2016年05月07日

岐阜城攻め

 訳あって四日市へ向かう途中、岐阜城を攻めることにしました。小田和正のライブに行く前に、織田信長の足跡を辿ったわけですな。

 この岐阜城、だいぶ前に以前乗っていたCPプレマシーで攻略を試みたのですが、どこから登るのかわからず、金華山の周囲をぐるぐる回ったり、山道に差し掛かったにも関わらず岐阜城に近づけなかったりと、とにかく難攻不落のイメージが。今回については、当時持っていなかったハイテク装備、カーナビの力を借り、さらにはロープウェーで登るんだという基本的情報に対する下調べも万全。それでもはるか山の頂にそびえる岐阜城はなかなか手ごわそう。
2016050700.jpg

 それでもロープウェーに乗ってしまえば、あっという間でした。ちなみに徒歩でも登ることができますが、地面が湿っていて滑りそうだったのと、時間的に厳しいかもしれないと思ったから、往復ともロープウェイを使いました。
2016050710.jpg

 山頂に到着、いよいよ登頂開始です。
2016050711.jpg 2016050712.jpg

 天守閣の頂から見える濃尾平野はなかなかの絶景でした。気分は織田信長か、それとも竹中半兵衛か。
2016050713.jpg

 なお、麓では織田信長時代の発掘調査が進んでいるそうです。考えてみれば当然のことだけど、金華山の頂にある岐阜城で政務を執っていたわけではないんだよね。麓の館で政務を執って、有事の際には背後の山城に篭もる。武田氏の躑躅ヶ崎館に対する要害山城とかみたいな感じでしょうか。ちなみに麓の町には、ルイス・フロイスも訪れていたという記録が残っているのだとか。天守閣は正直、あんまりおもしろくなかったんだけど(爆)、麓の周辺にはなかなかおもしろいものが点在しており、戦国好きには結構楽しめるんじゃないかと思います。
2016050714.jpg
posted by てつりん at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

VOLVO V40 D4 SE がやってきた

 ネタとしては賞味期限を過ぎたさかのぼり更新で申し訳ないのですが、時間をかけてしこんだネタなので、どうぞ最後までおつきあいいただけたらと思います。

 実は30日に、VOLVO V40が自宅にやって来ました。個人的には待望のディーゼル車です。400万以上しましたが、細かいところではあれこれあるのですが、決断には後悔していません。ということで、とりあえず取り急ぎ新しい愛車を前に記念撮影。なっちゃんは、タイミングが悪くて、見えない別の場所にいます(笑)。
2016040101.jpg

 翌日の31日。会社を休みにしてドライブに出かけることにしました。でもまずは、保育園のお送り迎えなどでデビューを飾ることにしました。正直なところ、チャイルドシートをつけるのは、AZワゴンと比較しても苦しいです。座ってしまえば快適ですけどね。
2016040102.jpg

 初めてのドライブの行き先には、能登を選びました。のと里山海道を気持ちよく駆け抜けていきます。2000回転までで十分、ストレスなく走らせられるところはさすがディーゼルです。あと、同じ2000回転まで上げる場合でも、アクセルペダルの踏み込む速度によって、シャープな加速か普通のゆったりした加速かが違います。そしてシャープな加速でも、どんどんシフトアップして速度が乗って行くので、いい意味でこれまでとは異次元の走りといったところでしょうか。
2016040103.jpg

 能登島を通って、ツインブリッジのとで1枚。天気がよくて、とっても気持ちいいです。
2016040104.JPG

 途中、能登鹿島駅でも1枚。桜の名所なのですが、まだ早かったみたいです。それでも桜の木は、全体的にピンク色を帯びていました。
2016040105.jpg

 時刻表を見たら、まもなく列車が来ることがわかったので、さらに1枚。乗客数の割に、2両連結なんてなかなか贅沢な。乗ったのは0人、降りたのは1人だけでした。
2016040106.JPG

 さらに先を急いで、宇出津の寿司屋まで来たものの残念な結末に。
2016040107.jpg

 気を取り直して、日本海倶楽部での昼食に予定を変更しました。
2016040108.JPG

 これで950円、食後の二三味珈琲をつけても1150円と、とってもコスパは高いです。おいしくいただきましたよ。でも、寿司が食べたかった・・・。
2016040109.jpg

 能登半島最北端の禄剛崎で到達証明書をゲットしたものの、そろそろ帰宅時間が気になりだしたので先を急ぎます。続いては千枚田で1枚。
2016040110.JPG

 旅に出るとソフトクリームが食べたくなります。わたしだけでしょうか。
2016040111.jpg

 そういえば後席からの眺めもすばらしいんですよ。ガラスが開くことはないのですが、後席メインで楽しめる感じです。車内から、空がとっても広く見えます。保育園に送った際、よっしーもなっちゃんもおおよろこびでした。で、みっちゃんは助手席でうっとりしていました(笑)。
2016040112.JPG

 ちなみにインパネ周りはこんな感じ。ハンドルでくるくるピッピッ(通称)ができるのは便利です。これだけでナビなど、いろいろ操作できます。まだまだ慣れが必要ですけど。
2016040113.JPG

 とってもたくさん走りましたよ。これだけ走って、車載の燃費計は21km/L以上を示していました。しかも、燃料は軽油ですよ。
2016040115.jpg

 ということで突然かも知れませんが、これからはVOLVO V40との日々を満喫したいと思います。プレマシー関連で出会った皆様とのご縁も、かわりなく大切にしていきたいと思いますので、これまでとかわらぬご愛顧のほどを。











 だってきょうは、4月1日ですからね(爆)。やっぱこれでしょう。おかえりなさい♪
2016040114.jpg

 ネタバレをすると、1年間のオーナーキャンペーンには当選しなかったみたいなのですが、販売店から1日どうですか?と言われたので、ありがたく乗らせていただきました。この場を借りてではございますが、厚く御礼申し上げます。

 すばらしいクルマなんだけど、人に聞かれたらすばらしさも語れるしオススメもできるけれど、正直なところうちの家族構成にはあわないんですよね。そういう意味では、よさは認めるけれど、縁のないクルマかなって感じがするのです。
posted by てつりん at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月26日

2016 川原湯温泉の今を訪ねて

【写真はクリックしたら、鮮明なものが開きます】

 1か月以上前のことですが、冬の恒例、苗場に行ってきました。そのうちどこかで書きますが、とってもいいライブでした。わたしの好きな曲だけど、あんまりライブでやらないよねぇって曲を、次々と演奏していただきました。また来年も、仕事をがんばってしっかり稼いで、なんとか時間も作って来たいと思います。
2016032601.JPG

 日付も2月7日に変わった終演後、三国峠を越えて向かった先は、2年ぶりの川原湯温泉でした。ちなみに2013年2014年にも訪問しています。

 ところが、以前通った道は通れなくなっていました。この先どこまで行けるかなぁ、工事現場を近くで見られたらラッキーって思い、突破してみたのですが、すぐ先で封鎖されていました。
2016032602.JPG

 かつての温泉街に行けそうな道を発見したので、新しくなった川原湯温泉駅の駐車場にプレを置いて、歩いてみることにしました。
2016032603.jpg

 建物は次々と撤去されているという認識でいたのですが、意外にも王湯は残っていました。共同浴場のうちの1軒で、源頼朝が発見したという話もあるそうです。建物には源氏の家紋である、笹りんどうが描かれています。
2016032604.JPG

 ところが、しょうがないとはいえ、かつての王湯はこの状態。建物が残っていただけラッキーでした。あと、2月8日現在の段階では、急坂を降りる必要がありますが、このあたりもこの先も、クルマで行くことができます。
2016032605.JPG

 さらにその先へ行ってみることにしました。かつての駅を降りて、温泉街へと続く緩やかな坂道を登っていく道があったのですが、それを下から上ではなくて、上から下へと進む方向に歩いていきます。

 2014年の段階で閉店していたお寿司屋さんは、すでに解体されていましたが、その横から登って行くとあったもう1軒の共同浴場、聖天様露天風呂の登り口も、遠くから見た限り建物も、残っていました。でも2014年の段階で閉鎖され、お湯がなくなっていた露天風呂ですから。もし見に行って荒れ果てていたらきっとがっかりした気分になると思い、あえてこの坂は登りませんでした。
2016032606.jpg

 さらに進むと、かつての川原湯温泉で営業を続けた宿泊施設の、最後の1件であるらしいゆうあいの前に到着しました。実際のところ、ダム湖に水没しない位置に付け替えられた道路付近や、案内看板にもゆうあいの方向や位置を示すものがあったり。でもこの日は人気もなく、もう営業は終えたのかもしれません。ゆうあい最後の宿泊客は、川原湯温泉にどのような思いを持って、どのようにゆうあいのスタッフに見送られて、玄関を出たのでしょうか。
2016032607.JPG

 ゆうあいのすぐ先で、道は封鎖されていました。ここに来るまでにいくつもあったはずの、かつてあったはずの建物も、ほとんどが更地になっていました。ここまで来て気がついたのですが、基本的にはゴーストタウン一歩手前の状態にありますから、怖いくらいに静かです。誰かに襲われても、誰にも気づいてもらえないんじゃないかと思うと、ものすごく恐ろしい気分にさせられます。
2016032608.JPG

 王湯の向かいに神社があったので、鳥居をくぐってみたところ、足湯の跡がありました。そういえばあったなぁと思いましたが、当然のごとくお湯はもう、ありませんでした。それでもこうした場所が荒れてないことに安心します。変な廃墟マニアとか、ダム建設を変な方向から批判的に捉えて何かをやらかしているような連中がいないことに、川原湯の最後をこうしてそっとしておけることになんだか安心するといったら変な感じですかね。
2016032609.jpg

 次はプレに乗って移動し、ダム本体がよく見える場所にやって来ました。結構いろんなものが見えるのが、なんだかまた切ない感じがします。
2016032610.JPG

 この看板は、まだこのあたりにJRで来られた頃からあったんじゃなかったかなぁ・・・。
2016032611.JPG

 ダム本体の建設現場は、今のところはこういう感じになっています。ダム本体を作るところの斜面を、補強しているといったところでしょうか。
2016032612.jpg

 ちなみにどこかの展示館だったか道の駅だったかで見つけたのが、この写真でした。近いうちに同じ写真を撮ったら、水面になってしまう頃も来るのでしょう。
2016032613.JPG

 いや、展示館だったな。プレハブでできた、ダムへの理解を求める感じの施設でした。なので、その時の気持ちを一筆書いてきました。ダムに沈む温泉街の、後ろ向きな話を書いてもしょうがないし。ちなみに最初からめくっていったところ、一時的にダム建設を止めたのが当時の国土交通大臣だった民主党の前原誠司だと、いろんなところに書いてあったなぁ(笑)。民主党も、なくなっちゃったけどねぇ(爆)。
2016032614.JPG

 散策を存分に楽しんだあとは、新しくなった王湯へ。笹りんどうの家紋も新しくなっています。内部は洗い場が少ないですが、お風呂から見える景色はまたなかなかのものでした。
2016032615.JPG

 最後はダム建設が間近に見えるやんば見晴台の近くの蕎麦屋で食事。でも、すぐそばのうどん屋のほうが賑わってたなぁ。そばもおいしかったけどね。
2016032616.JPG
posted by てつりん at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

もう見られないかも?の景色

 仕事を死に行く(なんだこの誤変換は!!!)しに行くはずだったのですが、必要最低限なものは結局自宅でもできるようなものだったことと、あまりの天気のよさに一気にやる気をなくしたので、みんなでドライブに出かけることにしました。といってもお昼近かったので、あんまり遠くへは行きませんでした。

2015122001.JPG
 毎年このあたりは通りかかるのですが、ロープウェーには乗ったことがありませんでした。ちなみに山頂にはスキー場があるのですが、最近の暖冬傾向で近年はやってたりやってなかったり。今冬は営業しないんじゃなかったかな。そして指定管理者が降りることになっているらしく、もしかしたら来年は営業もされなくなるかも?ということで乗ってきました。

2015122002.jpg
 一昨年も別のところのロープウェーには乗っていますが、娘たちも大喜びです。ちなみにさとは高いところが嫌いらしいです。

2015122003.JPG 
 山頂は驚くほど雪が多かったです。山沿いの場所なのですが、下界でも雪があるのかどうかって感じだっただけに、ちょっと驚きでした。これだけの標高差で、こんなに雪が増えるのかって。

2015122004.jpg
 よっしーも人生初の雪を堪能しています。きれいな雪を見ると、かき氷シロップをかけて食べたくなるのはわたしだけでしょうか。

2015122005.jpg
 パラグライダーの聖地らしく、このあたりを通ると、天気のいい日はいつも飛んでいます。こういうのを見ると、わたしもそのうち飛んでみたくなります。道具一式を揃えるのは大変そうですが、体験くらいだと1回1万円くらいで1時間飛べるんじゃなかったかなぁ。絵に描いたような扇状地を形成する眼下の手取川は、古くからの暴れ川だそうで、散村みたいに見える集落は島集落とも言うそうです。洪水が起こると、集落が島状に点在するからなんだって。確かにこのへんの集落には、島のつく地名が多いのです。

 2015122006.jpg
 下に降りて、獅子吼高原なだけに、数多くの獅子頭が展示されている施設も見学。娘たちはなぜそこまで獅子頭を恐れるのだろうか。ヘタレで困ってしまいます。

2015122007.jpg
 帰りは汐井酒店で地元の銘酒、菊姫を使った大吟醸ソフトをいただきました。娘は近くの道の駅で見たス◯ャータソフトに我慢できずに食べてしまったので、ここではおあずけです。でも、クルマなのでくるみきなことのミックスにしましたが、そのほうが無難な感じがする味でした。特に店員さんからは注意されませんでしたが、しっかりお酒の味がしますよ。おいしくいただきました。
posted by てつりん at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月22日

エンゼルランドに行ってきた

 連日連日、何かとすること満載でいっぱいいっぱいでございます。正直、あれもこれもそれもしなきゃということで、ネットサーフィンをしたり、こうして駄文を綴ったり、ましてやうまいものを食べにオフ会に繰り出すなんて夢のまた夢状態でございます。

 とか言いながら、3連休の1日くらいはなにか楽しいことをしたい。ひねり出せばそれくらいの余裕はあるはずだ。そうねぇ、最終日にはどこかに行けたらいいなぁ。と思っていたら、この日一緒に仕事をするはずだった人からこんなメールが。

「ごめんなさい! きょうはパスします」

 まだ比較的朝の早い時間だったのと、さとがプレに乗ってエンゼルランドに行こうか迷っている感じだったので、じゃぁ一緒に行こうかと。出発は10時過ぎになってしまいましたが、高速を気持ちよく巡航して、12時には到着。

2015112201.JPG

2015112202.JPG

2015112203.JPG

 過去にも来たことがあるけれど、これだけの充実した屋外遊具があるなんてすばらしい。そして科学館のような施設もあったりします。この科学館も、なかなかおもしろい。高速をかっ飛ばして1時間半ほどですが、それだけの価値はあります。お弁当持参なら、なおさら安く1日遊べます。地元にもこういう施設があったらいいのに。

 高速をかっ飛ばしてきたのは、12時45分からプラネタリウムを見たかったから。正直、ドラえもんの映画(内容的には太陽系の謎を探るといった感じのもの)がメインで、今夜福井県内で見られる星座は概略的なものだったけれど、それでも癒し系ボイスによる生解説はなかなかよかった。

 続いて、月の砂とか月の石が展示されているということで、科学館の中へ。米ソの宇宙開発競争についてとか、個人的にはそそりまくりの展示だったというのに、結局早く外に行こうという娘のせいで堪能できなかった・・・。もちろん月の砂や月の石はちゃんと見ましたよ。見ましたけど、慌ただしさのほうが先にあったなぁ。

2015112204.jpg 2015112205.jpg

2015112206.jpg

 外の遊具についてはたっぷり堪能して、娘たちは科学系のワークショップも行きたかったっぽいけど、そこまでは時間切れ。女子校のグローバルサイエンスコースって、なんだかすごそうなんだけど。

 結構いい時間になったので、せっかく福井県内に来たんだからと、ヨーロッパ軒総本店へ。福丼県が誇る名物、ソースカツ丼をいただきます。わたしは見落としてましたが、というか17時台後半というのに店の前に人が並んでいたのにびびって大急ぎでわたしだけ店の前の先に来たので見てなかったのですが、さと情報によると近隣のコインパーキングは県外ナンバー率がものすごく高かったって。一番遠いところで、徳島ナンバーとかあったって。
2015112207.JPG

2015112208.jpg

 結構高価なお子様ランチ(ソースカツ丼だと1,000円)でしたが、娘たちはおいしく完食。おとなたちはソースカツ丼とメンチカツとエビフライの3種乗せをいただきました。また食べに来たいところですな。
posted by てつりん at 23:08| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

ナントカは高いところが好き?

 実家をあとにすることにしました。といっても、前日前々日と、かなり夜遅くまで遊び倒しているので、この日の出発はゆっくりと。途中1泊するという話もあったのですが、思いのほかよっしーがよく寝てくれたので、行きと同様、夜に移動することにしました。

 で、どうせ夜に走るのなら、夜になるまでどこかで遊んできてもいいじゃないかと。わたしの強い希望で、東京スカイツリーに行くことにしました。高いところ、大好きなんですよね〜。バカと言われてもいいくらい、高いところが好きです。隣の駅近くまでプレで行って、1駅分だけ電車に乗ります。
2015072901.jpg

 結構並んでましたが、30分待ちくらいなら娘にはしっかりと免疫ができたみたいです。チケットカウンターは、飛行機の搭乗カウンターみたいに見えました。
2015072902.JPG

 地上350mの天望デッキに到着。これですでに東京タワーよりも、あべのハルカスよりも高いってんだから、高いところ好きにはたまりません。ず〜っと下を見てても飽きません。これはあとで降りてきた時の写真ですが、都心方面は平日の夕方辺りだったからか、霞んで見えました。
2015072903.JPG

 地上450mの天望回廊への待ち時間がさほどないということで、せっかくなのでさらに上を目指します。エレベーターからは外が見えないのですが、上は見ることができます。ものすごいスピード感です。
2015072904.JPG

 今度はきのうまでいた、東京ディズニーリゾート方面を1枚。都心方面と比較して空気がきれいなのか、よく見渡すことができました。条件がよければ富士山だって見えるとのことですが、あの霞っぷりを見てしまうと、週末から月曜の朝で、さらに特定の季節、気象条件とかが重ならないとかなり難しい気がしたなぁ。
2015072906.JPG

 ここまで居座ったのなら、いっそ夕方から夜になっていくスカイツリー上からの景色を堪能したかったんだけど、さとも子どもたちも飽きてきている感じがしたので降りることに。
2015072905.jpg

 買い物をして、食事もして。よつ葉乳業の白いパフェをおいしくいただきました。
2015072907.jpg

 なかなか夜のスカイツリーも絵になります。やっぱり暗くなるまで、上にいればよかった。午後から夕方、夕方から夜へと暗くなり、その一方で街の明かりが灯っていくのを見ていたかったなぁ。
2015072908.jpg
posted by てつりん at 22:39| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

TDR2日目

 この日は朝から、みっちゃんとなっちゃんにイベントが用意されておりました。もちろんこれも、バケーションパッケージの範囲内。
2015072801.JPG

 カストーディアル・キッズというもので、要するに園内のお掃除体験ですな。それでもこういうことをしている場面に遭遇するのが珍しいのか、多くの人の注目を浴びていたそうです。服装もスタッフと同じものだし、子ども用に縮尺を小さくしただけの、スタッフと同じ道具を持ってがんばってました。写真に写り込んでいるカメラマンは、これの公式カメラマンで、あとで写真を注文することもできるそうです。

 が、娘たちがカストーディアル・キッズ体験をしている間、わたしはまたしてもよっしーと飲んでいたという(笑)。いや、よっしーは同行しただけで飲んでませんが。
2015072802.jpg

 タワー・オブ・テラーを待っている間のなっちゃん。なかなかおもしろいですが、そのあとはみっちゃんの証言から半泣きになってしまいました。呪いの像が怖いんだって・・・。確かにわたしも怖いと思ったけれど。
2015072805.jpg 2015072803.jpg 2015072804.jpg 2015072806.jpg

 午後に行ったマーメイドラグーンシアターの演出にはかなり感動しました。円柱形の、周囲にいくつもスクリーンがあるようなホールで、観客の頭上全てがステージといった感じの構成にやられた。結構いろいろと演出のすごいライブというものを見ているつもりだけど、これは斬新だったな。

 個人的にはもっとディズニーシーにいたかったんだけど、ショー付きの夕飯をこの日も押さえられるということで、夕方にはディズニーランドへ。マーメイドラグーンシアターでもそうかと思ったけれど、よっしーは歌と踊りのステージが好きみたいね。
2015072808.JPG 2015072807.JPG

 キャラクターがすぐ近くを駆け抜けていくのもここの魅力。この日はダイヤモンドホースシューでの夕飯でした。
2015072809.JPG

 おいしくいただきまして、さらにいくつかアトラクションを楽しんで、結局この日も閉園近くまでいました。正直ちびっ子3人連れで、ここまで楽しめるとは思いませんでしたよ。
2015072810.JPG 2015072811.jpg
posted by てつりん at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

TDR初日

 東京ディズニーリゾートに行ってきました。さとと遠距離恋愛だった頃は、それなりに行った記憶があるんだけど、家を建ててからというものはとんとご無沙汰で。ちびっ子がいるとそれに振り回されちゃって、結局楽しめないんじゃないかと自主規制して、気がつけばなんと14年ぶりのことだったそうです。びっくりですなぁ。

 実家を早朝に出て、7時過ぎには今夜の宿泊先ホテルミラコスタへ。こんなすごいホテルの前にプレを停めることなんて今後ないかもしれないなぁ、写真撮っておこうかなぁって一瞬思ったけれど、なんだかスマートな感じがしないのでためらったのが悔やまれる。撮っとけばよかった・・・。

 まずはディズニーシーに行き、さとイチオシのトイ・ストーリー・マニアへ。新しくできた新規アトラクションなんだって。ところがシステムトラブルで、いつ再開するのかもわからないのにじっと待つ。う〜ん、この時間がもったいない。ということで、よっしーと一緒に付近を歩く。やっぱディズニーシーって好きだなぁ。そんなわけで、一度してみたかったんです。ディズニーシーで飲むというのを。ビールとオレンジのカクテル。うま〜い。
2015072701.jpg

 さとがバケーションパッケージを注文しておいてくれたおかげで、正直ちょっとした海外旅行くらいの金額がかかっているんだけど、細かいところで何かとよくできています。今回一番助かったのは、フリードリンクチケットが含まれていたこと。それこそみんなが1杯350円とかで買っているようなドリンクが、ただで飲めます。だからペットボトルも荷物にならないし、適切に水分補給できるから熱中症のリスクも軽減できるし。フリードリンクチケットがなかったら、とびっこを3人も連れて1日目も2日目もめいっぱい遊び倒すことはできなかったと思う。

 さとと行くのと、娘と行くのとでは、嗜好が違うだろうということで、夕方近くには初めて、ディズニーランドのトムソーヤ島に上陸。そういえばディズニーリゾートラインも乗り放題でした。
2015072702.JPG 2015072703.JPG

 夕飯とショーがついているのもよかったです。正直ディズニーは、食べるところが激混みで、食べ物は手に入れたけれど座席が確保できずに立ちつくす家族連れの絵が目に焼き付いているので。そういえば夏休み中の平日なのに、アトラクションは最長でも60分待ちだったなぁ。なのでかなりたくさん回れたはず。よっしーもガン見で楽しんでくれました。
2015072704.JPG 2015072705.JPG 2015072706.JPG

 夜は定番のエレクトリカルパレード。そういえば昼時には、下着まで濡れるという雅涼群舞というダンスショーを、座席を確保して観てた。これもバケーションパッケージに含まれていたんだと思う。
2015072707.JPG

 そして今夜の宿泊先、ホテルミラコスタへ。翌朝早くから遊びに出るんだから、こんな高いところに泊まらなくてもって思っていたけれど、さすがディズニーリゾートというだけあって、どこかのリゾートホテルのよう。
2015072708.jpg 2015072709.JPG

 2日目に続きます。
posted by てつりん at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

千葉へ

 さとの実家へ行ってきました。よっしーも、かわいいかわいいだっこさせて〜と言われながら、のんびりしております。
2015072502.jpg

 過去の記事によると、2012年の12月28日〜30日に帰っているという記述があるので、2年半ぶり以上か。ずいぶんと間隔が開いてしまい申し訳ないくらいです。毎年帰るというわけには行かなくても、個人的にはお互いに2年に1回行き来するようにすれば、結果的に毎年会うことになるのでそうしたいくらいなんだけど。ちなみに2年半以上の間に、さとの親はどれくらいこっちに来てくださったのかというと、記憶が正しければ確か3回。1回は不測のことだったとはいえ、申し訳ないことでございます。

 ところで話は変わるけれど、やっぱレグノっていいねぇ。高速が気持ちいいというか、運転が楽というか。クルマで遠方に行く際は、だいたいさとが第一走者だったりするんです。で、自宅を出て、だいたいは有磯海SAか、越中境PAでさとが力尽きて交代になるんだけど、名立谷浜SAまで行った。
2015072501.JPG

 今回は、いつも使う関越道ではなく、距離が短い上信越道から。ところが何の気まぐれか、長野道から中央道を経て首都高へ。新しくできた首都高中央環状線から湾岸線、東関道を通って、仮眠や朝食も入れて10時間くらいかかりました。中央環状はず〜っとトンネルで、道路としてはなかなか興味深いものはあるけれど、ドライブコースとしてはあんまりおもしろくなかったなぁ。
posted by てつりん at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

仕事のことはとりあえず忘れて

 どれくらいぶりのことでしょう。ひさしぶりに何もない休日ということで、みんなでサーカスに行ってきました。まぁ、この日にサーカスに行くというのがまずあって、それにあわせて仕事をしないようにしただけのことなんだけど。

 なんか変な感想だけど、サーカスというものをものすごくひさしぶりに観たことによって、ユーミンのシャングリラ2とか3がどれだけすごいのかを再認識したなぁ。シャングリラと比較してサーカスがしょぼいというのではなくて、あぁ、あの横浜アリーナとか、代々木第一体育館で観たものって、ちゃんとしたサーカスアクトだったんだという意味で。音楽の中に何の違和感もなく、この日観たサーカスが織り込まれていたんだということを再認識することで、すごいものどうしが融合されていたんだという意味で。

 続いてはものすごくひさしぶりの、娘のスイミングへ。ところがスクールまではたどり着き、体操まで見てたんだけど、強烈な眠気によって駐車場の車の中へ。目が覚めた時には、ちょうど講習を終えて戻ってくるところでした。よだれをたらしているところまで見られてしまいました。

 そして最後は、取らぬなんとかだけど、まだ見ぬボーナス支給前祝いということで焼肉へ。最近はこの店ばっかりだけど、同じ名前の店でも絶対ここのほうがうまいと思う。定額食べ放題系の店だけど、なかなかコスパは高いと思うのです。
2015062701.jpg
posted by てつりん at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月05日

北陸新幹線に乗ってきた!

 こどもの日だから、どこかに連れて行けというクソガキは、おうちにいませんか(笑)?

 ちなみにこどもの日というのは、国民の祝日に関する法律によると、次のとおりなんだそうですよ。
こどもの日 五月五日 こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する。


 最後の部分が重要ですね〜。母に感謝しないどころか、負担をかけるクソガキは地獄に落ちろと、国民の祝日に関する法律は言っております(笑)。というわけで、てつりん家のこどもの日について。

 まずは自宅の最寄駅から、IRいしかわ鉄道に乗って金沢駅まで。
2015050501.JPG

 北陸新幹線に乗って、富山まで。ちなみに新高岡を通過するスピード感を感じたくてかがやきに乗るつもりだったんです。ところがかがやきは全席指定席。不勉強だとこういう部分がややこしいもので、なっちゃん(未就学児につき大人と同行するなら無料)の場合、かがやきに乗る=指定席を1人分占拠する→自由席だと無料だが、指定席だとみっちゃん(小学1年生)と同様に、子供料金がかかるんだそうです。ということで、自由席のあるつるぎに乗車。
2015050502.JPG

 安定感ありすぎて、正直スピードを感じません。200km/hは出てると思うけれど、ホントに260km/hも出ているのか? それでもあっという間に新高岡、そして富山に到着しました。
2015050503.JPG

 富山からは激混みのあいの風とやま鉄道に乗って高岡へ。時間が余ったので、万葉線に乗ってみます。なんとドラえもんトラムですよ! 調べたところ、いつ走るかは前日の18時にならないとわからないとか、2015年8月末までの期間限定だとかで、何も考えずに乗れた偶然に感謝!みっちゃんやなっちゃんのテンションも上がります。
2015050505.JPG

 そして高岡大仏へ。これでわたしは奈良、鎌倉、高岡と、日本三大大仏を制覇しましたよ。3番目は空位だという話もありますが、まぁ与謝野晶子が鎌倉よりイケメンだと称したんだから3番目でいいでしょう(笑)。
2015050506.JPG

 なお本来の目的は高岡おとぎの森公園でした。このへんからわたしが激しくアタマが痛くなったのと、ちびっ子の写真多数につき、ここに載せるようなものではないので省略。でもいいところでしたよ。

 帰りに道の駅高岡に立ち寄って、おいしいタレカツ丼の旅でも手に入らなかった、もっと前の京都などの出張でも食べる機会のなかった、でも遠出をすると無性に食べたくなるソフトクリームにありつく。ちなみにさとの身長は175cmですが、そのさとが持つソフトクリームのデカさ! 大仏ソフトなんだそうですが、わたしがおいしくいただきました。
2015050507.JPG
posted by てつりん at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月02日

おいしいタレカツ丼の旅

 わけあって新潟市内に行く用事ができました。用事の詳細については別項で語る機会があれば語るとして、ここではそれに先立つオフ会の部分を。やんばるくいなさんとトッチッチさん、美影意志さんが迎撃してくださったのでした。
2015050201.JPG

 こういうひとくふうがあると、撮影のあとのアップも楽になりますねぇ。うちでもぜひ作りたいところですが、実は作らなくてもそれっぽいものは持っていたりするという・・・。ちょっともったいない気がして使えないのですが、買った時はこういう用途に使おうと思って買った気が・・・。そのうち登場するかもです。
2015050203.JPG

 やたらフレンドリーな鳩が近寄ってきたので、普通のコンデジでも鳩の迫力ある写真が取れました。でもこの鳩だったか記憶はないのですが、朝からさかっていたのを見逃しませんでしたよ(爆)。
2015050202.JPG

 10時30分までだべっていたのですが、結局わたしを含む4名ということだったので、やんばる号に乗って出発。車内はずっとサザンが流れていましたが、実はわたしが新潟に来た理由も、サザンのライブを観るというものでした。過去には山下達郎の映画を観に新潟へとか、ユーミンのライブを見に新潟へとか、いろいろと新潟市内にも来てたりするんですがね。

 今回の目的は、新潟タレカツ丼発祥の店とされるとんかつ太郎。2014年5月にユーミンのライブで来た際に、夕飯に食べようと思っていたのに何と20時閉店!ということで行けなかったのです。ひとりでもおいしいだろうけれど、志を同じくタレカツ丼に挑もうとする同士がいたほうが心強いというものです。ところが開店までまだ時間があるということで、周辺の古町(ふるまち)を散策します。
2015050204.JPG

 新潟市は合併して本州日本海側初の政令指定都市になるまでは、金沢市と人口が同規模くらいで、「北陸最大の都市」とか言ってた気がするのです。でもねぇ、15年くらい前だったかに、国道8号線から国道7号線にかけてのバイパスを走って、それは勘違いだと思い知りました。えぇ、新潟市って、金沢市を圧倒するくらいにすごいですよ。何年か前に、旧市街から川の向こうにまで市街地が連続して発展するのは、大都市の特徴であるという話をどこかからか聞いて、新潟市ってそれに該当するよねということで、やっぱり新潟市ってすごいじゃないかと。そして旧市街古町に、きちんとアーケード商店街があって賑わっている様子を見て、やっぱり新潟市のすごさに圧倒される。金沢市のアーケード商店街は、アーケードがなくなったりシャッター通りになってますよ。そしてこの地下街!この大きさの地下街があるなんて、ちょっと衝撃でした。おもいっきり閑古鳥が鳴いているのに、シャッター地下街になってなかったのが謎でしたが。
2015050212.JPG

 そんな古町の一角に発見した人情横丁。おもしろそうなお店が多数あって、一行はあたかも地方局の夕方の情報番組ロケ隊のように。
2015050205.JPG 2015050208.jpg

 白蛇に関係する神社を見つけたので、さとのことを考えながらお参りしておきました。夫婦和合とかにも効きそうな、蛇のからみ合っている石像にも触れてきましたよ。
2015050206.JPG 2015050207.jpg

 京都のコンビニは景観に配慮して、淡目の色合いであるというのは有名な話ですが、新潟市内のローソンはアルビレックスに配慮してオレンジ色になっています(一部ウソあり)。
2015050213.JPG

 そしていよいよ、タレカツ丼へ!!! くだらない話ですが、2階の看板娘がかわいくて個人的にヒットでした(笑)。どんぶりの置き方が雑で、美しくない音を立てるのがまた、ツンデレっぽさを予感させるのもまたいい(爆)。

 あれ・・・? カツ7枚の、特製タレカツ丼を注文したはずなんだけど・・・???
2015050209.JPG

 なんと食べていくうちに、下から正体を表し始めました。ひとりだったら絶対に、カツ7枚のはずなんですけどって恥ずかしいことを言ってしまいそうです。2階の看板娘に声をかける格好の口実を与えられたから、なおさらに(笑)。
2015050210.JPG

 正体を表したところで1枚。ちなみに熱々のカツが熱々のご飯に上下から挟まれることで、この2枚のカツもまた熱々でうまかったですよ。
2015050211.JPG

 その後さらに古町を散策。前後しますが地下街や、アルビレックスなローソンなどはこの時に見ています。そして昭和風情の漂う喫茶店でお茶を。
2015050214.jpg

 15時頃、集合場所にて解散し、わたしは今回の目的その2のために、新潟駅方面へと向かったのでした。
2015050215.JPG
posted by てつりん at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月25日

仕事ですが

 ちょっと京都に行ってきました。

 あくまで仕事で行っているので、なかなか自由な時間が取れるというわけでもないのですが、ちょっとした偶然もあって、ずっと行きたいと思っていた竜安寺に行くことができました。
2015042501.JPG

 これを書くにあたってウィキで調べたところによると、細川勝元の創建なんだとか。そういう意味では、わたしの感覚よりも新しい寺なんですね。応仁の乱に際し燃えたらしいんだけど、その後再建されたのだとか。あの石庭の感覚は、まさに戦国時代始まりたてののそれって感じなのも、このことで納得。石庭が見たかったのですが、1975年のエリザベス女王来日に際し、この石庭を見て絶賛したことで、世界的にも知られるようになったのだとか。

 正直、庭の縁に座って、もしくは寝そべって、しばらくダラダラと庭を見つめていたかったのですが、あまりの人の多さにそれを断念。それでも同行者とワイワイ言いながら、15個の石すべてを見つけることができました。正直最後の1個は、あの人混みでよく見つけたと思うよ。

 15個を一度に見ることは不可能らしいのですが、これだったらなんとか見られるかも!? 視覚障害者向けに、触って感じる石庭のミニチュアらしいです。なので視覚障害者以外は触ってはいけないのですが、触って感じる石庭ってのもおもしろいですよね。
2015042502.JPG

 ちなみにまだ行ったことがないけれど、わたしが行きたいと思っている京都のスポットとしては、銀閣と三十三間堂ですな。たまーにコマ切れ的に京都に行くことはあって、数年前には伏見と西芳寺を訪ねているんだけど、やっぱりせめて1泊2日くらいでもいいからゆっくり回りたいものですよ。
posted by てつりん at 21:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月30日

走り納め?

 年末年始だからといって、特にイベントはありません。それでもさすがに、定期的にイベントでも仕込んでおかないと娘が持たない。ついでに、日中ずっと娘の相手をするさとも持たない(笑)。

 ということで、日中1日コースで何かお出かけができないか。みっちゃんに相談したところ、福井県内の温泉施設に行くことになりました。高速を使わずに片道2時間コースといったところでしょうか。

 途中、三国界隈で評判がよいらしい蕎麦屋、盛安で昼食。建物にもなかなかの風情がありますが、ちびっこ連れで落ち着かない感じだったので、建物の記憶はほとんどございません。
2014123001.jpg

 そして、そばを食べる。かけそばに添えられたかつお節の香りが素晴らしい。ご飯とのセットだとお重ででてくるからか、フタを開けた瞬間に立ち上る香りが、さらに強調されている感じでした。テーブルに置かれた天かすをかけて食べると、これがまたうまい。娘たちはざるそばを食べていました。
2014123003.JPG 2014123002.JPG

 1日早い年越しそばを食べてしまった後は、目的地のお風呂へ。お風呂はまぁ、海辺系の塩分を含んだ泉質で普通のところでしたが、なによりこの絶景がすごい!
2014123004.JPG
(浴場からではなく、お休み処から撮影したものです)

 左には日本海に注ぐ九頭竜川が。右は日本海という見事な絶景。よく見ると川の水と海の水は色が違うし、波の立ち方も違う。海と川の違いが長女にはなんとなくわかったかなって感じでしょうか。移動時間が長かったのですが、これを持って2014年の走り納めというところですかね。
posted by てつりん at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月20日

長野の休日

 少し前から、さとがものすごくどこかに行きたそうにしています。が、諸々の週末のスケジュールを考えていくと、なかなかそうもいかないよねぇ。と思っていたら、日曜日に予定されていた悪の秘密結社(爆)へのお呼ばれがなくなりまして。そのことが判明したのが土曜の昼過ぎ。

 では、その時から行ける1泊2日のところで、うまいものが食べられそうなところというとどこよ? 越前海岸でカニってのはどうだろうとか、以前から狙っている氷見の民宿はどうだろうとかとか案が出ましたが、なかなか当日だとネットで宿泊検索ができない。それに、どこに行くかも計画不足で準備不足。その日の出発はなしとなりました。

 その後。個人的に行きたいところで、ちょっと遠いところとして長野を。善光寺とか、行ったことはあるけど、戒壇めぐりとかしてみたいんだよね。あとは松代大本営とか見学してみたい。完全にわたしの趣味ですな。もっとちびっこ向けのところはないのか?という話になり、戸隠のチビっ子忍者村がヒット。ものすごくB級スポットなにおいがしますが、口コミではかなり好評なのと、ホームページに多数貼られた動画からはきっとみっちゃんのツボに違いないと思って行くことにしました。

 夏タイヤなので気をつけていましたが、まさか途中路面が凍結しているとは! 見てわかったので危険はありませんでしたが、さすが長野。敷地内で立派な霜柱を見つけました。霜柱を見たのは何十年ぶりなんだろう。もったいなくて踏めませんでした。
2014112001.JPG 2014112002.JPG

 建物内で遊ぶには1枚300円相当のプレイ券が必要になりますが、写真のようなアスレチックみたいなところに関してはすべて入場料だけで利用可能です。予想通り、特にみっちゃんが大喜びでした。
2014112003.jpg 2014112004.jpg 2014112005.jpg

 プレイ券を使うと、手裏剣投げとか吹き矢とかでも遊ぶことができます。しかも商品がゲットできます。ところが、みっちゃんが手裏剣投げでゲットした模造刀をなっちゃんが欲しがり、そのためにわたし→さと→みっちゃんと手裏剣投げに挑戦するも、物欲にまみれているのがダメなのかことごとく失敗。そのたびに号泣される。実にプレッシャーの掛かる場面でした。結局ゲットできず、お土産物屋で購入。
2014112006.jpg

 プレイ券で入れる施設の中には、こういったからくり屋敷もあります。隠し扉などをくぐり抜け、その先にはこのような部屋が! 天井から下がっているひもの向きに注目ですな。
2014112007.jpg

 食事もこの手のところにしては充実しています。14時で出てきましたが、その気になれば1日遊んでいられると思います。
2014112008.jpg

 そして長野市内へ。駅前にプレを停めて、マニアックにも長野電鉄に乗って善光寺下駅へ。善光寺まで歩きます。が、すでに夕方という感じ。門前町を歩くうち、結局16時最終の戒壇巡りには間に合いませんでした。またの機会にするとしますか。
2014112009.JPG 2014112010.jpg

 長野駅までバスに乗って、新幹線見学。ホームで最初に見たのがE2系だったのですが、それ以降に入線したのがすべてE7系。そういう意味ではE2系も貴重な存在になってきているのでしょう。光の加減で、金色の線がいろんな色に見えるのですが、正直写真で見るよりずっといい色でかっこいい。なんだか、すぐそこにある未来を見たような気がしました。
2014112011.JPG

 旅の最後は長野県庁近くにある裾花峡温泉うるおい館へ。スーパー銭湯の料金で、良質な天然温泉掛け流しを堪能できて、しかも食事ができるというステキなスポット。結局出発は21時頃になり、翌日はわたしが休みだからいいんだけど、帰ったら日付が次の日になっていました。
posted by てつりん at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

恐竜博物館に行ってきた

 娘が希望するので、福井県の恐竜博物館へ行ってきました。

 結構前に仕事の関係でも行ったことがあるけれど、その時は平日で天気も悪かったせいか、ほぼ貸切状態でした。もちろん仕事で行ってるから、展示内容なんてちっとも記憶にない。恐竜の展示が充実していたことくらいは覚えてますけどね。娘は保育園の遠足で行ったことがあるそうです。

 展示内容への記憶はちっともないのですが、建物への記憶はバッチリですよ。入ってすぐのところが、建築としてものすごく好きです。エスカレーターでたまご型のホールを降りていくのですが、下から見ると上から自然の光が降り注いでいて、とっても幻想的な感じ。
2014092301.jpg 2014092302.jpg 2014092303.jpg

 内部はまぁ、普通に充実した恐竜の展示が続きます。仕事ではなくプライベートで、きちんと見て思ったことは、恐竜にはあまり興味がないってことだな(爆)。むしろ、福井県の山奥で恐竜の化石が多く発掘されていることそのものとか、そこに至るまでの先人たちの苦労とか、これだけの大きな施設を作るに至った経緯とかの方に興味がある。儲かっているのかは知らないけれどちびっこ連れを中心にこの日の入館者はかなり多かったし、ミュージアムショップは思うように進めないほど。これだけ充実した展示を揃えて、恐竜博物館を作った福井県ってのはすごいと思う。
2014092305.jpg 2014092304.jpg

 行きは国道157号の山越えだったのに対し、帰りはひさしぶりに高速に乗って帰りました。そして最近お気に入りになっている、食べ放題の焼肉屋へ。時間制限はあるけれど、普通に食べていけば時間内にお腹大満足になれます。食べ放題の内容もほぼ制限なしで、とっても充実しているだけでなく、肉や料理の質もきちんとしている。食べ放題系の焼肉屋の、てつりん家における常識を覆した名店という位置づけなほどいい店です。そして自宅近くのスーパー銭湯へ。みっちゃんが、「きょうはだいすきなものばっかりだぁ〜♪」と言ってました。満足いただけて光栄でございます。
posted by てつりん at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

日中のキゴ山

 金沢近郊の星見スポットとしては有名な、キゴ山に行ってきました。個人的には市街地の夜景が見えるのと、反対側は大きな駐車場からのヘッドライトが目つぶし光線で攻めてくるので、必ずしもいいところだとは思わないのですが、それでもメジャーなスポットではあります。

 今回のお目当てはこれ。プラネタリウムですよ。わたしは結構好きなのですが、意外と見に行く機会がなかったりします。去年、期せずして津和野で見ていますけど、意識が飛んでいた気が・・・(爆)。

 ちなみに、今回も意識が飛んでいたみたいです(爆)。普通に見ていたはずなのに、いきなりさとに、「いびきかいてるんじゃない!」と起こされた。こういういわれのないことで怒られるなんて、なんて理不尽なんだろうと思うけれど、それは寝ていたつまり意識がなくなっていたから理不尽に怒られた気がするのでしょう。事実、番組が始まる前の、おそらく今夜の地元の星みたいな部分は、まったく記憶に残っておりません。
2014081601.jpg

 上映終了後、外に行ってみました。雲が眼下に流れるのを見るのは、なかなかいいですねぇ。市街地を見下ろす広場に行ってみましたが、霧がかかっていてちっとも見ることはできませんでした。
2014081603.JPG 2014081602.JPG

 金曜の夜には、ここで定期的に星見の会をしているそうなので、時には足を運んでみたいところです。そんなに遅くならないのでちびっ子でも行けると思うんだけど、それ以前にわたしの仕事が終わってなかったりするという・・・。
posted by てつりん at 22:38| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

ペルセウス座流星群 2014?(本題?編)

 ぼんちを後にしたのが18時頃。国道20号線をひたすら東に向かい、東京都内の待ち合わせ場所にほぼ定刻通りに到着しました。これもナビのチカラあってのものですな。感心しますよ。

 さて、待ち合わせ場所に集結した4人。当初の予定では奥多摩湖付近で流星群を見るという話でしたが、天候はあいにくの曇り空。道中、相模湖や高尾、八王子では雨が降っていたくらいですから、そっち方面に向かうのは諦めるのもやむなしかと。そこで入水鍾乳洞(福島県田村市)へ向かうということを聞かされる。クルマを出すのも、運転するのもわたしですけど、まぁそういうムチャぶりもまた楽しい(笑)。そもそもムチャぶりだなんて、ちっとも思っていなかったり。

 というか過去には下道のみで青森へ到達とか、ほぼ下道のみで鹿児島に到達とか、一般道や高速道をを交えて41時間で1510kmあまりを走破とか、数々の修羅場をくぐり抜けてきたわたしにとっては、それくらいどうってことなかったりします(笑)。そんなわけで外環から常磐道に入り、北上します。

 捕まらないだろうけど、わたしにしてはややハイペースで走っていきます。それというのもまだ流星群を見ることを諦めていなかったからなのですが、企画元兼案内役の頭のなかではすでに別の企画にスイッチしていたのだとか。えぇ、入水鍾乳洞付近で流星群を見るのではなく、入水鍾乳洞に入るという内容に企画が変更されていたという。。。そういえば車内で何かと楽しそうな話をしていた気がしますが、夜遅くの運転中で深い思考を要する話にはアタマがついていってなかった気がしますな(笑)。途中、夜食を取って阿武隈高原SAにて3時頃から仮眠。

 翌朝。入水鍾乳洞に入るにはまだ早いということで、ではどこに行くか? 各自がおもしろそうな場所の検索をかけるものの、なかなか見つからず。リカちゃんキャッスル(爆)? さすがに野郎4人でそれはね・・・。ということで、塩屋埼灯台へ向かうことにしました。

 写真の通りなかなかの絶景で、灯台の上に登ることもできます。こういうの、いくつか見た記憶があるけれど、犬吠埼は登ったんだったかなぁ。島根県の日御碕灯台は確実に登っているんだけど。
2014081401.jpg 2014081402.jpg 2014081403.JPG

 ところがよく見ると、灯台から北西方向の集落は、今なお震災の爪痕消えずといった状態。写真だとわかりにくいかもしれませんが、建物がすべて新しいんです。そういえばここに来るまでの道も工事中だらけだったし、ナビだとあと6kmとかいうのに、道路橋の案内標識はあと10kmだったり。波がかぶったと思われる樹木もありました。同じ集落を、上空から別の角度で撮影した写真がみやげ物屋の中に飾ってありましたが、震災前の写真では緑の草原に見えるエリアすべてに建物が密集していました。
2014081404.JPG

 さて、本日のメインイベント、入水鍾乳洞へ! 朝っぱらからBまで行くとか、Cまで行けるとかいう話に、妄想をふくらませていたバカなわたしですが、BとかCとかいうのはコースの話です。
2014081405.JPG

 鍾乳洞といえば秋芳洞と、飛騨大鍾乳洞しか行ったことがないので、そんなもんだろうと思っていたら甘かったですね。まさにケイビングの世界でした。まぁ入口付近に、上半身裸の人たちや、水着着用の子どもとかがいたので、それだけ濡れるんだろうという覚悟はありましたが。草履と、短パンをレンタルして入洞します。個人的には短パンだったら下はノーパンで行くとか、上の着替えをロッカーに用意していくとかして、濡れるの上等で踏み込むのがおもいっきり楽しめるかと思います。わたし?全身ずぶ濡れで出てきましたよ。

 内部はなかなか強烈な場所がたくさんあるのです。鍾乳石は長い時間をかけて作られたものだから、触っちゃいけないものだと思っていましたが、そんなこと言ってたら先に進めないような狭いところがたくさんあります。まさに胎内くぐりを体験できる、狭いところがあるんです。水の中をほふく前進って場所もありますし、正直わたしの重量が3桁級だったら通れなかったかも。

 手荷物は持っていかないほうがよいです。そのため、写真は一切ありません。気になる方は検索するもよし、冒頭のリンク先と同じですがこちらを見るのもよいかも。あと、Bコースより先だと暗闇の中を進むので、ライト必須。なんとクルマに置き忘れてきましたが。CコースはさすがCだけあって、熟練の案内人がいないと入洞不可です。案内してくれた人たちは大学でこういうのを専門にやってきた人たちなので、なんの不安もなかったですが、下手なのがうかつに入り込むと、確実に脱出不能になるでしょうねぇ。

 その後郡山駅で同行者を降ろし、わたしは磐梯熱海温泉へ。その後は国道49号線から一部磐越道、再度下道に降りて途中から北陸道で家路についたのでした。ちなみに13日の2時に出発して、15日の3時に帰宅するまでの49時間で、1360kmくらい走ったみたいですよ。よく走りました。そして関係各位にはこの場ではありますが、厚く御礼申し上げます。30代の終わりにもなって、一緒にこういうおバカなことをやらせてくれたことに感謝いたします。
2014081407.JPG
posted by てつりん at 23:49| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

ペルセウス座流星群 2014?(前フリ編)

 これによると、途切れたことがあるとはいえ今回で5年目だったみたいです。この5年間で、これまでの人生で見てきた流れ星の、数倍の数を見たんだろうなぁ。

 さて、今年はこの道の先達による企画に便乗させていただき、ペルセウス座流星群を見るために遠征をしかけることにしました。本来は12日夜が極大日なんだけど、仕事だったので1日ずらして13日に。待ち合わせ場所の東京都内に移動するだけではもったいないので、途中適度に仮眠をはさみながら、寄り道という名のお楽しみをしこんでみることにしました。0時過ぎに自宅を出発したものの、30分ほど走り県境を越えたところでETCカードを忘れたことに気づいて帰宅(泣)。最終的な出発は2時でした。


 いまさらですが、ナビがあるとなかなか便利ですね。国道41号線までの最短ルートを進み、さらに南下して国道471号線へ。途中道の駅上宝で仮眠し、安房トンネルを抜けてまずは松本市内へ。

 旧開智学校。一度、行きたかったんですよ。当時の住民が多くの寄付をしたことによって、当時としてはかなりの建物を建てることができたのだとか。教育というものに懸ける心意気が感じられるなぁと。もちろん建築を見に行っても十分楽しめるはずです。展示されている資料を丹念に見ると、遠足の決算書があるのですが、そこに教師の酒代の記録が残っているのがまた楽しめたり。ただ、あとで知ったんだけど、看板の両側のエンジェルに、ち◯こがあるってことを見ることはしなかったなぁ。
2014081301.jpg 2014081302.jpg 2014081303.jpg

 続いて何年ぶりなんだろう?の松本城へ。現存12天守のひとつであり、さらに国宝4天守のひとつでもあったりします。わたしは国宝4つは制覇済みですが、現存12天守は四国の4つを残した状態のまま、何年も止まってますな。ところが守りが固かったようで、入場に80分待ち。さすがにそこまでは待てないということで、すぱっとあきらめて先を急ぐことにしました。
2014081304.jpg 2014081305.jpg

 途中、道の駅小坂田公園で、ジョンレノンも絶賛したとかいうソフトクリームを食べる。ちなみにちょっと調べたところによると、絶賛したのはジョンレノンだけではないみたいですよ。わたしは・・・、絶賛とはいかなかったなぁ。おいしかったけれど、もっと一般的で無難な味が好み。
2014081306.jpg

 次の目的地は、片倉館。シルクエンペラーとも言われた片倉兼太郎が、欧米で見た地域住民向けの福祉施設に感銘を受け、地元諏訪に建てたものだそうです。片倉一族からの、現代に換算して数十億円にもなるという寄付によって資金をまかなったそうです。やるなぁ。
2014081307.jpg 2014081308.jpg 2014081309.jpg

 わたしとしては風呂に入りたくて立ち寄ったのですが、もちろん昭和初めの建物も雰囲気ありますよ。あと、地元住民向けだというのに、内部がものすごくゴージャス。昨今のスーパー銭湯でも、ここまでの造りはしないだろうってくらいのもの。ただし、お風呂なので写真はありませんよ。実際に足を運んでみてくださいね。千人風呂とも言われた、深い湯船も一見の価値ありです。

 激混みで入場をあきらめた道の駅はくしゅうを経て、道の駅にらさきへ。ここでしょうこりもなくソフトクリームを食べる。旅行に出ると無性にソフトクリームが食べたくなるのは、わたしだけでしょうか?
2014081310.jpg

 その後さらに国道20号線を東へ東へと進み、待ち合わせ場所の東京都内某所へと向かうのでした。。。
posted by てつりん at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

今年の花火

 このへんでは地方系新聞社二大勢力が花火大会をやっています。

 地方と言ってもひとつはバックに全国紙を持っていたりするので、それは規模がでかかったのです。これを、以下Aとしておきますか。ところが近年だと純粋な(ってこの表現、なんかおかしいけど)地方紙の方ががんばっております。これを、以下Bとしておきますか。たくさん打てばいいってものでもないけれど、Aが市内ででかい花火大会をやっている時に、Bは市内から離れたところで北陸最大級の花火大会をやっていたりするという。動員力も、かなりのものらしいですよ。

 個人的には市内の方がいいというか、そんな遠くまで行きたい気持ちにならなかったんだけど。市内のBの花火なら去年行ってなかなかよかったんだけど、ちょっと遠くのBの花火に行くくらいなら、かつてのすごさは失われたらしいとはいえ市内のAの方が。ところがさとが、有料ゾーンを取ってしまっていたのでした。A新聞をとってない関係上、情報も入りにくかったりはしたんだけど。
2014080601.jpg

 ということで、総額5,000円を払った花火大会。内訳は有料ゾーン1,000円×4人分+駐車料金1,000円。それでも有料ゾーン専用のお手洗いがあったりするので、ちびっこ連れにはうれしいところ。駐車場から会場まではかなり歩いたけれど、本来クルマで近づくことすら難しいはず。弁当だってバッチリ。早めに会場入りして弁当を食べながら、打ち上げの時を待ちます。
2014080602.jpg

 花火の前にいろんなイベントがあるみたいなんだけど、メインステージからは離れていたので司会の放送のみ聞こえてきました。太鼓とかやってたみたいですね。そして当時の人口4,500人だったかにちなんだ45mのかがり火に点火して祭りはフィナーレへ。ところがわたし、なっちゃんをトイレに連れて行ったために、かがり火が崩れ落ちるところを見逃しました(泣)。
2014080603.jpg

 そしてメインイベントの花火。2万発だそうです。10号玉の迫力はさすがでしたが、それより終盤に、在庫処分市のごとく数千発単位で撃ちまくるのがおかしかった。
2014080604.JPG 2014080605.JPG
2014080606.JPG 2014080607.JPG

 さとのカメラだったらもっとキレイに撮れたんだろうけど、荷物が増えるのでiPhoneのカメラで。それでも駐車場からの長い距離、ちょっとした仕込みがあったとはいえ、抱っこなんてひとことも言わずによく歩いたと思います。関心しましたよ。
posted by てつりん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする