2011年11月19日

ちょっと新潟県内へ

 「新潟へ」と書いちゃうと新潟市内かと思われる気がして。

 国道8号線の先から続いている国道7号線に入って、要するに今では糸魚川市になっちゃったけど青梅町から、村上市になっちゃったけど山北町までクルマで駆け抜けたことがあるので、とにかく新潟県のデカさには一目置いてます。走っても走っても新潟県内って感じ。仙台あたりまで下道で行ったこともあるけど、感覚としては新潟市を過ぎて少し走ると山形。関係者に怒られそうだけど、少なくとも新潟市から先は東北だと思う。

 そんな、結構すごい新潟県の、ほんのこっち側に行って来ました。高速で2時間かからない。でも、何十回と通った富山〜新潟県境の、親不知付近の国道8号線を久しぶりに走ってみたくて、新潟方面で最後の富山県内にある朝日インターで降りて、国道8号線を走ることにしました。

 今夜の宿に早めに着きそうだったので、8号線沿いにある新潟県内最初の駅、市振駅を訪問。
2011111902.JPG

 ・・・なんにもないです。このエリアにしては開けている場所なので、かつては大規模な交換設備があったようにも見えますが、複線化もされた現代ではいたって普通の駅。しばらく待てば電車が来そうなので、娘たちにおかしを食べさせて待ってみることにしました。すると直江津行きの413系が。そしてなんと、降りてくる乗客が1人! その上、後続の越後湯沢行きはくたかや、金沢行き北越といった通過列車には目もくれないなんてただ者じゃない(笑)。きっと駅への訪問を目的とする鉄なのでしょう。

 しばらく走って、今夜のお宿、親不知観光ホテルに到着。
2011111901.JPG

 見事なオーシャンビュー。実は山側の部屋しか取れなくて、でも直前に海側の部屋にキャンセルが出ると読んで予約をせずにじっと待っていたさとの手柄。2日前だったかに取りました。建物は古いし、ちょっと怒らせたくない珍客が部屋にいたりするけど、料理もおいしいしおもてなしもいい感じでとってもよい宿でした。呑み比べセット(雪鶴、月不見の池、謙信、加賀の井、男山の5種類)をさとと一緒に呑みましたが、謙信以外はどれも呑みやすくて味の違いがちっともわからなかったのはご愛嬌です。謙信も飲みやすかったけど、ほかのと比較してちょっとスッキリとした呑口だったな。
posted by てつりん at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月15日

成田空港

 さとの実家で過ごす最後の日。夜の運転に備えて昼寝もいいんだけど、せっかくだからってことで成田空港に行ってきました。

 さととつき合い始めた頃にも行ったことがあるけど、ものすごくセキュリティが厳しかった。高いフェンスが目の前で閉まって、後ろでも閉まって、クルマごと袋のねずみ状態にされ、免許証をチェックされる。空港に行く目的も問われる。そしてクルマのトランクも開けて中身をチェックされたし、自分のクルマがどうだったかは覚えてないけど、歯医者さんが口の中を診るような鏡のでかいのを使って、クルマの下まで見てた記憶がある。さすが成田闘争の最前線とか思ってたけど、久しぶりに行く成田空港は意外と普通でした。

 高速道路の料金所みたいなところで検問があるんだけど、前後の柵を閉めて袋のねずみなんてことはしないし、免許証の提示も求められなかった。トランクだってミニバンだからかな?外からのぞいただけだった。その気になれば強行突破できそうだけど、その後ターミナルまでの間に、警察のバスが道路に対して垂直に停めてあった。その気になられた時には、このバスがまっすぐ前に出て道を封鎖するんだろうな。

 例によっておもしろそうなものがないかと、空港内の売店めぐり。航空会社用の履歴書ってものが売ってた。クリアファイルつきなのは、多数の応募書類が届く中で、「あの書類をもう一度見たい」となった時に、人事担当者がすぐに取り出しやすくするためなんだとかなんとか。あとは航空工学系の本とか、航空機撮影関係の本とか、お約束の空港ではたらくくるまセットとか。みっちゃんよりも、さとの方が欲しそうだった気がする。

 続いて、離着陸する航空機見学。離陸する瞬間のかっこいい写真も撮りました。
2011081501.JPG

 ・・・さとの撮ったものですが、動いているものを撮るのは難しいです。柵が10cm四方くらいに開いているのですが、そこからカメラを出して向きを調整して・・・、確かに難しい。めげずにもう1枚。
2011081502.JPG

 もうねぇ、笑っちゃうくらいにどうしようもありません。へたっぷりがおもしろいのでさらし者です。ちなみにわたしも挑戦しましたが、シャッターを押すことすらできませんでした。
posted by てつりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月14日

成田ゆめ牧場へ行く

 さとの実家でのんびりしたり、娘たちの相手をすればいいのに、金土とひとり遊びまわっていたわたし(笑)。さすがにひんしゅくっぽいので、4人で成田ゆめ牧場に行ってきました。

 ううむ、あなどれない入場料。娘はまだタダだけど、大きくなったら4人で3800円。犬はいないけど、人間(大人1200円)よりも犬(大型1500円)の入場料の方が高い。

 しかも、場内でなにげにお金を使う。さきイカでザリガニを釣るのに300円だったかな。しかもザリガニ達のやる気がないのか、さきイカの鮮度が足りないのか、ちっとも食いついてこないので釣れないし。以前、外来生物の駆除という名目の研修で釣りまくったことがあるだけに、かなりがっかり。釣ったザリガニをお持ち帰りするのも、300円だったかな。トロッコ列車にも乗ったけど、300円だったかな。何かをするのに細々とお金がかかる。

 でもねぇ、ホームページに書いてある通り、牛乳一筋にこだわってやってきていると言うだけあって、食事についてきたヨーグルトは半端じゃなくうまかった。ドリンクヨーグルトも激うま。ソフトクリームも食べたけど、濃厚すぎて乳脂肪か何かの粒が入っているのか、これまたうまかった。

 これで入場料が安かったら文句なしなんだけどなぁ。と思ったら後日、さと実家の近所のスーパーで買い物したら、日にち限定だけど成田ゆめ牧場の入場無料券がもらえた! 地元民はこうやって、折に触れて上手に行くところなのかもね。
posted by てつりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

帰省と、それにまつわる諸々の計画(案)

 別にわたしは実家がすぐそこなので、わざわざ帰省しませんけどね。さとの帰省の話です。

 気がつけば来月末にはさとも育休が終わり仕事に復帰。そういう事情もあって、実家でのんびり(?)したいのだそうだ。さらには現地でさとに足がないと困るので、みんなでプレで行って、わたしだけバスで一旦帰れと。で、頃合いを見てバスで戻ってきて、みんなでプレに乗って帰るのだと。

 まぁそういうのがあってもいいでしょう。こっちはこっちでついでに楽しいことを折り込むだけのことだし(笑)。

 そこであれこれと計画を立ててみました。7月30日がこれまた休日出勤っぽいので、そのあとの夜に自宅を出発、31日の日曜朝に千葉到着の予定です。さすがに滞在半日ほどで、31日の夜に夜行バスでってのはきついので、8月1日は夏休みを取ってしまおう。で、以前から行きたいと思っていたてっぱくに、ひとりで行こうかと。夏休みでも平日だから、むちゃむちゃ混んでるということはないと思いたい。夜は去年も行ったフーターズか、それともこれまた去年行った銀座パノラマか。楽しいところへ行って、ひとりで飲んできますよ。

 戻りは8月12日の夜。発売日の朝7時頃にネットでバスを押さえようとしたら、すでにかなりの予約が入っていることにびっくり。17日まで夏休みにしたので帰りの15〜16、もしくは16〜17に、途中のどこかで一泊して遊んでこられるといいんだけどどうかな〜? さとは娘達が寝ていて楽な夜間に移動してしまいたいと思っているみたいだけど。で、13日も、さとの実家へ行く前に、都内周辺の楽しいところへひとりで行ってこようかと。すぐ行かないのは、別にさとの実家がイヤなわけではないぞ(笑)。最近知った祐天寺駅前のカレー屋、ナイアガラにでも行ってみたいなぁと思って。

 ほかにも去年見た東京スカイツリーはどうなっているかとか、西立川駅の「雨のステイション」の歌碑が見たいとか、ちょっと前にいたずら(?)されて話題になった岡本太郎の壁画が見たいとか、以前時間切れで挫折した名曲の舞台を辿りたいとか。行きたいところがいっぱいあるなぁ。

 いつものことながら、こういうのは計画段階が一番楽しいんだよな。
posted by てつりん at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

USJへ

 大阪の2日目。みっちゃんの熱もとりあえず下がったようなので、雨が降る中USJに行くことにしました。雨のテーマパークなんて、人生初の屈辱だと思うんだけど、前の日に天気が持ったのでここはしょうがないのかも。

 さとがスタンプラリーにいそしんだおかげで、エクスプレスパスをゲット。さっそくスタッフおすすめのスペース・ファンタジー・ザ・ライドに乗ったけど・・・、正直つまらなかった(爆)。アトラクションが悪いんじゃなくて、なんで4人で来ているのにひとりで乗らなくてはならないのかと思うと、そんな自分は客観的におもしろいけど、アトラクションのおもしろさは半減だったな。チャイルドスイッチを使って、さとと交互に乗るのは便利なんだろうけど。まだこういうところに来るのは早かったのかも知れないな。

 続いてさとイチオシのスヌーピー・スタジオへ。でもみっちゃんは着ぐるみに引き気味。アグレッシブに迫っていくちびっ子に、完全に押されてるし。なんとか写真はいろいろ撮ったけど、どうなんだろうねぇ。

 ショッピング、食事のあと、ハローキティ・アニバーサリー・コンサートを観て終了。普通にスタジオパスを買ったら、かなりもったいない周り方なんだろうけど、これまたぐるりんパスの内容に含まれているのでまぁいいかなってところでした。しかしみっちゃんはなぜコンサートで、後ろを振り返っている時間が長かったのか。まだ小さいからなんだろうけど、どうも人混みとか、大きな音とかが嫌いっぽいんだよね。
posted by てつりん at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

大阪まで

 思いつきで、大阪に行ってきました。その1日目。

 6時過ぎの特急に乗るため、4時台後半起床! 珍しく全行程クルマなしの旅なので、車内で気持ちよくなる液体を「ぷしゅ〜」とかいってみたかったのですが、車内販売のワゴンにチューハイが載っているのを見たのですが、あきらめました。いくら無料とはいえ、娘を膝上シートに乗せて3時間ってのは疲れます。途中寝たりして、さらに重量を増してくるし。敦賀から先あたりで、勝手に4席占拠してましたけど(笑)。

 9時過ぎ、大阪に到着。すぐ駅直結のホテルに荷物を置く。駅ビルの中にあるので、ちびっ子を含む荷物があるとこういうときに楽。スタンプラリー参加とか、作戦会議とかのあと、ユニバーサルシティ駅へ。

 ここでUSJに行くと見せかけて、USJから海遊館を結ぶキャプテンライン(600円)に乗ります。理由は、ぐるりんパス(7800円)に含まれていることと、みっちゃんを船に乗せたかったから。同様の理由で、海遊館に入ると見せかけて大阪港観光船サンタマリア(1600円)に乗ります。停泊中の微妙な揺れと船が苦手なさとの表情を見て、もう二度と船に乗れないかも知れないと思いました(笑)。で、ようやく海遊館(2000円)。すでにだいぶ、ぐるりんパスの元を取っています。海遊館は大昔、夕方から夜にかけて行ったことがあって、ガラガラでゆったりと見えて、かつ幻想的な感じがよかったんだけど、この日は日曜で1000円高速最後の日。県外ナンバーのクルマで、駐車場も大混雑のようでした。

 ここでホテルに帰るのもありだったのですが、地下鉄でコアラがいるという天王寺動物園(500円)へ。当然ぐるりんパスの範囲内。コアラ、さとも見たことがないというのでね。ところがこの動物園、安いのはいいんだけど、かなり不親切でどこに何がいるのかわからない。一本道じゃないので、うっかりすると同じところを何度も回ってしまったり。コアラは偶然入ってすぐのところで見られたんだけど、あとはシマウマ、苦労の末キリン、トラ、オオカミとかハイエナあたりを見たか。みっちゃんはゾウも見たかったらしいけど、動物園自体が2つに分かれているようで反対側だったのと時間切れで終了。

 このあたりからみっちゃんもぐだぐだになってきて。朝から熱が出ているのを、頓服でだましだまし強行してきたのもあってねぇ。大阪なのに、さとはデパ地下で買ってきた寿司とカップみそ汁。わたしは娘達が寝静まったあとに飲みに行こうと思ったんだけど、なんで日曜の夜なのに大阪駅はあんなに混んでいるのか。会津屋のたこ焼きを持ち帰ってさとと食べられたのが、数少ない収穫でした。あっ、ホテルのバーも、料理と酒がうまくて雰囲気もよかったですよ。わたしの父より年配とおぼしき男性が、わたしと同年代くらいのおねぇさんに膝上で手を握られているのを見ながら飲む酒も、またよかったです。
posted by てつりん at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

やっぱ大阪へ

 結局行くことになりました。超思いつきな感じだけど、いいのかねぇ。

 日曜日は海遊館をメインに。さとが空中庭園に行ったことがあるのに、行ったことのない通天閣とか、天王寺動物園を追加するかも。ちびっ子メインの行程ですな。

 月曜は会社が休みで、さとも育休中なのでUSJへ。ちびっ子連れなので、あんまり遅くなっても困るから、夕方には出てくる予定。

 せっかく行くのならうまいものを喰ったり、気持ちよくなる液体を飲んだりしたい気がするけど、せいぜい車内販売で「ぷしゅ〜」ってやるくらいなんだろうな。さとはやめて欲しいって言うけど、クルマで旅行することがほとんどだから、道中飲むこと自体が珍しいというかあこがれというか単にやってみたいというか、そんな感じです。
posted by てつりん at 21:54| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

ちょっと乗り鉄

 おてんば盛り? いや、もっとすごいピークがあるのかも知れないが、ひとまずみっちゃんがいない方が家事がはかどるということで、出かけてきました。ちなみになっちゃんはまだ、そう思われる域に達してはいないけれど、時間の問題だと思います。

 「でんしゃは〜?」というので、大人の足で歩いて10分ほどの近くの駅に行くことにしました。でももしバスが来れば、電車にもバスにも乗れるだろうということで、大人の足で歩いて1分のバス停へと行き先を変更。すると隣県から乗り入れてくる1日2往復のレアなバスがやってくる。赤いバスでも青いバスでもない、緑のバスはみっちゃんにとってもレアだろうということで乗ることにしました。

 このバスは少し乗ると、近所の駅から1つ北の駅前へ。もっと乗ると隣県の駅前まで行きます。さすがに隣県まで行くとどれだけ時間とバス代がかかるかわからなかったので、1つ北の駅で降りることにしました。ちなみにあとで調べたところによると、始発から終点まで乗ると2時間くらい乗り続けることになるそうです。

 1つ北の駅で降り、自宅近くの駅までのキップを買うもののしばらく電車に乗らず、ホームに立って電車を見ていました。681、683、そしてずいぶん少なくなった485系と、このへんの特急電車オールスターズでした。「ほら、あれが車掌さん」とか、「車掌さんがしゅっぱーつってしたら、発車するよ」とか洗脳するうちに、車掌さんに手を振ってもらえるように。当然、振り返すみっちゃん。

 1時間近く、2つの駅のホームで電車を見てました。みっちゃんの話によると、走り去る特急電車にも乗りたかったそうです。
posted by てつりん at 21:11| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

高速1000円が

 もうすぐなくなりますね。

 個人的には復興財源うんぬんも大事ですが、そもそも大赤字を垂れ流すように建設を続けているので、徴収すべき料金は徴収するものだと思っています。ド田舎に引いてもらうなら、それなりの対価を利用者が支払うべきであると。高速1000円なんて、正直嬉しいけど、後先何も考えていないばらまき政策でしかないなと。

 だからなくなってもいいと思いますが、なくなったらなくなったでさみしいのが人の気持ち。なくなるのなら、最後の名残にどこか行ってやろうと考えるのも人の気持ち。さと親は来週の週末、それでやって来ます。

 では、うちはどうしようかと。

 GWで、高速1000円を味わうべくイベントをぶっ込もうという話が出ていました。2年前からあるのに、みっちゃんの発熱とかでお蔵入りになっているアドベンチャーワールドとか。同じくほどよく遠出した感覚が味わえる浜名湖周辺とか。

 そうこうするうちに出てきた話が、「別に1000円だからって遠出しなくてもいいじゃん」ってこと。確かに高くなっても、行きたければ行くのがうちのやり方だし。かくして夏休みに先送りとなりました。

 じゃぁ、夏休みにどこへ行こうかと考えたくなるのが人情ってものでしょう。考え出したらもう、夏休み一直線ですよ(笑)。昨年さとは帰省しなかったし、なっちゃんに会ってないさとの親戚もいるし、今年は帰省すべきかと。一昨年はその帰り、寄り道的に上高地で一泊しているので、今年もそんな感じでお出かけを入れてみるのがいいんじゃないのかねぇ。

 そこで候補。まずは上高地再び。でも2回とも夏ってのは芸がないな。みっちゃんが自力で山を歩くにはまだ早いし。続いては浜名湖近辺。かんざんじ温泉のあたりにちびっ子向けのスポットがある。そして清里。または軽井沢。上高地とはまた違った、高原リゾートでのんびりってのも悪くない。そして最後は、以前さとと2人で行ったことがあるけれど、群馬サファリパーク+群馬県内の温泉。

 未来の楽しみをえさにしないと、がんばれない性分なんです・・・。
posted by てつりん at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

動物園

 GW第2期。先の3連休は病み上がりでそれどころではなかった感じなので、きょう出かけてきました。

 行き先はすったもんだの末に動物園へ。水族館にしようかとか、塔に登ってみようとか、もっと遠くに行こうとか、いくつもの企画案が浮かんでは消えを繰り返したのですが、近場の動物園と相成りました。

 前回は去年の7月、名物のカバが亡くなる直前のことでした。やはりその頃と今では、みっちゃんの感覚が発達してきているのか、前回捉えられなかった動物も見つけられるようになってた。定期的に通うと、なかなかおもしろいものだねぇ。なっちゃんはまだ、何にもわかってない感じだけど。


 結構かっこいい感じだったので、虎を撮ってみました。

 虎さん、どうしてそんなところにいるの?
2011050301.JPG

 ・・・トラえられたからだよ・・・。
2011050302.JPG

 間近で見ると、風格がありますね。
2011050303.JPG
posted by てつりん at 21:11| Comment(2) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

桜を見に

 「ちびっ子がいるのに惰眠を貪るんじゃない」みたいなことを言われていたと思います。今ふたつくらい調子がよくなかったのですが、朝っぱら(?)からたたき起こされました。

 天気がいいからどこかへ連れて行けと言ってたんだと思います。天気がよくてどこかへ連れて行けと言うくらいなら、わたしのことなんて置いとけばいいから自分で行けばいいのに。そんなことを思った記憶があります。

 そう思っているうちにさとが弁当を作り出し、結局外に行くことになりました。

 このへんでは結構有名な花見スポットなのですが、全員が未体験ゾーン。新聞などによると山の方なのでまだ5分咲きだという情報でしたが、初めての場所に行くのは楽しみだということで言ってきました。

 着いてみるとかなりのクルマ。県外からバスで乗り付けている団体さんもいました。結局、ほかのクルマに倣って敷地内に路駐しました(爆)。

 桜の方は確かに5分咲きというところか。まだ雪を抱いた山からの風も冷たかったし。まぁ初めてのところに行けて、楽しかったということで。
2011041701.jpg
posted by てつりん at 21:13| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

夜桜見物

 近所の観光名所でもある公園に、夜桜見物に行ってきました。

 駐車場にやや苦労するほどの人で、意外とにぎわっていました。分かれ道のところで、公園にするか城内にするか迷ったんだけど、新しい門に行ったことがないからということで城内へ。明るければ門の内部まで見に行ったんだろうけど、とりあえず今回はパスで。

 城内は何年も前からじわじわといろんな建物が復元されており、見どころのある空間になってきていますが、こんなところに堀があったとは。水面に映る桜がキレイでしたよ。
2011041601.JPG
posted by てつりん at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

こんな時だから

 仕事がヒマで、ぼぉぉぉ〜っとしてました。本は読んでましたけどね。

 そうしているとふいに、おもしろいことが浮かんできたりします。ただ単に、遠くに行きたい願望の表れなのかも知れないけれど。

 東日本大震災で、日本各地が何かと大変じゃないですか。すぐそこの身近なレベルではさと快便のお供、ダノンビオが手に入らなかったり、さとが楽しみにしていた吉井和哉のアルバムが発売延期になったり。マツダだって土地柄、部品メーカーの被害が少ないかと思っていたら、そうでもなくて生産が滞り気味なんだって。もちろん被災地がもっと大変なのは言わずもがなだ。

 ただ、花見や酒宴など楽しいことを自粛したって、西日本エリアで節電したって、どれだけ被災地のためになるんだろうって。自粛した分、かかるはずだった費用を義援金にしましたっていうんだったら、節電して浮いた電気料金を義援金にしましたっていうんだったらそれもよかろうだけど、そういう話は多くはないじゃない。ここはむしろ、被災地に楽しくお金を落としていくという発想もありなんじゃないのかなぁって。被災してない連中の元気を、被災地に送って元気になってもらわないと。

 そこで被災地エリアの行きたいところをいろいろと考えてみた。真っ先に思い浮かんだのは10年ほど前、風呂自慢の宿なのに夕飯もそこそこに眠気から意識を失い、風呂に入れないという大失態をかました岩手県の藤三旅館リターンズ大作戦。龍泉洞もまた行ってみたいなぁ。駅前のあやしい旅館も含めて(爆)。壁が青い浴室の偽ヘルストン温泉はまだあるんだろうか。岩泉線もその筋のものとしては気になるところだ。

 仙台はきちんと行ったことがないだけに、定番だけど伊達政宗の足跡をたどってみたい。もちろん牛タンも食べないとね。そしてスパリゾートハワイアンズははずせないでしょう。以前さと親が孫を連れて行きたいと言っていたような気がするので、総勢6人か、それ以上の団体様だ。

 何かと派手なことがはばかられる雰囲気だけど、ちぢこまっていても何にもならないと思うんだよ。もちろん不謹慎だって意見もあると思うんだけど、おとなしく義援金を出すだけが復興支援ではないはずだ。来年とか再来年とかに、そういうことをやってみたいと思う今日この頃です。
posted by てつりん at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

ちょっと京都まで

 大津に行くだけで、ほかの予定は特に入れないつもりだったんだけど、せっかくだから最近鉄子一直線のみっちゃんを洗脳しようと、京都駅近くの梅小路蒸気機関車館へ。状況次第では大阪まで攻め込もうかとか、ひそかに考えていたんだけどねぇ。

 トーマスみたいなものだと感じるかと思ってたんだけど、やっぱああいうのと実機は違うね。あと、そもそもへたれというかびびりというか、日頃やってることの数々からしてみれば信じられないくらいに、意外と小心者の血が濃いようで顔が引きつってました。線路沿いを蒸気機関車館まで歩くときに見える電車の数々には、大興奮だったのになぁ。

 その後京都駅で、尼崎から友を呼び出してランチ。ひさしぶりに会ったけれど、それを含む諸般の事情で誰かわかってもらえないんじゃないかと心配してたけど、そんなことはなかったのでよかった(笑)。さらには、人手が1人増えたおかげでか、もしくは知らない人がいてみっちゃんが少しは緊張したのか、昨晩ほどには食事の負担感がなかったのもよかった。そんなわけで今回の旅では、一番おいしい食事だった気がするなぁ。写真はないけど。

 ところで大津にクルマを置いて、浜大津から山科まで京阪電車、山科から京都までJRと乗り継いだんだけど、この京阪京津線はなかなかおもしろいねぇ。浜大津から1駅分は路面電車。そこから山科までは、民家の軒先をかすめるような急カーブの連続だったり、国道沿いを疾走したりと、バリエーション豊か。駅での停車間際ごとにみっちゃんが、「でんしゃ、しゅっぱ〜つは〜?」と聞くのが、完全に鉄子だと思う。
posted by てつりん at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

ちょっと大津まで

 さとに中島みゆきのライブを見せるため、ちょっと大津まで行ってきました。わたしは別の日程で、先に見ているのでいいです。

 高速1000円の恩恵にあずかり、ホントに1000円。みっちゃんも助手席でお話ししたりとご機嫌の旅路だったと思うんだけど、正直食事はなかなか手こずるね。

 ちびっ子はきっと自閉っぽいところがあるからなんじゃないかと思うんだけど、環境の変化にものすごく敏感。保育園でもそこにこだわっているように、いつものようにいつものことをすることで安心できるんだと。そういう意味では環境の激変にもつながる旅行って大変。大人感覚では、いつもと違う感じが楽しいんじゃないかと思ったりするけど、実は逆で、いつもと違う感じが苦痛なのかも知れない。

 旅路そのものは順調で、予定通り15時に会場横のホテルに到着。4人で下見をかねて、会場まで行ってみることにします。まずは機材輸送車を激写。みっちゃんは左側の赤いトラックの前で写真を撮ってもらい、ゴキゲンでした。
2011012201.jpg

 中に入ると、16時を過ぎていたからかグッズの販売が始まってました。欲しいものは前回わたしが行った際に買ってあるので、大津限定のピンバッジのみ。大阪では1人2個まで買えたのに、大津では1人1個限定になってたなぁ。別に何個も買うつもりはなかったけど。あと、大阪ではよく見えなかったガムはなかなかかっこよかったなぁ。これまでのアルバムジャケットが全部ガムの箱になってる。買わなかったけど、このデザインのデスクトップとか欲しいねぇ。

 宿へと引き上げる際に、「明日のチケット譲ってください」のスケッチブックを持つおねぇさんが。やはりチケット需要がかなり逼迫しているという話はホントだったか。中島みゆきのコンサート歴はかれこれ20年近くになるけど、これまでそういう人を一度も見たことがなかっただけにちょっと驚き。どおりで涙ぐましい努力(さと談)をして、わたしが大阪公演を観ることができたわけだ。ただ、そのおねぇさんに対して、みっちゃんが「あはははははは〜♪」って感じで爆笑したのにはまいった。人をバカにしているような笑い方で、実に申し訳ない。ダフ屋もいたらしいぞ。

 17時から、ホテルで近江牛のステーキディナー。ちなみに開演は18時。えぇ、みっちゃんはグダグダだし、開演の時間は迫ってくるしで、申し訳ないけどせっかくの近江牛、味の記憶がちっともございません(爆)。焼き目が香ばしかったことは印象的だったけど。部屋に戻り、大急ぎで去っていくさとを見てみっちゃん号泣。ふとんを敷きに来たおばちゃんにも号泣。でも落ちついた頃に寝そうだったので、風呂にも歯磨きもせずに消灯。18時30分くらいだったか。

 留守番部隊の末路は寂しいもので、廊下で本を読んでさとの帰りを待ってました。まぁ、さとが楽しんでくれたからそれでいいんです。というか、それくらいしても、秋田の山下達郎や東京の竹内まりや、苗場の松任谷由実など、各種やりたい放題のわたしにまだまだおつりがあるはずなので(爆)。
posted by てつりん at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

HOOTERS

 来週、県外出張です。

 内容はいたってまじめなものなのです。それが今後活用されるのかは、様々な動向次第ということでしょうけど。だからこそまたさとに不評な出張とか言われたくはないのだが、出張って泊まりだから夜の時間帯もあるじゃない? あと、先方との約束もあって、遅れたらまずいからとあんまり緻密なスケジュールにはなっていない。

 さて、夜とかに、どこへ行こうかと(笑)。

 最近東京に行くたびに出没しているのが、バー銀座パノラマ。今年の春にも行ってるけど、これとは別に最近気になるのが、HOOTERS。健康的なお色気を放つおねぇさんたちが、あれやこれやと店内で楽しくやってくれそうなので、えぇ、行ってみたいなぁと(笑)。ただ、おそらくひとりで行く店じゃないよねぇ。本気で行きたければひとりででも行くけれど。16日の夕方早めからでしょうけど、誰かご一緒します?

 ただ、この一軒に行くだけのことで、一気に不評な出張になるおそれが。
posted by てつりん at 15:47| Comment(3) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

京都の1日

 ぶっつりと日記が途切れましたな。ちょっと旅に出ておりました。

 夜行高速バスで大阪へ。寝ていて記憶が怪しかったんだけど、どうも飛行機で言うところの機材トラブルで停車中らしい。なんか代わりのバスを呼んだから待っててとか、乗り換えてもらいますとか、到着時間に影響はありませんとか言ってた気がする。GPSでどこにいるのか調べると、発車後2時間の1時近くなのに、1時間もあれば十分到達可能な場所にいる。確かにおかしい。結局別のバスに乗り換えました。


 6時大阪着。大阪なら早朝から何かあるだろうと思ったのに、早すぎてどこも開いてない。ネットカフェに行くのもなんだか敗北感があるということで、時間の押し迫るであろう帰りに備えて、バス乗り場と改札出口の位置関係、阪急とJR駅の位置関係などをしっかり確認した上で京阪淀屋橋へ。ところがこれまた思うような店が開いておらず、大阪まで来て朝マックという情けない事態に。本を読みながら時間を潰しましたが、大阪のビジネスマンは日経新聞を読むのが習慣みたいね。阪神が勝ってたら、デイリーを読むのかも知れないが(笑)。
 
 8時。京阪電車で中書島まで。初めての京阪電車。そういえばあとで三条へ向かうときに乗った8000系は、キレイで高級感があってかっこよかったなぁ。
2010102601.JPG

 ちょっと早いけど、伏見を散策。ここに来て知ったけど、伏見って川の港町なんだね。だから京都中心部から離れているのに、龍馬伝に出てくる伏見がにぎわっているのか。残念ながら公園になっているという港のあたりまでは行けなかったけど。朝早い上に時間もなくて乗れなかったけど、水路を巡る遊覧船もあるみたい。月桂冠大倉記念館の裏から1枚。
2010102602.JPG

 さて、最近のひとり旅のテーマは、ひとりじゃないと行けないようなところへ行くというもの。要するに、ちびっ子向けじゃないところに行くと。月桂冠大倉記念館はまさにその条件に当てはまる。昔ながらの酒造りに関する展示や、明治以降の近代化製法や全国流通網に乗せての発展などに関する展示もさることながら、やっぱここのメインは試飲でしょう(笑)。ちなみにお子様にはコースターだったか何かがもらえたはず。大人だったら缶入りの酒がおみやげにつきます。地元の酒がうまいのと、なんとなく安酒のイメージで避けてたけど、飲んでみるとうまいねぇ。試飲とはいえ、朝っぱらから飲めるなんてバスや電車の旅ならでは。写真奥の2本は同じもので、計3種類の試飲ができます。手前のプラムワインが特にうまかった。おばちゃんの手元が狂って(わざとかも?)、多めに注いでくれたのもあってなおうまかった。でも買わなかったのは、さとと飲めないから。
2010102603.JPG

 続いて旬なスポット、坂本龍馬が伏見にいた頃の定宿という寺田屋へ。警備員がいたり、入り口が行列になっていたり、修学旅行生(たぶん1クラスまるごと)が来たりと、今ならではの熱気がありました。鳥羽・伏見の戦いで燃えたようで再建らしいけれど、それでも古い建物としての雰囲気は十分。柱の刀傷とか、鉄砲の跡とか、ちょっと怪しい感じもあるけれど、お龍が京都奉行所の追っ手に気づき知らせたという風呂とかリアリティがあってよかった。行けなかったけど少し歩くと、襲撃後に坂本龍馬が身を隠したという薩摩藩邸跡もあります。う〜ん、もうちょっとじっくりと伏見を見たかったな。すぐ近くのキザクラカッパカントリーとか。←また酒か
2010102604.JPG

 三条で昼食をと思ったけど、調べるとしばらくすれば西芳寺行きのバスが来るということで、駅近くでパンを買って食べる。なんだか今思うと、とにかく食べ物に恵まれない旅だったな。うまくやれば京都か大阪で、うまいものが食べられたはずなのに。まぁいいけど。バスからは二条城の端っことか、国宝第1号の半跏思惟像がある広隆寺の門とか、嵐山の渡月橋とか見えてちょっと得した気分でした。

 さて、西芳寺。1人3000円ですよ。般若心経の写経をしなければならないので、絶対にちびっ子向きではない。でも、だからこそこういうときにでも行かないと今後10年以上行けないと思うので、気合い十分で行ってきました。3000円の賛否はあるかも知れませんが、入り口にはつぎのような掛札が。確かに周囲の道は狭いし、よくこんなところをバスが走るよなといったところを通ってきたので、本来観光地化されたくなかったのかも知れないな。
2010102605.JPG

 ここで写経をします。13時からでしたが、早めに着いてすでに写経を始めている人もたくさんいました。パッと見100人近くいたでしょうか。西洋人もいましたね。一生懸命漢字を写す様子を思うと、多めにご加護があってもいいと思ったりしました。ちなみに写経中の写真も含め、内部のみ撮影禁止。外は見ての通り、机と椅子なので足が悪くても平気ですが、中は結構詰められた状態で入れられるので大柄だったり荷物が多かったりすると難儀します。わりとゆっくり丁寧に写経して60分。願い事もしっかり書いて、いざ庭へ。
2010102606.JPG

 う〜ん、苔。とにかく苔。すべってこける、、、わけない(笑)。こける様子が、こっけい(もういい)。キレイなんだけど、この緑の美しさを写真でというのは難しそう。とりあえずいろいろ撮ったなかから、苔のすごさがわかりそうなものを1枚。庭もさることながら、心静かに写経する非日常の雰囲気も含めて3000円なら、まぁそんなものかと思います。わたしは次を急いでいたので、普通に庭を1周して出てきましたが、ほかの人たちは3000円の元を取ろうとしていたのか(笑)、かなりじっくりと堪能しておられました。
2010102607.JPG

 やっぱ京都いいなぁ。竜安寺の庭も見たかったけど、時間不足で行けなかったし。せめて1泊2日くらいしたいぞ。最寄り駅でバスから阪急電車に乗り換えて大阪へ。JRなしで京阪間を往復したのは初めて。
2010102608.JPG

 大阪に戻ったこの続きが、実は今回の旅のメインイベント。それについては別項で。
posted by てつりん at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

準備着々

 先日、京都で行ってみたいところからの、お返事が来ました。
2010101301.jpg

 写っている筆は、きょう百均で買ってきました。「写経用の細筆をご持参ください」って書いてあったのでね。ネットで調べた限りでは筆が用意されているという話だったけど、ここは素直に従って、敬虔な気持ちで般若心経の写経に参加させてもらうべきかと思って。ちなみに時間で、最後までできてなくても打ち切られるらしいのですが、最後に願い事を書いて奉納するらしいです。えぇ、願い事も考えてありますよ。

 ここに行くべき時間も決まったので、それにあわせてほかの行き先も決められます。こうやってどこに行こうかと、あれこれ思案しているときが一番楽しかったりするんですけどね。

 しかし1人で行くのに3000円ですよ。うちの家族全員だったら12000円! ひとりじゃないと絶対に行こうと思わないな。高い安いを論じるよりも、3000円なら3000円なりの価値があることを理解できる感覚を持ち合わせていたいと思います。そうじゃないと、行っても楽しくないだろうし。
posted by てつりん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

競馬場再び

 朝からみっちゃんがどこかへ行きたそうなのと、さとのどこかへ連れて行けという圧力や推薦もあって、競馬場へと行ってきました。ちなみにわたしは初めてだけど、みっちゃんは2回目

 諸般の事情もあって来年になっていれば、最近みっちゃんが助手席デビューを果たして、楽しそうに前を見ていることもあって、ちょっと遠くへというのもおもしろそうなんだけど、とりあえずきょうは近場で。

 競馬場のコースよりさらに内側は、ちびっ子向けの遊園地になっており、ここは入場無料。滑り台など定番遊具で遊んでいるうちに、きょうの第1レースが。そんなに熱心に見てたわけじゃないと思うんだけど、みっちゃんがどこかへ行きたい雰囲気だったので、じゃぁ次のレースを見ようと観覧席へ。

 観覧席の入場は大人1人100円で、みっちゃんはタダ。中には子馬がいて、手に載せたニンジンを食べさせることもできたけど、一時期ほどみっちゃんは濃密に動物とふれあいたがらなくなった気がする。怖いってことがわかってきたのか、単なるこの日の気分なのかは微妙なところ。動物への興味は、相変わらずあるんだけどねぇ。

 さて、きょうの第2レース開始。その直前にフルーツジュースを飲んでご満悦の模様。周囲にはいかにも競馬を見に来ていますという感じのおっさんも多かったけど、単純に馬が走るのを見に来たという感じの人も少しはいて、雰囲気は悪くない。馬券を買うのも楽しそうなんだけど、みっちゃん連れで場内探索をするのも大変そうだったし、競馬をやるならそれなりにちょっとは勉強しないと。初心者向けカウンターがあって、投票券の買い方とかマークシートの書き方とか競馬新聞の読み方とか、勉強する環境は充実してそうだったけど。

 それより冠レースをやってもらうってのがおもしろそう。さとの調べによると1万円で、たとえば「みっちゃん2才おめでとう大賞典」とかやってくれる。4人まで特別観覧席に入れるし、希望すれば勝利騎手のサインにレースのDVD映像ももらえちゃったりするのだとか。もちろんレース名は、スポーツ新聞の競馬欄だけでなく、場内で売られている各種情報誌などにも掲載されるんだって。
posted by てつりん at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

ついでに京都へ

 中島みゆきのチケットが到着しました。ただし、みっちゃん名義。それでも行くのはわたしだ(笑)。チケットにはみっちゃんの名前が書いてなかったし。

 3階席だけど、こぢんまりした開場で、むしろここで中島みゆきを観られるということがうれしい。当初予定では、豆粒のようにしか見えないであろう東京国際フォーラムだったわけで、それすら観られないかもの暗雲たれ込めていた状況だったことを思うと。会場内部の写真を見ても、結構いい感じで見られそうだし。

 夜行バスで朝着くので、ついでにどこかで羽を伸ばしてこようと思っているんだけど、やっぱ京都かな。わりと京都はよく行くんだけど、意外と京都をしっかり見たことがない。慈照寺銀閣も、実は見たことがないし。いや、あったかも!? 日本史の資料集でおなじみの龍安寺の庭も見てみたいし、高いけど(3000円!)苔寺の名で知られる西芳寺も見てみたい。ひとりで行く以上、せっかくだからお子様やちびっ子の行けないようなところに行っておくのがいいかと思って。昼食は知る人ぞ知るシューベルトのケーキを、ゲ○が出るほどケーキバイキングで。ずいぶん昔にさとと行ったけど、10個までのところ7〜8個しか食べられなかったのではなかっただろうか。いや、それだけ食べれば十分だろうというつっこみは不可だな。
posted by てつりん at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | おでかけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする