどり着けます。
2020022404.jpg

 駅前の水たまりが、見事に凍っていました。これほど見事に水たまりが凍っているのを見るのは、どれくらいぶりなんだろうか。
2020022405.jpg

 隣の駅が、ものすごい豪雪地帯で知られるあの津南駅でした。知らなかったなぁ。でも、ここから見える風景はちっとも豪雪地帯な感じがしませんでした。やっぱ今年の冬の雪の少なさは、平地も山も、なんだかおかしかったんだろうなぁ。
2020022406.jpg

 しばらく待ったら列車は来るんだろうか。と思いましたが、3時間くらい待たないと来ないのでした。高校生の通学のためにほとんどの列車が走っていて、それ以外の列車は12時台と14時台にしか来ないって感じですね。
2020022407.jpg

 いつぞや訪問してかなり気に入った、ナステビュウ湯の山へ。ここも、帰り道からちょっと寄り道するだけでたどり着けます。数キロくらいかな。
2020022408.jpg

 こぢんまりとしていますがステキな泉質のお風呂。絶景の露天風呂。あと、何回かサウナに入って昼食。これに挑戦したい気もするけれど、食べるだけで疲れそうな気もしたので今回はパスで。
2020022409.jpg

 こっちにしました。とんかつも疲れるんじゃないのってツッコミはなしで(笑)。適量だから、疲れないんですよ。
2020022410.jpg

 でもなんでかなぁ、お風呂に入る前から、この看板に目が釘付けになってました。なので食後は、このマッサージチェアに絡め取られる。そして、意識を失う。正直、苗場に行く前からかなり疲れていたのは事実です。マッサージチェアは気持ちよかったけれど、そのときはスッキリしたつもりだけど、もう1周してもよかったくらいに疲れていたのは事実だなぁ。
2020022411.jpg

 結局帰りはほぼ全行程下道で、お風呂や食事の時間も入れれば、10時間くらいかかったでしょうか。ヴォクシーで下道の長距離なんて疲れそうだなぁって思ったけど、意外となんとかなるものですね。何かのときにはまた、使わせてもらおうという気持ちになることができました。
2020022412.jpg
posted by てつりん at 23:37| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

苗場の休日(その1)

 先日書いたとおり、当日券で苗場に潜り込んできました。ここでは、ライブ以外のナエバカンスのことについて書きます。
2020022201.jpg

 今回のグッズはこんな感じ。わたしはいつもの紅茶とパウンドケーキ、そのほかとしては40周年だからってことで作られたパンフレットと、マグネットのガチャガチャ、そしてなかなかかっこいいと思ったハンカチも買いました。
2020022202.jpg

 マグネットはこんな感じです。どれが出てもいいと思って買ったんだけど、あたったのは写真の左上から右に2つ、下に1つの位置にある、91年のvol.11のものでした。当時のわたしは、ユーミンは聴いてたけど、苗場でライブを恒例でやってるなんてことは知らなかったなぁ。
2020022203.jpg

 会場のブリザーディウムへの階段右側では、マグネットと同じ写真の展示がありました。
2020022204.jpg

 展示と階段の間、階段のすぐ右側には、毎年のポスターと30周年記念プレートのほかに、40周年記念のプレートも掲げられていました。
2020022205.jpg

 最初のライブは、ホテル側からはあんまりよく思われてなかったっぽいです。なんだったかなぁ、ポスターを館内に貼るのはやめてくれって言われてたんだったかなぁ。小さい男の子と女の子がキスしてるのがまずいって。それがいつの間にか恒例になって、ブリザーディウムの名前はユーミンの命名で、ブリザーディウムの作りも、「君たち(正隆氏やユーミン以下、苗場のスタッフのことね)のやりたいように設計してくれ」って、堤さんに言ってもらえたんだったか。

 ちなみに40周年記念プレートは、これです。勝利の女神、NIKE(ニーキ)をモチーフにしたのだとか。
2020022206.jpg

 40周年ということで、いつもよりもお祝いのお花が多かった気がするなぁ。aikoとか、NHKのSONGSスタッフといった、いつもの人たちのお花ももちろんあったけれど、個人的にはこの写真の右から2番目のお花が気になった。樋熊隆夫さんからのものなんだけど、これまでは「ちゃんこ谷川 樋熊隆夫より」になってたんです。お店がなくなっちゃったのは残念で、ユーミン自身もいろんなところで話したりしてる気がしますが、それでも大将が元気ならそれはそれでいいんです。
2020022207.jpg

 最近は、滑らなくてもとりあえず外に出るようにしています。せっかくスキー場に来たんだからね。でも、これだけ土が出ているのは記憶にないなぁ。
2020022208.jpg

 そしてここが、ブリザーディウムの入り口。ここの少し手前に、当日券引き換え窓口があったのでした。
2020022209.jpg
posted by てつりん at 15:33| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月22日

まったりしていました

 なんだかすることいっぱいで疲れがたまっている感じがしていたのです。そこできょうは、数週間前から計画を練っていたお楽しみを実行に移しました。

 それはなんと!岩盤浴(なんと!というほどのものかというツッコミはなしで)! えぇ、ちょっとリフレッシュしたかったのですよ。というわけていつもの温浴施設に、10時の開店直後からやってきました。

 1時間ほどまったりしたところで、お食事処へ。ここは11時開店なのです。ご丁寧に岩盤浴のなかまで聞こえる館内放送による案内が。開店直後を狙って、お食事処へ。
2019102202.jpg

 ビールって正直あんまり好きじゃないんだけど、夏のビアガーデンの最初の一杯はうまいと思えるようになってきた。なので、岩盤浴で軽く汗を流した後なんて、気持ちいいに決まってる。キンキンに冷えたグラス。途中、グラスの底からぼわっ!という感じで湧き上がった泡までも、おいしくいただきました。もう1杯飲んでもいいくらいでしたが、酔いの覚め具合が心配だったのでガマン。後ろの席の人はおねぇさんに、「飲んだら19時までには抜けますかね?」って聞いてましたが、そんなこと聞かれても困るよねぇ。

 ところで、写真に映る牛すじ煮込みですが・・・。おしながきよりもでかい気がするのはわたしだけではないはずです。うれしい誤算でした。
2019102203.jpg

 さらに岩盤浴にこもったり、ここに来るようになってから読んでいる「沈黙の艦隊」を読んだり。もう少しでニューヨークという、28巻まで読んだぞ。テレビが見られる部屋もあるので、ご即位関連のニュースを見たりして過ごします。

 そうそう、ここはフリードリンクなのもいいですよ。でもいつの間にか、プラ製のグラスから紙コップに変わってました。紙コップに、置いてあるマジックを使って名前を書いて、何度も使う人がいるのを見て、なるほどねって思いました。
2019102201.jpg

 ちなみに入館料は870円、岩盤浴は670円。会員になれば入館料は100円引き、岩盤浴は110円引きになる上に初回だけは半額なのでお得です。あっ、ステマじゃないですよ。

 この日は入館(お風呂のみ)と食事がついて1500円というクーポンを活用。お品書きのお値段とにらめっこして、980円のミックスフライ定食を。ご飯の大盛りは追加料金が必要ですが、このクーポンだと追加料金なしでした。おいしくいただきました。
2019102204.jpg 

 さらに岩盤浴にこもったり、そのまま眠りに落ちたり。もちろん最後はお風呂へ。結局、21時くらいまでいたなぁ。また行こうと思います。
posted by てつりん at 22:56| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月05日

全国小学生一輪車大会

 タイトル通りのものに、昨年に引き続き今年も出かけてきました。突発的にできた仕事の休みを使って、25時間で往復900kmを走破するという弾丸ツアーで。
2019100501.jpg

 途中仮眠をはさみつつも、朝早く郡山には着けるので、昨年と同様まずはよっしーに鉄分を注入します。できれば福島駅まで行って、山形新幹線との連結作業を見せたかったんだけど、弾丸ツアーの身にはそこまでの元気が出ません・・・。
2019100502.jpg

 それでも地元とはぜんぜん違う、多彩な新幹線車両に大興奮。ついでに貨物列車も見られるってのがポイント高いと思います。

 続いては郡山駅で駅弁を買って会場入り。
2019100503.jpg

 おいしくいただきました。でも、昨今の弁当の例にもれず、ご飯が少ないと思うのはわたしだけなんだろうか。
2019100504.jpg

 今年度はさとに頼まれて動画を撮っていたので、姉のチームの写真はなしで。来年もし行けたなら、姉妹で演技をするという最初で最後のチャンスになるなぁ。
2019100505.jpg

 モップ隊の写真を取りたくなるのはわたしだけでしょうか。個人的にはなかなかかっこいいと思うんだけどなぁ。
2019100506.jpg

 昨年はクルマを郡山駅に停めていたという事情から、途中で抜け出して回収に行ってました。でも今回は会場に停められたので、閉会式まで見てきました。
2019100507.jpg

 残念ながらクラス別、上位3チームの表彰対象にはならなかったのですが、あとで聞いたところによると4位だったとか。ちなみに前回は5位。もうちょっとだなぁ。

 でも、いろいろと見ていて気がついたことがある。ほかのチームはきっと、全員が同じ演技のために練習をして、そのなかでも上手い子を選抜して本番に望んでいる。まぁ、そんなものといえばそんなものだよねぇ。野球もサッカーも、スタメンは9人とか11人とかで、ベンチ入りとあわせて18人とか20人なわけだ。彼ら全員が試合に出られるとは限らないけれど、実際にはベンチにも入れない子がいたりして、それでも基本的にはベンチ入りメンバーが確定するまでは、試合のためにみんな同じ練習を重ねていく。高校野球だと、ベンチ入りメンバーから外れた3年生の引退試合があって、それを境に裏方や、応援に回ったりもするようになるんだけど。

 ところがうちのチームは、出たい人全員が同じ練習をして、全員が演技を行うんだな。イメージとしては、試合に出たい、ベンチに入りたいって人全員が入るし、試合にも出るって感じ。だから人数が多い。人数が多いから、ミスが出る確率も上がる。そもそも規定の人数(「○人以上」みたいな)さえクリアすればいいんだろうから、少ないほうがミスの可能性は下がり、高得点と言うか減点の少ないいい演技ができるわけだ。にもかかわらず、全員で出ようとがんばって、実際一番下のクラスと言えども全国に出て、4位で帰ってくるって、個人的には相当なものだと思う。ほかのチームとはそういう点が根本的に違うわけで、そういうところはもっと評価されてもいいと思うんだな。
posted by てつりん at 22:35| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月17日

吉原の街を

 イエモンのライブを観たあとの8月10日。わたしは東京でまったりと過ごしていました。

 最近東京に行ったときによく泊まっているのがここ。カプセルホテルってなんだかなぁって思っていたのですが、そんなわたしは間違っていると思わせてくれるほどの気持ちよさ。でもねぇ、ここの何がそんなにいいかって、大浴場と言うほどでかくはないけれど、一応大浴場があることです。大きい湯船につかれるのもいいし、手足を伸ばして身体を洗えるのもいい。それだけでかなり満足度が高いのですが、ミストサウナもあるので、かなり気持ちよく汗を流すことができました。あと、2台しかなくて混んでるときは順番待ちになるとはいえ、15分100円の洗濯機+乾燥機もある。しかもなんでそうだったのか忘れたけれど、この日のわたしの場合チェックアウトがなんと15時だった!

 というわけでゆったりまったりと宿で過ごし、最初の目的地に向かったのは昼過ぎでした。まずは最近行きたくなって気になっていた、一葉記念館へ
20190801701.jpg

 樋口一葉といえば五千円札でしょうか。文学作品だと、「たけくらべ」でしょうか。でもねぇ、有名な文豪あるあるだと思うけれど、作品名は知っていてもそのあらすじは知らない。もちろん、読んだことなんて、あるわけない。初めて、一部でもその「たけくらべ」に触れたのは、桑田佳祐の「声に出して歌いたい日本文学」だったと思う。

 困ったときの強い味方(笑)、Wikipediaによると、舞台は吉原なんだってね。主人公の女の子が終盤で別人のように元気がなくなっちゃうのも、初潮を迎えたからだとするものと、初店(遊女として初めてお客を取った)を経たからだとするものの両説があるんだとか。主人公の姉が遊女で、舞台が吉原だというところからも、個人的には初店説を取りたい気がするけれど、正直こういうところはとっても不勉強。と思って調べていると、その間を取っているような説に出会った。なかなかこれも興味深い。なんらかの形(姉に用があって吉原内に入ったときに見聞きしたとか)で姉の仕事を知り、自身の今後についても考えることになったことをきっかけとして元気がなくなるという解釈です。

 ということで、すぐ近くにある吉原の街へと繰り出しました(爆)。そういえば一葉記念館には、明治大正昭和だったかな、吉原のお店の名前と場所を記した地図が売ってて、興味深かったなぁ。15分くらい見つめてたと思う。廃業して、名義の移転も行われなかったような店は、そのまま民家や普通のお店などに変わっていくことがよくわかります。でも、一度はなくなった屋号が復活してたりもするので、必ずしも消えてしまうものでもない感じ。買いたかったけど、2500円はこの時のわたしにとっては高かった。
20190801702.jpg

 そういったお店の前を通ると、呼び込みが声をかけてきます。でもね、おもしろいもので、お店の前からは一歩も動かない。帰ってきてちょっと調べたところによると、なぜだかわからないけれどそうだと決まっているらしい感じでした。その一方で、吉原エリア周辺で呼び込みをかけてくる人は、ついてくるらしい。かなりしつこくついてくるんだけど、これまたどうしたことか吉原エリアの中まではついてこないんだって。
20190801703.jpg

 こういうところは、絶対にひとりじゃないと行けないよねぇ。以前北海道に行って、レンタカーを返却するついでにラーメンを食べに行ったことがあったけど、そのときもすすきののいかがわしい店があるあたりを歩いてみたかった。でも当時中学生のおいっ子とは行けなかったなぁ。

 ここまで来れば、吉原エリアの外に出たことになるそうです。遊んだあとの客が、後ろ髪を引かれる思いで振り返る場所だったのだとか。わたし?別に、そういうことはなかったなぁ。むしろこの界隈にある土手の伊勢屋で食事をする時間がなかったことについて、後ろ髪を引かれる思いでした。
20190801704.jpg

 歩いていたら都バスに乗れそうだったので、浅草駅まで。さらに歩いてスカイツリーの真下へ。さすがにおっさん1人で登る度胸も、お金もなかったので見上げるだけ。
20190801705.jpg

 自力で行った記憶がないからかいまいち土地勘がなかった浅草寺へ。その気になれば一葉記念館から吉原を抜けて浅草寺へ、またはスカイツリーへ、歩いていくことも不可能ではないと思います。でもね、この日もまた暑かった・・・。同じようなエリアにある池波正太郎記念文庫にも行きたかったんだけど、乗り鉄に方針を転換しましたね。
20190801706.jpg

 東京の最後は、御徒町にあるシュッシュポポンというお店へ。鉄分の濃い感じが、好きな人にはたまらないと思います。出発の時間が迫っていたので酒は飲めず、ソフトドリンクのはやぶさを注文。
20190801707.jpg

 混ぜると見事なはやぶさの色に変わります。そして店内はNゲージが走り回る。レイアウトもなかなか見応えがありました。
20190801708.jpg

 もちろん食事もなかなかのもの。おいしくいただきました。
20190801709.jpg

 だんだん暗くなっていく外を見ると、ときおり実車も駆け抜けていきます。吉原の出口で後ろ髪を引かれることはなかったけど、席を立つときは後ろ髪を引かれる思いでした。そうそう、鉄系のグッズも見ていて飽きませんでした。ちびっこにおすすめのお店ですね。
20190801710.jpg
posted by てつりん at 17:12| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月14日

善光寺に行ってきた

 東京からの帰りがいつまでも続いていますが、善光寺に行ってきました。8月11日のことです。
2019081201.jpg

 実は善光寺、行ったことはあるのですが、きちんとお金を払って行ったことがない。というわけで、三堂・史料館参拝券(1000円)を購入。これを買うと、まず山門の上に登ることができます。この日の長野市内はものすごく暑かった気がするんだけど、上では涼しい風が吹き抜けていました。
2019081202.jpg

 本堂の中にも入れます。正確には畳が敷かれている内陣より先です。
2019081203.jpg

 ぜひ一度体験したくて、でも過去には時間が遅くてできなかったお戒壇めぐり。闇の中を手探りで進み、御本尊の下にあるという錠前を触るのですが、前のグループの人たちがものすごく楽しそうだった。男女計5人くらいだったかなぁ。でも、女子は1人だけで。大学生くらいだった感じだけど、その女子が特にさわやかな感じだった。周囲の野郎どもはきっと、彼女のファンに違いない(笑)。闇の中を進むうちに不意に前の人にぶつかったりするんだけど、「あっ、ちょっと、そんなところを触るのはやめてください」と、男子が女子にしきりに言う。そして彼女はほんとに触ってしまっていたらしい。まぁ、「そんなところ」がどんなところなのか、真相は不明ですがね。

 きっと、さわやかな彼女と野郎どもにおける、闇の中のあれやこれやを勝手に妄想して楽しむような、そんな汚らわしい煩悩にまみれながらお戒壇巡りをするような輩には、救済は訪れないのだろうと思います(爆)。そこで五重塔の下にある、善光寺史料館にも、経蔵にも行ってきました。1回まわすと一切経を全部読んだことになるという、仏教寺院にとってもよくあるありがた〜い施設。
2019081204.jpg

 その後は、スーパー銭湯の使い勝手と源泉かけ流しの泉質を両立するすばらしい施設、裾花峡温泉うるおい感で旅の汗を流しました。車泊だったとはいえ、10日の午前からお風呂に入れていなかったのでね・・・。ついでに夕飯も食べて、自宅へと向かったのでした。
posted by てつりん at 20:34| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月13日

今年もナガスパのプールへ

 昨年に引き続き、今年も行ってきました。
2019081301.jpg

 ちなみに長女はこっちの名前を挙げていましたが、プールも遊園地もとなるとなんだか中途半端になる感じがしてねぇ。むしろそれなら、以前行って大好評だったアドベンチャーワールドのほうがいいかも。でもそれだと、遠いので夜行日帰りはかなりキツくなるのと、施設の充実度を考えるとそもそも日帰りはもったいないってことで、軽く予算オーバーだ。

 道を間違えるという去年の反省を踏まえて、今回はきちんと下調べもしたし、入場後の場所取りにまつわる役割分担も完璧。駐車場はかなり早い段階で着いてたし、入場も早めに入ることができた。人が多すぎて、大変だと思って、繰り上げたんだろうなぁ。でもねぇ、わたしが遠出をしていて、その疲れが取れていなかったのか、現地で何度も昼寝。いや、最初の1回については、ビールとからあげ+ポテトフライ(去年はれんこんチップスだった)で、気持ちよく寝るところまでは予定通りだったのに、まさか午後も昼寝をしてしまうとは。

 でも、2年続けて行って思った。ああいうところに多くいる、若い人たちのキラキラした感じっていいなぁってね(笑)。カップルもさわやかで楽しそうだし、ちょっとイチャつき度合いが濃厚でハラハラドキドキするのもこの場だから許されるのか? 心残りといえば、スライダーの類に一切乗れなかったことだろうか。

 それでも来年も、また行ってもいいなぁと思うのでした。プールとかじゃないと正直、夏の行楽は暑くてやってられないんじゃないかと思いますね。
2019081302.jpg
posted by てつりん at 23:28| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月11日

なんにも言えない

 愛用しているほぼ日手帳って言いながら、有効活用はできているんだろうか。正直、一時期ほど何でも書いてないけど愛用しているほぼ日手帳。後ろの方の白いページに、「行きたいところリスト」というものを書いています。すぐ行くわけではないけれど、どこかに残しておかないと忘れ去られてしまうようなレベルのところ。だから沖縄県とか、高知城なんてのは書いてありませんね。

 ちなみに今のところ、記載されている場所で一番遠い場所は、恐山です。ちゃんと呼べるようなイタコさんは、高齢化などもあってそんなに残ってないらしいですけどね。イタコとして登録されているのは、5人だったかな? しかも、なかば観光地化したような恐山に常駐しているわけでもないらしいのだとか。行きたいところリストに載っているだけあって、ちゃんと調べましたよ。

 さて、今回行ってきた、行きたいところリスト登録箇所。なんか世界遺産のような(笑)? 
2019081101.jpg

 いつ、どのようにして存在を知ったのかは忘れましたが、ここ1〜2年の間に知ったんだと思います。ナビがないと行けないような、入り組んだ道の先にあります。入口の前に立つと、右のドアから入るのか左のドアから入るのか、一瞬躊躇しますがわたしは左から入りました。別にどっちから入っても、中に入れるという結論は同じです。美術館としてはものすごく珍しいと思う、後払い方式なので、中に入った瞬間からこの施設の世界観が押し寄せてきます。
2019081102.jpg

 施設の名前が語るとおりの場所です。そして展示されている絵画には、作者の名前、美術的な経歴(どこの学校を出たかとか、〇〇をしながら独学で絵を描いたとか、〜に入選など)、そしていつ応召して、どこで亡くなったかが、極めて簡潔に書かれています。人によっては、その方にまつわるものも展示されていることがあります。内地に残る妻や親、子への手紙や、使っていた道具、美術学校の卒業証書、写真などなど。

 置かれていたノートに書かれていたことをきっかけに調べました。「国語の時間にここの存在を知って、母にわがままを言って連れてきてもらった」と。なんてステキなわがままなんだろう。中学3年、教育出版の教科書に、「無言館の青春」の一部が載っているらしいです。わかってたら、買えばよかったなぁ。いや、館長さんのたくさんの著作も買うことができるので、正直どれがいいのかなんてわからなかったんだよね。

 第二展示館の前にも、こういったものがあります。右側のポストは、開かないポストなんだそうです。
2019081104.jpg

 第二展示館も、コンセプトは同じです。ただし、「傷ついた画布のドーム」というだけあって、天井をついつい見てしまいます。出征が決まったら、自身の持ち物をいろんな人に形見分けし、そして前日は寝る時間を惜しんで頭像の作成。「なんでそこまでするの?」と問う姉に対して、「これが自分自身だから」と答えた弟。その頭像が、天井を見つめています。頭像の横にしゃがんで、頭像が何を見ているのかを見ようとしてみました。
2019081103.jpg

 内部は撮影禁止なのですが、公式サイトの写真が豊富なので、館内の雰囲気を感じるにはおすすめです。でもやっぱり、ここは作品を直接見るところなのでしょう。仕上げた作品がこうして、ほかの人の手によって発表のチャンスが与えられる。作者はもういないけれど、作品が語ってくれる。そこには、展示している側による解釈や、見る側による解釈があるとしても、作品には何かを語るチャンスが与えられている。

 では、展示されることになっていた作品が展示されなくなってしまった件については、どうなってしまうんでしょうねぇ。見る、見ない、肯定する、しない、批判する、しないなどは、作品に関わろうとする者に委ねられるものなのであって、誰かの判断や解釈、決定がそのとおりになることとは違うと思うんだよね。戦争のなかででも絵を仕上げることができた当時のほうが、もしかしたら一部の芸術家にとっては優しい時代だったのかもと思うと、なんとも言えないものを感じるのです。
posted by てつりん at 23:51| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月09日

日本三名園を制覇

 イエモンのライブを観に、東京まで行ってきました。でもそのついでに、あれやこれやと道中のお楽しみを盛り込むのはいつものこと。まずは水戸の偕楽園へ行ってきました。日本三名園を、この機会に制覇したかったのでね。
2019080900.jpg

 ところが隣県出身者のさとが言うには、「そんなにおもしろくもないよ」と。あくまで梅の名所なのであって、梅のシーズンでもないのに行く意味はないと。確かに日本三名園の後楽園、偕楽園、兼六園をそれぞれ画像検索すると、偕楽園は見事にピンクな写真が出そろいます。

 それでも行くぞ!ということで、まずはあの水戸光圀を祀るという常磐神社へ。恥ずかしながら「常磐」が、「ときわ」なのか「じょうばん」なのか、読めない。どっちなんだろう?って迷うんですよね。「萩(はぎ)」なのか、「荻(おぎ)」なのかってのも読めないけど、これはよく見たら字が違うわけで。調べたところ、神社の名前は「ときわじんじゃ」でした。

 なかなか迫力のある楠ですが、これでも樹齢150年ほどだったそうです。傷んできて危険なので伐採したそうですが、そこから新しい芽が、若木が出てきていることがすごいなぁ。
2019080901.jpg

 水戸黄門ゆかりの品を多数展示!ということらしいですが、別の場所にある徳川ミュージアムにかなりの品を持っていかれている感じだったなぁ(爆)。こうやって収蔵品が分散して、場合によっては管理がまずくなっちゃったりするんだろうなぁ。舞台裏の苦しさを垣間見る気がしますよ。
2019080902.jpg

 別の無料駐車場にデミオを移動させて、偕楽園へ。偕楽園は常磐本線北側の部分と、南側の拡張部に別れているようで、いわゆる観光地としての偕楽園は北側な感じ。というわけで線路を渡らなくてはたどり着けないのです。鉄な写真が取れそうな気がしたので待っていると、ときわがやって来ました。
2019080903.jpg

 自販機も徳川を強くアピールしてきます。そういえばこのへんにはお土産物屋さんがありましたが、シーズンではないからかすべて閉まっていました。
2019080904.jpg

 最後の将軍徳川慶喜の父、徳川斉昭が建てた好文亭にも行ってきました。「好文」とは梅のことらしくて、晋の武帝の「学問に親しめば梅が咲き、学問を廃すれば咲かなかった」という故事に基づいて名付けられたそうです。暗に、「学問に親しまないから(偕楽園のことをきちんと調べないで行くから)、梅の咲かない時期に来てしまうのだ」と言われているような、なんだか複雑な気分に(爆)。事実、ほぼ観光客には会わなかった気が・・・。
2019080905.jpg

 でもね、吹き抜ける風と見晴らしの良さはステキでしたよ。こっちは拡張部分。暑いからでしょうか。見事に誰もいません。
2019080906.jpg

 こっちは偕楽園本体の部分。10月からだったかな?有料化するらしいけれど、今日見た限りではほぼ誰もいない状況。有料化して、思うような収入が得られるんだろうか・・・。
2019080907.jpg

 別の門からもときわが走っていくのが見えました。でも、同じE657系なので、見るだけでひたちとときわを区別することはできないんだってね。
2019080908.jpg

 このあとは徳川ミュージアムに行きました。展示がなかなか充実していましたよ。さらに、弘道館の跡とかにも行きたかったんだけど、時間がなくなってきたのと暑すぎてやってられないので、東京へと向かうことにしたのでした。
posted by てつりん at 23:36| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

夏休みですっ!

 働き方改革の声がにぎやかな今日このごろ。うちの会社でも詳細は言えませんが、休暇の取り方についての細かい規定が追加され、その結果わたしはきょうから18日まで夏休みになりました。う〜ん、7日から18日までだなんて。社会人史上最長じゃないのかなぁ。

 というわけで夏休み第1日目。以前から行きたかったのにごぶさただった岩盤浴に行ってきました。その前に、朝はちゃんとラジオ体操に行き、さらには異例のことなのですが、洗濯もして。あっ、夜だったら洗濯くらいしますが、朝ってのは貴重でねぇ。洗濯する暇があったら寝ていたいくらいですよ。

 入店は10時半頃。さっそくいろんな温度の部屋にこもって、じわっと汗を出していきます。でも、訪れた待望の11時。お食事処に行って、おつまみ3点セットを注文します。わたしはカリカリチーズとポテト、ピリ辛揚げ茄子、焼き鳥串を注文しました。
2019080701.jpg

 飲み物は、珍しくプレミアムモルツを。いや、正直、あんまりビールが好きじゃないので、プレモルは飲んだことがないのです。でも、この神泡。うまそうだよね。あと、あんまりビールが好きじゃないと言いながら、暑い夏にビアガーデンで飲む最初の1杯に限ってはたしかにうまい。というわけで、プレミアムモルツを。
2019080702.jpg

 出てきたプレモルを見て感動しましたよ。写真に取ればよかったと思うくらいでしたが、携帯は脱衣所のロッカーの中。何がいいって、キンキンに冷やされたことがわかるグラス。そしてクリーミィな泡。もちろんつまみ3品もすばらしい。もう1杯飲もうかと思うくらい(ちなみに1杯500円で、金曜だと250円)でしたが、酔っ払うほど飲んでもねぇ。

 あとはひたすらに、飽きもせずに岩盤浴を回り続ける。フリードリンクで、マンガも読み放題なのがいいですね。沈黙の艦隊は19巻、ニューヨーク沖海戦も、日本の解散総選挙も首相指名も終わったあたりまで読みました。近日中にまた行きたいくらいです。
posted by てつりん at 12:11| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

海の日スペシャル

 仕事をうまく調整してもぎとった休日。さとから、よっしーとこんなの行ってくれば?と言われました。予算は家から出すからと。
2019072500.jpg

 せっかくなのと、駐車場が激混みで萎えるのもなんだかなぁって思ったので、高岡駅から人生はじめての万葉線に乗ってみました。せっかくだからと、目的地の海王丸で降りずに、1駅先の終点越ノ潟まで行って1枚。ちなみによっしーと同じ名前の駅があって、それが鉄道むすめになってるってのもなかなかおもしろい。
2019072501.jpg

 少し歩くと、新湊大橋が見えました。
2019072502.jpg

 遠くには海王丸が見えます。
2019072503.jpg

 高いところに登れるとわかると、登ってみたくなるのはバカだからでしょうか。エレベーターで登った先は、車道の下を歩いて対岸まで渡っていくことができます。時間がないので行きませんでしたが。向こう岸に渡って路線バスから富山ライトレール経由で、高岡駅に戻ってくるという周回ルートもあるそうです。かなり濃い乗り鉄を堪能できそうですな。
2019072504.jpg

 反対側で、なおかつ高いところから撮った海王丸。iPhoneのカメラでこれだけ撮れることにちょっと感心。
2019072505.jpg

 対岸に渡る船です。県営なのですが、タダで乗ることができます。掘り込みの富山新港を作る際に線路が切れてしまって、その区間をつなぐために航路があるのだそうです。
2019072506.jpg

 万葉線・海王丸セットクーポンを買ったので、どれだけ乗っても料金は同じです。というわけで歩いてもいいのですが、1駅だけ乗ります。さすが万葉線、令和な車両がやってきました。
2019072507.jpg

 車内は令和どころか昭和の結構初めの方でしたがね。もちろん冷房なんてありません。ちなみに車内放送は立川志の輔の声でした。さすが噺家、結構面白い話をしているはずなのですが、いかんせん走行音がうるさくて部分的にしか理解できない・・・。じっくり聞いてみたい車内放送でした。
2019072508.jpg

 いよいよ海王丸パークへ! 
2019072509.jpg

 でもその前に、海上保安庁の巡視船を見学。これは、はまゆきだったかな。撮影は不可ですが、外国人も含めて船内を比較的自由に見ることができることについて、うれしいけれどちょっとだけ心配になってしまいます。見せるのも仕事のうちだろうけど、そんなに太っ腹に見せてもいいの?ってね。
20190725010.jpg

 正面から。船内の見学もできます。こういうのを見ると、船旅っていいなぁって思うなぁ。
20190725011.jpg

 そして帰りも、高岡駅まで万葉線で帰ってきたのでした。
20190725012.jpg
posted by てつりん at 23:31| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする