2021年08月21日

能登へ

 コロナ禍の昨今、どこにも行けないとはいえ、ホントにどこにも行かないのもどうなのか。というわけで1週間ほど前に、さとの強い希望によるお出かけが実行されました。

 のと里山海道を走って、別所岳PAへ。少し歩くとなかなかの絶景が楽しめます。
2021081901.jpg

 写真ではわかりにくいのですが、富山湾の対岸の立山連峰などが見えたりします。写真の中央より右側、水平線の彼方に、雲のように見えるのが対岸の陸地ですね。そういえばこの逆で、親不知から能登半島を見ることもできます。
2021081902.jpg

 第一の目的地にして、最大の目的地。道の駅イカの駅つくモールです。九十九湾(つくもわん)の遊覧船も出ているので、それも掛けているネーミングのような気がします。九十九湾の遊覧船も楽しいし、実はリアス海岸だということも乗るとわかるのですが・・・、船嫌いのさとがいるのでパス。
2021081903.jpg

 むしろ通称イカキングのほうが有名ですね。新型コロナウイルス感染症対策の国の地方創生臨時交付金約2500万円を充てて作ったという。でも、これを省略して、「新型コロナウイルス感染症対策の約2500万円を充てて作った」という雰囲気で報じるから笑われちゃうのです。要するにコロナ後を見据えて、人々の集まる地域おこしスポットを作ったということなんだけどなぁ。交付金が使える4つの目的のうち、感染拡大の防止には絶対に当てはまらないと思うけれど(笑)、雇用の維持と事業の継続、経済活動の回復、強靭な経済構造の構築には、イカは当てはまっていると思うのだよ。密を回避しつつ、ほどよく賑わっていました。
2021081904.jpg

 イカ釣り漁船です。電球のようなものがたくさんついているのが特徴です。光でイカを集めるのですが、光が作り出す漁船の影にイカが集まってくるらしいです。何気なく停泊していますが、沖に出れば北の方の違法操業船と対峙したりする羽目になるなど、漁師さんの苦労は絶えないと思います。
2021081905.jpg

 イカスミソフトです。おいしくいただきました。正直、イカスミのクセはまったく感じません。あと、一瞬で胃の中に消えていきましたが、イカ焼きもおいしかった。
2021081906.jpg

 続いては恋路海岸。
2021081907.jpg

 恋路海岸には何度か来たことがあったけど、恋路駅に来たのは初めてだと思う。でもたぶん、小学校の時の合宿で恋路駅を通り過ぎているんだと思う。まだ国鉄能登線というものがあった頃のことだな。恋路行きのきっぷは、今でもすぐ近くの宗玄酒造で買えるそうです。
2021081908.jpg

 恋路駅から、西側のトンネルです。かつてはこの先に金沢があって、さらには大阪や東京へも線路がつながっていました。トンネル入口の右側に「し」の文字がありますが、能登線起点の穴水駅から順に、いろはにほへと・・・となっています。
2021081909.jpg

 これに乗りたかった・・・。コロナ禍で休止しているなんて(泣)。
2021081910.jpg

 気を取り直してランチへ。汝惚里で、ナポリと言うんだとか。でもね、名前はキラキラしてるかもしれませんが、味はまじめに実直にって感じですよ。たとえば、煮込みハンバーグ定食とか。
2021081911.jpg

 能登ハントウライスとか。ハントンライスじゃなくて、ハントウライスね。
2021081912.jpg

 その後は軍艦島に行き、
2021081913.jpg

 能登半島の最北端から
2021081914.jpg

 禄剛埼灯台へ。地球が丸く見えるような、見えないような。ちなみにここ、日本海から登る朝日と、日本海に沈む夕日の両方が見られる場所だそうです。
2021081915.jpg

 最後は千枚田へ。ついつい田んぼを見てしまいがちですが、遠くには七ツ島が見えます。水平線の左側の方です。
2021081916.jpg

 輪島で、石川県民のソウルフードと名高い、8番らーめんを食べて帰ってきました。
2021081917.jpg

 駆け足で回れば1日ですが、能登金剛や總持寺祖院なども含めると、奥能登の民宿とかに泊まるのもいいんでしょうね。当初はそういう計画もあったのですが、意外とお盆シーズンに予約が取りにくかったりして断念したのでした。
2021081918.png
posted by てつりん at 19:23| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月30日

さんぽ

 先週、とある事情から意図的に散歩をしようと心に決めました。まぁそれがどれくらい続くかわかりませんけどね。とある事情については、そのうち書くかもしれません。

 解体されていくスーパー。いや最初はスーパーというよりはショッピングセンターだったと思うのだが。できた当時1980年頃としては、百貨店でなければ最大級の商業施設だったと思うのだが。時代の流れなんでしょうね。
2021073001.jpg

 先日行こうとして定休日だったかき氷店に行きました。
2021073002.jpg

 以前も書いた気がしますが、抹茶ミルクの粉がうまい。さすがかつての和菓子屋。夏季限定営業ですが、わたしが行くときは常に今年で最後かもしれないと思って行くようにしています。実際、これで終わりって新聞報道も出たことがあったからねぇ。
2021073003.jpg

 続いて方向を変えて、たまに行く車両基地へ。でも暑くて長居しませんでした。正直、ここまで暑いとは。
2021073006.jpg

 車両基地沿いを歩いて駅に向かうと、輸入車販売店の裏に出ます。なかなか道でお目にかかれないレベルの品かと思い、1枚。
2021073004.jpg

 こっちのほうが道で見かけないかもなぁ。うん、見た記憶がない。
2021073005.jpg

 上の2台は売り物なんだろうか。と思って、見たその日にお店のホームページで調べたけどなかったなぁ。ということは、納車待ちだったんだろうか。それとも買い取ったけど、売りに出される前のものだったんだろうか。そう思ってホームページを改めてチェックしたところ、これまた道で見た記憶のない1台が!

2021073007.jpg

 そういえば以前は、ベントレーコンチネンタル フライングスパーが売ってたこともあるくらいのお店ですから。定期的にチェックすべく、散歩コースに入れてみようかなぁ。同じ人が何度も見に来るってことで、泥棒の下見かと思われて、通報されたりして。
posted by てつりん at 22:04| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月24日

7月の岩盤浴

 意外なことに4月に行って以来、3か月ぶりくらいの岩盤浴でした。金欠なわけではなかったと思うんだけど、たぶん行くヒマがなかったんだろうな。正直、禁断症状が出ていたのか、行きたくてしょうがありませんでした。 
2021072401.jpg

 どれくらい行きたくてしょうがなかったのかというと、墓参りに行ってもよかったのに岩盤浴を優先させたくらい行きたかった(爆)。金沢のお盆は7月で、そういう意味ではもう終わっているのですがね(コラ)。7月は仕事が忙しくて、と思っていたら訳あって不要不急の外出を避けろといわれ、お盆の時期を外してしまいました。8月に行っていることもよくあるので、正直そんなに気にしていませんけどね。

 というわけで、まずはいつもの部屋でまったりと汗を流す。あれ? 携帯が新しくなったからか、写真がいつもよりもきれいな気がするぞ。
2021072402.jpg

 いつものポテトフライ+プレモルだからこそわかる、写真の美しさ。おいしくいただきましたが、やっぱり牛すじ煮込みが恋しい。かつてのように夏季限定メニューもないみたいだし。
2021072403.jpg

 おなかがすいたので、たぶん初めてと思われる豚キムチ丼を。やっぱり写真が美しい気がする。そしてこの時気がついたのですが、いつの間にかハンバーグがなくなっていた・・・。そして昨夏食べた、高級感があって美味しそうなかき氷も。普通のかき氷ならあるんですけどね。
2021072404.jpg

 夕飯は、3日連続でとんかつ(笑)。何かに勝ちたいと思ったのですかね。おいしくいただきました。
2021072405.jpg

 このご時世、なかなか商売が苦しいのか、行ってわかったお得なクーポンがあったのです。たまに入館+岩盤浴+指定の食事一品で1500円というクーポンが出るのですが、今回はさらにそれにソフトドリンクがつくという。というわけで、とんかつ定食の向こうにアイスコーヒーが写っているのですが、タダなんだよね。あとは、写真のWとんかつ定食は、過去の記録によると400円増しだったはずなのだ。でも今回は、150円増し。結局、支払いは3200円くらいだったなぁ。計算が間違っているんじゃないかと思うくらいのお買い得感でした。そうそう、ご飯や麺類の大盛りも、いつの間にか無料になってますよ。
posted by てつりん at 22:01| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月02日

春日山城攻防戦

 苗場に向かう途中、上越市に立ち寄ることにしました。春日山城がなかなかよいという話を聞いていて、一度行ってみたいと思っていたのです。
2021050102.jpg

 が、とりあえずの目的地はここ。不用意にでかけて、予期せぬハードな山歩きになってしまったということが、過去にはたくさんあったのでね。うちの家訓としては、「山をなめてはいけない」というものがあるのです。ここではお出しできませんが、うっかりかなりの山に登ってしまったという証拠写真も残っています。
2021050101.jpg

 なかなか充実した展示で、しかも無料というのがいい。でも、外にある上杉謙信像を見て、何かを言われた気がしたのですよ。
2021050103.jpg

そこで帰るつもりなのか? ってね。

 そこで、春日山城の麓まで行くことにしました。途中までは、クルマで行けるんですよ。デミオを停めて、お土産物売り場まで行けば、山頂が見えるんです。写真の左上が山頂ですね。
2021050104.jpg

 ところがここにも、また別の上杉謙信公像が。
2021050105.jpg

そこで帰るつもりなのか? と、再び言われた気がしてねぇ。

 結局、城攻めを開始することになりました。

 これは・・・、どう見ても近現代の遺構ですね。ここから大砲を撃つのでしょうか。
2021050106.jpg

 好天もあって、汗だくになりながらも制圧。
2021050107.jpg

 左には海が、正面や右には山々が、手前には平野が。この景色を上杉謙信も見ていたのかと思うと、なんだか感慨深いものがありますね。そして、あの山々の向こうに上杉謙信が目指した善光寺平が、そして別方向にはわたしが目指す苗場があるのでした。
2021050108.jpg
posted by てつりん at 11:57| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年04月25日

今月の岩盤浴

 連日連日すること満載で疲れている気がするので、会社の平日休みを利用していつもの岩盤浴に行ってきました。

 この45℃くらいの部屋って、無理なく長時間過ごせて好きだなぁ。最近はほぼここにしかいないかもしれない。熱さで誤作動したのか、ぶれてないと思うんだけど不思議な絵が撮れたので1枚。
2021041905.jpg

 そしていつものプレミアムモルツと、フライドポテトを注文。まだ11時台でしたよ。昼間っから飲むのって、たまりませんね。
2021041902.jpg

 引き続きウーロンハイを。もつ煮込みがなくなったのが悲しいので、わかめの唐揚げを注文。350円。なかなかうまいのですが、やっぱもつ煮込みにはかなわないなぁ。強く復活を望みますね。
2021041903.jpg

 ランチはシンプルに味噌ラーメンを。写真ではわかりにくいですが、野菜もたくさん入ってます。8番の野菜の量には負けるけどね(笑)。
2021041904.jpg

 引き続き岩盤浴にと思っていたのですが、不覚にも怒涛のように昼寝してしまう。おかしいなぁ、前夜はしっかり寝たのになぁ。そもそも日曜の夜は最近ごぶさたのA列車で行こうをプレイして、それこそ完徹でもいいと思うくらいの勢いでプレイして、翌日は岩盤浴で昼寝をと思っていたのに。前夜は一切プレイできず、いつの間にか意識を失っていたというのに。

 まったりすることを目的に来ているので、昼寝はしてもいいんだけど、なんだかんだで3時間くらい寝ていた気がする。時間の使い方がもったいないなぁ。目覚めてからは、ドリンクバーでカルピス+ミニッツメイドオレンジとか、ファンタメロンソーダ+カルピスとか、ブレンドを楽しんでました。
2021041901.jpg

 夕飯はW生姜焼き定食を。これだけ飲み食いして、1日じゅういて、さらにはお風呂に入って4000円ほどですよ。お店の公式サイトに出ている、入館+岩盤浴+お食事一品で1,500円のクーポンを使ったとはいえ、お買い得だなぁと。また行きますよ。
2021041906.jpg
posted by てつりん at 11:31| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月15日

ゆったりしてました

 ひさしぶりの平日休みを満喫すべく、いつものところに行って、まったりしてきました。
2021031502.jpg

 でも、上の写真の組みあわせに匹敵するくらい好きだった、牛すじの煮込みがなくなってた。これは悲しい。強く復活を望みますね。 

 あと、ソフトドリンクの品揃えも変わってたなぁ。コーヒー系のマシンがなくなってた。豆から挽いて入れてた感じのものなので高いのかもしれないけど、これも復活してほしいなぁ。無理なのかなぁ。


 さらには、3月いっぱいで塩サウナ廃止という残念なお知らせも。そんなに客層が悪いとは思わないんだけどなぁ。まさか、勝手にロウリュとかしてたりする?

 ランチは軽く済ませて、
2021031503.jpg

40度以上のところで、比較的無理のない感じで断続的にあったまります。あと、前日はひさしぶりに、寝るのがなんだか惜しい気分になったので、おもむろにドラクエ4をイチから始めた。そういうのもあって、暑くても気持ちよく昼寝ができました。
2021031501.jpg

 そして夕飯は、Wとんかつ定食。以前はなかったと思う。なおありがたいことに、入館お風呂と岩盤浴と食事一品で1,500円のWebクーポンを使ったので、とってもお値打ち価格でしたよ。Wとんかつ定食は、クーポン価格に400円増しだったけどね。またそのうち、行きますよ。
2021031505.jpg
posted by てつりん at 22:19| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月01日

相撲道 ーサムライを継ぐ者たちー

 タイトル通りなのですが、映画を観てきました。今年はじめての県外行きだったなぁ。地元でも観られたはずなんだけど、例によってこの作品の存在を知ったときには、すでに上映が終わっていたという。
2021030101.jpg

 福井市内の、福井メトロ劇場というミニシアターで上映されていました。この待合室の雰囲気が、実に昭和っぽくて懐かしい感じ。チケット売り場付近にある、ガラスケースに入ったパンフなどの置き方も。こういう雰囲気を持つ映画館は、金沢市内では絶滅しちゃったなぁ。シネモンドは、もっと今どきのおしゃれなミニシアターって感じだし。去年行った富山市内のほとり座も、こういう昭和感はなかったなぁ。
2021030102.jpg

 これはエンドロールではなく、ミニシアターを支援するためのクラウドファンディングに賛同した人たちです。コロナ禍でどこも大変ですね。でも1日1回、1週間だけの上映だったからか、この日(2月11日)はかなりのお客さんが入っていました。
2021030103.jpg

 外もなかなか味わいがあります。
2021030104.jpg

 そうそう、映画の内容なのですがね、真摯に相撲に向き合う、まさにサムライたちの姿が描かれます。全編日本語ですが、これに英語の字幕をつけたらかなり話題になるだろうなぁ。正直こういう映画を見ると、相撲界上層部のあり方について、なんだかなぁって考えさせられるものがあります。

 個人的に衝撃だったのは、ちゃんこがまずい部屋があるとか、部屋でちゃんこを作れなくなっているケースがあって、仕出し弁当を取ってたりするって話だな。登場する相撲部屋は、きちんとしたちゃんこ番がいて、ちゃんこを作って食べてるシーンが出てくるし、この部屋への入門を決めたのはちゃんこがうまかったからっていうくだりも出てくるんだけどね。食べて寝て、稽古して太って強くなるのが力士だと思っていたので、ちゃんこが作れないとかちゃんこがまずいってのは、力士育成の根幹に関わると思うんだけどなぁ。いいの?そんなので。

 そしてここでランチを!と決めていたお店がまさかの定休日。いや、調査が甘かったんです。でもなぁ、なんで有料の駐車場から出庫させてまでここに来たんだか。いい感じのお店だったのに。
2021030105.jpg

 同じ駐車場に戻って、第2候補だった駅近くの蕎麦屋にて。いや、これもうまかったんだけどね。
2021030106.jpg
posted by てつりん at 23:36| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月05日

正月休みの延長戦

 きのうが仕事始めだったのですが、きょうから(正確にはきのうの午後から)代休。というわけで、正月休みの後半戦というほど長くはないので延長戦かな?

 そこで、正月休みを満喫すべく、いつものところに籠ることにしました。開店早々に入ってますが、少ないとはいえ同じようなコアなファンも一定数来てたなぁ。
2021010501.jpg

 いつものようにしばらく岩盤浴で汗を流したのち、真っ昼間から、正確には午前中のうちから飲みます。苗場のちゃんこ谷川がなくなってしまったので、わたしにとっては唯一の、貴重な昼間から飲めるスポットです。昨晩も、次の日が休みだからと、飲んでましたけどね。惜しくも年末年始ということで、牛すじの煮込みなど一部メニューはやってませんでした。
2021010502.jpg

 ランチは冬季限定のカキフライ定食。サラダがたくさんなのがいいですね。おいしくいただきました。
2021010503.jpg

 その後、入館時から引き続き、45度くらいの漢の間で集中的に温まる。これくらいの温度だと携帯も使えるしかなりの汗も出るし、かと言って長時間いても苦痛じゃないし、絶妙なバランスだと思うなぁ。しかも、聞くところによると、40度で3時間で、コロナウイルスはほぼ死滅するのだとか。

 マスクも、しなくてもいいらしいし。でもなぁ、してないのにしゃべっちゃうことって、やっぱり止められないものなんだねぇ。行きたがっている娘を連れてこようって思った時期があったけど、ひとりで来るのが正解だと思うな。

 夕飯まで、しっかりいただいて帰りました。そうそう、以前岩盤浴ではノーパンノーブラって話をしたと思うのですが、調べたところほんとにそれが正しいみたいですね。あと何を思ったか今回わたしはノーパンではなかったのですが、汗で下着が体に貼り付いてだめだね。館内着はサラサラした素材なので貼り付くことがないのですよ。
2021010504.jpg
posted by てつりん at 22:52| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月20日

今月の岩盤浴

 書いてないけど10月の終わりにも、計画年休を使って岩盤浴に行っていました。ところが11月はちっとも行けなくて。仕事が一段落つくめどが立ったので、ひさしぶりに行ってきました。正確には一段落つけて行くはずだったのに、結局予定通りには終わらなかったのに、それでも行くものは行くんだ!というわけで仕事をほっぽりだして行ったのでした。

 そこまでしてまでリフレッシュするって、大切なことだと思うんですよ。
2020122001.jpg

 平日に来るのがほとんどで、日曜日なんてひさしぶり。意外とお客さんが多かったなぁ。
2020122002.jpg

 調子に乗ってもう1杯。なんだかとっても贅沢な時間が流れていく気がします。
2020122003.jpg

 以前はなかった気がするなぁ。焼きカレーチーズハンバーグ定食。ここのハンバーグ定食って数量限定で気になっていたのですが、こういう形でリニューアルされたみたい。正直、ご飯が大盛りでも足りないくらいうまいです。焼きカレーもご飯がすすむ味なんです。
2020122004.jpg

 夜はカツ丼にミニそばをつけて。でもこの組み合わせって、過去にも食べてましたね。終わらなかった仕事に勝つつもりで、気合を入れたかったのですが。
2020122005.jpg

 最後はデザート50円引きクーポンがあったので豪華に締めを。かれこれ12時間くらい滞在したなぁ。来月も年明け早々、たっぷり時間をかけて居座る予定です。家に居場所がないわけではないけれど、住んでもいいと思っているくらいです(笑)。
2020122006.jpg

posted by てつりん at 23:44| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月30日

今年最後の夏休み

 満喫するために、いつものところへ行ってきました。
2020093001.jpg

 とは言っても仕事がヒマなわけではないので、前の日は定時で帰って、夕飯食べて仮眠して、誰もいない会社に再度出勤して、夜遅くから明るくなり始めるまで仕事した。最後の方は脳みそがスリープモードになっていくのがハッキリわかったなぁ。おかげさまで、目標とするところまではできました。

 なので開店早々突入し、しばらく岩盤浴で汗を流した後は、さっそくいつものアレを(笑)。
2020093004.jpg

 もう一杯飲みたい気もしたけれど、この時はむしろ食欲だったので、早めのランチ。今では貴重になった、シンプルながら味わい深いラーメン。お店でちゃんと調理したことがわかるチャーハン。おいしくいただきました。
2020093003.jpg

 そして昼寝を挟みながら、断続的にいろんな部屋を巡ります。いい感じで気持ちよく、汗が流れていきます。
2020093002.jpg

 ついでに今回は夕飯も。ステーキ膳を180gで。こんなに豪華なものをここで食べたのは初めてなんだけど、それでも1500円くらい。野菜が多いのが嬉しいです。
2020093005.jpg

 さらに豪華なデザートも。
2020093006.jpg

 ミックスを所望したんだけど、もう9月も終わりだといちごがなかったのかなぁ。マンゴーしかないということでマンゴーを。ソフトクリームもおいしかったなぁ。もちろん氷も。一般的なシロップをかけるタイプではないようで、全面的に味がしみている感じ。おいしくいただきましたよ。
2020093007.jpg

 ちなみにお会計は、まさかの5700円くらいでした。まぁ1日滞在したと思えば妥当ではありますがね。また行こうと思います。
posted by てつりん at 21:28| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月12日

動物園へ

 かねてより妹が強く行きたがってきたので、天気の怪しいなか行ってきました。
2020081201.jpg

 時節柄、しょうがない感じです。でもね、天気が微妙なのもあってか、いい空き具合でした。
2020081202.jpg

 誰もいないイルカプール。人によっては損した気分になるのかもしれませんが、これはこれでなかなか貴重な光景。この日はそうでもなかったけど、もはや暑くてやってられないんじゃないかと思う。
2020081200.jpg

 だから、三密をあまり気にしたりもしないで、レアな光景をじっくり待ったりもできる。
2020081203.jpg

 それでも、暑くてやってられないという雰囲気は感じました。猛暑日だったら、人間という動物しかいなかったりしてね(笑)。
2020081204.jpg

 人が少ないからか、なんとなく動物たちもサービス旺盛な感じがします。動物園の動物ってのは、人に対するやる気のない態度も含めて楽しむものだと思っているので、これはこれでなかなか新鮮でしたよ。
2020081205.jpg
2020081206.jpg
2020081207.jpg

 なので、さっきのあくびもそうでしたが、決定的瞬間も捉えやすいです。
2020081208.jpg

 えっ?!これは悲しい。どれだけスルーされても、羽を拡げて求愛し続けるのが一種の風物詩だったのに…。孔雀の求愛行動の何たるかを、見せ続けた動物園生活だったと言っても過言ではないでしょう。
2020081209.jpg

 在りし日は、こんな感じでいつも求愛してた記憶しかないです。2013年3月の撮影だそうです。
2020081210.jpg

 なかなか貴重なものも見られます。自然界を飛ぶのも、佐渡のほかは本州の一部地域にごくわずか。飼育下で見られるのも国内で4か所だけです。なおこのガラスはマジックミラーになっているそうで、反対側からは見えないそうです。距離にして1〜2mくらいのところから、撮ってるんですけどね。
20200812011.jpg
posted by てつりん at 22:34| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月11日

昭和な体験を探して

 この作品を!というわけではなかったのですが、タイミングが合ったので、映画ドラえもん のび太の新恐竜を観に行ってきました。

 第4作の、のび太と海底鬼岩城だったと思うんだけど、今はなきまちなかの映画館で、これまた今は亡き父と観に行った記憶があります。内容よりも、父が映画館で爆睡だったことを、なぜかハッキリ覚えている。だからってわけでもないんだけど、クレヨンしんちゃんを一家で観に行こうとは思わないんだけど、ドラえもんだったらいいかなぁと。いや、クレヨンしんちゃんも、なにげに一家で観るにふさわしい内容だったりするのは知ってますけどね。かつてわたしが父と行った頃とは少し違い、老若男女問わず観に行った家族全員の満足を追求するような作品に仕上がっているのでしょう。

 内容は、ネタバレになってもまずいし、始まったばっかりだから触れないけど、期待を裏切らない、一家全員で観るにふさわしいものだったなぁ。さとも言ってたけど、まさに『ザ・昭和の娯楽!』という感じで、楽しかったですよ。作品そのものもちゃんと味わったし、こういう体験をしたという事実もちゃんと味わったと思う。姉が小6であることを考えると、かなりの確率でこういうことはもうないかもしれないし。

2020081101.jpg
 戦利品の数々です。入場すればもらえるそうなので、全員分。しかし4人と1人で別々に入場したのに、全5種類が一度に揃うとは。

2020081102.jpg
2020081103.jpg

2020081104.jpg
 こういう昭和な描写の数々が妙に懐かしい。娘たちはどう感じたんだろうか。あっ、さすがに物心ついたときには、自宅はカラーテレビでしたよ(笑)。
posted by てつりん at 23:58| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月29日

夏休み初日

 うちの会社は計6日間の夏休みがあります。が、今年度は社内の諸般の事情やカレンダーのめぐりあわせなどにより、6日間をまとめて取るのが不可能。平日に部署内で工夫しながら、要は順番に取りましょうということになりました。

 で、この日はわたしの番。まず予約していた病院に行く。詳細は別項にてながら、なかなか面倒なことになったなぁ。結局これで午前中をほぼ使ってしまう。

 そして午後からは、いつもの岩盤浴へ。このために前日は日付が変わるあたりから誰もいない会社にこもり、休んでもいいように仕事を全部終わらせてきたのだ。時間がいつもより遅いので、さっとあったまって早速のプレモル一杯。おねぇさんがサービスしすぎたのか、あふれています。つまりいつものプレモルの写真を使いまわししている疑惑は解消されているかと(笑)。
2020073001.jpg

 そしてさらにウーロンハイに、牛すじ煮込みをつけて。
2020073002.jpg

 その後、気持ちよく酔いが回ったのと、前日にほぼ寝てないのもあって、見事に意識を失う。あんまりあったまってないんだけど、ここで遅めのランチ。定番の唐揚げ定食ですが、なかなかうまかった。
2020073003.jpg

 あとはラストスパートでもないけど、集中的に熱めの部屋で汗を流す。同時進行で、iPhoneを使ってためていたブログを書きまくる。今年になって、たまに、出先でiPhoneで下書きをして、あとでMacで調整とか、写真の挿入とかをしてアップするということをしています。キーボードとは操作性が違うので、なんとなく読点の位置というか打ち方が違ってる感じもするけど、まぁこれも味のうちかな。そういえば作業中だったかに、「岩盤浴がエロいところだと思っていた」とか、「ノーブラノーパンで、館内着を来てるってのがエロい」、「なぜ男はノーブラが好きなんだろう」ってな話を延々している女性2人グループがいた。わたしが男枠に入れられてないかのように大声で話すのがなんだかなぁって感じで、かといってそんな他愛のない話に聞き耳を立てるのもエロキモいので、部屋から出てしまったぞ。1人で来て、ノーパンノーブラをアピールしてきたら??? いや、でかい声でそういう話をするってのが下品だと思うので、何もしないでしょう(爆)。

 なお一部の夏休みを、こういう感じで単発で取っているので、またそのうち岩盤浴に繰り出そうと思います。長期連続休暇にしたところで、行くところもないしね。
2020073004.jpg
posted by てつりん at 23:36| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月04日

6月の岩盤浴、再び

 タイトル通りのものなんですが、6月末にも岩盤浴に行ってました。つまり6月2回目ですよ。会社の飲み会とかもないし、そんなにお金を使う場もないし。お金を使いたくて行ってるわけじゃないんだけど、疲れが溜まっている感じがして、岩盤浴でダラダラしたかったんです。

 開店早々に入館し、しばらく汗を流したあとはいつものセットを。プレモルとフライドポテトの組み合わせって、なんでこんなにうまいんだろうか。ちなみに前回は気持ちよくもう1杯飲んだ挙げ句、なぜそうなったのかわからないんだけど館内でこけて顔から落ちるという謎の失態をかましているので、この1杯しか飲みませんでした。
2020070101.jpg

 そしてランチはこれ。天ざるの大盛り。いくらだったかなぁ。退館するときの支払いは、4000円を少し超えたくらいでした。遠くないうちにここのお食事メニューをすべて制覇するんじゃなかろうか。
2020070102.jpg

 さとからは夕飯も食べてきてと言われていたので、夕飯に前回も食べた全部のせカレーを。なんかねぇ、うまいんですよ。常習性があるような気がします。
2020070103.jpg

 というわけで今月、7月もどこかで時間を見つけて、岩盤浴でまったりしたいと思います。
posted by てつりん at 22:58| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

徒然なる岩手県

 人生において初めて岩手県に足を踏み入れたのが、高校の修学旅行のときでした。と言っても、歳がバレそうな話ですけど、当時はまだ飛行機での修学旅行が一般的ではなかったみたいで、かなり遠いのにひたすら陸路。なので初日は、中尊寺くらいしか行ってない気がする。宿泊は岩手県内だったけどね。当時はユーミンをかなり聴いていたとはいえ、「緑の町に舞い降りて」の存在はまだ知らなかったはず。そうそう、昔っから思うのが次の歌詞。

MORIOKAというその響きが
ロシア語みたいだった

 ロシア語をやってたような人に、本当にそう感じる部分があるのかってことを聞いてみたくてねぇ。なお、あくまで個人的意見ではありますが、福井弁のなんだかアンニュイな感じというかむにゅっとした雰囲気というか、まぁなんとも言えないそれには、フランス語の響きを感じると思っています(笑)。


 その後、ふとしたきっかけで、岩手大学の人文社会科学部というものを見つけます。進研ゼミ高校講座の大学案内で見つけたんだったと思う。よく言えばあれもこれもそれもやってみたい、悪く言えば何がしたいのかが明確ではない、そんなわたしにとってはものすごく魅力的なところに見えたのを覚えてるなぁ。でも当時も今も同じように思っているけれど、文系で、ましてやそれが法律系とか教育系のように明確に仕事に結びつきにくいんだったら、やりたいことを何でも幅広くやっていた方が絶対に得だと思うんだよ。

 ところが。今も同じでびっくりしたんだけど、センター試験の配分が高くて、二次試験は英語のみ。あんまり、というかちっとも勝算がないので、結局そこは受けなかったんだ。今思うともっと早いうちからがんばっていれば何かが違った気もするんだけど、そうしなかったことで見ることのできた世界もあって、その結果が今を創っているんだから後悔はないなぁ。鉄道のポイントのように、本来は両方への分かれ道があって、でも現実の人生だと片方しか見ることができない。そんなパラレルワールドを覗くことができたとしたら、行きたくはないけれど見たい気はするけどね。


 ある日、FMから流れてきた「アドバルーン」って曲にやられました。リンク先の動画は初めて観たけど、これは当時作られたPVなんだろうな。服部祐民子本人もちゃんと出てますよ。このへんでも相当プッシュしていたのか、曲が地元のチャートで1位を取ったり、ツアーがあると思ったら東京大阪と金沢だったり。このへんって、ファンの巣窟なんですよ。相当ライブにも行ったなぁ。アドバルーンをきっかけに、過去に出ていたアルバムは全部買った。ところが10年くらい前に活動休止。その後も音楽に関わる仕事をしていたことはわかっているんだけど、その音源も聴いて、これはいいなぁって思ったんだけど、今となっては探し方が悪いのか見つけることができない。アップルパレス青森のブライダルCMなんだけどなぁ。

 先日、気づいたら行きたいと思っていた宿がいっぱいになってたってことを書いたんだけど、それで開いた記憶の引き出しってのがあったんです。盛岡市にある、居酒屋祭。実はここ、その服部祐民子のご実家でねぇ。つまり岩手県出身。本人はインディーズに活動の場を移した頃からかなぁ、ウェブ制作の仕事もしてたんだけど、お店のホームページも確か本人が作ったものだったはず。ところがどうも閉店したらしい。聞くところによるとどうも、おかみさん(服部祐民子の実母)が亡くなったことによるらしい。

 そこからなんだか妙に服部祐民子のことが気になって、居酒屋祭のことをあれやこれやと調べてみたのでした。なんとそこには旬菜十六月という別の店があるんだけど、これがまたいい感じのお店なんだな。また、こういう記事も見つけた。結婚して、子どもが生まれたってことも知ってたけど、これを読んでまた歌ってほしいような気持ちと、本人が幸せにしているんならそれでいいやって気持ちが複雑に入り交じる感じ。ホントにいい曲を作ってきたんだけどなぁ。このまま埋もれていくのは惜しいよ。

 誰にでも確認できる服部祐民子の足跡は、今のところこれで終わっています。うん、やっぱりそのうち岩手県に行こう。湯治の旅に出よう。そんな気持ちにさせられるのです。
posted by てつりん at 12:17| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月16日

満室御礼

 コロナ禍のあれやこれやもあって、今後の予定がなかなか立ちません。夏休みには湯治の旅に出ようかと密かに画策中だったのに、以前からそんなことを考えていたのに、そもそもその夏休みがどんな感じになるのかがまったく読めない。でもそろそろなんとかなるかなと思って、狙った宿の空室検索を試しにかけてみたところ・・・、なんと全滅だったという。

 東北の冬も味わい深いものがあっていいんだろうけれど、個人的には避暑気分も兼ねて夏に行きたかったのにな〜。それでも気を取り直して、今のところ、いつまでの予約ができるのかを調べてみる。う〜ん、9月末までか。ということはたぶん、来月になれば10月末までの予約ができるんだろう。9月になったら速やかに、年末の予約を押さえに行ってみようかな。きっとその頃だと、相当いろんなな仕事が押し詰まっているはずで、疲れもピークにあることでしょう。きっと湯治場でまったりすることが、至福の贅沢なひとときになるに違いない。もちろん仕事は計画的に進めていきたいと思っていますよ。どうなるかはさておきね(笑)。
posted by てつりん at 23:28| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月06日

今月の岩盤浴

 5月の週末に行こうと思っていたのですが、何があったのか再開が1週間延期に。ホームページをマメにチェックしていてよかったよ。お風呂やレストランは開いていたとはいえ、岩盤浴をしに行って岩盤浴が閉まってたらシャレにならない。

 というわけでじっくりと汗を流し、お昼ごろからはレストランへ。例によってポテトフライとプレモルで一杯。ビール好きってわけじゃないんだけど、でも毎度のことながらおいしくいただきました。
202006061.jpg

 そうそう、稚鮎の天ぷらもありましたよ。なかなかのボリュームで、500円。いつまであるのかわからないけれど、なかなかおすすめです。
202006062.jpg

 それに飽き足らずにもう一杯ってことで、萬歳楽の加賀梅酒ソーダ割りを所望。これは北陸新幹線のグランクラスでも飲めるという銘品です。一時期自宅にも備蓄されていた時期があった気がするけれど、あまりのおいしさに常習性があるってことでなのかなぁ。最近はうちでの在庫を切らしております。
202006063.jpg

 その後さらに昼寝したり、岩盤浴で汗を流したりして夕方近く。ついに食べてみたかったあれを注文します。前回行ったときも、その話をしてたくらいですが、ついに降臨させますよと。その名も、全部のせカレー。お店のトッピングを全部載せるという、豪快な一品です。しかも大盛りで。
202006064.jpg

 ・・・一瞬、ちょっと早まったかもしれないと思ったくらいのデカさです。しかもこの日の自宅での夕飯もカレーであることはわかっていました(笑)。でも食べたかったんです。それにしても見事なボリューム。大盛り料金100円で、1355円だったかなぁ。でもこの日は、食事一品+入館+岩盤浴で1500円という、バーゲンプライスなクーポンを頂戴していて、全部のせカレーは一部追加料金で食べられる。

 まぁ結局、飲んでいるわけですから最終的にはいつもどおりな感じの、4000円くらいを払って帰ってきましたがね。それでもまる1日いられて、まったりのんびりできるってのはいいなぁと思いますね。岩盤浴内は密を避けるために1人おきに寝るように札が置かれていましたが、わたしのような熱烈なファンがいるのか、時間帯によっては空きがない部屋もあるくらいでした。来月も行こうと思います。
posted by てつりん at 23:51| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月27日

3か月ぶりの岩盤浴

 最後に、「来月も行こうと思います」と書いてそれっきりでしたが、先日ひさしぶりに岩盤浴に行ってきました。年度末処理も無事に終わったのでね。3か月ぶりのことでした。

 なんとなくコロナウイルスが心配なので、意識的に温度の高い部屋へ行くようにしていました。何度で死滅するのかよくわからないけれど、人の体温以上ならだいじょうぶでしょうか。30℃くらいの部屋には行かずに、40℃〜60℃と、クールダウンの部屋に行くようにしていました。でも、クールダウンの部屋では、誰にも会わなかったなぁ。

 12時過ぎ。いつものプレミアムモルツとポテトフライで一杯。なんだかねぇ、ダメ人間になっていくのがよくわかります。でもそういう時間って大切だと思うんだよ。ちなみにこの日は半日の代休と半日の有給をあわせて来ております。
2020032801.jpg

 撮影時間の情報によると、どうも5分ほどで胃の中に消えていったらしいです(爆)。おかしいなぁ、もうちょっと時間をかけて味わってたつもりなんだけどなぁ。
2020032802.jpg

 なのでもう一周、プレミアムモルツとポテトフライってのも考えたんだけど、ゆずチューハイと牛すじ煮込みで。なお金曜日に来ればビールは半額ですが、それを我慢できずに別の日に来てしまいました。
2020032803.jpg

 いい満足感が襲ってきたので、いろんな部屋にこもってそのたびに意識を失う。ゲーマーになってて夜ふかしも多かったってのもあるのでしょうが、岩盤浴で寝るつもりだったからそれでいいんです。

 遅い時間のランチは、全部のせカレーで!と決めていたのですが、なぜか別のものの誘惑に負ける。実は予期せぬ課長待遇を打診されてしまい、それに勝つという意味を込めてみたくなったとかそんなことなかったとか。
2020032804.jpg

 かなり遅い時間になってしまったので(昼に飲んでいるので遅い時間じゃないと出られないのですが)、お風呂はほどほどになってしまいました。でもなぁ、10時の開店に始まり11時過ぎからプレモルの宴、そのまま閉店近くまで過ごすようになるのも時間の問題のような気がします。実際には開店1時間後くらいから、閉店2時間前くらいまでいるのですがね。それでも4,000円くらいで過ごせるんだから、なかなか快適ですよ。
posted by てつりん at 17:00| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月24日

苗場の休日(その2)

 感動的な一夜、いや1日を過ごし、宿泊は某所に停めたヴォクシーの車内で。2〜3列目が限りなくフラットになるのですが、微妙に傾斜があって、その対処をしないまま寝袋を広げて寝てしまったので、ずりずりと運転席側に滑り落ちていく感じでした。2列目付近に重点的に毛布を敷き詰めれば、もっと気持ちよく寝られたと思うのですが、正直そのままでもものすごく快適でした。ちょっとしたことだけど、2列目の窓に目隠しになるロールスクリーンがあるのがいいですね。また寝たいくらいです(笑)。

 翌朝の苗場プリンス館内にて。キャピタルヴィレッジのホームページを前日の夜に見れば、当日券があるのかないのかわかるのですが、この日は全10日間の公演日で唯一当日券のない日でした。月曜なのに、正直ちょっと意外でした。
2020022401.jpg

 朝食は、前の日から目をつけていたアゼリアへ。ブリザーディウムからすぐの、3号館にありますよ。
2020022402.jpg

 前日はあんまりいいものを食べてないというか、野菜不足で不健康な気がしたので狙っていたのです。ホテルの朝食バイキングって、実は泊まっていないからこそ、なんだかとっても贅沢な感じ。しかも前日に何があったのかを知っているような人たちから、「昨晩はおめでとうございました」とか言われちゃうし。「ゆうべはおたのしみでしたね」ってのとは、一見同じような文面だけど、意味はぜんぜん違うよな(爆)。
2020022403.jpg

 次の日は普通に仕事なのと、早めに帰って疲れを取りたかったので、寄り道は最小限にとどめることにしました。でもせっかくなので、こういうときでもないと絶対に行かなさそうな駅を訪問。越後鹿渡駅だって。寄り道数百mでたどり着けます。
2020022404.jpg

 駅前の水たまりが、見事に凍っていました。これほど見事に水たまりが凍っているのを見るのは、どれくらいぶりなんだろうか。
2020022405.jpg

 隣の駅が、ものすごい豪雪地帯で知られるあの津南駅でした。知らなかったなぁ。でも、ここから見える風景はちっとも豪雪地帯な感じがしませんでした。やっぱ今年の冬の雪の少なさは、平地も山も、なんだかおかしかったんだろうなぁ。
2020022406.jpg

 しばらく待ったら列車は来るんだろうか。と思いましたが、3時間くらい待たないと来ないのでした。高校生の通学のためにほとんどの列車が走っていて、それ以外の列車は12時台と14時台にしか来ないって感じですね。
2020022407.jpg

 いつぞや訪問してかなり気に入った、ナステビュウ湯の山へ。ここも、帰り道からちょっと寄り道するだけでたどり着けます。数キロくらいかな。
2020022408.jpg

 こぢんまりとしていますがステキな泉質のお風呂。絶景の露天風呂。あと、何回かサウナに入って昼食。これに挑戦したい気もするけれど、食べるだけで疲れそうな気もしたので今回はパスで。
2020022409.jpg

 こっちにしました。とんかつも疲れるんじゃないのってツッコミはなしで(笑)。適量だから、疲れないんですよ。
2020022410.jpg

 でもなんでかなぁ、お風呂に入る前から、この看板に目が釘付けになってました。なので食後は、このマッサージチェアに絡め取られる。そして、意識を失う。正直、苗場に行く前からかなり疲れていたのは事実です。マッサージチェアは気持ちよかったけれど、そのときはスッキリしたつもりだけど、もう1周してもよかったくらいに疲れていたのは事実だなぁ。
2020022411.jpg

 結局帰りはほぼ全行程下道で、お風呂や食事の時間も入れれば、10時間くらいかかったでしょうか。ヴォクシーで下道の長距離なんて疲れそうだなぁって思ったけど、意外となんとかなるものですね。何かのときにはまた、使わせてもらおうという気持ちになることができました。
2020022412.jpg
posted by てつりん at 23:37| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月22日

苗場の休日(その1)

 先日書いたとおり、当日券で苗場に潜り込んできました。ここでは、ライブ以外のナエバカンスのことについて書きます。
2020022201.jpg

 今回のグッズはこんな感じ。わたしはいつもの紅茶とパウンドケーキ、そのほかとしては40周年だからってことで作られたパンフレットと、マグネットのガチャガチャ、そしてなかなかかっこいいと思ったハンカチも買いました。
2020022202.jpg

 マグネットはこんな感じです。どれが出てもいいと思って買ったんだけど、あたったのは写真の左上から右に2つ、下に1つの位置にある、91年のvol.11のものでした。当時のわたしは、ユーミンは聴いてたけど、苗場でライブを恒例でやってるなんてことは知らなかったなぁ。
2020022203.jpg

 会場のブリザーディウムへの階段右側では、マグネットと同じ写真の展示がありました。
2020022204.jpg

 展示と階段の間、階段のすぐ右側には、毎年のポスターと30周年記念プレートのほかに、40周年記念のプレートも掲げられていました。
2020022205.jpg

 最初のライブは、ホテル側からはあんまりよく思われてなかったっぽいです。なんだったかなぁ、ポスターを館内に貼るのはやめてくれって言われてたんだったかなぁ。小さい男の子と女の子がキスしてるのがまずいって。それがいつの間にか恒例になって、ブリザーディウムの名前はユーミンの命名で、ブリザーディウムの作りも、「君たち(正隆氏やユーミン以下、苗場のスタッフのことね)のやりたいように設計してくれ」って、堤さんに言ってもらえたんだったか。

 ちなみに40周年記念プレートは、これです。勝利の女神、NIKE(ニーキ)をモチーフにしたのだとか。
2020022206.jpg

 40周年ということで、いつもよりもお祝いのお花が多かった気がするなぁ。aikoとか、NHKのSONGSスタッフといった、いつもの人たちのお花ももちろんあったけれど、個人的にはこの写真の右から2番目のお花が気になった。樋熊隆夫さんからのものなんだけど、これまでは「ちゃんこ谷川 樋熊隆夫より」になってたんです。お店がなくなっちゃったのは残念で、ユーミン自身もいろんなところで話したりしてる気がしますが、それでも大将が元気ならそれはそれでいいんです。
2020022207.jpg

 最近は、滑らなくてもとりあえず外に出るようにしています。せっかくスキー場に来たんだからね。でも、これだけ土が出ているのは記憶にないなぁ。
2020022208.jpg

 そしてここが、ブリザーディウムの入り口。ここの少し手前に、当日券引き換え窓口があったのでした。
2020022209.jpg
posted by てつりん at 15:33| Comment(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする